« 亡国の使徒、チャンネル桜・水島総の妄言を暴く(3) | トップページ | 偽りの「保守」から、日本を取り戻す »

2013年3月 9日 (土)

三橋貴明はいつ詰むか (4)

毎日毎日、マンガのような善悪二元論を、これでもか、これでもかと繰り出して国民を洗脳し、安倍政権への盲目的な支持を煽りつづけてきた三橋貴明氏。

TPPの熱心な反対論者でありながら、TPPに前のめりな安倍政権を支持すると言う、彼が抱え込んでしまった巨大な矛盾は、いつ、どのような形で解消されていくのでしょうか。

昨日、東京新聞によりTPPに関する次のような事実が報道されました。今から日本がTPPに参加しても、すでに決まっている条件を受け入れるだけであり、交渉する余地はほとんど残っていないと言うのです。

TPP参加に極秘条件 後発国、再交渉できず

環太平洋連携協定(TPP)への交渉参加問題で、二〇一一年十一月に後れて交渉参加を表明したカナダとメキシコが、米国など既に交渉を始めていた九カ国から「交渉を打ち切る権利は九カ国のみにある」「既に現在の参加国間で合意した条文は原則として受け入れ、再交渉は要求できない」などと、極めて不利な追加条件を承諾した上で参加を認められていた。複数の外交関係筋への取材で七日分かった。
各国は今年中の交渉妥結を目指しており、日本が後れて参加した場合もカナダなどと同様に交渉権を著しく制限されるのは必至だ。
関係筋によると、カナダ、メキシコ両政府は交渉条件をのんだ念書(レター)を極秘扱いしている。交渉全体を遅らせないために、後から参加する国には不利な条件を要求する内容だ。後から入る国は参加表明した後に、先発の国とレターを取り交わす。
カナダなどは交渉終結権を手放したことによって、新たなルールづくりの協議で先発九カ国が交渉をまとめようとした際に、拒否権を持てなくなる。
交渉参加に前向きな安倍晋三首相は、「『聖域なき関税撤廃』が前提ではないことが明確になった」と繰り返しているが、政府はカナダとメキシコが突きつけられた厳しい条件を明らかにしていない。日本がこうした条件をのんで参加した場合、「聖域」の確保が保証されない懸念が生じる。
カナダ、メキシコも一部の農産品を関税で守りたい立場で、日本と置かれた状況は似ている。国内農家の反対を押し切り、対等な交渉権を手放してまでTPPの交渉参加に踏み切ったのは、貿易相手国として魅力的な日本の参加とアジア市場の開拓を見据えているからとみられる。
先にTPPに参加した米国など九カ国は交渉を期限どおり有利に進めるため、カナダなど後発の参加国を「最恵国待遇」が受けられない、不利な立場の扱いにしたとみられる。
<TPP交渉参加国> 2006年、「P4」と呼ばれたシンガポールとニュージーランド、チリ、ブルネイによる4カ国の経済連携協定(EPA)が発効。これに米国、オーストラリア、ペルー、ベトナム、マレーシアが10年に加わり、9カ国に拡大した。その後、カナダとメキシコも参加を表明し、12年10月の協議から11カ国で交渉している。

さて、三橋氏は、既にほとんど詰んでいると思うのですが、この絶体絶命の窮地にあって、どのように、TPPに反対しながら、同時にTPPに前のめりな安倍政権を絶賛するという、常人にはできない離れ業をやってみせてくれるのでしょうか。

●今日の三橋貴明ブログ

爆弾
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11486510166.html

●今日の善悪二元論

「安倍政権 (善)」 vs 「交渉厨(悪)」

●今日の「見ざる・聞かざる・言わざる」

さて、「交渉力が!」「交渉で何とかすれば!」などと叫んでいた交渉厨の皆様は、いかなる言い訳をかますのでしょうか。そして、上記の事実が「国民に対し」明らかになった以上、安倍政権はいかなる「判断」を下すのでしょうか。昨日の文化放送「夕やけ寺ちゃん」でも言いましたが、日本人お得意の「玉虫色で先送り」しかないと思いますが。

三橋氏は、「『交渉力が!』『交渉で何とかすれば!』などと叫んでいた交渉厨の皆様」と「交渉厨」なる人々を批判していますが、安倍晋三自身が「交渉厨」である事実は決して認めようとしません。

昨年の11月、安倍晋三は次のような発言を行っています。安倍晋三自身が、立派な「交渉厨」です。

自民・安倍総裁、TPP参加に前向き 大型補正にも言及

自民党の安倍晋三総裁は15日、東京都内のホテルで日本商工会議所の岡村正会頭らと会談し、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉について「大事なことは“すべての関税ゼロ”を突破していく交渉力だ」と強調し、日本が交渉に参加した場合はTPPがめざしている聖域なき関税撤廃の例外を設けるために全力を挙げる方針を示した。

また本日の東京新聞の記事も、安倍晋三自身が「交渉厨」であることを次のように報じています。

TPP 首相「熟慮の時間ない」

安倍晋三首相は九日午前、BS朝日の番組に出演し、環太平洋連携協定(TPP)の交渉参加問題で、米国が年内妥結を目指していることについて「判断、熟慮する時間が限られてしまっているのは事実だ」と、日本にとって厳しい状況にあるとの見解を示した。

首相は、先に交渉を始めた米国など九カ国が後発組に不利な条件を課していることに関し「最初に入った人たちは、自分たちの議論を覆されたら困ると思うだろう」と指摘。「ただ、われわれも参加の判断をしたら、きっちり主張していきたい。強い交渉力を持って結果を出していく責任を背負っている」と強調した。

また、三橋氏は、本日の記事でも、安倍晋三のTPP交渉に対する前向きな姿勢を伝えるマスコミの報道は「飛ばし」であるかのような印象を与えようとしています。

ところで、3月4日(月)に放映された「ビートたけしのTVタックル」では、「安倍政権は絶対に今週中にTPP交渉参加を表明するよ! 絶対するよ!」と繰り返していた政治家さんがいらっしゃいましたが、「今週」が終わってしまいました。TPP問題は今後も継続し、わたくしもマスコミに出る機会が増えるのでしょうが、無責任な発言で国民を煽るような「空気」には染まらずに頑張りたいと思います。

三橋貴明氏は、安倍晋三への支持を無責任な発言によって煽るような「空気」にこれまで染まってきた事実を認め、己の誤りを認めて立場を改め、自分の中に抱え込んだ巨大な矛盾を、一日も早く解消すべきです。

彼が国民を意図的に騙しているのでないならば、TPP反対論者として首尾一貫、TPPや道州制などの構造改革路線をひた走る安倍政権に対して反旗を翻していただきたいと思います。

そうでないならば、やはり、下の三橋氏自身の言葉を三橋貴明氏に贈らないわけにはいきません。

三橋ブログ: 2011年10月26日 わたくしたちが今、やるべきこと

国民を「騙そうとしていた」「騙している」わけですから、あなた方は民主主義国家において情報産業で生きる資格がありません。もし、国民を騙そうとしていたわけではないのであれば、はっきり言って知能、知識不足です。いずれにせよ、あなた方に日本の情報産業における職はありません。

●その他の参照記事

「インチキな仕立て屋」と「正直な子ども」
インチキな二人の仕立て屋の大いなる自己矛盾
三橋貴明氏は何がしたいのか
三橋貴明氏は嘘をつくのはおやめなさい
警告: 安倍政権の新自由主義的本質を隠蔽しようとする情報工作について
三橋貴明氏への公開質問状


« 亡国の使徒、チャンネル桜・水島総の妄言を暴く(3) | トップページ | 偽りの「保守」から、日本を取り戻す »

【三橋貴明はいつ詰むか】シリーズ」カテゴリの記事

コメント

WJFさん

中野剛志さんのファン さん GDPとGNIのお話ありがとうございました。

投稿: warakujapan | 2013年3月10日 (日) 10時07分

WJF様

TPPの話ではありませんが。

「名目GDP2〜3%の経済成長を目指します!」
感動の秋葉原演説で安倍さんは、熱く聴衆に語りました。
その事を三橋先生も大絶賛して、その政策の正しさを何度もアピールなさってました。

でも選挙公約が出来上がると、
『経済成長指数はGNIとする』
とコッソリ変更されていました。
内需の成長を表すGDPと、貿易での経済成長を表すGNIでは、天地の違いです。

勿論、それをコメントで指摘し、不安を訴える読者もチラホラいました。
それに対しコメ欄常連は、
「あの政権公約インデックスは玉石混合で、今から党内で決まっていくから心配いらない!」
と回答してましたが、後にはスルーでした。

三橋先生の記述は『GDP2%の成長率』を連呼していたのが、以降『インフレ目標2%の成長率』と表現を変え、安倍さんと麻生さんを絶賛し続けていました。
その一方で維新の会の新自由主義を糾弾しながら。

その時点から詐欺の仲間だったんです。
安倍さんが新自由主義政策に邁進する事を、三橋先生は気づいていたんです。

投稿: 中野剛志さんのファン | 2013年3月10日 (日) 08時09分

WJF様

本当にお疲れ様です。

以前から感じていたんですが、三橋コメ欄の奇妙な仲間達は、サクラも多いのでは?

三橋ブログはガラケーからは投稿できません。
なのにスマホが流行る以前から、常連(メンバーチェンジはありますが…)は時間を問わずコメしてます。

安倍応援団は何でもアリなので、工作員や自作自演もなど、疑いだすと全てが嘘っぽいです(笑)

投稿: 中野剛志さんのファン | 2013年3月10日 (日) 01時33分

中野剛志さんのファンさん
三橋ブログのコメント欄のみなさんはなぞです。おかしいと思わないのでしょうか。

投稿: WJF | 2013年3月10日 (日) 00時33分

WJF様

「交渉しつつ確答しないでウヤムヤにする(に決まっている)!」
と、その場しのぎで信者を誤魔化してますよね。
安倍政権を批判しないなら、もう少しマシな安心材料を紹介して欲しいものです。

コメ欄工作員以外のブログ読者は、気休めにもならない詭弁で納得しているのか疑問です。

投稿: 中野剛志さんのファン | 2013年3月 9日 (土) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 亡国の使徒、チャンネル桜・水島総の妄言を暴く(3) | トップページ | 偽りの「保守」から、日本を取り戻す »