« 「危機に瀕する日本 第2巻: セックスと嘘と従軍慰安婦」(英語版)再掲しました | トップページ | 危機に瀕する日本: 第一巻: 文化略奪と歴史歪曲に関する一考察(英語版)再掲しました。 »

2013年3月30日 (土)

西村修平氏からのメール: 「主権回復の日」に対する怒り

「主権回復の日」なる奇怪な日の政府主催の式典に関して、以前、怒りと疑問を述べた記事を掲載しました。

「主権回復の日」とダブルバインド
「主権回復の日」への激しい怒り

「戦後レジームからの脱却」などとスローガンを掲げながら、戦後レジームのまさに始まりの日であるサンフランシスコ講和条約の発効日をわざわざ政府が祝う。このような決定を行う安倍政権の背後に見え隠れする、日本人を愚弄しあざけるがごときゆがんだ精神に私は怒りを感じたのです。

主権回復を目指す会の西村修平氏から、本日、次のようなメールが届きました。

WJF 御中

『国賊チャンネル桜: 本当に守るべきものは何か』を拝読、宜なるかなと得心しました。

主権回復を目指す会代表 西村修平(090-2756-8794)

http://nipponism.net/wordpress/『日本イズム』
http://shukenkaifuku.com/『主権回復を目指す会』
〒101-0065東京都千代田区西神田2-3-18
ダイヤモンドレジデンス307 Fax03(3556)3037


↓ご参考に

恥を「祝う」知の堕落
http://nipponism.net/wordpress/?p=13938

「民族左翼」(水島総)って 一体なに?

国恥記念日の「祝日化」は民族のさらなる劣化を招く

主権回復を目指す会は既に4年以上前から、「わが国は60年前の4月28日をもって日本は主権を回復したがそれは形式的なもので、同時に締結・発効した日米安全保障条約で実質的な国家主権を喪失したまま今日を迎えている」との見解を示している。従って、4月28日は「国恥記念日」が相応しいと。

我々は勤労意欲、学習意欲を劣化させる「祝日」に反対しているのであって、主権回復に関して考える「記念日」を云々していない。対米従属の恥を意識するどころか、恥を「祝日」でお祝いするなど知の劣化も甚だしい。

当会は来る4月28日、自民党本部前で自民党幹部らが出席して開催する「主権回復記念日」を糾弾する。当会の糾弾目的は「事実を挙げて道理を説く」ことにある。

そうしたなか、先日下記の案内が当会に送られてきた。
 ↓
 >【水島総】戦後レジーム打破!尖閣防衛・東北復興・主権回復[桜H24/4/23]
  http://www.youtube.com/watch?v=0cLVlwfDv2w

内容は水島総氏による主権回復記念日の「祝日化」に関しての見解だが。

この中で同氏は自民党本部で開かれる「祝日化」の集会に反対する連中と称して「民族左翼」なる造語を口にし、「インターネットを通じて妨害、邪魔しようとする連中を許さない」などと語っている。

連中とは何処の誰かが不明、「妨害、邪魔」並びに「許さない」にも具体性が皆無である。公の放送で、不特定多数に向けて発した以上、己の言葉にはそれ相応の責任が生ずる。この責任は単に一人水島総氏ばかりではなく、井尻千男氏ら「妨害、邪魔しようとする連中を許さない」との言辞に相づちを打っていた同席者にも課せられる。「言いたい放題の後は知らぬ」では通らない。

己の言論に自信があるなら水島、井尻の両氏は「妨害、邪魔しようとする連中(民族左翼)を」招いて徹底討論を戦わすべきだろう。なお、その際の司会は水島氏ではなく、中立的な司会者を選定すべきは言うまでもない。

<主張 「主権回復記念日」祝日化のまやかし>

屈辱を祝う保守派の堕落  祝日化とは対米従属の“追認”である

平成24年4月25日  
主権回復を目指す会 児島謙剛  

4月14日付のブログ記事『保守派の祝日法案を糾す』は、愛国保守を唱える多くの議員の方々に送付させて頂いている。
http://nipponism.net/wordpress/?p=13191

それを受けてのことであろうか。4月17日付の産経新聞【正論】に、『弁護士、衆議院議員・稲田朋美 主権回復記念日を設ける意義は』と題する寄書が掲載された。唐突に「村山談話、河野談話を撤回」という文言が用いられているあたり、何か含みが感じられる。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120417/plc12041703210003-n1.htm

その稲田議員の寄稿は4ページにわたっており、東京裁判や靖國参拝について法的な観点で論じられている。法律家、弁護士としての職業柄であろうか、法に関する豊富な知識が列挙された印象を受ける。一言でいえば「難しい」(つまり、分からない)。

我々は、なにも難解な知識の羅列を競う議論を望んでいるわけではない。議題には簡潔な分かりやすさが求められる。本題の「主権回復記念日」にまつわる稲田議員の誤謬を指摘しようと思えば、冒頭と最後のページを一読することで足りる。

まずは冒頭の部分から、問題の一文を以下に引用する。

>自民党総裁が記念日の国民集会で挨拶する意義は、政権奪還した暁には首相として堂々と靖国神社に参拝し、村山談
>話、河野談話を撤回すると国民に約束することにこそある。

初めに触れた通り、「村山談話、河野談話の撤回」が、いかにも唐突に語られている。それらと「自民党総裁が(主権回復)記念日の国民集会で挨拶すること」との因果関係が私には分からない。これは私の読解力が低いためではないだろう。上記の一文が論理的な整合性を欠いているからである。

つながりが無いもの同士を強引に結び付けようとするから、無理が生じている。「主権回復記念日」なるものと「村山談話、河野談話の撤回」とは関係が無い。自民党本部の8階ホールなどではなく、通常の記者会見の場で、一言「間違いでした。撤回します」と述べれば済む話ではないか。それを歴代の自民党総裁が怠ってきた・・・それだけのことだ。

どうしても腑に落ちないのが、最後にある次の一文である。

>今年の主権回復記念日を、日本が「国ごっこ」をやめて真の主権国家になる始まりの一日に、そして保守政治再生の一歩にしたい。

「日本が『国ごっこ』をやめて真の主権国家になる始まりの一日に」とは、言い換えれば「現在の日本に真の国家主権が存在していない」ということであり、その現実を当の稲田議員自身が認めている何よりの証しである。にもかかわらず、なぜ4月28日を「日本の主権が回復した」ものとして記念日化、祝日化しなければならないのか?まるで「愛国ごっこ」に興じているとしか思われない。

我々が抱く疑義はその点に尽きる。これは決して言葉尻を捉えた揚げ足取りなどではない。西田昌司議員に対しても同じ疑問を呈しているが、両氏をはじめとする保守派から全うな答えは聞こえてこない。

“追認”という法律用語がある。取り消すことができる契約は、追認によって確定的に有効となる。法律家の稲田議員には、釈迦に説法であろう。サンフランシスコ講和条約が発効した4月28日を「主権回復記念日」として祝日化しようとする保守派の考えは、同日、同時に発効した日米安保条約を“追認”することに他ならない。すなわち、対米従属による国家主権の喪失が「確定的に有効となる」のである。

どれだけ声高に憲法の改正を叫び、「戦後レジームからの脱却」なるスローガンを掲げようとも、日米安保という名の片務的な対米従属、いや隷属と言って良いだろう・・・これを放置するのであれば、何の意味も無い。憲法だけに責任を転嫁し、問題の本質を矮小化させてはならない。日米安保こそが問題なのだ。保守とは、日米安保に基づく対米隷属の主権喪失を「保守」することなのか?

そうではあるまい。「外交・軍事の主権なくして、国家の主権なし」・・・保守派の議員は今こそ原点に立ち返る時である。

「主権回復の日」の祝日化には、沖縄からも激しい怒りの声が上がっています。

主権回復の日「心踏みにじる」 県議会が抗議決議

県議会は29日の本会議で、4月28日に政府が開く「主権回復の日」式典について「県民の心を踏みにじり、2度目の沖縄切り捨てを行うもので到底許されるものではない」とする抗議決議を、全会一致で可決した。
決議では、1952年のサンフランシスコ講和条約発効で米施政権下に置かれた沖縄は日本から切り離されたとして「4月28日は沖縄の人々にとって『屈辱の日』にほかならない」と強調。
米施政権下の「銃剣とブルドーザー」による強制収用で米軍基地が拡大し県民は今もなお苦しめられており、政府は過重な基地負担を国民に知ってもらい解消すべきだ、としている。
(共同通信)




« 「危機に瀕する日本 第2巻: セックスと嘘と従軍慰安婦」(英語版)再掲しました | トップページ | 危機に瀕する日本: 第一巻: 文化略奪と歴史歪曲に関する一考察(英語版)再掲しました。 »

戦後体制と冷戦構造」カテゴリの記事

コメント

私も、わだつみさんと同様に竹島問題の観点からも注目しています。李承晩が竹島を不法に占拠してからサンフランシスコ平和条約が発効して現在に至っています。私は、安倍総理が竹島問題を放棄したようにしか思えません。悔しいです。

投稿: 琢 | 2013年3月30日 (土) 23時27分

「冷戦保守」は自らが立脚するところの基盤である「現状維持」を守ることを至上命題とします。そのためには多少の目眩ましでガス抜きを行います。「参議院選挙まで」を叫ぶ「連想ゲーム」をする人達の「蒔き餌」になるからです。

竹島不法占拠から何十年も目を背けてきた政党はどこでしょうか?政府主催?何のことでしょうか?

英語にAction speaks louder than wordsという諺がありますが、なぜ日本語には、直訳にならない、こなれた諺がないのでしょうか?

投稿: わだつみ | 2013年3月30日 (土) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「危機に瀕する日本 第2巻: セックスと嘘と従軍慰安婦」(英語版)再掲しました | トップページ | 危機に瀕する日本: 第一巻: 文化略奪と歴史歪曲に関する一考察(英語版)再掲しました。 »