« アメリカの「圧力」60年史 | トップページ | NINJA指令021号: 自民党議員をツイッターで糾弾せよ!! »

2013年5月31日 (金)

中国、TPP交渉参加の可能性検討へ

大変なニュースです。

中国が、TPP交渉参加を検討し始めているそうです。

安倍政権が、TPP参加によって「対中包囲網」を形成しようとしているなどと信じている安倍信者の皆さん、これはいったいどういうことですか?

中国に対抗するために日米同盟を強化しなくてはならない。そのためにTPPはやむをえないと言っていたチャンネル桜は、これをどう説明するのでしょうか。

中国、TPP交渉参加の可能性検討へ=商務省

[北京 30日 ロイター] - 中国商務省は30日、環太平洋連携協定(TPP)交渉参加の可能性について検討する方針を明らかにした。

商務省の報道官は同省のウェブサイトで「中国は、慎重な研究と平等・相互利益の原則に基づき、TPPの利点や問題点および参加の可能性について分析する」とするコメントを発表した。

さらに「交渉に関し、TPP参加国と情報や資料を交換していくことも望んでいる」と述べたほか、政府各省庁や業界からTPPについて意見を求めていることも明らかにした。

TPP交渉参加国は現在12カ国。日本の交渉参加は今年4月、TPP閣僚会合で承認された。

安倍信者のみなさんは、中国がTPPに参加するということの意味が、お分かりですか。

アメリカと中国が仲良く日本をおいしくいただくということです。

アメリカの侵略は資本を押し立てて行われる「資本による侵略」であり、・・・シナの展開は「民族移住的な侵略」である。

これは、長野朗という中国専門家が戦前に記した言葉ですが、この言葉が一度に実現してしまうのが、中国のTPP参加です。

1995年に「日本などという国は20年後には消えてなくなる」と中国の李鵬首相が発言したと、言われていますが、本当にその言葉の通りになりつつあります。

中華帝国主義を表現したものとしてよく持ち出される下の地図が、現実のものになろうとしています。

K1320_uljp00166

民主党時代に大騒ぎしていた外国人地方参政権レベルの話ではありません。

もはや、尖閣諸島がどうのこうというレベルでもありません。

というより、この結末に日本を追い込むために、米中が結託して尖閣諸島問題をあおってきたのではないのですか?

アメリカから、中国から、東南アジアから、南米から、オーストラリアから、四方八方から移民が入り込んできて、おまけに日本は道州制によって切り刻まれ、ずたずたにされていきます。

ユニクロの社長が「世界同一賃金」などと言い出していますが、中国がTPPに参加すれば、実際に、日本と中国の賃金は次第に平準化していきます。

日中の賃金の差が消失していけば、日本の十倍の人口をもつ中国の国力はそれだけ日本を大きく上回ることになります。

水が高いところから低いところに流れていくように、技術や産業などの日本の伝統的な強みは、外国に流れ出しどんどん失われていきます。

よいものが失われる代わりに、人、食べ物、サービス、制度、価値観、生き方に至るまで、質の悪いものが、日本に入り込んできて防ぎようがなくなります。一度取り除いた規制は、どんな不都合が生じても、TPPには「ラチェット条項」と呼ばれるルールがあるため、あとから復活させることはできません。

日本の完全なる終焉です。

下の記事に書いた通り、「対中包囲網」どころか、冷戦終結後、米中に包囲されてきたのは日本です。

対日包囲網と冷戦脳

TPP、道州制、日中韓FTA、RCEP、マイナンバー法、児童ポルノ禁止法、消費税増税、電力自由化、留学生30万人計画、ビザ免除国拡大、アベノミクス特区、サービス残業自由化(ホワイトカラーエグゼンプション)、解雇自由化、英語公用語化、水道民営化・・・

まだ安倍政権の本質に気づきませんか?

「TPPぐらいで安倍政権を批判するな」という人たちが未だにたくさんいますが、TPPというのは、これ一つで日本の未来を何もかも破壊してしまう決定的な問題です。

TPPや道州制など、ありとあらゆる構造改革に前のめりな姿勢を示すこの政権を支持し続けることが、どんな未来をもたらすか、まだ理解できませんか?

今、声を上げないことが、この国にどんな結果を招くか、まだ分かりませんか。

なぜ、「保守」のみなさんはTPPや道州制について口を閉ざすのですか?

まだ「TPP反対、安倍政権支持」などと寝ぼけたことを言い続けるのですか?

TPPは、心の中で「TPP反対」と思っていれば、止まるものではありません。一億人の日本人が一丸となって大きな怒りの声を腹の底から張り上げないかぎりは、絶対に止まるものではありません。

TPPを推進する勢力の力はそれだけ巨大だからです。

ブログ・ランキングにご協力ください。一日一回、右のバナーをクリック願います。


« アメリカの「圧力」60年史 | トップページ | NINJA指令021号: 自民党議員をツイッターで糾弾せよ!! »

TPP」カテゴリの記事

コメント

よしふるさん

動画拝見しました。
よしふるさんの存在を本当に頼もしく感じます。わたしもせめてチラシ配りを頑張らなければいけないと思わされます。今回の動画は音楽もよかったと思います。

安倍政権が騙しを行っている以上、必ずどこかの境界で雪崩が起きるはずです。
ここ数日の株価暴落、今回の中国TPP参加検討は悪いニュースではありますが、安倍信者を揺るがせる出来事だと思います。(ネットアンケートではまだまだ安倍信者が多数派なので、決して安心できる状況ではありませんが。)

なんとしても参院選前に雪崩を起こしましょう!

投稿: たかたろ | 2013年6月 2日 (日) 16時48分

こちらの記事を動画化してニコニコ動画に投稿しました。
冒頭に関連するニュース動画を3つ付けてあります。
よろしければご覧ください。

中国、TPP交渉参加の可能性検討へ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21015418

限られた時間の中で思いつくこと、できること、ささいな事でもいいので行動です。私たちは1億なんぼもいます。ささいな事、小さな事でも集めたり広めたりしたら相当な物です。優先順位を忘れずにです。
日本人を怒らせたら、ただでは済まないことを思い知らせましょう。

投稿: よしふる | 2013年6月 2日 (日) 02時51分

やはり、中国TPP入り込んできましたね。

またぞろ安倍信者達は、いやいやこれは一次ソースだ、まだ検討しているだけだ、マスゴミの飛ばしだ!と騒ぐのでしょうか?

本当にいい加減にしてもらいたいです。大袈裟ではなく、この期に及んで安倍を盲目的に支持している連中は、日本人を集団自殺に追い込む犯罪者だとしか思えません。

安倍があなた達に何をしてくれるのですか?
何を企んでいるのですか?
何が目的でどうなりたいのですか?

具体的に教えてもらいたい。
安倍を支持したら、薔薇色の世の中になりますか?
根拠を知りたいです。

参議院選挙も迫ってきました。
綺麗事では前に進みません。

徹底的に闘います!

投稿: あだりん | 2013年5月31日 (金) 21時17分

このニュースを見たときは愕然としました。
現状以上の最悪のシナリオがあったのかと・・・

安倍信者はさっそく、TPP交渉参加において日米が協力して中国を終わらせる。なんて妄言を吐いています。

また、中国の参加で、交渉が決裂に向かうのではないか?という見方もあります。

しかし、アメリカが中国のTPP参加を促してきた事実を踏まえれば、米中が協力して日本を食い物にする、と考える方が自然でしょう。

いい加減、安倍を叩き潰さないとホントやばいです。

投稿: ぼんたろー | 2013年5月31日 (金) 19時57分

売国奴安倍さんは日本人が欲しがる簡保癌保険を中止、日本郵政人事も三井住友系にしたり、道州制導入やらTPPに入る気満々。ホワイトカラーエグゼンプションで自由解雇&ただ働き

7/21参議院選挙、


交渉参加が7/23~7/25のたった数回、入れてくれくれの足元を見られ、ふらふらで交渉出きるか?


賢い首相ならば日本式先送りでも出来たはず。


議員の質の低下と官僚も、我が身可愛いいばかりに。

引用
米中接近の現実に焦っていっそうアメリカにすがりつきに行くんじゃないでしょうかね。つまり交渉で譲歩しまくるだろうということです。歴史認識でもあっさり降りたくらいですからね。でもアメリカから譲歩の見返りは何もないのです。 中野剛志


世界が気づいて来ました。
>ドキュメンタリー映画衝撃内容 遺伝子組み換え食品はやっぱりヤバイ
>(2013/5/30)
>「世界が食べられなくなる日」
>◆ラットに次々と異常が
> 日本の行く末は真っ暗か――。6月8日公開のドキュメンタリー映画「世界が食べられなくなる日」が話題になっている。「遺伝子組み換え食品」の恐ろしい実態を描いているのだ。内容は、09年、フランスの分子生物学者の研究映画。
(ゲンダイネット)

投稿: こんにちは | 2013年5月31日 (金) 19時29分

米中の包囲から生き残るためにTPP不参加、そして核武装は避けて通れないでしょうね。

TPPに入らないことすらできない自民党では、核武装なんて夢のまた夢ですよ。

安倍晋三は「日本の核保有はない」って言いきってます。

投稿: 名無し | 2013年5月31日 (金) 19時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アメリカの「圧力」60年史 | トップページ | NINJA指令021号: 自民党議員をツイッターで糾弾せよ!! »