« 隠すために批判する | トップページ | 【正直な子ども14】在特会福岡支部長 沢村直樹氏: 「TPPによって日本は中国と韓国の植民地になる」 »

2013年5月 6日 (月)

道場破り必勝の秘策: 論証の3つのステップ

「安倍晋三は愛国者だ。」

「安倍政権は救国政権だ。」

といまだに信じ込んでいる多くの人々。

彼らをどうしたら、有効に説得できるのでしょうか。

「安倍晋三は愛国者だ」と信じている人に向かって、「安倍晋三は売国奴だ」と言ったところで、平行線で、なかなか埒があきません。

そこで、一つの方法を提案したいと思います。

それは、次の三つの論理的な手順を踏む事です。

(1) 共通の課題を設定する
(2) 方法の違いを明確に示す
(3) 方法の有効性を評価する

それぞれのステップを簡単に説明してみたいと思います。

(1) 共通の課題を設定する

まず議論のとっかかりとして必要になるのは、議論する相手と共通の価値や課題を提示することです。

たとえば、

「日本を守る」
「日本を強靭化する」
「デフレを脱却する」
「生活を守る」
「子どもたちの未来を守る」
「中国に対峙する」

と言うような、議論する相手と共有できる価値や課題を設定し、そこから議論をスタートさせます。

以前、てこの原理という記事で説明しましたが、相手との共通の課題を設けることが、議論においては、てこの支点の役割を果たします。

(2) 方法の違いを明確に示す

共通の課題を設定した後は、その課題を実現する上で、相手が正しいと考えている方法と、自分が正しいと考える方法の違いを明確にします。

たとえば、「中国に対峙する」という共通の課題を設定してそこから議論を始めたとしましょう。

安倍政権の政策においては、「中国に対峙する」という課題を実現するために、

「TPPに参加することで、日米同盟を強化し、対中包囲網を形成する」としており、(あるいはしていると考えられており)、この方法が正しいと信じている多くの人たちがいます。

それに対して、私たちは、「中国に対峙する」という課題を実現するためには、TPPに参加しないほうがよいと考えています。

(3) 方法の有効性を示す

共通の課題を設定し、相手と自分との方法の違いを明確にしたあとは、どちらの方法が課題の実現のために有効なのかを論証します。

「中国に対峙する」という課題の実現のために、TPPに参加することと、TPPに参加しないことでは、どちらが有効なのでしょうか。

TPPに参加しても、日米同盟の強化につながるという客観的な保証は何もない上、TPPに参加すれば、日本の弱体化が避けられず、「中国に対峙する」という課題の実現のためには有効でない。

というように、共通の課題を設定して、てこの支点を作っておけば、わずかな力で、とても簡単に、方法の有効性を論証することができます。

この方法を使えば、安倍政権の掲げている政策のほとんどが、まやかしであり、課題の実現には有効でない事を論理的にシンプルに説明することができます。

以上の論証の流れを、シンプルにパターン化してみましょう。

(1) 共通の課題を設定する:

「中国に対峙する」

(2) 方法の違いを明確に示す:

方法A「TPPに参加する」
方法B「TPPに参加しない」

(3) 有効性を評価する:

TPPは日本の弱体化につながるため、中国に対峙するためには、TPPに参加しない方がよい

とまとめることができるわけですが、この議論のパターンを頭にいれておくと、他のさまざまな問題の論証にも使うことができます。もう一つの例を挙げましょう。

(1) 共通の課題を設定する:

「デフレから脱却する」

(2) 方法の違いを明確に示す:

方法A「アベノミクスの三本の矢」
方法B「アベノミクスの三本目の矢なしの二本の矢」

(3) 有効性を評価する:

アベノミクスの一本目の矢(金融緩和)と二本目の矢(財政出動)は、確かにデフレの脱却に有効だが、アベノミクスの三本目の矢(成長戦略)の具体的な内容は、TPPなどの構造改革や規制緩和のことであることが明らかになっている。構造改革や規制緩和はデフレからの脱却につながるどころか、デフレを悪化させてしまう。アベノミクスの三本の矢は、互いに打ち消し合う矛盾した政策を抱えていることになる。

ぜひ、以上の論証の三つのステップを、道場破り、必勝の秘策として各所で活用していただきたいと思います。

ブログ・ランキングにご協力ください。一日一回、右のバナーをクリック願います。


« 隠すために批判する | トップページ | 【正直な子ども14】在特会福岡支部長 沢村直樹氏: 「TPPによって日本は中国と韓国の植民地になる」 »

TPP」カテゴリの記事

コメント

>@kakuma1875
>@nyantomah 商務長官にプリツカー氏、
>USTR代表にフローマン大統領顧問を指名。
>上院の審査を経て承認への手続き。
>6月までにTPA法案(4月24日ボーカス財政委員長談)提出へ。
>米通商代表 フロマン氏 大統領が指名 TPP交渉精通
>http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2013050302000131.html


>ロック・デビ爺の属領支配の完結にトドメは刺せるでしょうか!中ユダ米は水面下握手です プロパガンダTVの煽りをマトモに受け入れてはいけません。

WJFさんの御意見は羊な愚民に届くでしょうか?


悪デビ爺の息子夫婦は、震災の陸中海岸を震災後、直ぐに見に行った 311はデビ爺人工地震=魚の豊富な特区造りを狙ってます>特区農場も、働く人々は日本人では無い給与が安い移民の人々!

震災被害でカツカツな漁民の魚権や農家を買い上げは簡単でしょう。民主党に復興をさせなかったとか。

さて狭い日本に54基の原発も知らない内には異常な政治政策です。

憲法96条も知らせ無いで改正とは!


■安倍劇場を演じてる安倍さんは、良心と両親に恥じないのでしょうか。反対Fax等は忘れずに!
安倍晋三事務所℡03-3508-7172>
安倍晋三事務所Fax03-3508-3602>

AB氏は聴くところに寄ると成蹊の成も書けないとは情けない。
言っておきますが特亜は大嫌い&日本嫌いな左翼でも有りません。日本と日本人を心配しています。

投稿: コンニチハ | 2013年5月 6日 (月) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 隠すために批判する | トップページ | 【正直な子ども14】在特会福岡支部長 沢村直樹氏: 「TPPによって日本は中国と韓国の植民地になる」 »