« 自民、TPP交渉入り容認へ | トップページ | 今後の焦点は「選挙無効」 月内に16判決 »

2013年3月13日 (水)

じゃあ、いつやるか?今でしょ!

中野剛氏さん(東田剛は彼のペンネーム)は、いつも歯切れがいいですね。

【東田剛】精神疾患

FROM 東田剛

読者の皆さんは、どうしてTPP推進の動きが止まらないのか、不思議に思われるかもしれません。

そこで、次の三つの説を考えてみました。

一つは、TPP推進論者が、新自由主義・グローバリズムを心底信じているという「馬鹿」説です。これは経済学者、官僚、マスメディア、財界人に多い。対策は、ありません。

もう一つは、米国の「外圧」説です。これは「馬鹿」説と違って、情状酌量の余地がある。

中国の脅威が迫る中、前政権が壊した日米関係を改善することは、外交上の重要課題です。また、米国の円安容認をとりつけなければ、アベノミクスによるデフレ脱却は成就しない。ここで日米会談を成功させなければ、日本は外交と経済でいきなり挫折するかもしれないのです。

そういう日本の立場に、米国は当然つけいってくる。たぶん、一月の訪米のオファーを蹴ってみせ、横っ面を張った上で、「TPPに関する前向きの土産をもってくるなら、二月に首脳会談やってやる」とメッセージを送ってきたのではないでしょうか。二月にTPPを巡る動きが急展開をみせたのは、そのせいでしょう。安倍総理も苦しいのだと思います。

【参考:米国政府は、日本をこう見ています】
http://toyokeizai.net/articles/-/12903?page=5

仮に、この「外圧」説が正しく、交渉参加せざるを得ないのだとしましょう(個人的には、「せざるを得ない」とは思いませんが)。しかし、その場合は、日本人は、この屈辱を忘れず、臥薪嘗胆、日本の自立に向けて奮励努力するのです。もし、TPPがそういう契機になるならば、日本の「負けて、勝つ」です。安倍総理の悲願である「戦後レジームからの脱却」も見えてきましょう。

また、日本人にそういう根性があるならば、交渉の途中で離脱したり、批准を拒否したりするという可能性も出てくるかもしれません。

しかし、一番恐ろしいのは、次の説です。

それは、米国の外圧に屈するという日本の惨めな現実を直視できないので、
「TPPは米国の外圧ではなく、日本の国益になるから、自分で選んで参加するんだ」
「日本には交渉力があるんだ」
「米国と共に、新たな貿易ルール作りを主導するんだ」
と自分に言い聞かせるという「自己欺瞞」説です。

こういう「自己欺瞞」は、左翼の自虐史観を非難し、日本を誇りに思おうとする保守派に特に多いですね。

「自己欺瞞」は、自己防衛本能からくる精神疾患の一種ですから、たちが悪い。TPPにメリットがないことや、米国の要求の理不尽さという現実を説得的に説明すればするほど、耳を貸すどころか、逆に、こちらに敵意を向けてきます。

別に「馬鹿」ではないし、愛国心もあるようなのに、頑固なTPP賛成論者がいたら、この「自己欺瞞」という精神疾患を疑った方がよいでしょう。

さて、安倍総理がどういう決断をするのか分かりませんが、仮に交渉参加を表明する場合は、「馬鹿」説、「外圧」説、「自己欺瞞」説のどれが当てはまるのでしょうか。私はせめて「外圧」説であることを願います。

そう言えば、安倍総理は、施政方針演説の冒頭で、福澤諭吉の「一身独立して一国独立する」を引用しましたが、福澤はこう言っています。

「我日本国人も今より学問に志し、気力をたしかにして先ず一身の独立を謀り、したがって一国の富強を致すことあらば、何ぞ西洋人の力を恐るるに足らん。道理あるものはこれに交わり、道理なきものはこれを打ち払わんのみ。一身独立して一国独立するとはこの事なり。」

「一身独立して一国独立する」とは、道理なき外交交渉を拒否することなんですね。

じゃあ、いつやるか?今でしょ!


« 自民、TPP交渉入り容認へ | トップページ | 今後の焦点は「選挙無効」 月内に16判決 »

TPP」カテゴリの記事

コメント

WJF様

外圧もあるでしょう。
けれど真摯な態度、苦悩の様子もなく、何だか嬉しそうな安倍総理を見ていると、外圧ではないと感じます。

投稿: 中野剛志さんのファン | 2013年3月13日 (水) 19時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自民、TPP交渉入り容認へ | トップページ | 今後の焦点は「選挙無効」 月内に16判決 »