« 危険なのはTPPではない | トップページ | 私たちが守ろうとする小さなもの »

2013年3月11日 (月)

ある日、突然

ある日突然、大きなクレーン車とブルドーザーがやってきて、長く住み慣れた私たちの町を壊し始める。

何事かと、私たちが騒ぎ始めると、

水島某という町内会長がやってきて、「まあまあ穏便に」と私たちをなだめる。

話を聞けば、私たちの家をすっかり解体したあと、青天井の下で、私たちの障子を張り替えてくれるそうな。

だから、ここは声を荒げるなと彼は私たちに言う。

障子を張り替えてもらうためには、まずは家を壊すしかないのだという。

住人の何人かは、「そうか、障子を張り替えてくれるのか。うちの障子は穴だらけで、張り替えてもらうのは長年の夢だった。その話乗ろうじゃないか」と言い始める。

「おいおい、バカなこと言うんじゃないよ。家を壊されて障子を張り替えてどうするんだよ」と言っても、

「何言ってるんだい。新しい障子で清々しく生活したいじゃないか。」と彼らは言う。

「おいおい、それは話が本末転倒してるじゃないか」と言っても耳を貸さない。

町内会長の水島某に意見を聞くと、「家の解体断固反対、障子張り替え断固支持」という。

しかし、「障子の張り替えは家を解体しないとやってくれないのであります。障子を張り替えてもらうために、家の解体を受け入れるしかないのであります」などとおかしなことを言う。

「こらこら、町内会長、それなら、障子の張り替えは断って、家の解体を認めないっていうのが筋じゃないのかい。」と言っても

「いや、古い障子は張り替えなければならないのであります。」と彼は言い張る。

彼らは新しい障子のことで頭がいっぱいなのだ。




« 危険なのはTPPではない | トップページ | 私たちが守ろうとする小さなもの »

TPP」カテゴリの記事

コメント

WJF様

私は反原発ではありません(笑)

エネルギー等のライフラインの海外依存度が高くなると危険ですから、原発は必要悪だと思います。
それにソーラーシステムを完備できる家ばかりではないし、集合住宅住まいの人もソーラーシステムは使えません。

安倍総理に比べれば、自分の新自由主義を隠さない石破氏や進次郎氏は誠実だと思えます。
国民を欺き政権を掴みTPPを成就させた先に、新たな美しい日本・瑞穂の国の資本主義を構築してくれるなんて、普通の人なら考えません。

そんなぺてん師には退場を願うでしょう。

安倍応援団の狂信的な幻想の、道連れになりたくはありません。

投稿: 中野剛志さんのファン | 2013年3月11日 (月) 20時32分

中野剛志さんのファンさん
また反原発のジャーナリストグループだと決めつけていましたね。TPP推進する連中の方がはるかに左翼的です。

投稿: WJF | 2013年3月11日 (月) 19時44分

WJF様

洗脳は深いですよね。

今朝、Ch桜の討論のコメント欄に、WJFプロジェクト様への攻撃を呼び掛ける投稿がありましたが、今は削除された様です。

良識的配慮から削除したのか、WJFプロジェクト様の宣伝になってしまうから削除したのか…それは不明です。

失礼な投稿が多くなるかと思いますが、覚醒する人も増える様に願ってます。

投稿: 中野剛志さんのファン | 2013年3月11日 (月) 12時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 危険なのはTPPではない | トップページ | 私たちが守ろうとする小さなもの »