« 三車火宅のたとえ | トップページ | 水島さん、WJFは中国の工作員ではありません »

2013年3月 1日 (金)

水島総氏の矛盾

水島総の泳ぐ目をご覧ください。

「日米同盟のためならTPPもやむを得ない。安倍晋三はTPPに参加するだろうが、それでも安倍晋三への支持をやめてはならない」と

水島総は、昨年末に開かれたシンポジウムの中で、奇怪な発言を行っていた。

倉山満は、「TPPなんかくれてやってもいい。争点化すること自体問題である。もっと他に大事なことがある」と発言していた。

下の記事で論じたようにチャンネル桜には、「三つのアジェンダ」と呼ぶべきものを執拗に人々に刷り込んで、世論をミスリードし、彼らが本当に何を守るべきかを見失わせた大きな責任があります。

国賊チャンネル桜: 本当に守るべきものは何か

一方でTPPや新自由主義に反対しながら、新自由主義者の安倍晋三を熱烈に支持するという点で、チャンネル桜は、三橋貴明や西田昌司らと同じ論法を使っています。

これにより、新自由主義者としての安倍晋三の本質をカモフラージュし、あたかも安倍晋三自身が新自由主義に反対しているかのようなイメージを拡げることに成功してきました。

チャンネル桜は、結局「彼ら」による組織的情報操作の片棒を担いでいたのではないのか。

安倍晋三を単純な愛国保守政治家のように擬装する役割を担ってはいなかったのか。

「中華」(中国・韓国・北朝鮮)の危機を過剰に煽り、「日米同盟の強化」こそが唯一の解と人々を信じ込ませ、この亡国の罠の中に誘導してきたのではないのか。

チャンネル桜は、騙す側にいるのか、それとも騙されている側にいるのか。

チャンネル桜は、安倍晋三が過激な新自由主義者であることを本当に知らないのか。

一体、なんのためのデモなのでしょうか。

「TPPに反対している」フリをするためのものでしょうか。

デモのスローガンを「関税自主権撤廃反対」とし、TPPの問題を関税の問題に矮小化しているのは、関税の聖域をオバマ大統領に認めさせた「ことになっている」安倍晋三を擁護する意図があるのでしょうか。

どうして未だに安倍政権の新自由主義的本質を語らないのか。

どうして、この政権が道州制まで実現しようとしている、その危険性を人々に警告しないのか。

危険な新自由主義政権への支持を煽ったことの誤りを認め、謝罪しないのか。

これからも安倍政権への支持を煽り続けるつもりなのか。

と書きましたが、彼は性懲りもなく安倍政権の支持をやめるなと下の動画で訴えています。

上の動画での水島総の発言もきわめて奇怪であり、下のように矛盾に満ちています。

・TPPが、日本をアメリカの財布に変える物であり、日本の産業の空洞化を促進し、日本の国柄を壊すことを安倍氏がよく知っていると述べています。(0:24)

・TPPに参加しても安倍氏への支持をやめてはならないと述べています。(2:20)

・グローバリズムに対して警戒心のない戦後保守を批判しています。(7:13)

グローバリズムに警戒心のない戦後保守を一方で批判しながら、もう一方で、グローバル化を推進しようとする新自由主義者安倍晋三を支持しつづけよと視聴者に訴える。

どうしてこんなにも矛盾したことを同じ番組の中で平然と同時に語ることができるのか。

彼らに共通するこの矛盾した論法の中に、どうやら一つの答えがありそうです。



« 三車火宅のたとえ | トップページ | 水島さん、WJFは中国の工作員ではありません »

チャンネル桜」カテゴリの記事

コメント

ケロさん
1. まず「保守」とはどういうものなのかをゼロから再定義し直します。あまりに歪んだ、的外れな、また偏った「保守」の姿勢を正します。右も左もない、右にも左にも立場が分かれる以前の深い根っこを大切にして、そこから、日本人として心の奥底から「何を守りたいのか」を根本から再定義します。

2. 「何を守りたいのか」明確にしたあとは、私たちが本当に「何を守りたいのか」多くの人々に理解し、共感してもらえるように努めます。

3. 「何を守りたいのか」多くの人々の願いが集まり、深まっていれば、それは政治的な力として結実していきます。その段階で特定の政治団体なりを立ち上げることも検討していきます。

WJFプロジェクトは、他に誰もやる人がいないから、仕方がないので動画を作り始めることから始まりました。安倍政権の危険性を、他に指摘する人がいないから仕方がないので声をあげました。ちゃんとした「保守」を作る人が他に誰もいないなら、仕方がないので私が作ります。人間が一億人もいる国であるにも関わらず、どうしてこれほど、やるべきことをちゃんとやる人がいないのかと、嘆息します。

自分たちの国なのに「日本」を粗末に扱う輩ばかりで「日本」がかわいそうすぎます。

私は「日本」をあきらめません。「日本」を取り戻すためならどんなこともします。

投稿: WJF | 2013年3月 2日 (土) 18時13分


WJFさん

保守をゼロから作り上げる、これは具体的にどういうことを言われているのですか。

政党や個々の政治家をコントロールするという意味でしょうか。

それとも自主的に政党(政治結社)を立ち上げるという意味でしょうか。

ケロ
 

投稿: ケロ | 2013年3月 2日 (土) 18時05分

日本万歳さん
日本のこれまでの「保守」がいかにインチキかということです。ちゃんとした、本当に国を守る保守をゼロから作り上げていきましょう。

投稿: WJF | 2013年3月 2日 (土) 16時38分

水島さんは青木直人さんが言っていたように右を切るのは右しか切れないというように右の役割をして右を切っているのではないでしょうか?
皇室、靖国、従軍慰安婦、南京大虐殺など日本人の気持ちを寄せ付けて親米保守の安倍さんを応援して日本人を欺きながら日本を徹底的に壊滅させる働きをしているのではないかと思います。
水島さんは本当に保守なら安倍さんが訪米する前からTPPの反対を強めるはずではないでしょうか。水島さんの口から安倍さんはTPPには参加するでしょうみたいな言葉を平気で使ってTPPのことを敢えて避けるような行動をされていましたね。安倍さんがアメリカで表明してから多分参加することを見届けてから世間の反応を恐れてTPP反対デモをしたのではないでしょうか?
勝共協定といって自民の保守の中には秘書も含めてたくさん日本人じゃない人が含まれ、日本を守る振りをしながら日本を根底から壊す役割をしている議員が多いようですね。
創生日本とかの議連の平沼さんも支持していましたが、TPPに参加しないのかと迫る発言を聞いて一気にトーンダウンしました。日本の保守派を人権侵害救済法案反対や外国人参政反対で引き寄せ一気にTPPと道州制で日本解体にもっていく策略ではないでしょうか

投稿: 日本万歳 | 2013年3月 2日 (土) 16時11分

TPPと日米同盟は異なる領域のイシュウ。それこそチャンネル桜の討論番組で中野剛志がそれを論理的に説明していたと記憶している。TPPに参加することで、具体的にTPPのどの条項/コンディションが日米同盟という軍事同盟にプラスに寄与するのか?或はマイナスに作用するのか?という論理的説明を水島総の口からは聞いたことがない。水島の意見がメロメロにブレる理由は明白。今や政権の首班となった安倍晋三に影響力を持ちたいからだ。繋がりがあることを世間に示しそれによって自分の存在と影響力を示したいからだと看做す。水島は一種の信仰の世界に生きており『安倍信仰』を視聴者にも強制している。信仰とは『信仰されているものの特徴や欠点を見ないようにする』ことに他ならないが、人間の理性には限界がある、すなわち無謬の人間は存在しないがゆえに、政治行動を行う特定の人間を『信仰すること』はいづれ過ちを齎す。

投稿: いちのへ | 2013年3月 1日 (金) 08時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三車火宅のたとえ | トップページ | 水島さん、WJFは中国の工作員ではありません »