« ちらしのご提供をいただきました | トップページ | 日本的な精神、朝鮮的な精神、そしてグローバリズム »

2013年6月23日 (日)

「正直な子ども」の快進撃

当ブログの記事の更新が途絶えている中、さまざまな皆さんが快進撃を続けてくださっています。

まず、当ブログの過去の記事を拾い出し、動画にしてニコニコに載せてくれているよしふるさんですが、政治カテゴリのかなり上位に食い込んでいます。

下の動画は最高順位8位。

下の動画は最高順位10位。

下の動画は最高順位13位を記録しています。

動画にわいている「安倍信者」のコメントは相変わらずです。

「保守分断」「偽装保守」「コミンテルン」「左翼」「在日朝鮮人」「支那の工作員」「小沢信者」「民主党よりまし」「安倍さん以外に誰がいるんだ」・・・

彼らのコメントを読んでみると、おどろくほどパターン化されていることがお分かりになると思います。

彼らは動画の内容に対して、自分の頭で考えて自分の言葉を発しているのではなく、A. 何かのマニュアルに従って意図的に印象工作を行っているか、B. 誰かに植え付けられた言葉を無意識に反復しているかのどちらかです。

つまり、B層が国を滅ぼす(2)という記事でも紹介したことですが、彼らは「騙しているA層」か、「騙されているB層」かのいずれかに属していることが、彼らのコメントから窺い知ることができるということです。

自分の目を通して、あるいは自分の体験を通して、自分の頭で考えるようになったC層やD層の人々の発する言葉は、もっと個性や独自性を帯びています。

2chでは、下のようなコメントを拡散してくださっている人たちもいます。

緊急拡散
1.このままでは日本がTPPに入ります。TPPは、移民の流入・産業の空洞化・デフレなどを招く恐ろしいものです。進む先は、国柄の喪失です。
2.安倍晋三は小泉・竹中と同じ新自由主義者であり、国家解体に繋がるTPPと道州制、その他諸々の構造改革に向けて邁進しています。
3.「安倍は愛国的」?新自由主義政策は、一見愛国的なパフォーマンスと同時に行われます。
4.民主党政権時、TPPに反対した「自称保守」の面々は、安倍支持のために転向しました。
5.参院選で捻れを作れなければ、自民党は売国政策を難なく実現し、長期的には国の枠組みが崩壊します。日本人は原住民の扱いになります。
6.参院選の争点はTPPのみです。安倍氏は極めて対米従属姿勢の強い政治家であり、対米従属の政権が憲法をいじると余計ひどいことになります。改正草案がこっそり色々改悪されています。
7.国民が一丸となって反対しなければ、この流れがとまりません。拡散してください。選挙は共産党やみどりの風など、TPP反対の党に投票してください。
嫌いな党であっても、TPPを回避できれば、国家は存続できます。

以下が参考になります。他にも、安倍政権による国家解体の危機を訴える人がたくさんいます。

言論人・評論家
中野剛志などの著作・動画・メルマガ

ブログ
正党
ttp://ameblo.jp/masato1982/
ポン吉のブログー反TPP宣言ー
ttp://ameblo.jp/ponkiti-2013/
ぼんたろーのブログ
ttp://ameblo.jp/bonbon331/
WJFプロジェクト
ttp://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/
まさか、右翼と呼ばないで!
ttp://politiceconomy.blog28.fc2.com/

ツイッター
ハバキリ
ttps://twitter.com/CYHbyAH

動画
在特会福岡支部 沢村

以下は信頼してはいけません

チャンネル桜・三橋貴明・西田昌司
(TPP・新自由主義反対の立場をとりながら新自由主義者の安倍氏を支持し、国民を欺くこととなった)
大手「保守」ブログ全般
(政経ch・MGRブログ ~はい、ネトウヨ参謀本部です~etc)
ニコニコ動画のコメント
(異常な偏りあり)
安倍氏を批判すると付くコメント群
「保守分断」「工作員」「左翼」「コミンテルン」「朝鮮人」「民主党支持者」「他にいない」

また多くの方たちが、それぞれの地元でポスティングに励んでくださっています。

「インチキな仕立て屋」の印象工作から目を覚まし、事実だけを直視して、安倍政権の本質に気がつく「正直な子ども」の数はますます増える一方です。

というより、「正直な子ども」の数は今後、必然的に増えていかざるを得ないのです。安倍政権の掲げる政策が一つ一つ実現していけば、誰でも自分の身に降りかかる痛みを通して、夢から目を覚まし、事実に気づかざるをえなくなる時が必ずやってくるからです。

「正直な子ども」の数が増えて、安倍政権が打倒されるのは時間の問題なのですが、問題は、事実に目を開く「正直な子ども」の数が増えるスピードが速いか、安倍政権の壊国的政策の実現のスピードが速いか、どちらのスピードが速いかの違いにすぎません。

安倍政権の危険性や、安倍晋三が愛国政治家として祭り上げられてきたカラクリについて、述べるべき点は、十分に述べてきました。

これからは、安倍政権が打倒された後のビジョンについても、十分に学び、思索し、考えを述べていかなくてはならないと思います。

安倍晋三のように、鳴り物入りで現れる「救世主」や、たいそうな「思想」や「イデオロギー」の類いはすべて偽物と考えてよいと思います。日本にとっての答え、つまり日本人が日本人としてあり続けるための手がかりは、道ばたにひっそりと咲く野草のように、私たちの生活の周囲になにげなくころがっているものだと思います。

本当に時間がかかってしまっている動画の完成と、支援者のみなさんにおくばりするDVDの完成のために、引き続きブログの記事の更新が途絶えますが、事実を伝える情報の拡散を引き続きよろしくお願いします。

ブログ・ランキングにご協力ください。一日一回、右のバナーをクリック願います。


« ちらしのご提供をいただきました | トップページ | 日本的な精神、朝鮮的な精神、そしてグローバリズム »

TPP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちらしのご提供をいただきました | トップページ | 日本的な精神、朝鮮的な精神、そしてグローバリズム »