« 三橋貴明はいつ詰むか (7) | トップページ | 今日、午後6時よりTPP交渉参加表明 »

2013年3月15日 (金)

八重垣姫、切れる

安倍晋三に、「どう考えても騙されたとしか思えない」という認識をもちながら、「チャンネル桜水島総は、私たちと同じように騙された仲間の人に過ぎないから疑ってはならない」と読者に訴えた、「まさか、右翼と呼ばないで!」の八重垣姫さん。

日本に売国奴ばっこする中で、桜の水島さんだけは滅私奉公でやってきました。桜がなかったら 今日本はとっくに潰れていました。私たち全員が安倍さんを見誤ったのだから 水島さんとて他に政治家が居ないのだからその祈りのような思いから 安倍さんを見誤ったとしても 私たちが自らをギロチンにかけないのと同意義で 桜の支援を断つようなプロパガンダは止めて下さい。そういう投稿は私は許さないです。二度と来てくれなくて結構。むしろそういう軽薄な意見こそ保守を潰すからです。私は水島さんは私財を捨てて桜を存続させていると 疑いません。ああいう仕事を続けるのにいくらかかるかプロデュースの仕事をしていたので割合正確に知っているからです。桜を疑うくらいに不明なら 即刻保守ブログ止めます。桜の2000人委員会、どうか今だからこそ実現して力を結集して欲しいです。言わずもがなですが 私は桜の存続で得するわけでも身内でもありません。

ただね、水島さんのことは疑っちゃ駄目ですよ。彼は止むに止まれぬ大和魂でやっているんです。しかも誰よりも私財を投げ打っているのに500円の寄付にお礼を言って頭下げているんだと思います。何を見なくてもちゃーーんと分かるじゃないですか そんなこと。

たくさんの読者を抱え影響力のある方が、間違った認識を世の中に広めることは大変危険であると思い、また私にそのように警告を発する方がいらっしゃったので、「チャンネル桜は知っていた」という記事で、具体的な事実を掲げ、彼女の「意見」「批判」させていただきました。

昨年の12月23日にチャンネル桜によって開かれたシンポジウム「新内閣誕生とこれからの日本」。

その中で、チャンネル桜の水島総は次のように発言しています。

「やっぱり一番問題になるのは、さきほど小坂さんが言ってくれた問題です。これから竹島の問題、政府主催をやめました。それからTPPも交渉には参加する形になると思います。」(5:27)

安倍政権は昨年の12月26日に成立しましたが、水島総は、その前の12月23日の段階で、既に、安倍晋三が「聖域なき関税撤廃を前提にする限り、TPP交渉参加に反対」などと国民の目をごまかす公約を掲げてきた裏で、TPP交渉に参加する意思を持っていたことを知っていたということになります。

つまり、チャンネル桜は、表向きはTPP反対を掲げてきましたが、安倍晋三がTPP交渉に参加する意思を持っていることを十分に知りながら、安倍晋三を真の愛国者として神格化し、人々を洗脳し、その支持へと国民を煽ってきたということになります。そして今だに、チャンネル桜は、安倍晋三への支持をやめてはならない、TPP交渉に参加しても安倍を信じ続けなければならないと人々に訴え続けています。

その彼女がぶちきれてしまいました。

「ついにここまで堕落したか!?いわゆる護国活動家」

自分の主義主張を自分がぶち立てたブログなり動画なりで勝手にやるのは自由だと思うのですが このグローリアスだったかワンダラスジャパンという人は、私の記事を何の断りもなく勝手に引用して 自分の脳みその主張の引き合いに出して使い、しかも今度は私を批判しています。

私のブログはマメにここまで来て見ているのに、面と向かって名乗って自分はこれこれこれこう思うと言いもせず、私がほぼ絶対に出かけていかないこの方のブログだかなんだかで ここに批判させていただくと来たもんだ。まるで天声人語だよ これじゃあ。
何様のつもりですか? 頭は確かか?

この人、普通の人としての礼儀はどうですか?
これって失礼じゃないです?
ブロガーとしても礼節から外れてないですか?

私の記事は丸ごと持って行ってもいいし 拡散に利用してくれていいですとは書いていますが、私の記事を私が書いた目的以外に利用して あまつさえ批難するとはなんという姑息で卑怯な人なのかと、驚いてしまいました。

私は、彼女が社会に向けて発したある「意見」「批判」したのであり、彼女の「人格」「攻撃」したわけではないのですが、私のしたことはそんなに失礼な行為でしょうか。

私はTPPの問題をめぐって、安倍や水島や三橋を始め様々な人々を「批判」していますが、基本的に彼らの「意見」を論理的に分析し、その主張の真偽や、論理的な整合性、または政策としての有効性を「批判」しています。彼らに対する個人的な好悪の感情を述べたり、彼らの人格を貶めることに目的があるのではないのです。

「意見の批判」「人格の攻撃」をすっぱり区別して考えているため、歯に衣を着せず、遠慮なく、ずばずばと他人の「意見」「批判」することができます。

日本人は議論(ディベート)が苦手だと言われていますが、「意見の批判」「人格の攻撃」を区別できない方があまりに多いのはどうしたことでしょうか。

八重垣姫さんは、以前、このブログにやってこられ、水島の批判をするなというコメントを残されていきました。

水島さんはとても不器用な善人です。その心根は立派で私欲がありません。万が一にも何かで間違えることがあったとしても人間のすることとして許される範囲です。日本を思う心が激烈であるがために アナウンサーのようには行きません。けれども詐欺師のように言うのは行き過ぎです。一度帰国されて本人に直接話すべきかと思います。 それくらいのことは しないといけないだけの恩は 私たちは感じないといけないと思います。 色々とご意見もおありでしょうが ご自身のブログで一方的に犯罪者並の詐欺師と並列にして水島さんを糾弾し続けるのははフェアではありません。ご一考ください

私の感覚では、人のブログにわざわざやってきて「○○という意見を書くな」と書き込む方がはるかに失礼な行為です。ブログの運営者は、自由に自分の意見を述べる自由があるからです。私自身、きちんとした根拠に基づいて、ある種の使命感をもって書いている意見ですので、「○○と書くな」と言われるとなおさらかちんときます。ですから、私の「意見」「批判」されたい方は、(ここに書き込まれるとそれに応答する義務が発生して時間が奪われてしまうため)、自由に自分のブログで批判を展開してくださいといつもお願いしています。そして、他の人にお願いしているように、私は自分の自由な言論が許されている「自分のブログ」で彼女の「意見」を具体的な根拠を掲げて「批判」したのですが、彼女はそれを彼女の「人格」に対する「攻撃」であるかのように受け止めて切れてしまいました。

理解に苦しむのは、こちらのブログで「チャンネル桜の信者に何を言ってもムダ」と書かれて暗に八重垣姫さんを批判されていた方が、あちらのブログでは態度を一変させて私の人格攻撃を始めたことです。

個人のブログにすぎないとはいえ、社会に対して投げかけた「意見」が他者から「批判」を受けるのは当然のことだと思います。

それが現在のように、文字通り日本の亡国につながるような危険な「意見」であれば、なおさら、厳しい「批判」と吟味にさらされなくてはなりません。

その「批判」を私は、彼女のブログのコメント欄を汚すことによってではなく、自分の意見を自由に述べることが許されている自分のブログで展開したのです。

この私の「批判」が誤っていると八重垣姫さんが考えるならば、「水島総は騙されているにすぎないのであり、我々日本人は彼を信じつづけなければならない」という彼女自身の「意見」を、しっかりとした根拠を掲げて、人々に対して論理的に論証しなくてはなりません。

責任をもって真偽を論証できない「意見」ならば、その「意見」は取り下げるべきです。

何よりも彼女は事実を見るべきです。

彼女はさんざん安倍晋三への盲目的な支持を煽ってきた一人でもあります。そのことに対する深い反省もなく、今だに事実が見えず、事実を無視して、自分の個人的な「盲信」を世の中にばらまいて亡国の危機を招き、なおかつ自分の「意見」に対する「批判」は一切許さないなどというのであれば、彼女は政治ブログなどとっととたたむべきです。

女性が政治に口を挟むことは、亡国の兆しといわれます。

彼女のあまりに理性を欠いた感情的な態度や、事実や論理に基づいて議論するのではなく、個人的な好悪の感情にとらわれて群れ合い、他人の「意見」「批判」する代わりに、他人の「人格」「攻撃」をしている姿を見ると、この言葉は真実であると、やはり思わざるを得ないのです。


« 三橋貴明はいつ詰むか (7) | トップページ | 今日、午後6時よりTPP交渉参加表明 »

TPP」カテゴリの記事

コメント

チャンネル桜とニコ動に頻繁にでてくる議員 TPPを推進するみんなの党、旧立ち上がれ日本を含む維新、安倍支持の愛国者を装う創生日本これらが統一教会の息が大きく掛かっている日本解体勢力だと自覚すべきです。

投稿: 日本を壊したい勢力 | 2013年3月16日 (土) 04時06分

典型的なチョンネル桜信者。
キム島は日本の文化を守ろうとしている人達を『左翼』呼ばわりした時点で完全に終わってる(ネトウヨもアニメ・漫画を韓国が発祥だと主張しておきながら、未だに韓国が発祥である証拠を出さず、『証拠を出せ』と言われると『チョン』『ブサヨ』『殺すぞ』『自殺に追い込むぞ』と罵声を飛ばしてくるだけ)。
まぁ、キム島が本性を表す前からチョンネル桜自体が『心に響かない』って言われてたけどね。
しっかしまぁ、未だにチョンネル桜を『愛国』と称している気違いは何時迄『アメリカ最高!俺は愛国者だ!』続けるんだろうか。

『日本人は黙ってアメリカ人に暴行されろ』

『アメリカを叩く奴は支那人』

『アニメ・漫画を守ろうとしている奴等は在日』


ハイ、病気だね。救い様が無い。

自らを『愛国者』だの『保守』だのと称する事は、殺人鬼が『俺は誠実だ』と言っている事に等しいと、永遠に気付かないだろう。

投稿: デュー | 2013年3月16日 (土) 03時20分

中野剛志さんのファン さん

>『政治と宗教は人民支配のツール』という認識です。
>諸外国では政治と宗教で紛争が絶えません。
>政治と宗教は命懸けの権力闘争です。

非常に賛同します。
しかも、政治と宗教は裏でガッシリ手を組み繋がっています。
彼らにとってのみ都合の良い「世界」を作るために。

>政治と宗教を真剣に監視する姿勢が必要です。

はい。
そして、人民支配のツールである政治と宗教の壮大な裏繋がり(経路、賄賂、癒着、工作員、資金源、マインドコントロール)を国民が知り、支配を拒否する必要があると思います。

投稿: 日本は危ない | 2013年3月16日 (土) 00時59分

WJF様

脳内お花畑の日本人に欠落しているのは、『政治と宗教は人民支配のツール』という認識です。

諸外国では政治と宗教で紛争が絶えません。
政治と宗教は命懸けの権力闘争です。

それらの話題をスルーする風潮、それらについての議論を『ケンカ』として封じようとする風潮…それが多くの中立の人々にとって、自殺行為になっていると思います。

政治と宗教を真剣に監視する姿勢が必要です。

投稿: 中野剛志さんのファン | 2013年3月16日 (土) 00時03分

女性ですが口を挟みますさん

どこの国の政治ブログに、「互いの意見を批判してはならない」などという不文律が存在するのですか? 「お互いの悪口をいってはいけません」などというどこかの幼稚園のルールと混同されていませんか。「意見を批判すること」と、「悪口をいうこと」は違うんですよ? 大学卒業程度の教養があれば、「意見」とは批判されるために掲げるものだということは、誰でもご存知のはずです。政治ブログが互いの意見を批判しあって切磋琢磨せずにどうするのですか? そもそもデモクラティアは、健全なディベートの上に成立するものです。なんの批判も検証も経ない盲信を垂れ流し合っているから、現在のような惨憺たる亡国の結果に至るのではないですか? 人格攻撃をしたわけではないのに、意見を批判されて怒りだす政治ブログなど聞いたことがありません。

>>女性が政治に口を挟むことは、亡国の兆しといわれます。

>この言葉は撤回して下さいね。

残念ながらこの言葉は私の言葉ではありません。昔から言われてきた言葉です。男が権威を失ったことと期を同じくして日本の政治も堕落したんです。逆に言えば男がしっかりせねばならんということです。腹をきる覚悟のようなものがなければ政治など語ってはならない。だって私たちの子孫の未来がかかっている。家を守り、家族を守り、子どもたちを守る、その延長として、国を守ることがあるんですから、父親としての権威と政治は無関係ではない。政治とは生きるか死ぬかのぎりぎりのところで頭をしぼり、刺すか刺されるかの覚悟をもって論じ合うものであり、無責任な個人的情緒や感想を垂れ流し合う場所ではないんです。

投稿: WJF | 2013年3月15日 (金) 23時01分

はじめまして。

こちらサイトをはじめ色々な政治ブログサイトを閲覧している者です。
WJF様の動画なども拝見させていただき参考にさせていただいております。

TPP…ついに交渉参加表明になりましたね。
これまでに微力ながら電話やFAXを使用した講義や、各ブログのコメント欄への拡散など自分に出来る範囲内で地味に活動してみたものの、私個人の力など本当にちっぽけで全く力及ぶことなく、今後、日本はどうなって行くのか本当に恐ろしいです。

ところで、色々なサイトを見ることで自分の意見を整理し確認して行くことが目的ですので他意はありませんが
「まさか右翼と…」も閲覧中のサイトの一つですので、ここ最近の流れをある程度、把握しているつもりです。

あまり名指しで批判されるのはいかがなものでしょう。
閲覧者として、ただ傍観するつもりでしたが、少し度を越しているように思え、不快に感じました。

まぁ、どこかのTV局ではありませんが、
「おもしろくなきゃ、見るな」
ということでしょうか(笑)

政治問題については様々な立場や意見があって当然です。
みな本気で日本について考えてのことだと思います。
もちろん、そうではない似非がいる事は大問題ですが、
少なくとも、人気ブログなどで名が知れている有名ブログ主さん同士。
またこちらのコメント欄はアドレス入力が必須ですのでお互いにコンタクトを取り合うことは簡単なはずです。
出来れば個人的にやりとりしていただきたいです。

そして、ひとつ。

>女性が政治に口を挟むことは、亡国の兆しといわれます。

この言葉は撤回して下さいね。
不快どころか非常に「不愉快」です。

これからも閲覧させていただくと思いますので、あえて言わせていただきました。


投稿: 女性ですが口を挟みます | 2013年3月15日 (金) 22時55分

北野茂良
「国を守る以上に大切なものがある」ということはつまり擬装ということです。国を守る「フリ」をしていたということです。「TPP反対」ぐらい、口さえついてりゃ、誰だって言えます。言うのとやるのとは別です。口で「TPP反対」と言いながらTPP容認していれば、それは「TPPに賛成していた」ということです。

投稿: WJF | 2013年3月15日 (金) 19時01分

 三橋も西田も彼女も、TPPを反対していること自体は偽装ではないですね。ただし、それ以上に優先して守りたいものがあるというわけで。
 三橋や西田はそれが「地位」であるでしょう。彼女は水島とのしがらみみたいなもんでしょうか。
 彼らがこれらを捨てない限りは、どうやっても考えを改めることはないでしょう。

 彼女は、とてももったいないですね。

投稿: 北野茂良 | 2013年3月15日 (金) 18時59分

WJF様

WJF様らしい訂正(禊)だと拝見しました。

TPP反対の意思はあっても、『TPPを推進する人物・組織』に魅了され、結果的にTPP推進に手を貸している人達が、今や手強い問題です。
そこに注意を喚起する一連のエントリーは、荒療治とは言え大切だと思います。

チャンネル桜レギュラー陣(安倍応援団)の姿勢・背景に疑問を口にする人々は、彼等から知識を学んだ人達の中にも少なくありません。

そんな事情を知った上で寄付(商品購入)を呼び掛ける行為は、道義上の問題もあると思います。

TPP阻止が唯一の目的です。
デフレ脱却、震災復興、自主憲法…どんなに素晴らしい政策・理念を掲げていても、TPPに参加すれば全てを骨抜きにします。
偽りの看板に騙されてはいけません。

あらゆる信条・価値観を度外視して、TPP阻止に力を合わせしなければならない非常事態です。

投稿: 中野剛志さんのファン | 2013年3月15日 (金) 18時18分

wjf さん、こんにちは。今日の夕方いよいよ安倍晋三はTPP 交渉参加表明しますね。

安倍さんを信じよう!水島さんの朝ごはんまで心配している世界のお母さんも最近荒れているようですが、
やはり、東田剛さんではないですが、保守と言われ安倍晋三支持の人は、自己欺瞞という精神疾患だと思います。

何を勘違いされてるのか、保守上位ブログはすっかり経済評論家気取り、政治に関心持つのはとても良い事だと思いますが、自分を見失ってはもともこもないと思います。

ただ私は、ここまで純粋な国民性を利用し、洗脳してきた勢力に対し猛烈に腹がたちます。

言ってみれば、気づいてないだけで、安倍信者も被害者です。

これから、恐ろしい濁流に飲み込まれそうなのは日本に住む私達全員なんです。

不毛な争いは辞めて、全日本人がひとつになれるよう、微力ながら頑張って行きます。

投稿: あだりん | 2013年3月15日 (金) 15時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三橋貴明はいつ詰むか (7) | トップページ | 今日、午後6時よりTPP交渉参加表明 »