« 「双頭の鷲作戦」で滅ぼされる日本 | トップページ | コミンテルン小咄 »

2013年6月26日 (水)

ツイッターにあふれる安倍批判

安倍政権の異常さに気がつく「正直な子ども」の数は本当に増えてきました。

TOPSYというツイッター検索サイトで、24時間以内に「安倍晋三」についてつぶやかれたツイートを読む事ができるのですが、安倍晋三への批判にあふれています。どうぞ、ご自分の目で確かめてみてください。

TOPSY: 安倍晋三

なんとなく自民党に投票する人々はまだまだ多いと思いますが、筋金入りの「安倍信者」は、社会の中で、かなり少数派の孤立した「変な人たち」になりつつあります。

片言の英語も話せないのにグローバル化にやっきになっている安倍晋三を盲目的に支持して自分の首をしめるとか、安倍政権の政策で一番困るのが自分や自分の家族なのにそのことが理解できないとか、安倍信者は、親切に何を言ってあげても分からない「変な人たち」ですから放っておいて、「なんとなく自民党」という普通の人たちに、どう事実を伝えていくかがこれから大切になっていくと思います。ネットをやらない人たち、政治にそれほど関心のない人たちに、同じ生活者として、わかりやすい平明な言葉で語りかけていくことが大切であると思います。

最後は、普通の日本人の「普通の感覚」=「Common Sense」=「良識」が勝つ。

そう信じています。

普通に生活している人たちは、自分たちが普通に何を守るべきかちゃんとわかっているからです。

普通の人々が「普通の感覚」で見るならば、安倍政権のやっていることの異常さ、奇怪さは、「インチキな仕立て屋」がどんな美辞麗句で言繕うとも、くっきりと浮かび上がって見えるはずです。

只だ是れ等閑に天童先師に見えて、当下に眼横鼻直なることを認得して、人に瞞せられず。便乃ち、空手にして郷に還る。所以に一毫も仏法無し。(道元禅師『永平広録』)

ぜひ、みなさんの日常の生活の場で、さりげない日常の会話の中で、安倍政権の政策の危険性を、同僚やお知り合いにそっと教えてあげてください。

ご家族の笑顔を、どんなことがあっても、守り抜いてください。

WJFプロジェクトが願うことはただその一点です。

ブログ・ランキングにご協力ください。一日一回、右のバナーをクリック願います。


« 「双頭の鷲作戦」で滅ぼされる日本 | トップページ | コミンテルン小咄 »

TPP」カテゴリの記事

コメント

元々自民党が馬鹿で利権にばかりつながった政党だから民主党に入れたのに。民主党は私欲が出すぎてあまりにもお粗末だった。
 他の野党も帰化人政党。売国奴がうようよ。
自民も民主党も売国奴がたくさんいます。
 マスコミはCIAや創価学会、韓国に乗っ取られて真実の報道しない。
 阿部、麻生は北朝鮮に利権を持っている。
 でも何で桜井さんや青山さんが阿部を押すのか理由は何だろう。
 地球が4次元から5次元になってテレパシーで会話ができるようになれば秘密がなくなるって。早くそんな時代になってほしい。

投稿: 宇宙時代 | 2013年6月27日 (木) 21時12分

アメポチ朝鮮イヌの安倍が問責決議に!
売国が参議院選挙までは止まるは有り難い。

「米国からシリア反乱軍向けの武器を積載して、シンガポールからジェッダに向かう4500個のコンテナーを積んだMol Comfortと言う名称の船がインド洋で遭難した。」
http://www.scworld.biz/logi-today/?p=68806
商船三井は17日、同社が運航するコンテナ船「MOLコンフォート」が同日正午頃(現地時間午前7時頃)
真っ二つに割れた。下から潜水艦がぶつかったようだ。

反シリア軍がユダヤ戦争屋の手下を
知らぬ存ぜぬと
ハイハイ朝鮮イヌ安倍配下

商船三井の生田とかいう会長、「TPP参加は日本再生のチャンスだ」なんてふざけたこと言ってた。

投稿: 陰でこそこそ | 2013年6月26日 (水) 17時56分

アメリカで勝手に(とっくに話がついてるのでしょうけど)日本の水道売りますと言ってしまう麻生、尖閣は日本が泥棒呼ばわりされても仕方ないと香港メディアにぺらぺらしゃべる鳩山。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130625/plc13062512440008-n1.htm
どっちがマシなんでしょうね。
ほんと情けないです。
なんで従米か媚中しかいないんだろうか。

投稿: 朝顔 | 2013年6月26日 (水) 10時40分

http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-2180.html

4月19日、麻生副総理が、CSIS(米戦略国際問題研究所)で、「日本経済再生に向けた日本の取組みと将来の課題」という議題でスピーチを行ったとき、「日本の国営もしくは市営・町営水道は、すべて民営化します」と発言したことは、まさに驚天動地の出来事でした。

なせ、日本の記者会見で、こうしたことを話す前に、アメリカのシンクタンクで演説するのでしょうか。

「公営水道はコストがかかり過ぎる」という理由で、公営水道事業を民営化した世界の都市では、ひとつの例外もなく水道料金が数倍に跳ね上がりました。

日本では、2012年4月からの松山市の浄水を皮切りに、広島、埼玉、千葉などの浄水処理や下水処理をフランスのヴェオリア・ウォーターの日本法人、ヴェオリア・ウォーター・ジャパンに委託しました。

最初に民営化に乗り出した松山市は、現在は飲用の水道水まで委託しているようです。

結果は、3年後には、民営化前の2.5倍に水道料金が跳ね上がってしまうという試算になりました。

http://www.city.matsuyama.ehime.jp/kurashi/kurashi/josuido/tetuzuki/ryoukin/ryokin_ebara.html

投稿: だめだめわんこ | 2013年6月26日 (水) 06時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「双頭の鷲作戦」で滅ぼされる日本 | トップページ | コミンテルン小咄 »