« 【正直な子ども20】在特会福岡支部長・沢村直樹氏: TPP参加阻止こそが戦後レジームからの脱却につながる | トップページ | 国を壊す「保守」 »

2013年5月22日 (水)

「ねずさんのひとりごと」で紹介していただきました

皆さんもご存知の、「ねずさんのひとりごと」で、WJFプロジェクトを紹介していただきました。

20130522_91613

ご覧のように、現在、WJFプロジェクトは容赦なく安倍政権を批判し、「保守」の多くの方たちの意見と対立していますので、ブログで紹介くださるとのご連絡をいただいたとき大変恐縮したのですが、下のような、寛容な、あたたかいお言葉をいただきました。

「基本的に日本は古来、言論に自由のある国と思っています。自由というのは、freedamではなく、Libertyという意味において、です。

私の理解では、保守は現実主義であり、その中には多様な意見があるのが当然で、むしろ偏狭に凝り固まることこそ、警戒すべきものと思っています。」

ねず様、この度は、WJFプロジェクトをご紹介くださり、ありがとうございました。皆様のご期待に答えられるよう、引き続き、がんばっていきたいと思います。

ブログ・ランキングにご協力ください。一日一回、右のバナーをクリック願います。


« 【正直な子ども20】在特会福岡支部長・沢村直樹氏: TPP参加阻止こそが戦後レジームからの脱却につながる | トップページ | 国を壊す「保守」 »

WJFプロジェクト」カテゴリの記事

コメント

去年のコピペです。

ねずきちは北朝鮮工作員の可能性大
ブログのアドレスと平壌放送

コメント欄より
http://blog.livedoor.jp/t6699/archives/1707439.html?1325913149#comment-form 

15. ネズブロ621
2012年01月06日 14:15
ねずきちのひとりごとのブログのアドレスの尻尾をみてごらん。nezu621て書いてあるでしょ。gooの時代から621を使っていたらしいよ。ご承知のように、この数字はピョンヤン放送局の日本語放送の周波数で、かつて工作員むけに使われたものでした。


16. 駆鼠作業員
2012年01月06日 15:28


もろ直参の工作員かどうかは判断保留ですが、
上の「8.【 nezu621 】 雑感ノート。」を見ても解るように、
「在日本北鮮グループのフロントの一つ」でしょう。

ねずきち日心会にはスポンサーが付いていることは、
批判派では、かなり初期から疑われていたようです。

そして現在、判明していることを概略で示すと、

朝鮮マルチ・・・社長
朝鮮右翼・・・会名
創価・・・飴納入、助っ人
統一・・・ブログ・サイドバーで長期宣伝中「世界日報社」
総連・・・正日服喪

こういうのが、絡み合い重なり合いしていそうです。

ねずきちには、以前アフェリエイト狙いや宣伝ブログや
その他ネットでの稼ぎの形跡があるとある方が
言っていたのを思い出します。

もしそうなら、【nezu621】は声をかけてもらえれば、
お役に立ちますよという求職の「幟」。
と同時に、会設立後の会員募集では「日心会」の名称同様、
お仲間集めと同族他団体等への「マーキング」効果。
そんな印象を持っています。

これから、また、思わぬ情報が飛び出して来るかも知れません。

1. 教訓くん
2012年01月06日 00:10
「ねずきちのひとりごと」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1405.html#more
      ↓
  ★【nezu621】

  ★【周波数621】
      ↑
?「平壌放送」
09:00-16:00 621kHz
22:00-03:00 621kHz
?「朝鮮の声放送」(Voice of Korea)
06:00-09:00 621kHz
16:00-18:00 621kHz
18:00-22:00 621kHz
(周波数:中波621kHzは、両放送の共用になっている。)

?工作員への指令は、かつてこの放送で行われていたとされている。
(現在も、選曲順が工作員への暗号になっていると言う指摘がある。)
?深夜24時に放送が終了すると、「工作員向け」で日本人拉致にも
使われたと見られる乱数放送(暗号放送)が行われていたが、
2000年に終了した。

> がわっぱ龍介 2012年01月05日 08:40
http://【nezu621】.blog7.
【周波数621kHz】
「平壌放送」&「朝鮮の声放送」(Voice of Korea)

マーキングだな。
一目で仲間は判る。
街宣右翼「日心会」の名を、会の名前に使っているのと一緒。

>621はピョンヤン放送周波数 2012年01月05日 23:31

あんな目立つところに自分の氏素性を見せつけてたなんて!びっくりだ。
それに、今まで、日本人は誰も気づかなかった!まさかと思うよね。
ねずきちのひとりごとは、工作ブログだった。
そう思って見ると、全部、なるほどと思えるね

投稿: 朝顔 | 2013年7月 3日 (水) 16時29分

ああ、たかたろさんもですか。わたしもあちらのエントリーにコメントしましたが不承認不掲載でした。

あちら様のポリシーは、
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
コメントをくださる皆様へ
基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
とのことなので『間違いなく』引っかかったんでしょ~ね。でも仕方ありません、ブログ主はブログ内では唯一神、じゃなくて独裁者、もとい「絶対権力者(    )」なのですから。

なお、前記の不承認不掲載コメントは下記の通りです。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

皆さん、安倍首相を信じましょう。

2006年12月
原発の電源喪失に伴う原子炉冷却に関する質問で、
「必要な電源が確保できずに冷却機能が失われた事例はない。」として、
「原子炉の冷却ができない事態が生じないように安全の確保に万全を期しているところである。」
と答弁し、そのまま放置した
安倍首相を信じましょう。

2013年2月
少なくない国民が望んだであろう、「政府主催の『竹島の日記念式典』」を
政府主催とせず島尻安伊子内閣府政務官の出席に留めた
安倍首相を信じましょう。

2013年3月
選挙公約で「『聖域なき関税撤廃』を前提にする限り、TPP交渉参加に反対します」として、
聖域交渉はこれから行うと言い、TPP交渉に参加した
安倍首相を信じましょう。

2013年4月
麻生副総理や他の国会議員は参拝したが、
『靖国神社』で最も重要な祭事である『春秋例大祭』に参拝しない
安倍首相を信じましょう。

2013年5月
過去公明党も推進した『人権擁護法案』や『人権委員会設置法案』と同じく
「三条委員会」の設置を認めるマイナンバー法案を衆議院で通過させた
安倍首相を信じましょう。

菅義偉官房長官により、『村山談話』を
「(談話)全体を歴代内閣と同じように引き継ぐと申し上げる」
と修正された
安倍首相を信じましょう。


2013年6月
2013年7月


皆さん、思い出してください。
2012年12月の衆議院選挙での自民党を。
「公約でウソつかない、TPP断固反対 ぶれない」
安倍首相を信じましょう。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

以上です。
これが掲載できないとは、なんか笑えてきます。「絶対権力者(裸の王様)」としては看過できなかったんでしょうw

まー、ブログ主それぞれの運営方針があると思うので一概には言えないけど、眼前焦眉火急の目下優先事項で最重要問題であるTPPの話題を避けてる時点でお察しですよね~。
チミィ、それはプライオリチィ~が違うんじゃないのかい?と言いたいですな。

なお、あちら様のブログタイトルの下には
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
笑顔の日本主義が日本を変える。歴史は学ぶためにあります。 それが今を生きる智慧を生み、未来を拓く鍵となります。当ブログはリンク転載フリーです
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
とありますが、ん~~~~~~~~~~~。

これ以上書くと流石にこのコメも承認されなさそうなのでもう止めますね~。
あとは閲覧者の判断にお任せします。

投稿: 改名しようかな | 2013年5月26日 (日) 08時19分

安倍支持者と思われるコメントがいくつもあるので、「安倍氏は保守ではなく新自由主義者である」ことを書いて投稿しましたが載りませんでした。

本当にこの国のことを思うのであれば、安倍氏の本性を指摘すること・安倍政権批判は避けて通れないはずなのですが。

投稿: たかたろ | 2013年5月25日 (土) 20時28分

WJFさんの目指す目的=素晴らしく掛け替えのない麗しき日本を未来永劫残していく=にとても共鳴します。

これはあらゆる主義主張を超えた、まさに日本人の魂に共鳴する命題と感じます。

思想的にも、政策論的にも「グローバリズム」「新自由主義」は、間違いなくこの素晴らしき日本の文明・文化・精神・伝統とそれらを支える国柄を破壊し尽くす怪物です。ゆえに、民主党が進めると駄目で、維新や自民党が進めるからOKというものでは全くありません。

そういった意味でも、自民や安倍の私的応援団と化している保守論壇が多いなかで、WJFさんの働きは誠に貴重なものと確信しております。

ねずさんは、自民党サポーターズらの工作部隊や安倍支持者からの非難に晒されることに対して厭わず、当プロジェクトを紹介されたことは賞賛に値します。

投稿: こしき | 2013年5月23日 (木) 21時56分

ねずさんのブログのコメント欄で事実と異なることを書かれている方がいらっしゃいますので一言訂正させていただきます。

「もともとTPPを推進していた民主党(管・野田内閣)はスルーです。 私もTPPや道州制は反対なのですが、WFJプロジェクトのやり方は賛同出来ません。 WFJプロジェクトは安倍支持者の三橋貴明氏の動画を使って安倍批判をする等手法が汚いです。 」

と書かれていますが、三橋氏のブログにおける発言の矛盾を批判しましたが、三橋氏の動画を使って安倍批判をしたことはありません。「汚い」と呼ばれるような不正なやり方で安倍政権を批判したことはありません。

また、WJFが、民主党時代にTPPや道州制を批判していなかったという点も全く事実ではありません。トップページに掲げているTPPに関するWJFの三つの動画は、もともと民主党時代に作成したものであり、民主党時代からTPPの危険性を強く訴えてきました。

緊急TPP動画を作成しました
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/tpp-2b69.html

TPP動画第二弾急いで作りました。
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/tpp-0972.html

TPP動画第三弾完成しました。
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/tpp-dd12.html

道州制に関しても、橋下徹が、保守層の大きな支持を集めていたときから、一貫して批判しています。下はかなり古い記事ですが、今展開している主張とほとんど同じ事を以前から述べている事がお解りいただけると思います。

秋入学・道州制・裁判員制度・TPP・橋下徹大阪市長
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-405b.html

安倍自民党政権に対しては、新自由主義やグローバリズムを批判していたチャンネル桜、三橋貴明、西田昌司などの人々が強く推していたことから、当初、維新の会や管政権以降の民主党政権が示していたグローバリズムへの傾斜を方向転換してくれるものと期待していました。しかし、ふたを開ければ、第一次安倍内閣の時の新自由主義的な路線が何も変更されていないどころか、いっそう強化されていることが明らかになりました。これが、WJFが安倍政権を批判している理由です。安倍政権を批判するために新自由主義を持ち出しているのではなく、かねてから新自由主義やグローバリズムを批判してきたがために、安倍政権をも批判せざるをえないのです。

新自由主義やグローバリズムは「すばらしい日本」を根底から破壊してしまうものです。「すばらしい日本」を未来の世代に残していくことは、WJFプロジェクトの強い願いですので、民主党であれ、維新の会であり、自民党であれ、新自由主義的な政策を推し進めようとする政権に対しては大きな批判の声を挙げざるをえないのです。どうか、ご理解いただきたいと思います。

投稿: WJF | 2013年5月23日 (木) 08時36分

ねづさんのブログ記事のコメント欄に、WJFを似非右翼だとか安倍首相をバッシングしているだとかの投稿がなされているのが、只管残念でならない。

あれだけ素晴らしい物語を読んでいるはずの読者が、安倍首相を保守だと認識しているのだとしたら、自民党の戦略は相当うまく進んでいるのでしょう。

ねづさんが投稿されている物語に登場する、数多の素晴らしい先人は、新自由主義社会=個人の欲望を最優先する社会では絶対に生まれ得ない。彼らの業績や行いが感動を呼ぶのは、私心がなく、誰かの為、公の為を動機としているからに他ならない。

もう本当に訳が分からない。保守と言う言葉がこれほど空疎に感じられることがあってよいのでしょうか。故に三島由紀夫は割腹したのか。何と言いますか、兎に角残念です。

投稿: PAG | 2013年5月22日 (水) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【正直な子ども20】在特会福岡支部長・沢村直樹氏: TPP参加阻止こそが戦後レジームからの脱却につながる | トップページ | 国を壊す「保守」 »