« コミンテルン小咄 | トップページ | 中野剛志氏、安倍晋三にぶち切れる »

2013年6月28日 (金)

国民健康保険の外国人の加入条件を緩和したのは誰か

最近、ローラという芸能人の父親が引き起こした詐欺事件をきっけかに、下のような話題がもちあがっています。

【重要・緊急拡散】日本の国民健康保険が中国人に搾取され続けていた事が発覚!!!!! 民主党の小宮山洋子が大幅に加入条件を緩和 ⇒ たった3ヶ月の滞在で保険制度を5年間も適用!!!! 全て日本の血税で賄われる羽目に!!!! 2ch「これはマジでヤバイぞ」「国保はどこも赤字が凄くてもうパンク寸前らしい」「これは氷山の一角」「シナチョンを殲滅しろ」(http://www.news-us.jp/article/331997798.html)

平成24年7月9日に外国人が三ヶ月の滞在で、国民健康保険に加入できるようになったのは事実なのですが、問題は誰がこの法改正を行ったかということです。

ネット上には民主党がそれをやったかのように書かれていますが真実はどうなのでしょうか。八王子市のホームページには次のように書かれています。

外国人の方に関する国民健康保険の制度が変わります。(平成24年7月9日より)

平成24年7月9日より、住民基本台帳法の改正で従来の外国人登録制度が廃止となり、外国人の方も住民登録の対象になります。

法改正に伴い、外国人の方に関する国民健康保険制度が変更されます。

1. 新しい加入要件 

八王子市にお住まいの外国人の方で、次のいずれかに該当する方を除き、すべて国民健康保険に加入する義務があります。

在留期間が3か月以下※の方
在留資格が「短期滞在」や医療を受ける活動またはその方の日常の世話をする活動を指定されている「特定活動」の方
会社等の健康保険に加入中の方
生活保護を受給中の方

※在留期間が3か月以下でも、次の方は加入できる場合があります。事前に市役所国民健康保険年金課にご相談してください。

在留資格が「興行」・「技能実習」・「家族滞在」・「公用」・医療を受ける活動、及びその方の日常生活上の世話をする活動と指定されている方を除く「特定活動」の場合で、資料により3か月を超えて滞在すると認められる方

つまり、住民基本台帳法の改正で従来の外国人登録制度が廃止になったことが、三ヶ月以上滞在の外国人が国民健康保険に加入できるようになった(というより加入を強制されるようになった)原因なのですが、では、住民基本台帳法の改正を行って、外国人登録制度を廃止したのは誰なのでしょうか。

答えは麻生政権です。

出入国管理及び難民認定法(入管法)に基づいて法務省入国管理局が行っていた情報の把握と、外国人登録法に基づいて市区町村が行っていた情報の把握とを基本的に一つにまとめ、法務大臣が在留管理に必要な情報を継続的に把握する制度の構築を図ることなどを目的とした、入管法等の一部改正法が2009年7月8日に成立し、15日に公布された。その結果、「公布日から起算して3年を経過する日までで政令で定める日」(期限は2012年7月15日)に新たな在留管理制度に移行し、外国人登録制度は廃止されることになった。(Wikipedia: 外国人登録法)

2009年7月に、麻生政権が外国人登録法の廃止を決め、外国人も住民票をつくれるように法改正しました。その法改正が施行されたのが3年後の民主党政権時代だっただけの話であり、民主党が中国人が国民健康保険に簡単に加入できるようにしたわけではありません。

この外国人登録法の廃止という問題のみならず、民主党時代の「売国法案」といわれるものは、それ以前の自民党政権時代に作られているものがあるため、注意が必要です。

たとえば、民主党時代に問題になった「人権擁護法案」を作ったのは、自民党の小泉政権です。

こういう事実をあえて指摘させていただくのは、民主党政権を正当化したいためではなく、「双頭の鷲作戦」にひっかからないようにみなさんに注意を促すためです。

●参照記事: 「双頭の鷲作戦」で滅ぼされる日本

事実が歪曲され、なんでもかんでも悪い事は民主党のせいにされて、自民党が正義の愛国政党であるかのように偽装するために利用されています。

ブログ・ランキングにご協力ください。一日一回、右のバナーをクリック願います。


« コミンテルン小咄 | トップページ | 中野剛志氏、安倍晋三にぶち切れる »

「保守」とか何か」カテゴリの記事

コメント

砦の番人さん

ありがとうございます。ただ、どうか、ご無理のないようにお願いいたします。

投稿: WJF | 2013年6月28日 (金) 23時47分

早めのボーナスでました。
相変わらず、ボーナスというより“寸志”ですが(税込5000円)
最近は、ボーナス自体無い会社が多い事を考えたら、まあ、ましかも知れませんね
約束通り、税引分を埋めて、5千円寄付させて頂きます。

非常に非常に少ない額で申し訳ありませんが

投稿: 砦の番人 | 2013年6月28日 (金) 21時30分

今のWebのトレンド
朝鮮人安部の
G8
ロンドン シティ講演
■カネ基地
新自由主義の朝鮮安倍!

「TPPへの反対は、自民党を支持した皆さんにもありました。私は、全力で、説得しました。
そのうえで、交渉参加に断を下しました。」
え?いつ説得した??
「固い、岩盤のような日本の規制を、私自身をドリルの刃(やいば)として、突き破ろうと思っています。」
みなさん日本を破壊するって言ってます
■6月19日のロンドン金融街「シティ」での講演
これを聞いて怒らない人はいない
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/0619speech.html

YouTube見たく無いが在ります

日本で言えないは
海外で!

テロリスト・スパイ野田から
官僚の入れ知恵

汚鮮ヒドい官僚。

投稿: 朝鮮人安部 | 2013年6月28日 (金) 14時19分

この件も問題ですけど「外国人保護者補助金制度」も深刻ですよ!自治体で支給額もバラバラなのですが最高額が江戸川区在住の北朝鮮籍の子供一人当たりに月額16000円も支払われています。外国人とうたいながら、実際は北朝鮮、韓国、中国籍の保護者だけに支給されています。更に悪質なのは日本国籍を取得した時点で支給は止まらなくてはいけないのに平成17年度から法律違反にも拘らず行政が勝手に判断して支給を続けているそうです。完全な違法行為です。これらを積極的に推進していたのが何と自民党の議員達だそうです。荒川区議会議員の小坂英二氏がブログや動画で告発を続けています。議会に何度告発しても相手にされず脅迫まで受けて孤軍奮闘しています。皆さん、自分の住んでいる行政に廃止要請の声を届けましょう。そしてこの情報を拡散して下さい。

投稿: 福助 | 2013年6月28日 (金) 11時47分

今となって考えれば、これらの売国法案も、グロバーリズム(主権国家解体)によって移民が大量に入ってくることを前提にした法整備だったのだろうな。

移民のための社会保障整備と、移民が入ってくれば元日本人と軋轢を生じるのは必然なので、移民の人権(今いる在日の人権だけでなく)を守るための。

投稿: だめだめわんこ | 2013年6月28日 (金) 07時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コミンテルン小咄 | トップページ | 中野剛志氏、安倍晋三にぶち切れる »