« インチキ「保守」の見分け方 | トップページ | 三橋貴明はいつ詰むか (1) »

2013年3月 6日 (水)

水や空気ではない

これまで水や空気のように、あたりまえに存在してきた、日本という「国」。

その存在は、決してあたりまえの自明のものではない。

たえず細心の注意を払い、命をかけて守らないと、

水や氷のように解けて蒸発して消えてしまうものなんだ。

そのことを、やっと私たちは身をもって知ろうとしています。


« インチキ「保守」の見分け方 | トップページ | 三橋貴明はいつ詰むか (1) »

TPP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« インチキ「保守」の見分け方 | トップページ | 三橋貴明はいつ詰むか (1) »