« 統一教会についておさらいしよう | トップページ | TPPに参加すると食品の原産地表示が禁止される »

2013年7月17日 (水)

なぜ安倍晋三や自民党に対して怒っているのか

昨年末の衆院選に圧勝して、政権に復帰した自民党。

安倍政権が、過去の自民党政治の過ちを反省し、修正を行っていれば、私は、ここまで安倍政権を批判しなかったでしょう。

過去の自民党政治の過ちとは何だったか。バブルの崩壊と冷戦の終結から始まった90年代以降、アメリカの言われるままに、構造改革に構造改革を重ね、日本の強みをどんどん壊していった一方で、消費税増税と緊縮財政でデフレと財政を悪化させ、たくさんの自殺者を生み出してきた自民党政治。民主党政権も結局は同じ過ちを引き継ぎました。

それに対する反省と方向転換が今度こそなされるであろうと、多くの人たちが期待していたはずです。チャンネル桜や西田昌司や三橋貴明のような政治家や論客たちも、そのような期待を煽ってきました。

ところが、ふたを開けてみれば、安倍政権が打ち出してきたのは、過去のどんな政権よりもひどい、日本を根底から解体し破壊するほどの大規模な構造改革と、デフレのどん底での消費税増税です。このようなことをやれば、国家経済と国民生活に壊滅的な被害を与えることは、過去の失敗から既に実証済みではないですか。どういう結果になるか分かっていながら、民主党の失政を利用して、国民に自民党があたかも正義の味方や救世主であるかのような洗脳を行った上で断行しようとしている。

ここまで邪悪な政権が過去にありますか?

哀れなことに、小泉政権のときと全く同じやり方でだまされているB層の人たちは、だまされているという自覚もないまま「安倍ぴょん」「安倍ぴょん」とうれしそうに手を叩いて自分たちの首をしめています。

彼らにいくら言っても話を聞かない。何が起きているのか理解すらできない。

チャンネル桜に刷り込まれたまま「保守分断だ」とか「偽装転向コミンテルンだ」とか、幼稚なレッテルを貼って批判に耳をふさぐ。口を開けば、「他に誰がいるんだ」、「他の政党よりましだ」。しかも子どもではなく、選挙権をもった大の大人がこういうバカなことをやっているから手に負えない。

こういう人々が、勝手に滅ぶのであれば自業自得だから滅べばよい。しかし、問題は日本全体が彼らの巻き添えを食うことです。

命をかけて日本を守ろうとしてきた先人たちの努力と犠牲が、これらの朝鮮カルトに洗脳された人々のために、全部無になろうとしている。

しかも皮肉なことに、こういう国家に滅亡をまねこうとする人々が、その自覚もなく、靖国神社にいって英霊に頭を下げているからますます手に負えない。

本当に悲しい哀れな国に日本は落ちぶれました。

ブログ・ランキングにご協力ください。一日一回、右のバナーをクリック願います。


« 統一教会についておさらいしよう | トップページ | TPPに参加すると食品の原産地表示が禁止される »

「保守」とか何か」カテゴリの記事

コメント

副島隆彦氏によれば日本政府が買い込んでいる米国債は公表額の4倍以上、600兆にも上るとゆう。さらに輸出企業が米国で儲けた金も200兆余り(日本に還ってこないまま)溜まっているとゆう。

小泉時代の円安輸出促進政策は結局、植民地から宗主国へ富が流れだす仕組み(新帝国循環;吉川元忠氏の命名)を作っただけだった。なにより「輸出企業を円高から守るために」為替介入(米国債買い)を繰り返させ、米国は赤字を埋めることができた。(だから円安のメリットだけを異様に主張するリフレ論者を、私は疑いの目で見てきた)

民主党政権下で総額16,4兆円、小泉政権下では何と42、2兆円(参考;バブルの死角、岩本沙弓)もの介入が行われた。中でも有名なのが03年1月から04年3月にかけて35兆もの金を注ぎ込んだ(溝口善兵衛とゆう財務官僚が行った)介入だったが円高は止まらず為替差で10兆もの損を出した。(参考;日米地獄へ道連れ経済、副島隆彦)しかし、代表的なリフレ論客の上念司氏は自著(日本は破産しない!)であの「溝口介入」を「円安で日本を救った!」と絶賛しているのです!(この男はTPPの危険を糊塗する発言もしてた)

まさに「ニホン」はアメリカの財布、ATMとして存在している。これこそが最も打破すべき「戦後レジーム」であるはずが、安倍は過去最大級の米国債買いをやったのです。いかがわしいリフレ派とあの竹中が周囲を固め、小泉時代と同じ方向を向いた経済政策が何をもたらすかは明らか!しかし、アベノミクスへの期待こそが大衆を安倍自民への支持に向かわせているのだから、これがいかに無益なものであるか発信していかないと勝てないのです。何しろアベノミクスなるものは素人だった私が反リフレ派(小幡績、藻谷浩介、浜矩子氏ら)の本を読み漁っただけで、その理論が「机上」のものである事が理解できてしまう「空想政策」なのですから!WJF様には安倍と統一教会への追及で見せた「切れ味」をトンデモ経済政策にも発揮してもらいたいと思います。

投稿: 護国 | 2013年7月19日 (金) 18時53分

すみれさん
別に立場を隠しているわけではなく、現在の惨憺たる状況の中で、心から支持できる政党など皆無です。支持できない理由はずっとこのブログで述べています。冷戦が終結して20年も経つのに、未だに右と左に立場が分離してしまっており、日本の根っこから生え出てきたような、また日本人全体を総合するような政治家や政党が全く存在しないからです。支持できる政党がいからといって、これから安倍がやろうとしているような、トンでもない壊国政策を承認してしまっては、日本は亡国への坂を猛スピードで転げて行くことになります。だから、衆参のねじれをなんとか維持して、国会全体としてバランスを取り、少しでも彼らの壊国政策の実現にブレーキをかけましょうといっているのです。自民党のOBですら、今回は共産党に票を入れろと訴えている安倍政権の異常さというものに気づいていただきたいと思います。

投稿: WJF | 2013年7月19日 (金) 02時28分

この記事を動画にして、ニコニコ動画に投稿しました。

なぜ安倍晋三や自民党に対して怒っているのか
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21385338

今日、期日前投票で投票してきました。
私を含めて、5人分は絶対に確実に大丈夫です。

投稿: よしふる | 2013年7月18日 (木) 23時26分

端的に質問があります。
具体的に、何党の誰という議員さんを支持するのがベストですか?
WJFプロジェクトは議員の誰々さんを支持する、理由は○○。
みたいに教えていただけるとありがたいです。

投稿: すみれ | 2013年7月18日 (木) 21時46分

私利私欲アベ自民党は選挙に勝つために50兆円を貢いだ。この政権の司令塔は竹中平蔵。アベノミクスはやはり欺瞞政策!
「浮かれバブル景気から衰退させられる日本」副島隆彦:徳間書店
この最強ソースにより不可解な円安と株高の謎が解けた!
以下要約を紹介します

1、あのマイケル・グリーンは昨年、「日本の左派にトドメをさす」と(選挙結果を左右出来るかのような)発言をしていた。その「仕掛け」は11月14日に作動した。

2、野田が解散宣言をしたその日から、円安、株高傾向に安倍の発言でそれが加速、「正しい政策で日本が再生しはじめた!」との認識が植え付けられ、自民大勝。しかし、これには裏があった。

3、昨年11月に1ドル80円だったのが、90円台まで安くなったのは日本政府が円資金売って米国債を買い続けたから、ヘッジファンドもそれに呼応し、円売りドル買いを行ったからである。

4、そして株高も実はまやかしだ。日銀に無理やり金出させてETF(上場投資信託、日銀が株を市場で間接的に買える仕組みらしい)に投入した。さらに「日銀による貸出支援制度」(どんな企業にも銀行が融資したら、同額を低利で日銀が追い貸ししてあげる、とゆう異常な制度)でどんどん市中に金を出し、ゼネコンにガンガンビル立てさせ、景気付けようとした。

5、人為的に株価を釣り上げる(相場操縦罪)には、ヘッジファンドに売り崩されては困る。そのため彼らにも分け前を与え取り込む必要があった。それがジム・オニールの「安倍が必要だ、登板させろ!」との発言につながった。前述の「追い貸し制度」を外資にも活用してもらいガンガン株買わせた。そして株価上昇につられカモが入ってくるや、予定通り売り抜け既に10兆円以上かっさらっていった。

6、そしてこの「円安、株高」傾向をもう少し長く(選挙までは)米国に認めさせるために、2月の首脳会談で「50兆米国債買い」の超ワイロ(売国)攻勢でオバマを籠絡した。(この件はまた明日追及)

結局、安倍らのやっている事は、患者(日本経済)に適切な治療を施すでなく、アメ公に大金払って買った麻薬を打ちまくって、気分だけよくして、病気が良くなっています!と宣伝してるだけだが、国民をだますための演出、謀略としてみれば、芸術的である。さすが自民党!無能な民主がかわいく見える売国のプロ!(裏で総指揮をとっていたのは竹中と思われる)彼らに洗脳された大衆が自ら災いをかぶる一票を投じようとする中、私達、真の愛国者層にはやるべきことがあります。

投稿: 護国 | 2013年7月18日 (木) 20時24分

ここもおかしいですね。
拉致被害者を持ち出して、TPP賛成の維新に誘導。
一番卑劣、卑怯な手口にしか思えませんが、国益最前線だそうです。

参議院選挙で意思表示を!
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1384.html

●拡散希望《参議院選挙比例区で意思表示をしましょう》

■参議院選挙の候補者を見ていて、これで日本は大丈夫なのかと不安になっている方が、沢山いらっしゃるのではと思っています。

いま日本人の意思を示すことで大事なことは、安全保障問題の中でも、風化してしまいそうな「拉致被害者」を早急に救出することです。

拉致被害者問題で実績のある象徴的な日本人は、拉致被害者の帰国を二回実現した中山恭子先生です。

その中山恭子先生は、今回の参議院選挙比例区で改選になり、立候補していますが、反日メディアは一切そのことに触れないため、政治意識が高い友人でも、中山恭子先生が参議院選挙比例区に立候補していることを知りませんでした。

インターネットユーザーの皆様方の「国家観」や「歴史観」など、真の保守の意思を中山恭子先生に集中して、反日マスコミをしらけさせれればと思っていますので、参議院選挙比例区には【中山恭子】と、記載することを呼びかける次第です。

比例区は、政党名を書くものと誤解している方がおりますが、維新政党がきらいでも個人名を書いても有効ですので、是非とも【中山恭子】と記してください。海外にお住まいの方も参議院選挙比例区は【中山恭子】と、個人名を書いていただければと願っております。


反日マスコミって民主党よりマシと言う方も好んで使いますね。
個人名書こうと維新の票じゃないですか。
愛国者が参院選でやるべき事は、TPP反対でねじれを維持する事でしょうに?

投稿: 朝顔 | 2013年7月17日 (水) 15時58分

お初にコメントさせていただきます。
まず、管理人様の書いてる事に全面的に同意する立場の者である事を始めに申し上げさせていただきます。

私は、5年前だかの第一次安倍政権の頃から「安倍晋三」という男を全く評価していませんでした。
私が会津の武家の出で、長州出身の安倍が個人的に嫌いだったというつまらない事情も有りますが、

・公言していたはずの靖国参拝は行わない

・同じく「従軍慰安婦」なんて存在しないし慰安婦の「強制連行」も存在しなかったなどと公言していたはずの慰安婦問題ではアメリカに全面降伏

・小泉選挙のお陰で衆議院は過半数を握っていたのだから、どんなに参議院選挙で負けようが、自分の信念を貫いて堂々と衆議院で再可決→法案成立させれば良いのにそれすらやらない
(次々通過させる法案が全部「売国」法案だったとしても、「そこまで自分の信念に忠実である」という一点だけでも最低であるが一応の評価には値する)

これらの点だけを見ても、「安倍晋三はダメダコリャ」と理解していました
しかし、いつしか5年経ち、民主党の失政が明らかになると、安倍晋三がなんか「日本の救世主」かのような論調が巻き起こり、そのまま総理大臣の座に返り咲きました

総理大臣の座に返り咲いてからというもの、安倍晋三は自民党が衆議院選挙の際に公約していた政策のほとんどを実行しないという体たらく……

・竹島の日を政府式典でやる→やりません
・尖閣諸島に公務員を常駐させる→やりません
・靖国参拝します→例大祭には不参拝、恐らく終戦記念日も参拝せず(前科アリ)
・腹の調子は完全に良くなりました→国会答弁でトイレに駆け込む姿がしょっちゅう
・TPPには参加しません→参加します
・原発再稼働は慎重に→地元の許可を求めつつガンガン再稼働させます(地元の許可すら無理して求めないで強引に再稼働させる気満々)

安倍晋三が進んで実行した事なんて、「女性宮家議論の打ち切り」くらいしか有りませんね

こんな奴の果たして一体何が評価に値するのでしょう?
管理人様が指摘されている「統一協会とのつながり」とか一切度外視、無視しても、この公約破りの数々ですよ?

安倍晋三や安倍信者のネット右翼は、鳩山民主党の「マニフェスト」を、「サギフェスト」とか「マニフェスト詐欺」と呼んでいたはずですが、自分のやってる公約破りは「サギフェスト」とは呼ばれないんですね……

ホント不思議なバランス感覚です

一度管理人様には、自民党の衆議院選挙マニフェストと、実際の行動の食い違いについても、ツッコミを入れていただきたいなと思っております

ありがとうございました

投稿: コラッジョ | 2013年7月17日 (水) 14時58分

遠く離れて暮らしている兄妹とはじめて政治の話をする機会がありました。

幸いなことに、彼女らは自民党の出鱈目さ、安倍政権の庶民騙しについて、正しく認識が出来ているようで安心しました。

彼女らは政治の勉強は特にしていませんが、郷土愛と本物の保守精神を生活に宿らせていた明治生まれの曾祖母に育てられてられたことが大きいと思われます。

WJFさんのおっしゃるとおり、安倍政権の「邪悪さ」は過去最悪といえるでしょう。

安倍政権は「日本を売り渡す」政策を平然と行っているのに、それを「日本を取り戻す」などと偽装しています。そして多くのB層へは、未来への希望があるかのごとく洗脳を行いつつ、実際はA層のごく一部の日本人と数多く外国勢力が利するために権力を行使する売国政権です。言うまでもなく、自浄作用無くその路線を支え続けているのが自民党です。


安倍政権、自民党の暴走を止め日本を守るためにも、衆参のねじれこそ必須なのです。

投稿: こしき | 2013年7月17日 (水) 14時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 統一教会についておさらいしよう | トップページ | TPPに参加すると食品の原産地表示が禁止される »