« WJFプロジェクトへの支援を口にしていたチャンネル桜 | トップページ | 「危機に瀕する日本 第2巻: セックスと嘘と従軍慰安婦」(英語版)再掲しました »

2013年3月30日 (土)

批判的に聞く(6): 【直言極言】今ある現実の危機[桜H25/3/29]

「批判的に聞く」のシリーズです。

水島総氏の話を批判的に注意深く聞き、お気づきのことがありましたら、コメント欄に意見をお寄せください。

いろいろありますが、冷静に客観的に彼の言葉を分析していきたいと思います。

(「批判」という言葉を「悪口」や「あらさがし」という意味と誤解される方もいらっしゃるかもしれませんが、ここでは、「物事の可否に検討を加え,評価・判定すること。(大辞林)」という意味で使っています。)

みなさん、こんばんは。直言極言の時間です。

今日はですね、今ある現実の危機、こういうことについてお話を申し上げたいと思います。今ある現実の危機というのは、まさに、参議院選挙までの、4月、5月、6月、7月半ばまで、選挙は20日前後と言われていますけれども、そういう間に起こる危機、この問題についてお話をしたいと思います。

当然今、中国と日本の間に尖閣諸島の問題、中国の侵略が進められていたことは、皆さん当然ご存知であります。そういう中で、今、中国が謀略工作として、行っているのは、いわゆる安倍内閣はやっぱりだめだという、そういう形のキャンペーン。参議院選挙で、安倍内閣に過半数をとらせない。またねじれ現象を続けさせる。政権基盤を非常に脆弱にする。そして、個別の親中派の自民党の長老または指導者たちを個別に撃破していく。いう形で安倍内閣、安倍政権の、政権基盤、つまり例えば、今支えている公明党、あるいは親中派の議員たち、こういうことによって、まともに政権運営、制作遂行ができなくしていく、ということが考えられるわけであります。それが目指しているわけであります。

もし自民党、安倍自民党内閣が、過半数をとるような形になる、そして、先日行われて維新の会の綱領案ですね、こういうものを見ますと非常に、安倍さんの政策に近いものが打ち出されている。まああの、明日30日に維新の会の党大会みたいなことが行われるようでございます。そういう中で、綱領案が採決されるかどうか、平沼色の非常に強い綱領案、こういうものによって、公明党に変わる自民党のバートナーもできつつある。できるかもわからない。こういうことであります。そして維新としては、安倍自民党と違ったより保守色の強い、そしてそれを獲得するような形の政策が出てくる。これによって選挙に勝とうという形が出てくるわけであります。今、石原さんはもちろん、ご病気であると、そして橋下さんの影響力は次第に低下しつつある。そういう中で、維新がこういう方向を進めたことは国にとっても大変いいことだと、いうことであります。

そういう中で、中国政府にとっては、まず安倍内閣に過半数を取らせない。安倍個人、あるいは政権に対する不信感、こういうものをキャンペーンとしてやっていくわけであります。そういう中で当然、中国共産党の手先とも言えるような、マスメディアがごろごろいる、いうことであります。そういう中で安倍政権は対処していかなきゃいけない。それからもう一つ言うと、いわゆる衆議院では勝ちましたけれども、参議院ではまだねじれ現象が続いている。簡単に自衛隊法、その他、法整備が簡単にはできない状態である。参議院に勝って過半数をとってこそ、公明党をのぞいて過半数を取ってこそ、ある意味で法整備が簡単にできるようになる。このことができるまでは、じっと我慢の形で耐え抜いていかなきゃいけない。しかしそのことは中国は熟知しているわけであります。当然、様々な謀略機関、情報機関を使って、チャンネル桜にもそういうことが起きていますけれども謀略工作が行われるということであります。

と同時に、私が以前にも述べましたように、明日の討論でも言いますけれども、3ヶ月の間に何を目指すかという。中国共産党がですね、どういう謀略工作をめざす可能性があるかということ。これは非常に大きな問題であります。討論でも、私も言いましたし、出演者のみなさんもおっしゃいました。一つは、朝鮮半島の問題であります。朝鮮半島で、これは福島香織さんがおっしゃっていたことだとおもいますけれども、朝鮮半島のいわゆるトラブル。朝鮮戦争まで行くかどうかは別として、この混乱を中国は抑えるという形。そういう中で米国に譲歩を尖閣で迫る。手を出すなという、こういうこともあり得るということであります。朝鮮半島の朝鮮動乱というものを、これをネタに、そういう形を、譲歩を迫るかもわからない。米国はそれに対して対抗できないだろうということであります。と同時に、もう一つ私が言うのは、国内的なもので、これは繰り返し、もうお話申し上げておりますけれども、在日中国人に対する、いわゆる暴行殺人事件、自分たちで当然、中国の謀略機関が起すわけですけども、日本の反動派がいたいけな中国人留学生を殺したとか、こういう形の反日キャンペーンの事件を起こす。それによって、支那本土13万人の日本人が生命なそういうものの危機に陥る。出国もできなくなる。人質になる。そういう中で、尖閣諸島の侵略行為が公然と行われる。これは海警という形で今言われておりますけれども、いわゆる、漁政とか、海監といった海上警察、これを一手にまとめてアジア最大の組織にした。この中国政府が、この連中を使って、公務員として、そして大量の漁船と共に、尖閣諸島、とりわけ魚釣島に上陸する。これは初めて公務員が魚釣島に上陸する、中国公務員が上陸することになる。これは大きな一歩であります。

そして我々の国の海上保安庁や、沖縄警察は、警察活動として、もちろん逮捕はできるんですけれども、そこまでできるかどうかは、はなはだ疑問である。なぜなら無効も武装警察である。向こうが撃ってくる以外は、撃てないというそういった法律と言うか、決まりの中で、なかなか逮捕はしたくても、できない状況が生まれる可能性がある。こういうことであります。これはどういうことかといいますと、何が起こるかと言うと、にらみ合いや、まあ長期間、いわゆる中国の公務員が尖閣諸島に上陸して、そのまま居座ることになる。そして武力行使もできないまま、にらみ合いが続くと、アメリカがこの中で出てきて、いわゆる仲介、双方とも引きなさい、中国は帰りなさい、これで戦争になったら大変でしょうという形で、仲介の労をとると。仲介ではまったくなく、これは中国政府にとっては、アメリカに領土問題の存在をまず認識させる、認めさせたこと。そして公務員が上陸したこと。そして、より、実効支配を強めた。ワンステップ、ツーステップ、アップさせた状態が続くわけです。こういうようなことが、起こりうるわけです。そして、安倍内閣のいわゆる毅然とした態度が打ち砕かれていく。こういう中で、参議院選挙に、安倍内閣が勝つ事ができくなっていく。こういうものを総合的に様々な分野においてこの謀略工作、対日工作を進めるわけであります。

善意の人たちもTPP問題で、安倍政権に対する不信の念を持った人もたくさんいるかもわかりません。しかし、今、私が言いたいのは、もうこういう戦時、いせゆる平時ではなく、戦争状態に我々は突入している。もはや今、あれがいい、これがいいと選ぶのではなくて、国民が選んだ政府をどのように一体となって、この国を、我が国を、守っていくか。このことを意識しなければなりません。そういう点において、我々はこれをもう戦争状態に入った。三ヶ月、中国の侵略の手を許してはいけない。このことを含めて、我々は今、行動を起こさなければならないということであります。そういう行動をしなけれぱならない。いわゆる評論家として、尖閣の問題、中国の問題、これをああだこうだと評論するのではなく、だったら今、私たちは何をすべきか、言う事であります。法整備をするためには、自衛隊法を改正しろ、自主憲法を作れ。こういうことをするためには、参議院でかたなければならない。こういう現実的な選択を、私たちは今、緊急に行っていかなければならない。こういう事態になっているということであります。そういう意味でこの三ヶ月、日本の行方を占う戦時体制に我々は入っている。非常事態の中に我々がいる。

そういう意味で私たちは4月21日から尖閣諸島に再び船団を組んでいくわけであります。行動で私たちは、我々自身が日本であることを示していきたい、言う事であります。そして明日、みなさんこれをご覧いただきたいと思います。3月30日、「日本を守れ、国民大集会&デモ」ぜひみなさんに、おいでいただきたいと思います。拉致問題を始めとして、絶対に中国のアジア侵略、尖閣侵略を許さない、竹島、北方領土を取り戻す。こういった国民の決意を示す大会にしたいと考えております。懇親会にもぜひ、楽しいと思いますので、お集りいたたければと思います。

今日は以上です。


« WJFプロジェクトへの支援を口にしていたチャンネル桜 | トップページ | 「危機に瀕する日本 第2巻: セックスと嘘と従軍慰安婦」(英語版)再掲しました »

【批判的に聞く】シリーズ」カテゴリの記事

コメント

たかたろさんが実体験を書いて下さっていますが、チャンネル桜、本当におかしくなってますね。

■てきとう:チャンネル桜「うるさいハエどもが反桜キャンペーンをやってるようだ。批判コメント全削除を指示した」 – livedoor Blog(ブログ)
ttp://blog.livedoor.jp/googleyoutube/archives/51803813.html

ところで、中野剛志さんのファンさんの紹介して下さったリンク先で笑わせて頂きましたw
有難うございます。

チーム桜の皆さんにも、「もうわかっている人はわかっている」という現実を受け入れて頂きたいものです(昔からですが)。
ということで、こちらもどうぞ。

■TPPで保守派のチャンネル桜が内部崩壊…「安倍ちゃんの代わりに誰がいるんですか!教えてくださいよ!」 – unkar
ttp://unkar.org/r/poverty/1363544175
■(まとめ)
てきとう:TPPで保守派のチャンネル桜が内部崩壊…「安倍ちゃんの代わりに誰がいるんですか!教えてくださいよ!」 – livedoor Blog(ブログ)
ttp://blog.livedoor.jp/googleyoutube/archives/51802822.html

■TPP反対派のチャンネル桜が内部崩壊「安倍ちゃんの代わりに誰がいるんですか!教えてくださいよ!」 – unkar
ttp://unkar.org/r/news/1363771511
■(まとめ)
TPPとは戦後レジームそのものである – ネットゲリラ
ttp://blog.shadowcity.jp/my/2013/03/tpp-4.html

■TPPで保守派のチャンネル桜が内部崩壊「安倍ちゃんの代わりに誰がいるんですか!教えてくださいよ!」★2 – unkar
ttp://unkar.org/r/poverty/1363671454

投稿: まつぼっくり | 2013年4月 2日 (火) 02時15分

WJF様

横ですが。
気分転換になればと。

http://newskenm.blog.fc2.com/blog-entry-5433.html

チャンネル桜だけを観ていると、絶望的な気持ちになりますね。
でも一時は安倍さんに期待を寄せた人でも、冷静な人は少なくないです。

私が親しくしている人々は、政治に諦めているタイプが多いですが、TPPの真実を教えると冷静に納得します。
「でも自民党しかないでしょ…」
なんて言う人はいませんでした。

投稿: 中野剛志さんのファン | 2013年4月 1日 (月) 12時22分

先のコメントに追記します。

こちらの動画を参照して下さい。山城乃圀企画の西村斉氏の活動動画です。 

【京都府議会】3/28 慰安婦意見書問題…陳情書提出、情報公開 ①
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20468046
【京都府議会】3/28 慰安婦意見書問題…陳情書提出、情報公開 ②
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20468168

斉さんはこの件で自民党と公明党の関係を疑っています。
私も自民党と公明党のマッチポンプの可能性があると非常に疑っています。ここで「公明党が自民党の足を引っ張っている」などと、「自民党(善)対公明党(悪)」のように都合よく考えてはいけません。自分の頭の中でブレーンストーミングをすることが重要です。「善対悪」だけではなく、何と何との「利害」が一致するかを考えてみるのもよいと思います。何かは二つではなく、三つから五つ、六つとあるかもしれません。

投稿: よしふる | 2013年3月31日 (日) 14時25分

よしふるさんへ
マツコデラックスの発言すごくよかったです。
にこ動は安倍支持派ばかりで偏っていますね。
民主党の動画はコメントで荒らされるばかりで、チャンネル桜の動画にコメントを入れると削除されまくりです。
いきなり公明党の動画が膨大なアクセス数で一位になったかと思いきや次見たときはアクセス数をかなりひいて出ていたり、運営側で不正な操作していると思います。

投稿: ラン | 2013年3月31日 (日) 13時33分

当記事の主旨から外れるかもしれませんが、皆様に一つお伝えします。
私はユーチューブではなく、ニコニコ動画をメインに使っています。この様な状況になり、最近はニコニコに転載をしています。
その中で3つの動画がマスコミの申立により削除されました。以下の3つです。
TPP交渉参加に賛成する安倍晋三
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20292851
【マツコ・デラックス】 TPPなんて絶対にイヤだ!!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20428502
テロ特措法どころではない安倍首相 霊視で組閣 「四人の神」 慧光塾
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20444587
一つ目は投稿して四~五時間後に削除されました。二つ目と三つ目は時間を計っていませんでしたが、早かったです。二つ目は一時間後位に削除されたように記憶しています。

趣向を変えて三つの動画をまとめた動画を投稿しました。
マスコミに削除された転載動画の記念withCanon&Beatboxing
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20473166
最近、私のHNの「よしふる」はコメントやタグで名指しされる時があります。投稿後にはあちら側から、非難やレッテル貼りのコメントとタグの編集合戦が始まります。先日はWJFプロジェクトの転載動画を、自民党前の応援街宣で批判してくださる方もいました。WJFプロジェクトの以下の記事を参照して下さい。
「サルでもわかるTPPがヤバい9つの理由 (2013年版)」に対する誤解と偏見 2013年3月24日 (日)
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/tpp9-2013-91a6.html

このブログをお読みの皆様はお分かりだと思うので詳細は省きますが、今回の削除の件では「安倍晋三・安倍政権(善)対安倍を叩くマスコミ(悪)」の構図が成り立っていません。3つの動画を削除する行為は安倍を叩くのではなく、安倍に都合の悪い動画を削除し、安倍を守っています。私は安倍晋三にとって都合の悪い動画を転載しました。少しでも安倍晋三の真実を広めたいと思ったからです。
ニコニコ動画でも未だに「安倍政権(善)対マスコミ(悪)」という善悪二元論から抜け出せない方が多いです。確かにマスコミはマスゴミと揶揄される位に悪です。しかし、安倍政権も戦後レジームを完成しようとしている悪です。マスコミはプロパガンダの道具です。マスコミは正しい信念・信条ではなく「利」で動いているとします。マスコミの裏には何かしらの思惑を持った存在が当然います。陰謀論ではありません。現在、NHKや民放を批判している行為は陰謀論を元にして行っている訳ではないはずです。ある陰謀に対して対抗しているはずです。よく聞くのは韓国・在日や中国共産党でしょうか。
今、安倍政権(悪)とマスコミ・そのバック(悪)の思惑は、悪という点では一致しています。
【補足】
ニコニコの運営に削除されると、投稿者でも「動画情報・コメントの編集」の機能はほとんど使えなくなります。動画説明欄を変更することもできません。動画の削除はできますが、残しておきます。

投稿: よしふる | 2013年3月31日 (日) 12時47分

この動画内で水島氏はやたら中国と尖閣諸島の危機を煽り、それを理由に安倍政権を支持・正当化しています。

そのためYouTubeのコメントで、
「尖閣諸島は仮に一時奪われてもいつか取り返せる。TPP参加は条約なので未来永劫撤回できない、取り返しがつかない。未来永劫(=無限)の損失と有限の損失どちらが重大かは明らかだ」
と書いたら、跡形もなく消されました。

「報道しない自由」を駆使するようになったチャンネル桜は、もう「マスゴミ」と呼ばれても仕方がないでしょう。

投稿: たかたろ | 2013年3月31日 (日) 00時31分

WJF様

聴く価値ありません。

『参院選に勝つまでは我慢の子』と言ってますが、衆院選での安倍さんへの圧倒的支持は、
・尖閣の護り
・専守防衛の改善
にもある筈ですから、それこそ多少の反発はあっても、待ったなしで着手して良いと思います。

それなのに尖閣も竹島も完全に放置で、公約違反のTPP、新自由主義的政策、更なる中国への支援・誘致を行っているのは安倍政権です。

今のところ反日メディアは、ほぼ安倍政権を絶賛しています。
「反日メディアが勧めるものは国益にならない!」
がチャンネル桜の常識でしたが…?

もしかしたら反日メディアが安倍政権をべた褒めするのは、安倍政権が日本の国益にならないからでしょうか(笑)

日本の真の敵は安倍政権であるのに、実は味方の反日組織に注意を反らそうとしているのが滑稽です。

TPP、発送電分離、国民背番号制度など枚挙にいとまがありませんが、今まで保守派が反対してきた政策の全てを推進する安倍政権を、どうして保守を名乗る人々が支持できるのか理解できません。

YouTubeで水島さんに寄せられるコメントは異様ですが、彼等がWJFプロジェクトに寄せられるコメントを読むと、同様の異様さを感じるのでしょうか…。
オセロの中島知子さんを見ても、洗脳の恐ろしさを感じています。

投稿: 中野剛志さんのファン | 2013年3月30日 (土) 05時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« WJFプロジェクトへの支援を口にしていたチャンネル桜 | トップページ | 「危機に瀕する日本 第2巻: セックスと嘘と従軍慰安婦」(英語版)再掲しました »