« 「正直な子ども」の快進撃 | トップページ | A層は日本人ではない »

2013年6月23日 (日)

日本的な精神、朝鮮的な精神、そしてグローバリズム

「グローバリズム」と「中華体制」は似ていること、というより、「中華体制」とは、東アジアにおける当時の「グローバリズム」に他ならなかったことを、過去のいくつかの記事で指摘してきました。

国民国家
グローバル化がもたらす社会
良賤制とグローバリズム
現代日本の「事大主義」と「良賤制」

強大な世界秩序に自らを組み込もうとする「事大主義」と、人々の格差を強化しその上位に君臨しようとする「良賤制」は、朝鮮民族が地理的、歴史的な要請から必然的に抱え持つようになった伝統的な傾向ですが、TPPなどの超国家的な秩序に組み込む事で国家を解体し、搾取する国民と搾取される国民の二分化をもたらす「グローバリズム」や「構造改革」を推進しようとする精神も、まさに「事大主義」と「良賤制」を志向する「朝鮮的な精神」と同じものに他なりません。

ですから、小泉純一郎や安倍晋三のように、もともと朝鮮半島と深いつながりをもつ政治家が、「グローバリズム」や「構造改革」に傾斜していくのは、決して偶然のことではないのでしょう。

参照記事: 安倍晋三はなぜ日本を壊すのか

また、統一教会のような、日本の「保守」政治家や「保守」論客たちの上に大きな力を及ぼしてきた韓国のカルト宗教が、「グローバリズム」や「構造改革」を好み、そこに傾斜していく背景にも、「事大主義」と「良賤制」という朝鮮的なスピリットが作用していると見てよいと思います。

それに対して「日本的な精神」とは、もともと「中華体制」や「グローバリズム」とは全く相容れないものです。

なぜならば、「日本的な精神」とは、「中華体制」という周辺を巻き込もうとする巨大な渦(=当時の東アジアのグローバリズム)を近隣にもちながら、その渦に巻き込まれることなく、適切な距離を保ち、国家の自存と独立を守ることによって、独自に発展を遂げた精神に他ならないからです。

「中華体制」と「グローバリズム」とは本質的には同じものですから、「中華体制」の毒から身を遠ざけてきた日本人の精神は、必ず「グローバリズム」に対しても同じ危険を察知し、私たちを巻き込もうとするその渦から距離を置こうとするはずです。

「中華体制」のような「グローバリズム」に、自らを絶対に明け渡さないところに日本という国の伝統的な姿勢があるのですから、「グローバリズム」や「構造改革」を遮二無二推進する安倍晋三のような政治家が、本当の意味での「保守」や「愛国」であるはずがありません。

「グローバリズム」や「構造改革」に傾斜する安倍政権を突き動かしているスピリットは、どんなに日の丸や君が代や愛国的なパフォーマンスによって覆い隠そうとも、「朝鮮的な精神」に他ならないのであり決して「日本的な精神」ではありません。

「親米保守」とは「事大主義」の一形態に他ならず、アメリカに自らを組み込むことで自分たちの安全を図ろうとしてきた日米安保体制も、本来の「日本的な精神」とはかけ離れた「朝鮮的な精神」によって支えられてきたと言って過言ではありません。自民党政治が長く続き、それが当たり前になっているため私たちは気づかずにいますが、日本の朝鮮化=非日本化は、自民党という「朝鮮的な精神」の持ち主たちによって、少しずつ、しかし着々と進められてきたのだと思います。

そして「中華体制」という「グローバリズム」から、賢明に距離を置くことで、独自な発展を遂げ、多くの強みを持つに至った日本という国家を、この「朝鮮的な精神」の持ち主たちは、今こそ解体し、大きな世界秩序に組み込む事で、消滅させようと画策しています。

それがTPPや道州制といった問題が含み持つ歴史的な意味です。

TPPや道州制などの「グローバリズム」や「構造改革」に対して大きな反対の声が上がらずにいるのは、私たちの国が、あらゆる領域において、いかに「朝鮮的な精神」の持ち主たちによって支配されているか、また、いかに「朝鮮的な精神」が私たちの国を覆いつくしているのかの証左に他なりません。

私たち日本人は、「日本的な精神」を発揮して、この「朝鮮的な精神」に対峙し、「中華」の毒、「グローバリズム」の毒から、自分たちの国や家族を守っていくことができるでしょうか。

戦後の日本を牛耳ってきた「朝鮮的な精神」に対して、日本人は、今こそレジスタンスを起こし、本来の日本の姿を取り戻すことができるでしょうか。

ブログ・ランキングにご協力ください。一日一回、右のバナーをクリック願います。


« 「正直な子ども」の快進撃 | トップページ | A層は日本人ではない »

戦後体制と冷戦構造」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
たまたま通りすがりで読んでいて、面白いなと思いました。

読んでいて思ったんですが「朝鮮的な精神」って、私が思うに【儒教】の事だと思いました。

古来から『墨子』『本居宣長』『福沢諭吉』らが【儒教】を真っ向から否定していて、まさに今の「朝鮮的な精神」の根源=【儒教】にあると思います。

ちなみに新熊野神社さんがHPで、【国家神道】は【儒教】に汚染された思想だ、と糾弾していましたね。

あと【教育勅語】も【儒教】に汚染されています。

まさに「朝鮮的な精神」という言葉を聞いて、ああ【儒教】だなと思いました。

投稿: 通行人 | 2016年7月10日 (日) 12時53分

スパイ安部が防衛機密費やらを使い&ユダさまの言う通りに!
NHKが怪しいのでは。
いい加減な出口調査で結果が出るとは思えません。2時間限定とか、総ての選挙区では無い。

>米国防総省はNHK内で情報検閲を行なっている。
>http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/nhk-4a23.html
>・・・もともと日本の大手メディアには問題が多かった。私は旧知のNHKの報道マンに連絡をとると、報道を担当する知人は声を潜めながら、驚くべき発言をした。
>「実は(当時2010年の)2年ぐらい前から、NHKの敷地内にペンタゴン(米国防総省)専属の秘密部署が作られ、そこで『検閲』が行なわれるようになっているんだ」
>彼が言うには、検閲には二通りあり、一つは反米につながるようなニュースをクローズする(隠す)こと。そしてもう一つは、反米的な政治家や著名人のイメージダウンを図るような情報を積極的に「報道」することだという。
>NHKは日本人にとってもっとも重要な報道機関であり、そのために視聴者が受信料を払って運営する公共放送である。
>そのNHKを、アメリカの国防総省(ペンタゴン)の情報担当者が「検閲」して、世論操作を行なっているのだ。
>驚愕の真実!やはり9.11の真実を語り、NHK解説委員主幹長谷川浩さんは殺された!
>http://wajuntei.dtiblog.com/blog-entry-937.html
>NHK人工地震番組の放送担当者、暗殺か !
>http://ameblo.jp/64152966/entry-10987423965.html
>テロ実行犯がテロ警戒する馬鹿さ加減

公開すべき出口調査方法、ユダさま御用達なマスゴミ一派と安部!

投稿: 真相究明し隊 | 2013年6月24日 (月) 12時16分

WJFさんへ
私も同感です。嫌韓、嫌中は愛国ではありません。中国、韓国の反日教育=愛国教育、反日無罪=愛国無罪と同じではいけません。中国韓国がいくら歴史を捏造し、文化を略奪しようと、日本には世界で最も歴史と権威のある皇室があります。世界に誇れる文化、芸術、技術があります。この日本という国を誇りにし、どの様に守って行くのか?その一点の事を考え実行するのみです。

投稿: 瓢箪山 | 2013年6月24日 (月) 07時03分

えんどーさん

維新政党・新風を熱心に推しているブログ「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」というブログを拝見する限り、記事の9割が嫌韓ネタであり、TPPのような構造改革の問題に言及することがあってもごくわずかです。維新政党・新風の政治的主張はよく分かりませんが、嫌韓をメインとする政党であるならば、私は支持しません。国を守る政治とは、何かに対するアンチテーゼとして発想されるべきものではなく、徹頭徹尾、「すばらしい日本をいかにして次世代に伝えるか」という問題が中心に据えられるべきだと思うからです。嫌韓だから「保守」、反中だから「保守」という先入観を一度きっぱりと捨てるべきだと思います。これは我々は親韓や親中であるべきだという意味ではなく、あくまで日本がどうあるべきかという問題が私たちの最大の関心事であるべきだという意味です。

参院選に関しては、政権交代を求める選挙ではなく、あくまで安倍政権に対する抵抗勢力を送り込み、ねじれを維持して安倍政権の政策実現のスピードにブレーキをかけることが目的ですので、それが共産党であれ、生活の党であれ、みどりの風であれ、大きな違いはないと考えます。ただ一点、TPPや道州制といった構造改革にきっぱりと反対の立場を明らかにしていることが条件です。

投稿: WJF | 2013年6月24日 (月) 03時52分

wjfさんの仰るとおり、戦後70年かけてじっくりと日本国民を朝鮮マインドに洗脳してきたのは、紛れもなく自民党の独裁政権の成せる技だったと思います。

しかしながら、今国民は目覚め始め、何かおかしいと気づいている正直な子供が増えています。

東京都議選の結果が出ました。案の定自民と公明が独占し、民主党が第4党に落ちて、共産党が前回の倍の議席をとり、第3党に踊り出ました。

投票率が前回よりも、11%も落ちているので、組織票があるところは強いとは言え、共産党が躍進したのは意味があると思います。

自民公明以外の受け皿が明確になれば、参議院選挙の捻れも希望がない訳ではありません。

まだ間に合います。正直な子供に徹して、自分達のやれる事をしっかり実践していきます。

投稿: あだりん | 2013年6月24日 (月) 03時17分

WJF様的に、維新政党・新風はどうでしょうか
今ある政党では一番まともだと思うので、参院選で投票しようと考えているのですが

投稿: えんどー | 2013年6月24日 (月) 00時32分

こんばんわ。 ディライト松風です。
今日は東京議会議員選挙でしたね。皆さん投票に
行きましたか? 今日は日本の命運を分ける日に
なるかもしれません。 この一票で日本を救いましょう!
わたしは日本海側の県に住んでいるので、投票できませんので
このブログを見ている方は次の参議員選では自公に入れない
ように周りの人に拡散しましょう。皆さんよろしくおねがいします。
正直今回の都議会選は自公の優勢なので、次は巻き返して
TPPを阻止しましょう。

投稿: ディライト松風 | 2013年6月23日 (日) 22時28分

自民党、維新、みんなの党だけではないですが、究極のグローバリストは華僑のような生き方を理想としています。そしてネット選挙やネット投票を強力に推しているのもグローバリストですが、日本のIT業界で急激に大きくなった企業は大半が韓国系企業です。しかも、創価系や統一教会系が多い。これらの企業が近未来的にネット投票のサービスを占有するようになる。しかも、安部は十分にそのことを知っています。安部が目指しているのは朝鮮半島と日本をネット環境で統合することですから、トンネルなんかもう古い考え方でしょう。日韓併合を推進した長州ファイブも半島系です。

投稿: 名無し | 2013年6月23日 (日) 18時49分

息を吸うように
嘘をつく
朝鮮安部

高市政調会長の発言で、
自民党のJファイルに記載された内容は公約ではないと判明。
従って当然関税を守る気もなく、米国自動車の輸入数値目標を設定し、
国民皆保険制度を守る気もなく、
食の安全も守る気はなく、ISD条項に合意し、政府調達・金融サービスも開放するハラだ。

NWOのお手伝いは
グローバル カネ基地害の
朝鮮安部は
カネが目当てか?

イルミナティのトップを目指す?

カルトの教祖にか?

投稿: NWO | 2013年6月23日 (日) 13時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「正直な子ども」の快進撃 | トップページ | A層は日本人ではない »