« 「ねずさんのひとりごと」で紹介していただきました | トップページ | 健忘症の日本人へ: 目の前に迫る貧困と格差 »

2013年5月22日 (水)

国を壊す「保守」

日韓の問題の正しい理解を拡げようとどんなにこつこつと努力をしても、下のような愚かな行動によって、何もかもが水の泡になってしまいます。

韓国と対称性のある行動をとることは、必ず「敵」に塩を送る結果につながります。

慰安婦問題も、韓国のテーゼにアンチテーゼをぶつけるという姿勢ではなく、問題を総合し止揚する姿勢、もしくは問題の構造を根本から組み替えようとする戦略的な姿勢が大切です。

国を壊す政策を推進する安倍政権を盲目的に支持する人々にせよ、慰安婦問題などで稚拙な対応を繰り返す政治家にしろ、在特会(福岡支部長を除く)にせよ、一部の「保守」の人たちの行動が国を壊しています。

ブログ・ランキングにご協力ください。一日一回、右のバナーをクリック願います。


« 「ねずさんのひとりごと」で紹介していただきました | トップページ | 健忘症の日本人へ: 目の前に迫る貧困と格差 »

「保守」とか何か」カテゴリの記事

コメント

今更ですがチャンネル桜も酷いですね。
ワタミ出馬、農家を恫喝しようと自民党が勝てば良いんだなこの連中は。

「民主党の復活を許さない!国民行動」
http://www.ch-sakura.jp/events.html
http://www.youtube.com/watch?v=X4pDmceu2Z0

安部親衛隊が「国民行動」なんて勝手に言わないで欲しい。
真の愛国者なら「自民党の増長を許さない国民行動」ですよ。

投稿: 朝顔 | 2013年6月 4日 (火) 11時21分

こりゃあ在特会は黒だね。

明らかに凱旋右翼と同じやり口だよ。

やつらの自作自演のマッチポンプ。

真面目にやっている日本人もいるのだろうけどね。

そういう人も利用されている。

投稿: だめだめわんこ | 2013年6月 3日 (月) 20時17分

在特会は今すぐ保守の側から止めないとまずいと思います。
在特会のこういった活動は近頃頻繁に報道されて、多くの日本国民に知れ渡り、
保守派に対する印象を著しく悪くしています。

ここ二ヶ月ほど、ヤフージャパンのヘッドラインにも頻繁に取り上げられるようになりました。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130401-00414354-sspa-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130517-00000011-wsj-bus_all&pos=1
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130517-00010000-wordleaf-soci
ヤフージャパンは月間81億PVもある日本で最もアクセス数の多いポータルサイトです。
多くの日本国民に彼らの愚行が認知されてしまいました。

最近ではテレビのニュースでも取り上げられています。
http://www.youtube.com/watch?v=ci2Om-Mk9Wk
http://www.youtube.com/watch?v=gRbyBxYTC1s
自分は在日が大嫌いですが、この映像の保守の人たちが世間の共感を得ることはどう考えても無理です。

彼らは日本のために行動していると言いますが
実際にやっていることは街中で暴言を吐くだけで愛国運動でもなんでもありません。
彼らがYOUTUBEやニコニコにアップする動画は本当に酷いものです。

【絶句】拡声器で「朝鮮人の女はレ○プしてもいい」と叫ぶレイシスト
http://www.youtube.com/watch?v=oGN2CE6Bb4c
大阪最大のコリアタウン鶴橋で大虐殺予告(女子中学生)
http://www.youtube.com/watch?v=GoTBRpcaZS0

暴力事件もあまりに酷いです。

【決定的証拠】無抵抗の老人を殴り蹴る在特会
http://www.youtube.com/watch?v=PZxTUhxedIs
在特会会員ガルーダが老人に暴行し警察官に現行犯で連行される
http://www.youtube.com/watch?v=FmJFT6BNG44


WJFさんの言うように、我々は何かを主張するときに批判対象と対称的になるのでなく、
状況を大きな視野で見て、正当性のある立場に立たないといけないと思います。
しかし現在の在特会は対称の構図どころか、
完全に「民族差別主義者のネット右翼(加害者)vs迫害されているかわいそうな在日韓国人(被害者)」という構図に持っていかれています。
そして、在日や左翼によって保守勢力や日本へのネガキャンとして非常に有効活用されているのです。

在特会のような過激派の活動が日々報道されることで
愛国心、国家主義を忌避するような空気が徐々に日本中に広がり、終戦後のように
日本全体の空気が左にコロッとひっくり返されるのではないかと非常に心配です。

投稿: ともお | 2013年6月 3日 (月) 15時38分

(社説)ヘイトスピーチ 憎悪の言葉であおるな

東京や大阪の在日コリアンの多い街で「朝鮮人は出て行け」「殺せ」などと連呼して歩く、ヘイトスピーチ(憎悪表現)と呼ばれる動きが増えている。

デモに参加するのは、日本のごく一部の人々だ。しかし、その文言をみれば、大正時代の関東大震災後におきた朝鮮人虐殺の暗黒を思いおこさせる。

惨事から90年。日本はいま、国際社会の責任ある一員になっている。それなのに、なんとも悲しすぎる現実である。

たしかに韓国との間には、竹島の領有権問題など懸案が山積みだ。
日本から多くの支援を受けて成長した韓国の企業が、いまや日本企業を追い越し、苦しめている。

そんな現状へのいらだちが、心ない言葉をうみだすのか。

けれども、日韓は持ちつ持たれつの大切なお隣さんだし、在日コリアンはともに社会をつくる仲間だ。

たとえば世界的に売り上げが好調なサムスンのスマホは、多くの日本の部品でできている。

もうすぐ離任する申カク秀(シンガクス)・駐日大使は着任早々、東日本大震災の被災地を訪ね、最後の講演も先日、東北で終えた。

安倍首相の歴史認識発言などで韓国の対日感情もよくない。
それでも日本を完全に排除したり、抹殺したりしようという動きは、いまのところない。

韓国メディアは日本のヘイトスピーチを報じている。
同時に最近では、反韓デモとともに、それに抗議する人々がいることも大きく伝えている。

日本での動きを受けて、国連の社会権規約委員会は一昨日、ヘイトスピーチの防止や包括的な差別禁止法の制定を、日本政府に求めた。

日本も加盟する人種差別撤廃条約の中には、ヘイトスピーチを法律で禁じるよう求める条文もある。
実際、ドイツなど多くの欧州の国には、ヘイトスピーチを処罰する規定がある。

ただ、日本政府はこの条文について保留している。表現の自由との関係があるからだ。

おりしも、自民党は憲法草案に、定義がはっきりせぬ公益や公の秩序を理由に、表現の自由を制約する、と書いている。

憎悪表現のスピーチを規制する法は表現の自由への両刃の剣となりかねず、憲法学者の中でも消極的な見方が多いという。

言葉の暴力はそもそも、取り締まりの方法をさぐる以前の常識の問題だ。
この国は、差別を助長する言葉があちこちに氾濫(はんらん)する社会になってもいいのか。

わたしたちはどんな国をつくるのか。そこが問われている。

http://digital.asahi.com/articles/TKY201305220670.html?ref=comkiji_txt_end


大阪・生野の通り魔 「日本人なら何人も殺そうと思った」「生粋の日本人か尋ねてから刺した」
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1762308.html

ついに社説ですか。
コリアンにやたら肩入れ、日本人には冷淡な朝日新聞ですが、戦後ずっとそうなのに、わざわざ新大久保で騒いでいた在特会などはおかしいです。
やっぱり、関東大震災って持ち出してきましたね。
口汚い嫌韓デモこそ、迷惑で保守分断だと思います。

投稿: 朝顔 | 2013年5月27日 (月) 17時24分

国旗を踏みつけるという行為に、日本の真善美は一切ありません。この動画でこのような愚かな行為を行っている人々は「日本の国柄」を真剣に考えたことがあるでしょうか?
もし少しでも考えたことがある方々なら、絶対に出来ません。
顔や使う言葉は日本人でも、精神性において韓国や中国で日の丸を燃やす連中と同質であることを恥じるべきです。

投稿: こしき | 2013年5月23日 (木) 00時44分

本日の韓国の反日無罪デモ
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=001&aid=0006270379

過去の有名な反日無罪デモ
http://nekku2008.blog.fc2.com/blog-date-201208.html

何故大人しい日本人が怒るのかを平等に写真を見比べれば英語圏の人にも分かりやすい十もいます。

こういう嫌がらせどころか実は侵略行為である特亜による無差別殺人事件や生活保護請求、在日特権など生き血を吸われている事実をもっと日本人が外国の人に知ってもらうことが大事だと思います。

投稿: 般若 | 2013年5月22日 (水) 15時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ねずさんのひとりごと」で紹介していただきました | トップページ | 健忘症の日本人へ: 目の前に迫る貧困と格差 »