« 眼横鼻直 | トップページ | 「正直な子ども」の快進撃 »

2013年6月14日 (金)

ちらしのご提供をいただきました

複数の方より、ちらしのご提供をいただいています。

下の二つのちらしは、憂國大和魂様よりいただいたものです。

青い水様から、ちらしを提供いただきました。両面印刷を前提に作られていますが、個別に活用することも可能です。(※修正済み原稿をアップしました。)

【表面】
(クリックするとダウンロードできるページが開きます。)

【裏面】
(クリックするとダウンロードできるページが開きます。)

これらのちらしは当ブログのトップに掲載しておきます。

ブログ・ランキングにご協力ください。一日一回、右のバナーをクリック願います。


« 眼横鼻直 | トップページ | 「正直な子ども」の快進撃 »

TPP」カテゴリの記事

コメント

死の商人安倍晋三の父は「ナリスマシ」 13/6/20 13:48

安倍晋三の父親晋太郎は
既に殺されていた日本人の安倍晋太郎へ[なりすまし]の[済州島民]
さよぅならば、
安倍晋三存在そのものが[詐欺.捏造のごときもの]

http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=shion1082001

投稿: 左うちわ | 2013年6月21日 (金) 07時33分

ついに私の地元、北海道の農政連は参議院選自民党候補の、推薦支持を取り止めました。

やはり、北海道ではTPPの問題は農業を営む方々にとっては、特に死活問題です。この農政連の判断は極めて正当であり、北海道の参議院選の行方を大きく左右すると思います。

G8を終えて、表面的にはマスコミに大々的に安倍は祭り上げられていますが、G8中に安倍自身は行いたかった日米首脳会談もオバマ大統領に袖にされたそうで、マスコミ報道と実際は違い、アベノミクスも今や多くの人達が、眉唾ではないかと思い始めています。

参議院選挙まで、本当に時間がありませんが、流れが変わるのを諦めずに、声をあげて行きます。

投稿: あだりん | 2013年6月20日 (木) 13時44分

何やら安倍晋三その物が怪しい!
引用
なぜ
【晋三が首相就任後】に、
【初対面の兄寛信】が
【TV公開出現】したのでしょ?
その
【必要性が双方にあった】筈!
吉田寛と岸信介の名前を一文字ずつつけた【寛信】、
何か釈然としませんね。
岸信介には
【もぅ一人、本妻:ほんものの日本人妻が居た】
その子供の子供が
【寛信】では?
【安倍晋三】は【晋太郎】から【晋】をとっていますが三とは?前に二人が普通。
ブログ、ようこそ~Gallery Discoveryに
※欄

尚、三橋貴明は朝鮮人が見下す白丁だった!日本の国土で朝鮮人同士争わず
母国半島で抗争しろ!
母国へ帰れ!

投稿: 読者 | 2013年6月20日 (木) 11時56分

また空気読まずに投稿します。


久しぶりにネットに繋いでみたら
また腹の立つニュースが……。

http://www.j-cast.com/m/2013/06/18177522.html
http://desktop2ch.tv/news4plus/1371077662/


しかし良く考えたのですが
隣国のこの手の嫌がらせは、好機に活かせますね


なにしろ、日頃は日韓問題に無関心な海外の有名企業や著名人にコリアが騒いでくれるお陰で、
wjf様の動画を紹介するよいきっかけ(口実)が出来る訳ですから

投稿: 砦の番人 | 2013年6月19日 (水) 12時46分

通りがかり 様

はじめまして。

>反対してくれる議員はいると思っています。
>何しろTPPは「国家主権の委譲」と事実上、変わりませんから

私も先日ツイッターで同じようなやり取りをしました。
「参院選で自民党大勝させて、
TPP反対派の自民党議員が反対意見を言いやすいよう応援するつもり。
大局を見られないで、安倍さんはダメだというのは
やはり分断派、コミュニスト。」と言っていました。

>論理が破綻していることに気づいていません。まさに宗教だと感じました

カルト宗教のようだとは本人たちは思っておらず
愛国活動をしていると真じて売国に手を貸していることに
全く!気づいていません。始末悪いです。

「安倍さんは今でさえ高い支持率に乗じて
やりたい放題で、内部では反対意見などいえるムードではない」と
自民党の党員の方が言っていました。
その方は、なんとかしなければ日本は危ないと感じ
TPP反対派の自民党議員を回るロビー活動をされています。
できることを、どんなに小さなことでもしていきましょう!!


投稿: 山桜 | 2013年6月17日 (月) 23時13分

亀井さんの郵政解散や消費増税の際の毅然とした姿勢は、私も記憶に残っています。
今まで不遇な目に会い続けていることから、政治的駆け引きは得意では無いのだと思いますが、信念を通そうと努力する姿を尊敬したい、という点でWJFさんと意見は同じです。

みどりの風という党の単位で見ると、左派色の強い不安な人材もいますが、それは他党も変わりませんし、
他のTPP反対野党の政策集と(相対的に)比較して見たところ、最も目立つところにTPPを持ってきていたのはみどりでした。

調べたところ、今回の参議院比例で立候補するのは、民主党政権下でのTPP阻止に最も尽力された山田元農水相だそうです。
山田氏のTPP以外の政策には、いろいろと思うところありますが、それを差し置いても、TPPに対する最大のアンチテーゼとしては、最も理想的な人材にも見えます。

まだひと月ありますので、完全に固まったわけではないですが、みどりの風への投票を念頭に置くことにしました。
回答ありがとうございました。

投稿: 二回目です | 2013年6月17日 (月) 19時27分

初見ですさん

まず、

>共産・社民は安全保障面で脳天気すぎ、

との論評ですが、自民党は安全保障に強いなどと言われていますが、TPPに参加してでも日米同盟を強化して中国包囲網を形成し、尖閣諸島を守るのだという絵空事をほざいてきた自民党の能天気さと、共産党や社民党の能天気さと比べたら、どっちもどっちではないでしょうか。

今夏の参院選の目的は、政権交代を目指すものではなく、あくまでTPPや道州制といった構造改革に対する抵抗勢力を送り込むことにあるので、小異を捨て、TPP反対という点で大同に就いていただきたいと思います。

しかし、個人的には、私はWikipediaに下のように書かれている政治家を尊敬しています。

「2009年9月16日、民社国連立による鳩山由紀夫内閣の成立に伴い、内閣府特命担当大臣(金融担当大臣)に就任した[8]。特命担当大臣の担当事務以外に、「郵政事業の抜本的な見直し及び改革を推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整」[8]の特命事項を担当する(郵政改革担当)。
金融担当相として行った政策
中小企業金融円滑化法 - 2009年10月に提出し、同年11月可決成立させ、年末に間にあうように12月4日より施行させた。
「貸し渋り・貸し剥がし」対策
中小企業等に対する金融円滑化対策の総合的パッケージ
その結果、2010年4月の自殺者数は警察庁発表で前年同月比18.7%の大幅減少になった。また、東京商工リサーチによると、2010年2月の企業倒産は前年同月比17.3%の激減 。負債総額も64.3%減となった。しかし、この背景には2008年に起こった世界金融危機による不況からの景気回復があることも考慮する必要がある。
これらの制度をつくった動機には、小泉政権下で国内の自殺者数と倒産数が史上最多となり、亀井の知人の中小企業経営者3人が自殺したことがある。亀井は彼らから相談を受け金融機関に掛け合ったが、貸し出しも返済猶予も断られ、社長は亀井あてに悲痛な遺書を残して逝き、副社長も後を追って自殺。亀井は葬儀に行き、遺族と一緒に抱き合って泣いたが、3日後に新しい副社長が自殺した。社長になれば、今後は自分が債務を負わなければならないからだった。 亀井は真っ当な経営者や従業員が無駄な死を選ばなくて済むよう、制度改革を進めた。
大臣就任早々、金融庁の検査官を集めて「これまで君たちは金融機関のための検査をやってきたが、これからは銀行が借り手企業のコンサルタントとして社会的役割を果たしているかをチェックするんだ」と訓示した。[9]。
小泉政権で労働者派遣法が変更され、派遣社員が簡単に合法的に首切り解雇できるようになっていたため、不況により首切りにあった人が激増し、住宅ローンの支払もできず、自殺者数が史上最多となった。また小泉政権で建築基準の審査を民営化したことにより耐震偽装事件などが発生、住居を失い会社も辞めさせられ、しかし住宅ローンだけが残り生活ができなくなった人を見て、個人にも金融機関に住宅ローンの支払期限を延長しなくてはならないというものだった。マスコミは、この「中小企業金融円滑化法」をモラトリアム法、亀井法などと呼んだ。
2010年4月17日、永住外国人への地方選挙権付与(外国人参政権)に反対する集会に出席し、「参政権付与が日本を滅ぼす。国民新党が拒否権発動しているから今国会で成立しない」と述べた[10]。
2010年6月11日未明、第174回国会での郵政改革法案成立が見送られたことを受け、「公党間の約束が履行されなかった」として民主党の菅内閣に激怒し、民主党との連立も解消をすると主張した。しかし、亀井久興に与党にとどまってほしいと懇願され、党内の4時間に及ぶ会合後、与党にはとどまることとなる。しかし、亀井静香は閣僚を辞任、後任は同党の元郵政相の自見庄三郎となった[11]。」

命がけで小泉構造改革と戦い、国民を守る上のような姿勢をがんこに貫いて来た、真の愛国政治家の名にふさわしい亀井静香氏のいるみどりの風を個人的には応援しています。

投稿: WJF | 2013年6月17日 (月) 13時22分

こんばんは。
最近の記事を一通り拝見しました。
私はTPPや道州制等に元々反対でしたので、納得できる箇所がほとんどでした。
今後とも拝見しますので、積極的な意見・情報発信、よろしくお願いします。

いきなりで申し訳ないのですが、来月の参議院選挙について、ご意見を伺いたいです。
六月現在の選挙情勢予測では、
自民党の圧勝(1人区は全獲得、2・3人区では一人当選、4・5人区では二人当選、比例でもかなり得票?)
が予想されています。

このままいけば自公での過半数越えは確実で、
最短でも次の自民党総裁選までは安倍政権は続くことになるでしょう。
とはいえ、抵抗はしておきたいので、
TPP反対を''明確に''表明している政党に、比例・選挙区両方で入れようと思っています。

中選挙区では、私の田舎では共産党しか反対派がおりませんので、
死票になるのを覚悟して、共産党として入れようと思っています。

ここで本題です。
比例の投票先ですが、
上のチラシに書いてある政党
+書かれていないTPP反対派のミニ政党、が選択肢になるのでしょうが、
できるだけ価値の高い一票(塵も積もればです)を投じたいので、
死票になる可能性が高いミニ政党と、候補者を擁立する話を聞かない新党日本を選択肢から外し、
みどり・共産・生活・社民・大地の五つの中から選ぼうと思っています。

共産・社民は安全保障面で脳天気すぎ、
生活は小沢一郎氏が信頼できない(昔とあまりに政策が変わりすぎている)ため、
みどりか大地に入れようと考えましたが、票読みの兼ね合いもあり、考えがまとまりません。

まだ意見が固まったわけではないので、ぜひWJFさんから助言をいただけたらと思います。
上のチラシに書いてある政党、またミニ政党も含めて、WJFさんの推薦する政党をよろしければ教えて下さい。
(理由も添えていただけると嬉しいです)

長文失礼しました。

投稿: 初見です | 2013年6月16日 (日) 23時34分

離脱か?ユダ米多国籍企業のTPP

情報戦争時代ですから、確かめて下さい。

「TPPで交渉権限持たない米国大統領」―渡邉亮氏が講演、米国議会への活動促す
 日本の畜産ネットワークが5月22日に開いた勉強会で渡邉亮氏が講演した。その概要を紹介する。
 TPP交渉に関して渡邉氏は「現在、米国オバマ大統領には通商交渉を行う権限がない。この権限(TPA=貿易促進権限)は07年7月に消滅・失効しており、現在の米国通商代表部の活動はTPAに基いて行われていません。
「TPPで交渉権限持たない米国大統領」―渡邉亮氏が講演、米国議会への活動促す
http://www.rakunou.org/newspaper/new/new.html

>オバマ政権はTPP交渉の年内妥結を目指していることから、米国議会では6月にTPA法案を提出する動きがあるが、
>渡邉氏は「(審議に)6カ月以上かかるとみている議会関係者がいる。
>最近になって、米国高官は(TPP妥結は)年内は無理だろうと言っている」と述べた。
>さらに、▽11年9月、米国議会に提出されたTPA法案が45対65で否決された
>▽12年11月に大統領選と同時に行われた米国議会選挙で「反自由貿易」を掲げる民主党上院議員が2名増えた
>▽拡大NAFTA(北米自由貿易協定)と言われるTPPに危機感を持っている議員が多い ―などと指摘。
>その上で「とにかく今やれることは米国議員への手紙作戦。>目標は6月に提出されるTPA法案を否決に追い込むことで、 これをやれば米国はTPP交渉から離脱せざるを得ない。
>そのためにも全米の議員に日本の政治情勢を正しく伝達する。 日本の自民党・国会の決議文を早急に送る。
>オバマ氏は08年大統領選で反自由貿易を訴えた。今は主義と違うことをやっている。そこを突くべきだ」
>と今後の反TPP運動の方向性を示唆した。

売国奴安倍や売国奴官僚による
日本中心なTPPは無理では。
移民問題、道州制とか問題が多過ぎます。

投稿: 反対TPP | 2013年6月16日 (日) 13時41分

WJFさん、はじめまして。いつも動画と文章を楽しく拝見させていただいております。さて、「安倍さんを支えつつTPPに反対の声を」って訴えるtwitterの方に「安倍さんがTPP参加(交渉参加ではない)を決めたらどうするのでしょうか?仕方はないとあきらめるのでしょうか?」と質問を投げかけたところ、「それは安倍首相の一存では決まりません。最終的には議会が批准するかどうかです。」との返答でした。そこで、「このまま自民党が参議院で議席を伸ばし、衆議院でも参議院でも過半数をとった時、いくら議会の批准といっても自民党の総裁である安倍首相に反対する自民党員がいるのでしょうか?」と返したところ、「あくまで私の想像ですが、反対してくれる議員はいると思っています。何しろTPPは「国家主権の委譲」と事実上、変わりませんから。」との返答でした。自民党を除名されても反対してくれると信じているそうです。論理が破綻していることに気づいていません。まさに宗教だと感じました。妄信している人に何を言っても無駄と感じました。それでもがんばりましょう。

P.S.
どこの記事に投稿したらいいのかわからないのでここにしました。
文章が下手なので載せていただける場合はニュアンスが変わらなければ自由に編集していただいてもかまいません。
無駄かもしれませんががんばりましょう。

投稿: 通りがかり(tohrigakari) | 2013年6月15日 (土) 19時10分

たかたろ様

リンクを修正しましたが、その後青い水様より連絡があり、ちらしにいくつか修正したい点があるとのことで、修正版ができ次第、入れ替えさせていただきます。

投稿: WJF | 2013年6月15日 (土) 02時09分

あれ?
青い水さんのチラシ表面は、ダウンロードしてみると裏面と同じ内容ですね?(ファイルサイズは違うようですが)

投稿: たかたろ | 2013年6月14日 (金) 16時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 眼横鼻直 | トップページ | 「正直な子ども」の快進撃 »