« 安倍氏のTPP公約の欺瞞性 | トップページ | 何を「保守」するのか »

2013年2月15日 (金)

WJFの大予言

自慢しても仕方がないことですが、このブログを読み返してください。

私が指摘してきたこと大概合ってませんか。

ほとんどの保守の人たちが橋下の国旗国歌に関するパフォーマンスを見て、彼を愛国者として讃えていた時期がありました。

私は早くから彼は売国奴だと言いました。保守の人たちから、いくつかの抗議のメッセージをいただきました。しかし、実際に彼はそうでした。

片山さつきが日本海呼称問題のホワイトハウスへの署名活動を「ネトウヨ」と呼ばれる人々にけしかけていた時、日本海呼称問題にとって有害無益なものだから、そんなものに乗るなと私は警告しました。片山さつきにも直接ツイッターで「恥を知れ」と抗議しました。片山さつきは、パフォーマンスとして日本海呼称問題を利用しただけであり、日本海呼称問題そのものについては何の知識も持たず、何も考えていないことは、あのような署名を呼びかけることからして既に明らかでしたが、多くの人々は私の言葉を理解しませんでした。しかし、自民党が、竹島問題や日本海呼称問題を本当に解決しようとなどはせず、ただ保守層の支持をあおる手段として利用するだけであるという事実は、安倍政権の竹島の日に関する公約違反や、竹島問題の国際司法裁判所への不提訴によって浮き彫りになりつつあります。

安倍のTPP参加は既定路線だと年頭から予告してきました。実際に私の指摘通りになりつつあります。

安倍の掲げるセキュリティ・ダイアモンド構想について、保守の人たちが「安倍さんさすが」と手を叩いていたとき、私は、そんなマンガのようなバカバカしい二元的な対中包囲網構想に、アメリカは実際には乗ってこないと言いました。その後、実際アメリカは親中派のケリー氏を国務長官に据えました。

アベノミクスの円安・株高など、アメリカとの共謀の上の成立しているに過ぎないから、そんなものに手を叩いて喜ぶのはバカだと私は書きました。その後アメリカ政府は日本の円安を容認する発表を行いました。シェールガスの日本への輸出が来月解禁されます。

大概私が指摘してきたことは、合っているでしょう?

未来を見てきたように、言い当ててませんか?

このブログは読者の数も極めて限られていますが、インチキしか言わない著名な「保守」論客よりはるかにましだと思います。

なぜこのブログがましなのかといえば、バックに何もないからです。

特定の団体や個人とつるんでいるわけでもないし、特定の立場やイデオロギーに基づいて書いているわけでもないからです。

誰か偉い人のいうことを信じて、それを鵜呑みにして反復しているわけではなく、事実を見て、自分の頭で論理的に考えて、書いているからです。

何の利害もなく、国を思う気持ち一つで私は書いています。この点は、みなさんに自信をもってお話できます。だから時には、支持してくださる皆さんの耳に痛いような辛辣なことも、遠慮せず書きます。

「すばらしき日本よ、永遠なれ」

このテーゼだけが、このWJFプロジェクトの活動を縛るものだからです。

安倍のかかげるインチキなスローガンとは全く異なります。

しかし、私もここまでひどい展開になるとは、予想できていませんでした。

気づいたのは、実際に選挙が終わったあとでした。

アメリカや自民党の問題点について、もっとお話するべきでした。

アメリカや親米保守の問題点もずっと言及し、批判してきましたが、取り上げる問題が中国や韓国という「中華」の問題に傾斜していたことは否めません。

この点で、力が及ばなかったこと、自分が愚かだったことは、皆さんにお詫びしなくてはならないと思います。


« 安倍氏のTPP公約の欺瞞性 | トップページ | 何を「保守」するのか »

WJFプロジェクト」カテゴリの記事

コメント

WJFを決して鵜呑みにしないでください。お一人ひとりが自分の頭で思考することが大切だと思います。

投稿: WJF | 2013年2月18日 (月) 18時57分


WJFプロジェクトこそが草莽崛起!

投稿: 後悔先に立たず | 2013年2月18日 (月) 18時41分

noteこれからも頑張ってください!

投稿: 23 | 2013年2月15日 (金) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安倍氏のTPP公約の欺瞞性 | トップページ | 何を「保守」するのか »