« 「B層」が国を滅ぼす(1) | トップページ | 「B層」が国を滅ぼす(2) »

2013年5月28日 (火)

「最後におなかいっぱい食べさせられなくてごめんね」

食べ物なく「ごめんね」のメモ…大阪・母子死亡

大阪市北区天満のマンション一室で母子2人の遺体が24日に見つかった事件で、室内に「最後におなかいっぱい食べさせられなくてごめんね」との内容のメモが残されていたことがわかった。

母親の口座残高は数十円で、室内に食料はなく、生活保護などを受けていなかったことも判明。府警天満署は困窮状態が2人の死につながったとみて、当時の生活状況を詳しく調べる。

母子は職業不詳・井上充代さん(28)と息子の瑠海(るい)君(3)。

捜査関係者らによると、メモは公共料金の請求書に手書きされ、同署は充代さんが書いたとみている。充代さんは昨年10月、夫と3人で暮らしていた大阪府守口市内の家を出て、知人の紹介で瑠海君と同区のマンションに転居。室内に冷蔵庫はなく、食塩があるだけで食料は見当たらなかった。

転居の際、住民票を異動させておらず、生活保護なども受けていなかった。室内からは、夫も署名済みの離婚届が見つかった。

2人は2月頃に死亡。瑠海君の遺体に毛布がかけられていたことなどから、同署は、先に瑠海君が亡くなったとみているが、死因は特定できていない。充代さんは病死か衰弱死とみている。同署は2人が転居した理由などを詳しく調べる。

(2013年5月28日10時25分 読売新聞)

上の母子にどのような事情があったか分かりませんが、安倍政権が推進する、TPPや道州制、その他もろもろの構造改革により、貧困の犠牲になって命すら奪われていくかわいそうな人たちがこれから急増していきます。それはあなた自身かもしれないし、あなたの子どもや、孫であるかもわかりません。いや、仮に私たちと無関係な誰の身にふりかかる問題であっても、同じ、同胞の問題として私たちは心を痛めなくてはなりません。

せっかく祝福されて生まれてきて、すてきな名前も付けてもらった井上瑠海君。子どもたちが、こんなかわいそうな目にあう国にしてしまっては絶対にいけません。

同じことを何度も言わなくてはなりません。

1. 安倍政権はTPPや道州制をはじめとする、ありとあらゆる構造改革を実行しようとしています。TPP、道州制、日中韓FTA、RCEP、マイナンバー制度、消費税増税、電力自由化、留学生30万人計画、ビザ免除国拡大、アベノミクス特区などは既にほぼ確定。サービス残業自由化(ホワイトカラーエグゼンプション)、解雇自由化、英語公用語化、水道民営化なども、安倍政権は、参院選後に明確に打ち出してくるでしょう。過去に前例がないぐらい桁外れに大規模な構造改革です。

2. 安倍政権が参院選に勝利すれば、安倍政権はこれらの構造改革を実行します。

3. その結果、日本は貧困と格差によって取り返しがつかないほど弱体化します。TPP参加国との賃金は平準化していきますから、いずれは、時給200円、平均年収は100万円の新興国並みの生活水準に逆戻り。格差と貧困が蔓延。しかも、消費税は10%。解雇やサービス残業が自由化。都市も地方も外国人だらけ。水道や電気は外国資本に牛耳られ、道州制によって各州は分離独立や外国(資本)の間接支配の危険におびえる。産業はどんどん国外に出て行き、若者は仕事を見つけることもできず、技術の伝承は途絶え日本の強みはますます失われる。残留農薬をたっぷり含み遺伝子組み換え作物を使った安くて危険な食品が街にあふれても規制ができない。お金がないから安くて危険な食品しか食べられない。国民皆保険は崩れて医療費は高騰。政府に不満があってもマイナンバー制度やインターネット規制やネット選挙により国民監視が進み、自由に政府批判をすることもできない。ほとんどの人々は低賃金で働き、安価だが危険な食品を家畜のえさのように食べながら、くたくたになって死んでいく。こんな未来が本当に現実のものになろうとしています。

4. 「対中包囲網」などと息巻き、隣国に対する危機感や憎悪をたぎらせて、憲法改正に踏み切って自衛隊の名前が「日本軍」になったところで、国が貧困化し、主権を失い、ばらばらに切り刻まれ、移民だらけとなり、まともな武器を持つ力すらなくなれば、日本に悪意をもつ国々の脅威に対峙するどころの話ではなくなっていきます。

問題はきわめて単純です。上のような安倍政権が推進する国家破壊的な政策や、その政策がもたらす悲惨な結末に、賛同できる方は、安倍政権を支持し安倍政権に投票すればよいのです。

そうではない方は、安倍政権に投票してはなりません。

ブログ・ランキングにご協力ください。一日一回、右のバナーをクリック願います。


« 「B層」が国を滅ぼす(1) | トップページ | 「B層」が国を滅ぼす(2) »

TPP」カテゴリの記事

コメント


日本はアメリカの属国、つまり家来国家である! アメりカの洗脳広告代理店、電通による、テレビ、新聞、週刊誌、ラジオ等の、マスコミを使った偏向報道による、見事な国民洗脳によって、思考が停止状態にある日本人は、自分自身の脳、すなわち思考そのものを点検せよ! さらにネット洗脳システムのツイッターやフェイスブックの利用、まとめサイトには注意が必要である。 我々はハッ、と気付いて、常に注意深く、用心して、警戒し、疑いながら生きれば、騙されることはない。 すべての事柄を疑うべきなのだ!

投稿: 脱 国民洗脳なら副島隆彦の学問道場 | 2016年3月 7日 (月) 13時51分

まさか自国の政治家が自国の国民を裏切って騙しているなんて、普通は想像しないものなあ・・・。せいぜい汚職程度はやることは想像しても。

投稿: だめだめわんこ | 2013年5月30日 (木) 09時57分

fxman様

>いくらアメリカの圧力があるといえど、なぜ日本を弱体化させる政策を安倍政権はするのですか?

何故でしょうね?

欲望。
恨み。
イデオロギー。
宗教。
狂気。

いずれも理性的な理由とはなりえませんね。

もう一度問いかけましょう。

何故でしょうね?

私にはある程度納得できる答えを考えました。
でもここには書きません。
もし書けばそれはあなたへの誘導になるからです。
しかし、一つヒントを差し上げるなら…
物事には必ず「表」と「裏」がある、とだけお伝えしておきます。
あなたに見せたい「表」面と、あなたに見せたくない、知られたくない、悟らせたくない「裏」面です。

ネットには手がかりとなる断片があります。
もちろんディスインフォーマーによるディスインフォメーションもあるわけですが。
とにかく、パズルの断片はあります。
しかし間違った断片を組み合わせると間違った絵となってしまうでしょう。
どうかご自分で正しい断片を探し出しご自分で考えて組み合わせてみてください。

安易に答えを見つけようとせず、ご自分の頭で考えてください。

投稿: 774 | 2013年5月30日 (木) 06時34分

死後何ヶ月も放置され痛まし過ぎますが、「夫のDVから逃れて隠れるように暮らしていた」とそこが強調され、母子の死がフェミ利権に利用されなければよいのですが。

この事件では亡くなる程追い詰められていたので、そんな事はないでしょうが、女性の虚偽の証言でDVがでっち上げの場合もあります。
知人のご主人は奥さんに突然子供を連れて出て行かれ、一方的な「悪者」にされ虚脱状態に陥っています。

お金がない為に暴力をふるう夫と別れられない、逃げ込む先があれば避難したい女性達がいるのは確かです。
ですが、家族がきちんと機能する世の中にするにはよりも、女性を保護するシェルターをつくれ、シングルマザーの所得を上げるには等、家族をばらばらに解体する方向ばかりです。
「個」を増やして、保護名目で施設で管理は国に都合が良さそうですね。

安易な性交渉、安易な離婚も結局は、女性と子供を不幸にします。
交際相手、再婚相手の男性が、女性の連れ子を虐待して殺してしまう事件も多いですね。
そして「保守」も在日や外国人は生活保護を貰っているのに!と、この事件をまた在日叩きに利用していませんか。

こんな良い記事がありました
当たり前に生きたい、ささやかでいいから・・・
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-a3b0.html

投稿: 朝顔 | 2013年5月29日 (水) 22時56分

fxmanさんへ
fxmanさんは、支配者(財閥)側に立っているのですか、それとも、被支配者(庶民)側に立っているのでしょうか?
現状の政治家は、残念ながら、皆自分の身を守るために行動しているのです。国を守ることは二の次になっているように思います。
したがって、安倍政権も自民党も資本家の利益のために働いているのであって、彼らにとってはひどい政策ではなく資本家の利益を図る当然の政策なのです。
ですから、彼らがひどい政策だと認識することはあり得ないと思います。
fimanさんは、普遍的価値に立っていらっしゃるようですが、彼らは建前で行動していて、本心で行動することはないと思っています。

投稿: 字余り | 2013年5月29日 (水) 12時06分

fxmanさん

意志あるところに政治あり。

政治とは、意志をもつ人間が目的を果たしていくプロセスのことです。政策のあるところには明確な意志があります。日本を壊そうとする政策のあるところには、日本を壊そうとする明確な意志があります。意志のあるところには人間や人間の集団がいます。つまり日本を壊そうとする政策の背後には、日本を壊そうとする明確な意志をもった人間の集団が存在するということです。

安倍政権の政策が示しているのは、ありとあらゆることが緻密に練り上げられている事実です。彼らの政策の中に行き当たりばったりなものや、きまぐれで入り込んでいるものは何もありません。このことは、彼らがそれだけ日本を破壊する緻密な意志を持っているということを意味します。

「日本を壊そうとする明確で緻密な意志をもった人間の集団」が具体的に何であるか、安倍政権がそのような集団とどのように関わり、どのようにその意志を分有しているかは、WJFプロジェクトの探求の範囲を超える問題です。

WJFプロジェクトがただ確実なこととして言いうることは、「日本を壊そうとする明確で緻密な意志」に対しては「日本を守ろうとする明確で緻密な意志」によって対峙するしかないということです。私たちは「日本を守ろうとする意志」を次の参院選挙で明確に表現しなくてはなりません。

投稿: WJF | 2013年5月29日 (水) 11時44分

fxmanさん

単純に考えて、彼らは自分の利益しか考えていないからではないでしょうか?
政権の座にいなくては金にならない。
政権の座を安泰にするにはアメリカに逆らってはいけない。
(アメリカにささやかな抵抗を試みた鳩山政権は無惨でした)
アメリカの支持通りに動けば、親米媚米のマスコミがいいように宣伝してくれます。B層をたぶらかして選挙を有利にすすめるのも簡単です。
あとはのうのうと議員生活を満喫し、もうけ仕事をわが子に譲る……。
「日本なんてどうなってもいい」(by甘利明)んですよ。

学者や有識者についてですが、彼らの意に沿うような人物で固めていますからね。
政権に批判的な人物は最初から外されるか、アリバイ的に少しだけ紛れ込ませるかなので、政府の会議なんて結論ありきです。

投稿: hebo | 2013年5月29日 (水) 11時24分

いくらアメリカの圧力があるといえど、なぜ日本を弱体化させる政策を安倍政権はするのですか?
政策内容について学者などの様々な意見を参考にした場合、それほどひどい政策なら安倍政権も学者も分かるはずなんですけどね。

投稿: fxman | 2013年5月28日 (火) 22時47分


今、調子に乗りまくっている安倍政権に対して、これだけの国民はNOを突きつけているんだ!とわからせるためには、売国法案に反対している勢力に投票して、参議院でねじれをおこす他に、亡国の流れを止める手段がないのです。

右だの左だの悠長に言ってる時間はありません。

今の自民党に投票すると言う事は、万死に値する行為に等しいです。

参議院で自民党が勝てば、我々は国民の圧倒的な支持を得たので、堂々と売国の道に進んでよい!と彼等は解釈するでしょう。

するとどうなりますか?wjfさんが何度も書かれているとおりの世の中になります。

自分達だけが助かるかも等と、妄想してはダメです。

あなたも私も老いも若きも、みんな濁流に飲み込まれます。

もう少しというか、きちっとTPPや自民党の事をお調べください。

目を覚ましてください!!

投稿: あだりん | 2013年5月28日 (火) 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「B層」が国を滅ぼす(1) | トップページ | 「B層」が国を滅ぼす(2) »