« 不条理な世界と邪悪な政権 | トップページ | 安倍晋三は一年前にTPP交渉参加に賛成すると述べていた »

2013年3月10日 (日)

水島総がやせられないように、日本は亡ぶしかないと言うのか

「私はこれだけ太っている。木曜日もいいましたが、スマートになりたい。元の筋肉質の体になりたい。10キロ、20キロやせたい。そう思っても、やるとしても、急には変えられない。むしろ、そういう強烈なことをやれば、体を弱らせ、免疫力を衰えさせ、むしろ死に追いやられるかも分からない。」

水島総は、「私がダイエットできないように、日本の戦後体制は急には変えられないのだ。だからTPPを受け入れるしかないのだ。国が滅んでも仕方がない。しかし安倍政権は滅ぼしてはならない。安倍政権を支持し続けろ」と奇怪なことを述べています。

信じられないかもしれませんが、彼は本当に上の動画の中で、そう述べているのです。ウソだと思ったら、上の動画を繰り返し再生し、彼の発言をよく聞いてください。(こちらに文字起こしをしたテキストがあります。)

つまり彼にとっては、日本の国よりも、安倍政権の方が、価値の優先順序は上であるということです。

「TPP交渉に参加せず安倍政権が参院選に負けて日本の国が守られるよりは、TPP交渉に参加して日本の国が滅んで安倍政権が参院選に勝つ方がましだ」

と彼は述べているのです。

さらに奇怪なのは、動画のコメント欄やツイッターでの反応であり、水島総の奇怪な発言を絶賛する奇怪なコメントにあふれています。

下の方たちは、「日本が滅んでも仕方がない。安倍政権が勝つ方が大切である」という水島総の発言を全力で支持すると述べています。

20130310_72758

20130310_72807

下の人物は、安倍政権がTPPと道州制を実現させようとしている明白な事実があるのにも関わらず、安倍晋三は新自由主義者ではないと言い張っています。

20130310_71219

水島総自身が来週にTPP交渉参加表明が行われるだろうと述べているのに、いまだに安倍晋三のTPP交渉参加の報道はマスコミの飛ばしだと言い張る人々もいます。

20130310_71155

しかし、水島総の発言の奇怪さに気づいている人もいます。

20130310_71631

そもそも、水島総が反原発の左翼とか支那の工作員とレッテルを貼った私たちは、日本を急に変えろなどといっているのではなく、むしろ反対に、日本の国を、TPPや道州制によって、急に変えるようなことをしてはならないと逆のことを主張しています。強烈なことをやるなというのであれば、ましてTPPなどやってはいけない。さらに道州制まで実現しようとしている安倍政権を支持してはならないはずです。

最近の別の動画で彼は次のようにも述べています。

「本当は全部一挙にばーんと変えればいいですよ。そういうこと言うのは革命家ですね。これは近代主義者だと思っている。私はこれじゃだめだと思いますね。やっぱり日本の国柄とはそうじゃないということです。家族のような国で、情けないけど、あのう、ほんとに飛んでもない左翼たちもね、あれも日本人なんですよ。戦後の日本人なんです。そしてそういう要素というのはみんな自分の中にある。例えば一挙に変えろといっているのは、ほとんど左翼のマルクス主義者の発想と同じなんです。その痛みを感じないでね、自分だけは、立派なやつでね、あとは病んだ日本を変えなきゃいけない。あいつはだめだ、こいつはだめだ、この医者はだめだという。」

「全部一挙にばーんと変える」のが、TPPであり道州制です。つまり、TPPや道州制と言う構造改革路線をひた走る安倍晋三は、水島総の言葉を借りるならば「革命家」であり、「近代主義者」であり、「左翼のマルクス主義者」ということになります。

まさに、彼の言う通りです。

「私はこれじゃだめだと思いますね。やっぱり日本の国柄とはそうじゃないということです。」

水島さん、その通りです。あなたの言うとおりです。これじゃだめです。日本の国柄はそうじゃないということです。TPPや道州制で日本を急激に変えようとしている安倍政権じゃだめなんです。日本の国柄は安倍晋三の極端な新自由主義政策を受け入れません。日本が滅ぶか、安倍が滅ぶか、二つに一つであり、国を愛する人間としては、安倍を滅ぼして日本を活かすしか選択肢はありません。TPPに反対しながら、TPPや道州制を推進しようとする新自由主義政権を絶対に支持するなどという妄言は成り立たないはずです。

しかし、その日本の国柄にはそぐわない危険な革命政権を、日本が滅んでもそれはかまわないから、支持し続けろとあなたは言う。

日本の国が滅んでも仕方がない。それでも、安倍晋三を参議院選挙で勝たせろと、あなたは言う。

チャンネル桜、水島総。あなたの言葉は、あまりに支離滅裂です。

日本の国体や国柄よりも、価値のある守るべきものとして、安倍晋三を神や天皇であるかのごとく高々と掲げるあなたは、もはや愛国者ではない。日本人ですらない。あなたは、愛国者の仮面をかぶった「邪悪」な何者かです。

このような奇怪な言説をばらまく放送局が、「保守」チャンネルとしてまかり通っており、多くの人々が信じてしまっている。

その人々の「信仰」、いや「洗脳」の上に、安倍政権という革命政権が生まれ、彼らは今まさにTPPや道州制によって、日本を壊し滅ぼそうとしている。

これが2013年の日本の現状なのです。

この革命政権が、喉から手が出るほどほしがっているのが参院選の勝利です。

「日本が滅んでもかまわない。安倍が勝たなければならない」と平然と言い放つ彼らが、どうして、そこまで参院選の勝利にこだわるのか。

その理由が「戦後体制からの脱却」などではないことは明らかです。なぜなら、国そのものを滅ぼして、自主憲法を制定したところで、もはや「戦後体制からの脱却」など永久に果たし得ないからです。

では何が理由なのか。

みなさんはその理由がもうお解りだと思います。

であればこそ、私たちは、彼らのその野望をどんなことをしてもくじかなくてはなりません。

日本人が力を合わせて、その野望をくじかなくてはならないのです。

日本が滅ぶか、安倍政権が滅ぶか、二つに一つしかないのであれば、当然滅ぶべきなのは安倍政権の方です。

チャンネル桜、水島総。滅ぶべきなのは、あなたがた擬装した「保守」であり、かつ、あなたがたが執拗に支持を促してきた安倍政権であって、決して日本ではありません。


« 不条理な世界と邪悪な政権 | トップページ | 安倍晋三は一年前にTPP交渉参加に賛成すると述べていた »

チャンネル桜」カテゴリの記事

コメント

びっくりさん
おっしゃる通りであり、1+1=2ぐらい簡単な話なんですが、どうしてこんな簡単な話が理解できない人たちがわんさかいるのか、理解に苦しみます。

投稿: WJF | 2013年3月13日 (水) 01時40分

いやーびっくりです。つい数日前にTPPに関する保守系動画をいくつか見ていて、全く同じ疑問を感じていた所です。
やっぱりマトモに考えれば同じ疑問にたどり着くんだなと。
なんなんでしょうね、最近の自称保守層って。
どう考えてもTPPって万難排して拒否するべき協定だって知ってるじゃない。
特にチャンネル桜なんて反TPP言論の権化みたいだったはずなのに。
アベが突き進むなら仕方ないみたいな尻すぼみに思わず
「なんでやねん!」とつっこんじゃいましたね。
こんな優先順位もわからんやつらが保守名乗る資格ないと思う。
オバマと刺し違えてでも拒否する位の気概が本物の保守ならあるはずなのに、なぜか異常なゴマすり外交。
よしのりが言っていたみたいに今や右も左も関係無く、マトモな日本人なら反TPPになるはずだと。
この点に関しては全くその通りだと私は思っている。

西田も西田で急にトーンダウンしてるし、ホント変だ。

投稿: びっくり | 2013年3月13日 (水) 01時36分

その動画のコメントがなぜ賛成論で溢れているかというと、
批判コメントを削除しているからですよ。

水島氏が一人で自分の意見を語る動画(直言極言など)は、他の動画に比べて、コメントチェックが厳しく行われています。

その動画の最初のころのコメントは批判コメントが40~50%くらいだったと思います。

しかし、時間がたつにつれて、批判コメントを削除し、少なくしています。

事情が分かっているコメンテーターは他の削除されにくい動画でコメントしてますよ。

だから、視聴者が圧倒的に水島氏に賛成しているようにみえるのは虚像です。実態は全く違うと思います。

投稿: 白湯 | 2013年3月10日 (日) 10時47分

WJFさん こんにちは


自らの「矛盾」を、別の誰かに「擦りつけ」 

そして、もうひとつの矛盾の「正統性」を話す。


この 手法 は、必ず誰かを、悪役に仕立てないと成立しない手法です。

「マスメディア」らしい手法ですね


でもTPPと道州制 間違いなく推進しているのは誰ですか?
って こねくり回さずに考えれば、わかる事なんですけどね

投稿: warakujapan | 2013年3月10日 (日) 09時01分

WJF様

チャンネル桜、週末(終末)座談会テーマ
【東アジアで戦争が起こる!】
だから反日国に貢ぎつつ、TPP参加で日本にトドメを刺す安倍さんの出番なんでしょう。

タイムリーな話題です(笑)

民主党関係に矛先を向けるのに必死です。
灯台もと暗しで、安倍さんの売国は見えない様です。

自己管理もできない奴が、国の存亡を語るな。

投稿: 中野剛志さんのファン | 2013年3月10日 (日) 02時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不条理な世界と邪悪な政権 | トップページ | 安倍晋三は一年前にTPP交渉参加に賛成すると述べていた »