« 「最後におなかいっぱい食べさせられなくてごめんね」 | トップページ | アメリカの「圧力」60年史 »

2013年5月29日 (水)

「B層」が国を滅ぼす(2)

小泉政権が広告会社「スリート」に作らせた郵政民営化の宣伝企画書に記されていた、下の四つの国民の区分の意味について、もう少し考えてみたいと思います。

Classb_2

上の図の右半分をご覧ください。

右半分は、構造改革に肯定的な人々の集団です。

この集団は、次の二つの集団に分けることができます。

(1)構造改革の意味を理解して肯定している「A層」の人々
(2)構造改革の意味も分からないまま結果的に肯定してしまっている「B層」の人々

これをさらに分かりやすく言い換えるならば、

(1)己の利得のために人々をだまして国を売る「A層」の人々
(2)だまされて売国に加担する「B層」の人々

となります。

つまり構造改革を推進する安倍政権の支持者は、「だましている人々」と「だまされている人々」の二つに分類できるということを意味します。

というより、安倍支持者は、この二つにしか分類できないということを意味します。

なぜでしょうか。

構造改革は、一部に利益を得られる人々がいるとしても、国家全体としては不利益になるものです。国家に不利益なものを推進する人々や推進する政権を支持する人々は、「だましている人々」か「だまされている人々」かの二種類しかいないのは当然のことです。

また、構造改革を推進する政権の支持者には、この二つの区分しかないという事実を暴露したのは、政権を批判する側の人間ではなく、何を隠そう、上の企画書を作った小泉政権の側だという事実に留意する必要があります。そもそも、それだからこそ、小泉政権は、国民をだますために、上のような宣伝企画書を作る必要があったのです。

さて、ここで興味深い問いを投げかけてみたいと思います。

チャンネル桜の水島総。彼は「だましている人々」の一人なのでしょうか。「だまされている人々」の一人なのでしょうか。

チャンネル桜の、倉山満や、上念司。彼らは、「だましている人々」なのでしょうか。「だまされている人々」なのでしょうか。

安倍晋三から直々に電話がかかってきて参院選出馬を打診されたという経済評論家の三橋貴明はどうでしょうか。彼は「だましている人々」の一人なのでしょうか。「だまされている人々」の一人なのでしょうか。

三橋貴明のブログに群がる人々はどうでしょうか。彼らは「だましている人々」なのでしょうか。「だまされている人々」なのでしょうか。

民主党時代は、TPPに反対していたのに、安倍晋三がTPP交渉参加表明を行ったとたんに、「状況が変わった」といって、TPP容認に転じた稲田朋美。

彼女は、「だましている人々」の一人なのでしょうか。「だまされている人々」の一人なのでしょうか。

TPPのことを全くふれようとしない「保守」ブログ。彼らは「だましている人々」なのでしょうか。「だまされている人々」なのでしょうか。

2chに登場する、じゃあのwwwという人物。彼は「だましている人々」の一人なのでしょうか。「だまされている人々」の一人なのでしょうか。

2chに登場する、じゃあのwwwの書き込みを読んで真に受けている人々。彼らは「だましている人々」なのでしょうか。「だまされている人々」なのでしょうか。

下の動画はどうでしょうか。

この動画の制作者は、「だましている人々」の一人なのでしょうか。「だまされている人々」の一人なのでしょうか。

動画にコメントを寄せている人々はどうなのでしょうか。彼らは、「だましている人々」なのでしょうか。「だまされている人々」なのでしょうか。

さて、次の女性はどうでしょうか。

彼女は、「だましている人々」の一人なのでしょうか。「だまされている人々」の一人なのでしょうか。

安倍政権の支持者は、例外なく、「だましている人々」か「だまされている人々」かのいずれかに分類できます。

なぜか。もう一度繰り返しますが、この二つに分類したのは、安倍政権や小泉政権を批判する私のような人間ではなく、安倍政権の前身である小泉政権自身だからです。

安倍政権の支持者に出会ったら、問いかけてください。

「あなたはだましている人々、だまされている人々のどちらですか」と。

また、安倍政権を支持している方は自らに問うてみてください。

「自分はだましている側、だまされている側、いずれなのか」と。

あなたが、だましている側の人間でないならば、あなたは確実にだまされている側の一人です。

なぜなら、この二つに一つしかないからです。

次に、上の図の左側を見ていきたいと思います。

この集団は構造改革に反対している人々です。

この集団も次の二つに分類することができます。

(3)自分が痛い目にあわなくても国家に降り掛かる危険を察知して構造改革に反対の声をあげる「C層」の人々
(4)自分が痛い目にあって構造改革の危険性にやっと気がつく「D層」の人々

まとめると次のようになります。

(1)国を売るために、人々をだます「A層」の人々
(2)だまされて売国に加担する「B層」の人々
(3)自分が痛い目にあわなくても国家に降り掛かる危険を察知して声をあげる「C層」の人々
(4)自分が痛い目にあって構造改革の危険性にやっと気がつく「D層」の人々

さて、あなたは上のどのグループに属していますか?

あなたが「A層」なら、私はあなたに言います。地獄に堕ちろ。

あなたが「B層」なら、私はあなたに言います。痛い目にあう前に、目を覚ましましょう。安倍政権を支持することは「自分は馬鹿です」と自己紹介するようなものです。なぜなら彼らがあなたのことを「馬鹿だ」と考えているからです。自分の子や孫の首をしめるよう罪作りなことをして、末代までの恥をさらしてはなりません。

あなたが「C層」なら、私はあなたに言います。国を守るため、引き続き力を合わせましょう。

あなたが「D層」なら、私はあなたに言います。気を落とさないでください。これから、共に立ち上がり、互いに支え合う本来の日本の姿をとりもどしていきましょう。

ブログ・ランキングにご協力ください。一日一回、右のバナーをクリック願います。


« 「最後におなかいっぱい食べさせられなくてごめんね」 | トップページ | アメリカの「圧力」60年史 »

TPP」カテゴリの記事

コメント

昨日の共同通信系地方新聞を読んでいて驚きました。食口のサクラなの?記事は大阪でのカス統一安倍の街頭演説について聴衆にインタビューしたものでした。「堺市の派遣社員男性(37)~説得力があった。国民全員がアベノミクスの効果を実感できるようにしてほしい」彼がサクラならどうでもいいです。だがなぜ派遣社員がアベノミクスを支持するのか?不気味すぎる。安倍支持の派遣社員の皆様、もしアメポチ安倍の正体を知らないのなら何の恥でもありません。安倍国際勝共連合自民の正体を伝えないマスコミのせいです。安倍自民統一協会アベノミクスの問題点を調べてください。自ら調べることが全てに繋がります。

投稿: トリモロス | 2013年7月 8日 (月) 20時03分

大前研一氏はその著書「知の衰退からいかに脱出するか?」で以下のように書いている。


「かなり昔のことになるが、私は当時の首相に言ったことがある。


『今の政府は国民を騙すようなことばかりやっている。このままだと、国民は怒りを覚えて立ち上げるでしょう。』と、このように首相に進言したのだが、首相は私にこういった


『大前さん、我が国は愚民政策を施しているから大丈夫だよ。』


まさかと耳を疑ったが、これは事実である。当時の日本政治の指導者と役人たちは、(ブログ注:反米の安保闘争の様に)学生たちが政府にたてつくことがないように愚民政策をとっていると確かに認識していたのだ。」(引用終わり)


2001年3月22日に放送された「NHK放送記念特集・テレビはどう変わるのか~IT革命とデジタル放送の未来~」の中で、日本テレビ社長の氏家齊一郎氏は馬鹿正直にも以下の主旨の発言をしている。


「テレビなんてものは大衆の娯楽に徹すればいい。テレビで難しい話をしても誰も聞く耳を持たないし、大衆は難しい話を理解できる能力を持たない。大衆は一日の労働を終え、缶ビールの1本も飲んで、今日はジャイアンツが勝った、負けたで一喜一憂し、下らない漫才を見て世の中には俺より馬鹿がいると安心して、また明日の労働に備えるために寝る。テレビの使命なんてそんなもんだ。」(引用終わり)

投稿: だめだめわんこ | 2013年5月31日 (金) 22時49分

この記事を動画にしてニコニコ動画に投稿しました。
動画化にあたって多少のアレンジをしてあります。

「B層」が国を滅ぼす(2)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21002168

「中国、TPP交渉参加の可能性検討へ」も動画にしないといけない感じでしょうか。この売国の速さは普通ではないです。
個人ができることの大まかな分類です。
A:安倍信者を相手にする時間(ネットなど)、B:議員・政党への電凸、メール、FAXなど、C:他の国民への周知・拡散(ポスティング等)。それぞれの時間と労力の配分などが重要になってきます。ご自分のできることを考えて、頑張りましょう。
Aも重要ですが、残り時間を考えてBやCの時間を増やさないといけません。重症の安倍信者よりも普通の人にいかに周知・拡散するかです。全員持っているのは一票です。BやCも重要です。
安倍信者は目立つかもしれませんが、まだ気づいていない無関心の国民の方が多いかと思います。この方たちは話せばまだ通じます。安倍信者だけに気を捕らわれないようにしましょう。
このブログの読者の皆さまはお分かりだと思いますが、反安倍や反TPPなどのデモ・街宣以外には参加しなくてよいです。不買ならぬ不参加です。その時間を上のBやCの事にお使いください。

投稿: よしふる | 2013年5月31日 (金) 20時47分

本人に聞いたら「私は正常でカルトとは失礼な!」と怒るでしょうが、この方たち、十分安倍カルト認定です。
https://twitter.com/kurumib01/status/340369777048555521
B @kurumib01
候補者選定は石破茂幹事長の仕事、安倍ちゃんの足を引っ張りたいだけかも・(ノД`) "@tuya28 ワタミ自民参院比例区出馬とか、比例で自民党って書かずに当選させたい候補者の名前を書けというのか、結構面倒だから他党に投票したくなるぞそれ
https://twitter.com/lvory_bear/status/340381645062406145
しろくま @lvory_bear
だれがワタミを押してるのかじっくり見極めたいですね@yui01208 やはりゲルのしわざか? @ysuzk その通り。幹事長からの弾ですよー @mamehiropon: ワタミ擁立は自民党への嫌がらせとしか思えない。こういうのが、安倍内閣を背後から撃つ輩だな


誰がワタミを押してるのかって安倍じゃないんですか?
仮に石破の独断だったとして、その石破を幹事長に選んだのは誰ですか?
自民党内の誰がああしたこうした等というレベルの国難ではないのに、何をのんきな事を言ってるのかと!
ハバキリさんじゃないけどTPPを舐めてますね。
日本人の若者を酷い労働環境で酷使して成り上がった男を、第一時内閣から取り立てている安倍が、まだ騙されている、後ろから撃たれているとか。バカですか?
安倍の足を本当の意味で引っ張るのは愛国者ですが、そんな者は自民党にいません。

こういうツイートの人達は安倍をかばう事が愛国で護国活動なのですね。
なのに日本を守っていると思っているから性質が悪い。
左翼の方が、今の日本は嫌いで壊している自覚があるからマシかもしれませんよ。

今生きている若者が、ブラック企業で心を病んで死のうと安倍を支える方が大切。
だけど英霊は大切。
皆、自分は政治に興味があり、B層ではないと思っているでしょう。A層の忠実な僕なのに。

投稿: 朝顔 | 2013年5月31日 (金) 18時14分

私も、だめだめわんこさんの意見に賛同します。金融資本家が緻密に仕込んで日本をTPPに引き込もうとしています。

現在シリアも金融資本家に侵略されようとしています。

金融資本家はテロリスト集団を送り込み反体制派武装集団に仕立て上げ、アサド政権を倒そうとしています。

金融資本家は大手マスコミを使ってアサド大統領は独裁者で殺人鬼だと捏造して世論を煽っています。

2本の動画を御覧になれば、御理解いただけると思います。

http://www.youtube.com/watch?v=od0klQ1YqtA
http://www.youtube.com/watch?v=od0klQ1YqtA

投稿: 琢 | 2013年5月31日 (金) 12時02分

管理人様の広報を願います。

5・29国際シンポ/ジェーン・ケルシー教授
「安部総理はTPP交渉に参加すべき根拠として、日本が参加すれば指導的な役割を果たせるという理由を挙げていたが、TPPに参加しても指導的な役割は果たせない。
それを今から説明する。
TPPは米国の企業のための協定であり、日本政府が立ちふさがるのを認めるはずがない。
日本の扱いを見ればはっきりわかる。
次のラウンドはマレーシアだが、交渉を10月に完結させようとしている。
日本はマレーシアの最後の2日だけ参加できるといわれている。
日本はその期日をかえて米国に参加させてほしいといったが、米国の答えはnoだった。
日本がようやく最後の2日間、18回目になって参加できるが、これまでの18回の文書を見ることなく参加する立場になってしまう。


その中の重要な内容は、こちらです。
http://sun.ap.teacup.com/souun/11049.html

投稿: TPP最新情報 | 2013年5月31日 (金) 04時41分

騙す悪党がわるいか、騙される莫迦がわるいか?

「ぼくはこう思うんだ。西田先生にしても田邉先生にしても、その哲学とあの人格とは、関係がなくても成立つと思うナ。西田さん、田邉さんがたとえ高利貸しでも、闇屋でもあの哲学とはちつとも関係ない、御両人とも哲人の俤も哲学者の姿もちつともない。ただ哲学教授なんだ。哲学教授としては、世界的に見ると立派な教授でしょう。しかし、思想家というものはあんなもんじゃないでしょう。少なくとも哲学を論じたら万人がこれは哲人だと思うような人でなければ、哲学者じゃないと思うんだ。(中略)御両所は日本語にはどこまで思想を盛り得るのか、盛り得ないか、そういう国語の領域をちつとも知らないね。その意味では、二人とも日本語を所有していないナ。ということは、だネ、御両所が極東の田舎である日本にいる哲学教授だということなんだ。私小説と同じことだよ。私哲学だ。」(辰野 隆、「忘れ得ぬことども」)

西田は西田幾多郎、田邉は田邉元。辰野隆は仏文学者で小林秀雄らの師であり、東京駅を設計した辰野金吾は父。

まぁ結局のところ、本物を知り、それを発する人がいなくなったっということでしょうか。

IQが高い低いと、正しい判断ができるかは別だとおもいますよ。

投稿: 老婆心 | 2013年5月30日 (木) 23時36分

実は、この「エコノミスト」誌、銀行家として有名なロスチャイルド財団がかなりの出資をしている経済雑誌である。

サー・イヴリン・ロバート・エイドリアン・ド・ロスチャイルドは、1972年から1989年まで『エコノミスト』の会長だった。彼の妻リン・フォレスター・ド・ロスチャイルドは、現在『エコノミスト』の理事会メンバーでもある。

もちろんTPPを進めている多国籍企業を支配する国際金融資本家もロスチャイルドである。

最近ではエコノミスト誌の表紙をアベノミクスで日本経済を回復させたスーパーマンに例えた安倍晋三が飾りましたね。

つまり全部仕込みなんです。アベノミクスと安倍を持ち上げて、参院選で勝たせてTPPに参加させるまでの。

そんなエコノミスト誌がアベノミクスを否定するわけが無い。

投稿: だめだめわんこ | 2013年5月30日 (木) 19時32分

この夫婦は「だまされていた」とは言わせませんよ。

渡邉哲也 @ daitojimari
https://twitter.com/daitojimari

Maiko Kissaka @kissaka
https://twitter.com/kissaka/status/340008900864667648
エコノミスト誌の外国人エディターと戸締りさんが話した時に、二人が共通認識していたのはアベノミクスをこの時点で成功だとか失敗だとか判断するのはあまりに尚早だという点。日本はなぜ、成功だ失敗だと今、言いたがる人が多いのか?と、不思議がってた。 #AsiaFinance

夫婦仲良く日本破壊に加担しないで頂きたい。
WJFさん風に言うと、この二人はいつ詰むのでしょうか。
どこまでもしらばっくれるか?

投稿: 朝顔 | 2013年5月30日 (木) 17時50分

私の住んでる県の農政連(JAの政治組織)が、参院選での自民候補の推薦を決定しました。
今朝の朝刊で読んで唖然としてしまいました。
公約など初手から守る気のない連中をなぜ推薦などできるのか?全く理解に苦しみます。

衆院選のときは自動車系の労組幹部も、TPPで輸出が伸びるから推進派を支持する、
などと間抜けなことを言っていました。

こういう人たちは、「だましている」のか「だまされている」のか?
いずれにせよ、厳しい戦いであることは間違いなさそうです。

投稿: hebo | 2013年5月30日 (木) 16時28分

ブラック企業ワタミの渡辺美樹氏、参院選で自民から出馬、安倍信者は朝日の誤報、飛ばしと最初は言っていましたが、保守紙(笑)の産経も書いていますね。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130529/elc13052922190003-n1.htm
党内の多数は反対していると庇っている方も見ましたが、つい最近TPPで同じ手を食らっているのに学習能力ゼロ、説得力がないと思わないのでしょうか。

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/05/30/kiji/K20130530005906320.html
>安倍晋三首相と親交があり、第1次安倍内閣で教育再生会議のメンバーを務めた経験もある。渡辺氏は近く正式に公認された後、会見する予定。

そのうち信者は、安倍さんが擁立するワタミはきれいなワタミと言い出すでしょうか。
安倍さんによって心を入れ替えるとか?
もうカルトですね。そこまでの人はいないと思いたいです。
若者を安く使い潰している男と懇意な自民党が、TPPで国民に容赦しないのは見えているのに、いつになったら目が覚めるのでしょうか。

投稿: 朝顔 | 2013年5月30日 (木) 16時15分

安倍さんは、湯田米の言いなりな繰り人形では?
それまでしても金権&権力がほしいのでしょうか?

自民 公明 民主がTPPに前のめりな理由が解った
↓こいつらウォール街の奴らから
多額の献金受けてるよ やられたな・・。
☆☆小泉政権下では外資比率50%以上の企業献金を合法化☆☆
外資系企業の政治献金規制を緩和する政治資金規正法改正案を了承した。
ついで↓小泉政権ですでにやられていた
外国人投資家が過半数株式を取得した大企業群や
金融機関の60%以上は法人税が免除
配当が最高200%ちかくも引き上げられている
どの政党が政権とっても誰が総理大臣になっても
その仕組みはウォール街のための
政治をするように出来ていた

安倍は新自由主義!サラリーマン全ての敵!参院選で自民党が勝ったらサラリーマンは地獄だぞ! ローソンと楽天と武田薬品が違法解雇合法化を推進している!
楽天で買い物したら解雇される! ローソンと楽天を不買運動する!
武田薬品のアリナミンも不買運動する!
参院選で自民党に復讐!
解雇しやすくしたら、採用されるとか、求人が増えるとか、竹中の嘘! 実際は好き嫌いで解雇されるだけ!
さらに若者ほど失業する! 解雇規制を緩和した欧米では、若者失業率が逆に悪化した。
スペインでは解雇規制を緩和したら若者失業率が60%に悪化した!
オランダでは解雇規制を緩和したらパートなどの非正規雇用しか求人がなくなり、働くことを諦めてしまった若者の数が先進国で最大になった。 世界で最も解雇しやすいアメリカでは若者の失業率が がぜん増えた。

米中陸軍が2013年内に救援目的の合同軍事演習を実施へ
2013/04/24サーチナ
初めて中国を訪れた米国統合参謀本部のデンプシー議長は22日、中国人民解放軍の房峰輝総参謀長と会談し、共同記者会見を行った。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。
財務・外務・通産省等の次官クラスは安倍さんを焚き付けウソを言わせる。中国包囲網はウソ
TPPは辞めろ日本は日本!TPPや自由貿易協定を考えたのは白人強欲植民地主義者。

投稿: こんにちは | 2013年5月30日 (木) 14時22分

日本の今ある危機の多くが、A層がB層を先導するための手段(マスコミ、御用学者、省庁、シンクタンク、宗教等)の要所を押さえてしまっているところです。
そして、さらに困ったことに、今まで主にC層に属する人たちのオルターナティブなカウンターとして機能していたはずのインターネットがB層に浸透するにつれ、またもA層からの様々な策動により、見事にA層の意図する方向に染め上げつつあります。

C層におられるエリート、社会に影響力を持つ人々がそれぞれの持ち場から警告を発しておられますが、B層にどこまで届くか?
悪貨が良貨を駆逐する如くの困難な状況と感じます。

D層に落ちてしまうと、そこから抜け出すのは並大抵のことではありません。
安倍政権が進めているグローバリズムによる競争に日本社会が隅々まで晒されるようになれば、まさにD層の固定化、そしてA層に踊らされ続け自ら考えることを放棄したB層の大量生産によって、ますます日本の国柄が破壊されながら、A層だけがグローバリゼーションによる果実で甘い汁を吸い続けるという、とてもグロテスクな社会となっていくことでしょう。

C層にいる漫画家の小林よしのり氏は、5年前の漫画「中流絶滅」で、小泉政権に踊らされるB層に向かって、以下のように警告していました。

「日本には保守はいない! 社会主義派の左翼と、個人主義派の左翼がいるだけだ。
 (中略)
 しょせん99%は負け組となる。それを自分たちで選んだのだからあとで文句を言う資格はないよな。
 日本人は農耕民族だからグローバル金融市場では負けるに決まってるのにね。
 わしは勝ち組に入る。だれよりも日本人の精神を貫いて勝ってやる。
 マスコミの愚劣な面白主義に踊らされて、小泉チルドレンに投票したような人民が一生来られない勝ち組のレストランでわしは楽しむ。
 わしは警告してきた。もう知らんぞ。」

小林氏は、もう知らんぞと言いながら、小泉政権の酷さをそのまま引き継ぎ、それどころかさらに進める安倍政権を徹底的に批判しているところが、氏の日本人としての矜持を感じるところです。

投稿: こしき | 2013年5月30日 (木) 12時15分

安倍信者にTPPをはじめとした安倍内閣の政策の危険性を説明すると、決まって「民主党政権よりましでしょう」という単語が出てきます。
自民党は、民主党がぬるく見えるくらいの速度で売国を進めているのがなぜ分からないのか?
また公明党がいるから、自民の売国要素をゼロにするのは無理だとも言います。
とにかく自民は悪くない、安倍首相は頑張っていると。
彼らに安倍自民の危険性をわかってもらうのは、そう簡単なことではないですね。

投稿: ときわ | 2013年5月30日 (木) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「最後におなかいっぱい食べさせられなくてごめんね」 | トップページ | アメリカの「圧力」60年史 »