« TPPについて - 日本の皆さんへのメッセージ | トップページ | ある日、突然 »

2013年3月11日 (月)

危険なのはTPPではない

危険なのはTPPではありません。

危険なのは、TPP参加に心の痛みを感じない政治家であり、

TPP参加を呼びかける企業家やメディアであり、

TPP参加をしてもかまわないと考える国民であり、

TPP参加をするような政権を支持する有権者です。

国を失うことに痛痒を感じない感覚の麻痺した日本人こそが危険なのであり、

日本人がこのようでさえなければ、TPPなど他の国の話ですから、日本にとって危険なものではなかったはずです。

今や、日本人こそが日本を壊す最大の敵なのです。


« TPPについて - 日本の皆さんへのメッセージ | トップページ | ある日、突然 »

TPP」カテゴリの記事

コメント

青い水様

お声を掛けて下さって、ありがとうございます。
私も青い水様のコメントを拝見して、Ch桜への寄付の悪影響の大きさが看過できないものだと、いっそう確信を強めました。

TPP反対を叫びながら、水島社長だからと支持を呼び掛ける…まさにダブルバインド手法を踏襲していて笑えませんでした。

WJF様

Ch様は北朝鮮拉致被害者の救済の呼び掛けは熱心ですが、3.11震災の被害者救済に関しては力を入れてないですよね?

そういう面でも違和感を感じています。

投稿: 中野剛志さんのファン | 2013年3月11日 (月) 23時32分

中野剛志のファンさん

私も投稿してきました。きっと長い間の情から現実を見たくないと言う無意識の意識が働いているのかもしれません。ただ、淡々と私の正論をコメントしてきました。ブログ主さんの気付きを少しでも促したいです。
WJFさんのランキングも上がってきて、本当に嬉しいですが、上位のブログの影響は侮れません。まして、数少ないTPP反対ブログです。そのフォロワーの方々にも訴えたいです。中野剛志さんのファンさんのコメントがあって心強かったです。

投稿: 青い水 | 2013年3月11日 (月) 22時50分

WJF様

きっとWJF様も御覧になっていると思いますが…。

この期に及んでCh桜への寄付を呼び掛ける愛国ブロガーさんには、危機感を覚えました。
Ch桜への援助によって情が移って、TPPの後押しをする人が増える事を危惧しています。

投稿: 中野剛志さんのファン | 2013年3月11日 (月) 20時43分

だいさん
安倍の欺瞞的な公約についてはこのブログでも過去に何度も取り上げています。

奇妙な公約と奇妙な動画
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-3c88.html

安倍氏のTPP公約の欺瞞性
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/tpp-acf6.html

投稿: WJF | 2013年3月11日 (月) 19時38分

WJF様。現在日本は「安倍しかいない」「安倍を批判するな」「安倍を信じろ」などの
ドグマにより国民が「金縛り」のような状態になっていますが、この洗脳を解く為には
「安倍が国民をだました」という事実を繰り返し突きつけることが一つの突破口になるのではないかと思っています。どうやら多くの国民は騙されたということにすら気づいていない様子です。
そこでいかに安倍が巧妙に国民をペテンにかけ騙したかをまとめた文章を
あるところに私が書きましたので転載いたします。
よろしければお読み下さい。ご参考になれば幸いです。
あと「安倍しかいないではないか。他に誰が居る?」というプロパガンダを良く見かけますが、これには
「TPPでアメリカの植民地になるくらいなら、TPPに断固反対の首相なら誰でも良い」と切り返すのが有効ではないでしょうか。
(以下転載)
昨日の私の日記に「(安倍は)最初から交渉参加反対とは言ってない」
という趣旨のコメントを頂いた。

どうやらまだ「安倍が国民をだました」という事実に
気づいていない人が多くいるようなので、
どのようにして安倍が国民をペテンにかけたかを少し詳しく述べてみよう。

安倍は選挙前、繰り返し
「聖域無き関税撤廃が前提条件である限りTPP交渉参加に反対」と言っていた。
また、
‪【TPP参加問題、民主党から大量離党者など】安倍晋三総裁(2012.11.15)‬
http://www.youtube.com/watch?v=-ONfXcGvU5o
の3:27からを見ると、商工会議所での安倍の発言について
「安倍総裁はTPP交渉参加に前向きと報道されているが」との質問に対して
「私がTPP交渉参加に前向きだというのは(マスコミの)ミスリードだ」
と言っている。
「交渉参加に前向きでない」とアピールしているのである。
また他でも同様に言っていたのを憶えている。

これらの発言を聞けば皆
「ああ安倍はTPPに慎重なのだな、安倍さんならTPP交渉参加しないだろう」
と思ってしまうのは当たり前である。
また同時に、TPPに強く反対している団体や評論家が熱烈に安倍を支持していたから、
そう思って当然である。私もそう思って自民党に投票した。

しかし選挙が終わったとたんに
「聖域無き関税撤廃が前提条件でなければ、TPP交渉参加もありうる」
と言い出した。
もうこれだけでも印象操作で意図的に国民を錯覚させ騙したと言ってもいいが、

決定的なのは、東谷暁さんが述べておられることだが、
TPPが「聖域無き関税撤廃が前提条件」などでは「ない」ことは
始めから分かっていたことなのだ!!
アメリカからして砂糖や乳製品の関税は絶対に手放すつもりはないのである。

そもそも交渉参加の前提条件がなにかなど
オバマに訊かなければ分からないなどということはあり得ないのである。
もうすでにTPPは交渉中なのである。
メンバー国の交渉の担当官に訊けば済むことなのである。
こんなの秘密でもなんでもない。

また、日本は既にアメリカと交渉参加に向けた事前協議をしているのである。
いったい彼らは何を前提に話し合っているというのだろう。
「知らなかった」などということはあり得ない。

つまり選挙前に「聖域無き関税撤廃が前提条件」でないことを知りながら
「聖域無き~であるかぎり反対」と安倍は言っていたのである。
何の為に? もちろん国民をだまして交渉参加するためである。
これが安倍が犯した大罪の第一である。

次に、日米首脳会談で、オバマが「聖域無き~」でないと答えたが、
これは、始めから「ない」と分かっていることを「ありますか?」と訊くのだから、当然答えは「ない」と返ってくるのは当たり前である。
これは「厳しい交渉の末オバマから「ない」という言質をとりました!」
と日本国民に「成果」をアピールして騙す為の安倍とオバマの茶番劇だったのである。
これが安倍が犯した大罪の第二である。

そしてこの「聖域無き関税撤廃が前提条件でない」というのは
あくまで交渉参加の前提条件が何かというだけであり、
「聖域が認められた」というわけでは全くないのである。
前提条件ではないけれど交渉参加の結果関税を全て撤廃させられました、
という事もあり得るのである。
現実的にはもう日本の要求が通る余地はほとんどないのだが
それを誤摩化して交渉参加させようとする詐欺である。
これが安倍の犯した大罪の第三である。

またTPPは関税の問題はむしろごく一部にすぎず
大部分は非関税障壁が問題であるのだが、
「聖域無き関税撤廃」などと繰り返すのは、そのことから
国民の目をそらさせ問題を矮小化するためのペテンである。
首脳会談で残りの5項目については「オバマに伝えた」としか
安倍は言っていない。伝えた結果がどうだったのか一切言及無し。
これもごまかして国民を欺く行為だ。
これが安倍の犯した大罪の第4である。

また最近、後から交渉参加した国は
「それまでの交渉の合意内容は変更できない」
「交渉を長引かせる事もできない」「交渉を離脱する権利もない」
ことが去年の6月には日本政府に分かっており、
そのことは政権交代時に安倍にも分かっていたことが暴露されたが、
このような交渉参加の是非を決める上で決定的に重要な事実を
国民に知らせる事無く隠蔽していた事。
これが安倍の犯した大罪の第5である。

もうここらでいいだろう。
嘘とごまかし、詐欺とペテンのオンパレードである。
書いていてまったくうんざりする。いったい安倍の何を信じろというのだろう?
実に許しがたい嘘つき売国奴である。

国民は、安倍が恐れおののき、交渉参加を断念するくらいの
怒りの声を上げるべきである。

安倍首相は公約を守りTPP交渉参加するな! 守れないなら辞職しろ!
政界再編で「TPP反対内閣」実現!!

投稿: だい | 2013年3月11日 (月) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« TPPについて - 日本の皆さんへのメッセージ | トップページ | ある日、突然 »