« ポン吉のブログ: 『安倍晋三VS安倍信者』が動画になりました | トップページ | 露出狂と化した「裸の王様」動画ヴァージョン »

2013年7月 2日 (火)

KAZUYA CHANNELに見るダブルバインド

ニコニコのランキングでも上位を占めているKAZUYAさんという方が、下のような動画をあげていらっしゃいます。

「ひとつ意見が合わなかったら安倍政権不支持じゃないとダメですか?」という質問ですが、これに答えを申し上げれば、一つ意見があわなかろうと、二つ意見があわなかろうと、100%意見が一致していようと、安倍政権を支持してはなりません。

先日のロンドンでの講演を通じても、安倍政権の本質、安倍晋三が目指そうとしている未来が既に明らかになっている今、安倍政権を支持し、参院選に勝たせればそこに待っているのは文字通りの日本の滅亡です。

現在のような状況で安倍への支持を呼びかける行為は、国家破壊に加担する行為以外の何ものでもありません。

私はKAZUYAさんという方がどういう方なのか全く存じ上げませんが、どういう訳なのか、安倍政権を支持するこの方も、チャンネル桜や、安倍政権への支持を煽るさまざまな「保守」論客とのある共通点を示しています。それは、これらの人々がなぜかダブルバインド的な話法を用いるという共通点です。

KAZUYAさんの動画にどのようなダブルバインドのメッセージが含まれているか解析してみましょう。

下がKAZUYAさんの動画での発言を文字起こししたテキストです。

今日はまじめにやる。

まあやっぱり世の中いろんな人がいますよね。動画のコメント欄なんかを見ているとそれが出ているんじゃないかと思います。もちろんいろいろな意見があっていいし、あるべきだと思うんですが、一応ですね、僕の動画であれば、できれば動画を見てからコメントしてほしい。

まれになんですが、これ動画見ないで言っているなという時があります。「こいつは安倍信者のネトウヨ」とかですね、僕は正直そこまで持ち上げたつもりはないんですけどね。誰にしてもそうですけど、手放しで何でも賛成できるなんてことはないんですよ。例えば、僕は今の安倍政権を支持しているんですが、これは賛同できないなっていう政策もあります。それはこれまでも言ってきたんですが、例えばTPPだったり、児童ポルノ禁止法改正案だったりです。ただね、そう言った面があるからといって全否定するほどではないんですね。支持できる部分と支持できない部分を総合的に考えて判断すべきであって、支持できる部分は支持する、支持できないものには声を上げる。これが国民の義務だと思うんですよ。僕は支持できる部分が多いからこそ今の安倍政権を支持しています。

一個だめなら全部だめという人もいるようなんですが、そんなこと言ったらね、日本にある政党、政治家全滅じゃないですか。なんすか、じゃあ一度ぶっ壊してですね、革命でもやるつもりですか。自分と100%同じ意見、こんな人いないんですよ。今僕の動画を見てくれている方も、おそらくそれぞれ意見があるでしょうから、ある部分では賛同できても、ある部分は賛同できないということがあると思います。僕はそれでいいと考えています。僕の言っていることが全て、なんて全く思ってませんし、時には間違った事もいうでしょう。にんげんだもの。

今ある選択肢というものを考えて見ると、野党があまりにも不甲斐ない。こうなると国民が自民党に寄って行くというのは、当たり前ですよね。しかし自民一辺倒になると、それはそれで危険をはらんでいるわけです。安倍政権にがんばってもらいたいというのはもちろんなんですが、野党にもがんばってもらいたいんです。そのためにも国民レベルで政治を盛り上げて行く必要があると考えています。これはね気長にやるしかないんですよ。

上の発言の中にどんなダブルバインド的なメッセージが隠れているか。

KAZUYAさんは、動画のはじめのほうで「いろいろな意見があっていいし、あるべきだと思う」と発言し、動画の終わりの方では、「今ある選択肢というものを考えて見ると、野党があまりにも不甲斐ない。野党にもがんばってもらいたい」と発言しています。

しかし、動画の中盤では、「一つや二つ賛成できない政策があっても、自分は安倍政権を支持する」と述べて「一個だめなら全部だめという人もいるようなんですが、そんなこと言ったらね、日本にある政党、政治家全滅じゃないですか。なんすか、じゃあ一度ぶっ壊してですね、革命でもやるつもりですか。」と、一つや二つの政策に不満があるからといって自民党の支持をやめ、野党に投票しようとする人々を暗に批判しています。

つまり、KAZUYAさんは、「いろいろな意見があるべきであり、さまざまな野党が力をつけるべきだ」と一方では「意見の多様性」を讃えておきながら、その一方では、「一つや二つの反対意見があっても国民は安倍政権や自民党を支持すべきだ」と「投票行動の一様性」を呼びかけるという、矛盾した二つのメッセージを同時に発しています。

「いろいろな意見があるべきであり、さまざまな野党が力をつけるべきだ」と言うのであれば、「いろいろな意見に基づいて、人それぞれさまざまな政党を応援すればよい」「100%政策に同意できなくても、自民党以外の政党に投票する人がいてもよい」「みんなが自民党や安倍政権を支持しなくてもよい」「たった一つの意見の相違から自民党を否定する人がいてもよい」という多様性を認める主張こそが導かれるはずです。

「いろんな意見があっていいよね」と一見寛容な姿勢を見せておきながら、結局は「国民すべからく安倍晋三を支持すべし」という偏狭な結論に視聴者を誘導しています。

安倍政権への支持を呼びかける人たちが、どうして、このようなダブルバインド的な話法を好んで使うのか。あるいはもともとダブルバインド的な思考をする人が安倍政権を熱心に支持することになるのか。本当の理由は、私にはわかりませんが、本当に不思議な現象です。

またKAZUYAさんが、チャンネル桜のメッセージをなぞったようなことをおっしゃっていることも不可解でなりません。

例えば、「TPP反対、安倍支持」という矛盾したメッセージが、チャンネル桜謹製のものである事は言うまでもありませんが、安倍政権こそが革命を起こそうとしていることを棚にあげて、安倍政権を批判する人々を「革命をおこそうとしている」とレッテルを貼るのもチャンネル桜や三橋貴明が使ってきたお気に入りの手法です。

チャンネル桜に影響された結果、無意識に彼らと同じメッセージを語ってしまったのか。あるいはシナリオを書いている人が同じなのか。私にはわかりません。おそらく、この手の動画の作り手は、どうしても、大勢から拍手や賛同をもらいやすい意見を語ってしまいがちなのでしょう。KAZUYAさんが「参加する」という言葉を好んで使っていらっしゃることからも、他の信者に迎合する意見を語って拍手をもらい「参加している」という充実した感覚や帰属意識を手にするという、何かの宗教団体に入信して、あたらしく教義を学んだ、若手信者に起こりがちな現象が、KAZUYAさんに起きているのではないでしょうか。

あるいは、単純に、B層を騙す自民党の情報工作活動の一環として雇われている方なのかもしれませんが、私にはわかりません。

最後に一言、あらためて基本的な事実に注意を喚起しておきたいと思いますが、安倍晋三がドリルと化してでも推進すると宣言しているTPPや道州制といった構造改革は、あれやこれやの、さまざまな政策の中の一つにすぎないのではありません。

安倍晋三がドリルと化してでも行おうとしている構造改革は、文字通り日本に亡国をもたらすものです。

それを安倍晋三は、自分が政治家になって以来の一貫した哲学として参院選後に遂行すると宣言しているのです。

KAZUYAさんに、この安倍の言葉の意味を理解する政治や経済の知識がないのであれば、政治について動画をあげるのは控えられた方がよいと思います。

あるいは、KAZUYAさんが、B層を欺いている「インチキな仕立て屋」の一人であるならば、地獄に堕ちろと申し上げておきます。

ブログ・ランキングにご協力ください。一日一回、右のバナーをクリック願います。


« ポン吉のブログ: 『安倍晋三VS安倍信者』が動画になりました | トップページ | 露出狂と化した「裸の王様」動画ヴァージョン »

TPP」カテゴリの記事

コメント

よしふる氏がここのコメントで紹介した動画を見てみました

この反応でこの批判記事(笑)の無能さが十分にわかる

誰だか知らないけど現実逃避も大概にしてよ

投稿: 何で名乗る必要があるんですか(正論) | 2014年5月16日 (金) 23時11分

『支持できないものには声を上げる。』
「安倍支持だけどTPP反対」の声など安倍晋三には届いていない。選挙では「TPP推進の安倍支持=TPP賛成」である。TPP反対ならば「TPP反対」と明言している政党に投票することで意思表示すべきである。

『僕は支持できる部分が多いからこそ今の安倍政権を支持しています。』
具体例を上げてもらいたい。TPP反対で、成長戦略にも反対で、この人は安倍内閣の何を支持しているつもりなんでしょう。

『こうなると国民が自民党に寄って行くというのは、当たり前ですよね。』
えっと、何がどう当たり前なのか理解できません。国民(無党派層の事?)は投票に行かなくなるだけです。

『これはね気長にやるしかないんですよ。』
政治を盛り上げる? 気長にやる? 「二大政党制だ」「政権交代だ」と政治を盛り上げて誕生したのが民主党であり、民主党政権だったんですけど…。気長に非自民の政党の応援を続けろって事ですか?

出演者は若くて清潔で、共感を誘うマイルドな語り口で、細かく間を詰めてテンポのいい動画になっている。内容は、もっともらしい事を言っている(ようでいて、実はそうでもない)。

若い自民党支持者が見て「そうだよね、そうだよね」と相槌を打つためだけに作られた動画な印象ですね。

投稿: やみ子 | 2013年7月 5日 (金) 01時27分

>たかたろ
まぁ、こんな事を議論してもあまり意味はないのですが、これくらいのものは誰にでも撮影できます。今私がまさに自宅の部屋の隅でキーボードを打っていますが、全く凹凸も模様もない壁なので、まさにこの動画の様な感じです。鴨居が見えないって、そりゃこのアングルじゃ見えないでしょう。鴨居って何か分かっていますか?

投稿: PalmtopPanda | 2013年7月 4日 (木) 10時08分

>スタジオ撮影とか面白い推理を披露している人がいますが、明らかに違うでしょう。

「スタジオ」というのは、「自宅以外の撮影用の場所」ぐらいの意味で書きました。
壁に壁紙が貼ってないように見えますし、鴨居も見えません。住居らしさが感じられないので、ビルの1室ではないでしょうか。

投稿: たかたろ | 2013年7月 3日 (水) 18時52分

WJF様

「自民党はTPPはあるかも知れないが、良い政策もあります!」

「野党はTPPに反対していても、悪い政策があります!」

最悪のTPPを推進している自民党には、TPPで吹き飛ぶ些細な良い政策を過大評価する。

TPP反対という最善の政策を掲げた野党には、TPPより悪影響の低い政策を針小棒大に言う。

このエントリーで、そんな矛盾を人に説明できる様に整理できました。

ありがとうございます。

投稿: 中野剛志さんのファン | 2013年7月 3日 (水) 13時00分

皆様、アメポチゾウ信者の良い教材として私が2年前から気に入っている「ひめのブログ」はいかがでしょか(・∀・)私のコメントのマヌケな顔文字も( ´艸`)彼女?のマネです(≧∇≦)まあコメントする価値もないブログなので優しいまなざしで見てやって下さい( ´艸`)ご存知でしたらあしからずm(_ _)m

投稿: トリモロス | 2013年7月 3日 (水) 11時37分

スタジオ撮影とか面白い推理を披露している人がいますが、明らかに違うでしょう。壁の角が見えていますので、部屋の端で撮影しているのが分かります。「安倍信者だ!工作員に違いない!」と意気込むのはいいですが、もう少し冷静に見ましょう。

投稿: PalmtopPanda | 2013年7月 3日 (水) 09時21分

「100%同じなんてありえない」
「1つ違うだけで全否定してはいけない」
こういう言葉は、例えば「仕事は出来るやつだが酒は飲めない」「家事は何でもできるが料理の味が薄い」とか全体のあまり繋がりがない一部分に対し使われる言葉です。
安倍政権の場合、「特ア排除外交なのに、日中韓FTAなど、どこまでも広々とオープンを目指す外交をしている」「正しい教育改革をやっているのに、英語化を進めている」「自主独立なのに、アメリカには一切逆らえない」「在日の規制強化をしてくれるはずなのに、ビザ緩和、留学生・医師・教師受け入れなど移民政策を行なっている」「庶民の手に日本を取りもどす、なんて言っているのに、新自由主義を進め個人商店などは淘汰される方向に進めている」など、枚挙にキリがありませんが、全く相反することをやっています。
しかも、前半は主に安倍の発言や信者の妄想で、後半は実際の政策です。

これを前にして、「1つ違うだけで全否定はありえない」などと言っているということは、思考停止を狙った洗脳工作だと言わざるを得ません。
本来は、あべこべな発言と政策を目の当たりにして、それを正しい情報や知性で安倍がどの方向に進んでいるか、判断し、評価、投票するのが国民と務めです。
そして正しい評価が行なわれれば安倍への批判は強くなるでしょう。それを阻止するための存在としてカズヤという人が動画をアップし続けているのだと思います。

チャンネル桜等の言論人が安倍政権支持に回ることで、言葉がいかに退廃しやすいものか、そして言葉を悪用することはいかに簡単か、ということを改めて認識させられました。

選挙を前に正しい判断をしてくれる人が増えることを願うばかりです。

投稿: ぼんたろー | 2013年7月 3日 (水) 09時06分

あるブログで「上手いまとめ方」を見つけたので紹介したいと思います。
(更新頻度が落ちる前は結構有名なブログだったので、ご存知かもしれません。)
http://meinesache.seesaa.net/article/294962161.html

ブログ内の「中韓」を「安倍支持者」に置き換えてみて下さい。彼らは「反民主党」、「嫌韓」等の明らかにおかしな団結理由で結束しています。ブログ内の言葉に置き換えるなら「切実で醜く歪んだ怪物」です。

「では、他のどこに投票するんだ?」、「全否定は良くない」等、安倍支持者がハンコで押されたかの様に、飽きもせず同じことを繰り返す様は、韓国が慰安婦に、中国が南京について発言する様と、聞く耳を持たない点において奇妙な一致を見せます。

投稿: わだつみ | 2013年7月 3日 (水) 07時01分

このKAZUYA氏はおそらくプロ、つまり工作員でしょう。彼の他の動画は見てませんが、少なくともこの動画からは全く生活臭がしません。衣服も背景も綺麗すぎます。スタジオでの撮影でしょう。

また「いろんな意見があってもいい」「野党にも頑張ってもらいたい」と、やたら寛容的な発言も不自然です。特に国政では「外国人に害を与えてでも国民の利益を守る」という不動の目的があり、その影響であちこちに制限が発生します。必然的に寛容性は狭まるはずです。

明らかにウケ(=支持)を狙っていると思います。

投稿: たかたろ | 2013年7月 3日 (水) 04時14分

この記事を動画にして、ニコニコ動画に投稿しました。

KAZUYA CHANNELに見るダブルバインド
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21262603

「露出狂と化した「裸の王様」動画ヴァージョン」は明日の朝には、ニコニコ動画に転載できればと思います。

投稿: よしふる | 2013年7月 3日 (水) 01時57分

「全ての政策が合うなんてありえない。」とかいうのは、
安倍支持を煽る論者がよく使う詭弁で、まあそれなりに説得力があるとは思うのですが、
やっぱりおかしいですよね。

もちろん、人間全ての考えが同じなんてことはありえないのですが、
本質的な問題は、その違っている内容ですよね。

ちょっと極端な例ですが、「私は猫殺すのが趣味なんです。」みたいな人とは、
たとえ他の考えが合っていたとしても仲良くしたくないと思います。

このように、深いところで価値観の相容れない主張を持つ人とは、
たとえそれが1つの違いであっても許せないものではないでしょうか。

そう考えると、TPPという1つの争点だけで安倍支持をやめるのは、私には正しいことのように思います。
TPPはそれだけ大きい問題ですので。


百万歩譲ってTPPが軽い問題だとしても、
安倍の問題は、WJFさんの指摘されているようにTPP以外にもさまざまありますし、
普通に考えれば、やはり支持できないと思います。


動画の人物は、自民党かチャンネル桜かそっち系と繋がりのある人ではないでしょうか。

関係のない第三者に同じような内容の発言をさせることで、
相乗的に説得力を高めようとしているように思います。
(なんの根拠もないただの憶測ですが)

投稿: chapti- | 2013年7月 3日 (水) 01時03分

安倍晋三は、B層の戦後民主教育刷り込まれロボットだったんだ。という、実感が沸いて参りました。どうも、目を覚まさせて下さり有難うございました。「保守」と自認する人達は、安倍を「保守」の象徴であり、旗頭だと思いこみたいだけなのでしょう。きっと安倍総理は遠謀深慮で最後にはTPPも土壇場で止めると逆転してくれるに違いないんだと勝手に思い込み、儚い望みしか持たない、情緒的にしか考えられない。生活の党に投票する事にします。マスコミが叩いているところに投票しましょう!いつの時代だってマスコミが正しく導いた事は無いという事実からして冷静に判断しましょう。これ以上、自分を見失ってはならないのだと!

投稿: 小沢二郎 | 2013年7月 2日 (火) 23時17分

TPPたった一つ…

TPPには恐ろしい破壊力が有ります。
日本という国の屋台骨をボロボロにするくらいの威力が有ります。
この何が入っているのかさえ未だに明らかにされていない巨大な爆弾を落とせば後は知ったこっちゃない、というのがアメリカの本音。それを知ってか知らずか懐にドル札叩き込まれ、ただ屈従する政治家ども。
そしてそれが完遂するまでは、一般市民を訳の分からない詭弁で何となく納得したような気持ちにさせるピエロたち(kazuya含む)。

アメリカという遺伝子が過去大陸で、ハワイやオーストラリアで、日本で、そして中東で何をしてきたのか…たった一つ?ナンクルナイサー?日本人よ、どこか他人事のように見ていないか?

投稿: psl | 2013年7月 2日 (火) 22時04分

KAZUYA-CHANNEL、私も視聴させていただきました。

Wjfさんの仰るとおり、ダブルスタンダードのオンパレードでした。

安倍政権を支持している方々は、本当に印で押すように、全く同じ事を言いますよね。まるで、金太郎飴のように。

安倍晋三の浅はかさ、それと同時に危険性、あのご主人様のアメリカ政府からも安倍は危険人物として毛嫌いされているのに、何故にこのような事が言えるのでしょうね。

元CIA職員も暴露していたように、日本だって個人情報を監視されているのです。それを公然と参議院後におおっぴらにやろうとしてるのが、安倍晋三の正体なんです。

何がひとつでもダメならなんて、悠長な事を言ってるんでしょうか。

日本国民を絶望の淵に追いやろうとしている人物に、絶対権力を与えてはダメなんです!!

自分達の出来る事は全部やって、必ず政権から引きずり下ろしましょう!!

投稿: あだりん | 2013年7月 2日 (火) 16時34分

カルトのテクを学ぶ良い教材ですねカズヤちゃんは(・∀・)今日は仕事が休みなのでマインドコントロールの勉強でもしてみようかと思います(゚▽゚*)

投稿: トリモロス | 2013年7月 2日 (火) 12時18分

>大勢に迎合する意見を語ってしまいがち

動画サイトですから、最大公約数的(どの程度正確なのか知りませんが、既存メディアによる安倍支持率等)なことを言っておくと、安定した閲覧数が稼げるというのもあると思いますよ。

「不思議な現象」とおっしゃってますが、この中のかなりの部分は「ルーティーンをこなすことで落ち着く」という人間心理があると思います。例えば、今の季節だと仕事が終わってプロ野球にチャンネル合わせるだとか、日曜はサザエさんと大河にチャンネル合わせるだとか、もっと今風なものでは、「なんだか知らないけどYouTubeで見たあのダンスの動きが気に入った」から、生活の中で一息つく度にその動画を見るだとか。

安倍支持者にとっては、それがダブルバインドであったり、韓国情勢であったりするわけです。ネット上に「アンテナサイト」という類のサイトがあります。そこから色々なサイトに飛べるのですが、安倍支持の記事は毎回毎回同じ調子です。よく飽きないなというぐらいに。KAZUYA CHANNELも同類です。おそらく、KAZUYA氏もその中でダブルバインド手法を自然に身に付けたんだと思います。

「サザエさん現象」です、これ。

投稿: わだつみ | 2013年7月 2日 (火) 02時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポン吉のブログ: 『安倍晋三VS安倍信者』が動画になりました | トップページ | 露出狂と化した「裸の王様」動画ヴァージョン »