« 論理的推論(2) | トップページ | 道州制: たったの150ツイート »

2013年2月 9日 (土)

恥を知れ自民党! 恥を知れ安倍信者!

安倍政権は、アメリカに、関税撤廃のいくつかの例外品目を認めさせる交渉を行い、妥協を引き出(すふりを)して、TPP参加を表明するだろう。それが既定のシナリオである。

私は、年頭から、何度も、何度も、そのように皆さんに警告してきました。

TPP「聖域」あれば交渉参加 首相が3月表明も

安倍晋三首相は環太平洋経済連携協定(TPP)を巡り、2月下旬の日米首脳会談でオバマ大統領が関税撤廃の例外を認めた場合、交渉参加に踏み切る方向で調整に入った。関税を残す「聖域」が認められれば、首相は3月中にも参加表明したい考えで、首脳会談で大統領がどこまで柔軟姿勢を示すかが焦点になる。

(日経新聞)

シナリオ通り、日米首脳会談で、オバマ大統領が関税を残す「聖域」を実際に認め、柔軟姿勢を示す可能性が極めて高い。

1月末には次のようなニュースも流れました。

TPP、例外品目確保に「一定の感触」…経産相

茂木経済産業相は29日の閣議後記者会見で、環太平洋経済連携協定(TPP)の参加問題を巡り、関税を維持する例外品目を確保できる可能性があるとの認識を示した。


 茂木氏は26日、訪問先のスイスで米通商代表部(USTR)のカーク代表と会談した際、例外品目が認められるかどうかについて、「一定の感触」を得たという。両者の会談は30分程度行われ、TPPに対する考え方などについて意見交換した。

 自民党はTPPについて、「『聖域なき関税撤廃』を前提にする限り、交渉参加に反対」との公約を掲げて衆院選に臨んだ。コメなどの例外品目を確保できる見通しになれば、日本の早期交渉参加への道筋も見えてくることになる。

(2013年1月29日19時17分 読売新聞)

実際、小泉チルドレン(つまり売国奴)の片山さつき氏のツイートによると、

首相 日米会談でTPP交渉判断 http://t.co/2QmQgo1F 私が昨5月訪ワシントンした際、すでに米政府は「米類は例外」な感触でした。あとは他のセンシティブ品目をどこまで守れるか。あと、構造協議的な誤解に基づく押し付けは、徒労・時間の浪費、ウオールマートを見よ!

何が「他のセンシティブ品目をどこまで守れるか。」ですか。TPPは関税の問題ではないことを片山氏は知らないんですか。知らないならバカ。知ってて言ってるなら、さすがは売国奴!! 小泉郵政改革に何の反省もない。こういう国賊ばかりです、自民党は。恥を知れ。

(ちなみに自民党には、城内実先生というりっぱな先生もいます。亀井静香先生や、平沼赳夫先生と共に、小泉郵政改革に議員生命をかけて体を張って反対されたりっぱな方です。そして、城内実先生に小泉郵政改革に対する反対を取り下げるよう説得したのが、当時の自民党幹事長安倍晋三氏であり、城内実先生の選挙区で小泉純一郎によって刺客として立てられたのが小泉チルドレンの片山さつき氏でした。自民党が、城内実先生のような愛国者ばかりの政党でしたら、私は心から自民党信者になりますが実際はそうではありません。)

道州制に関して。

麻生氏もばりばりの推進論者です。

麻生氏ら「道州制」導入に意欲 総裁選街頭演説

各道州はどこに向けて、経済活動を行うべきか。他の道州を相手にするよりは、アジアを相手にすればよい。アジアの人口は、大雑把にいっても2~30億人ある。日本国内の1億2700万人を相手にするよりも、はるかにマーケットが大きい。(中略)

道州知事も海外を相手に、同じようなことをすればいい。アジアやアメリカなどに出向いて「わが州に投資してくれ」「おたくの国とわが州で手を組んで、経済協力しましょう」などと、アイディアを出しながらトップセールスを行う。

たとえば観光宣伝一つとっても、福岡県だけで行なうより、九州全域を視野に入れて考えたほうがはるかに魅力的だ。福岡には韓国からのゴルフ客が大勢来る。彼らにゴルフだけでなく、観光も楽しんでもらおうといったことも、道州制になれば容易になる。福岡空港から九州に入り、バスで阿蘇に行って世界最大級のカルデラ火山をみて、温泉に入って、ゴルフをして、熊本空港から帰る、といった具合だ。

(政治家発言データーベース: 2008年9月15日 共同通信の記事より引用)

日本の各州とアジアの国々が、国家の壁を越えて、直接に結ばれていく。

ちょっと聞けば耳触りのよい話ですが、中国のような国を隣に抱える日本が、このような制度を導入すれば、国家分断や沖縄などの分離独立につながることは誰でも簡単に想像がつく話です。

日本を守っていくためには二つの意味の愛国心が必要だと、私は訴えてきましたが、自民党の先生方は、「国の枠組みを守る」という意味の愛国心があまりに欠落しています。

麻生政権下では、大きな反対の声があったにも関わらず、国籍法が改悪されています。

自民党は1000万人移民計画なるものを推進していたトンデモない政党であり、安倍総理も、第一次安倍内閣では、アジアゲートウェイ構想という中国・韓国の大量の留学生受け入れ&就職斡旋を始めとするグローバル化政策を推進し、現政権においても、30万人留学生生活&就職支援なる、実質的な移民政策を公約を掲げています。日本人の研究者がどれだけ冷遇されているか、貧しい逼迫した環境でほそぼそと研究を進めているか、ノーベル賞をとった山中伸弥教授が、フルマラソンに参加してまで訴えてきた窮状からわかりきっているのに、何が留学生支援ですか。

麻生氏や安倍氏が掲げてきた道州制。安倍氏のアジア・ゲートウェイ構想。これらは、実質的には鳩山由紀夫が掲げていた東アジア共同体構想と大した違いはないのですが、なぜか、鳩山由紀夫を売国奴だの宇宙人だのと批判する人々も、麻生氏や安倍氏のことは全く批判しません。同じことを言っているにも関わらずです。まったく奇妙な現象であり、公平ではありません。

TPPに、道州制に、移民に、消費税。

自民党は、新自由主義者(グローバル化を押し進め、国家の障壁を小さくし、国家の枠組みを希薄化させていこうとする考え方の人々、つまり売国奴)の巣窟であり、自民党を盲信することは大変危険です。

本当に頭の痛い事態になりつつあります。

「安倍さんすごい」とか言っている人たちは、何も見えていないんです。この先の展開が。

安倍政権の本質に、一人でも多くの方に目覚めていただき、現在、私たちが直面している深刻な危機に気づいていただきたいと思います。

いまだ、TPP&道州制に対する反対の声は、それほど大きくは広がっていません。

「道州制」というキーワードでつぶやいたツイッターの数は、昨日、わずか150。

このブログの記事に寄せられた、安倍信者とおぼしき人物のツイート。

TPP続報、麻生氏と道州制 http://t.co/BXyreN5L あんぽんたぬき。真っ向から反対なんていえないでしょうが。少し考えればわかるはずですよ。米にTPP不参加でもやむをえないという印象を与えるかもしくは、参加しても日本に有利なようにもって行くのが普通です。

日本の国の枠組みが消滅してしまうのに、日本人はNoと言えないんですか? 日本人には日本の国の枠組みを死守する権利はないんですか? 関税も非関税障壁もすべて撤廃され、移民が自由化されて、国の枠組みがなくなり日本そのものが消滅してしまうのに、「日本に有利」もへったくれもないではないですか。どういう脳の構造があれば、日本人には自分の国を守るためにTPP交渉参加に「真っ向から反対なんていえない」などということを平然と書けるのか、どうしてそんな異常な感覚が「普通です」となるのか、何時間考えてもさっぱりわかりませんね。

この人物は、直後にこんなツイートも残しています。

知能指数が30以上離れるとお互いに理解できなくなるというが、本当らしい・・・。

まったく・・・。

当たり前な知能をもった人間の「普通」の感覚でいえば、国民は、命をかけて国を守るべきです。それが「普通」の感覚です。あなたがたのおっしゃっていることは、決して「普通」ではありません。異常です。異常であることすら気づかなくなっているじゃないですか。洗脳されているんです。

私たちが自分の国を守るために、NOとすら言えないとしたら、一体私たちの英霊はなんのために命を捧げたんですか。犬死にですか。ふざけんじゃないぞ、こら。根性も脳みそもくさりきってるんですよ。あなたがたは。

安倍氏を熱心に推してきた三橋貴明氏ですら次のように書いています。

「デメリットは100でも上げられる(わたくし、本当に100以上あげられます)が、メリットがない。デメリットを回避する手段を示されても、メリットがない以上、交渉に参加する意味もない」というのが、現実の日本が置かれた状況です。

これだから私は言うんです。

日本人自身が、日本を破壊しようとしている、日本の最大の敵です。

あなたがた、未だ目覚めきらない戦後日本人の愚かさと惰弱さと安直が、今、この国に取り返しのつかない害を与えようとしています。

日本人よ、独自の文明を担う責任を自覚せよ

恥を知らない売国奴と、洗脳されたバカたれどものおかげで、日本は文字通り、一つの歴史の幕を引こうとしています。

洗脳されるキチガイばかりの中、煽動に惑わされず、事実をきちんと見て、冷静な推論の能力を保っていらっしゃる方もごくわずかだがいます。

三橋貴明の「新」日本経済新聞:【東田剛】構造改革かよ

結局、自民党は、構造改革路線を反省しなかったのではないでしょうか。むしろ、民主党政権のあまりの体たらくを見て、かつての自民党の構造改革路線が正しかったと勘違いしてしまった可能性すらあります(特に、上の写真でマイクを握って勇ましく立っている、あなたね)。

安倍総理は、月刊「文藝春秋」に発表した政権構想の中で、「瑞穂の国の資本主義」を目指すと述べていました。自民党は、「日本を、取り戻す」というスローガンを掲げて政権奪還を成し遂げました。

「瑞穂の国の資本主義」という理念は、アメリカ仕込みの構造改革で疲弊した日本が、リーマン・ショックというグローバル資本主義の大崩壊の後に、あるべき資本主義の形を表現したものとして、優れていると思います。

また、「日本を、取り戻す」という標語も、自民党の良き伝統である保守思想を体現するものだったと思います。

しかし、「瑞穂の国の資本主義」を実現し、日本を取り戻そうと本気で決意した政治家が、社内では英語、公の場ではルー語をしゃべる社長や、トリクル・ダウンを主張するグローバル企業経営者、新自由主義の経済学者、外資系コンサルタント企業社長、ましてや、外資系金融機関のアメリカ人アナリストなんかの意見を聞くものなのでしょうか?
そして、TPPに参加しようと思うものなのでしょうか?

安倍政権になって、株価も内閣支持率も上がっています。しかし、この政権には、私たち日本人にとって、何か一番大事なものが欠けているように思えてなりません。

しかし、このように客観的にものごとが見えている人は、今、この国にはごくごくわずかです。

社会経験を積んだ、いい年をした大人が、物事の優先順位も分からないのか、あるいは人々の目を本当の危機からそらすためにわざとやっているのか、このような国家的な危機にも関わらず、「韓国、韓国」とどうでもいいことで騒ぎ続けるキチガイ、インチキ保守たち。

洗脳されたバカたれどもばかりで埋め尽くされた国は、もう滅ぶしかない。

この国は末期的です。

この国は詰んでいます。

戦後70年の最後の終着地点にたどり着こうとしています。

まさに「戦後レジームからの脱却」です。

日本が消えてなくなれば、「戦後レジーム」そのものが消えてなくなるのは当たり前の話です。

そういう意味だったんですね、安倍さん。あなたのおっしゃってた言葉の意味がいまようやく理解できましたよ。


« 論理的推論(2) | トップページ | 道州制: たったの150ツイート »

自民党」カテゴリの記事

コメント

牧野弘幸さん、結党以来、CIAから資金供与を受けてきた政党が、また、外資から献金を受けられるように制度改変を行った政党が、父親が自殺をし母子家庭で育ったという民主党の一議員が、幼いころから世話になったという在日の焼き肉屋のおばちゃんからもらった5万円の個人献金を大騒ぎして叩いた。これがはたして公平なことだったかと、今更ながら疑問に感じます。現在、人々の見方はあまりに客観性と公正性を欠き、欺瞞と偏見、憎悪と狂信にこの国は覆われてしまったかのように感じます。

私は民主党の支持者では決してありませんが、公平にみれば、自民の売国の方がはるかにひどい。彼らが、根底から国家を解体しようと画策していることが、はっきりと公約に書かれ、なおかつその公約が実践に移されようとしているにも関わらず、人々がその事実に目を塞いでいる現在の異常な状況を大変危惧します。

道州制に関するツイートは昨日はわずか118件。人々の関心は上がるどころかますます下がっています。危機感が全くひろがらない一方で、安倍政権への支持率はうなぎのぼりです。現在の円安や株高も、道州制やTPPや消費税増税など「デフレからの脱却」とは逆行する諸政策によってまたたくまに吹き飛んでしまうのに、人々は今後何が待ち受けているか、全く見ようとしません。ひどい例では、安倍さんのやる道州制はよい道州制だなどと言い出す始末。大変危険な状況です。

TPPは、参院選での争点化を避けるために、早期に参加に踏み切る可能性が高まってきました。TPP交渉に参加しても直ちに生活が変化するわけではありませんから、多くの人々は、「TPPに参加しても何も問題はなかった」と錯覚し、自民党への支持は失われないでしょう。本当の地獄がその後に控えていることに気づかず、自民党への支持を続けるでしょう。

投稿: WJF | 2013年2月11日 (月) 23時09分

建国記念日にコメントする。

>麻生政権下では、大きな反対の声があったにも関わらず、国籍法が改悪されています。

私は国籍法改悪よりこっちを思い出す。
第1次安倍内閣時代に改悪された「政治資金規正法改正」。
その内容は、外資比率50%超の企業からの政治献金の解禁!!!!!
最低でも外国人参政権、人権擁護法案クラスの売国法案。
だけど、全く反対の声が上がらず。

http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/naruhodo01_1.html
なるほど!政治資金 政治資金関連コーナー(総務省)

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1166404316/
【カネ】政治資金規正法改正「外資の献金もOK」の無節操 あまりにご都合主義じゃないの? 安倍ちゃん(2ch)

http://d.hatena.ne.jp/meiwakoko/20061205
自民と民主が仲良く売国法案可決(左翼というのはプライドたりえるのだろうか)

投稿: 牧野弘幸 | 2013年2月11日 (月) 22時54分

warakujapanさん、彼らは今や完全な国賊と化しています。健全な理性を保ち、心ある本当の愛国者と力を合わせて、この状況と戦っていなくてはなりません。引き続きお力をお貸し下さい。

投稿: WJF | 2013年2月11日 (月) 14時33分

WFJさんこんにちは ツイッター上でTPP反対派は、反米、中国の手先、安部下ろし、また 自殺せよ などと人道的ではない発言を繰り返し一部の熱狂自民党支持者がいます。
また、米と一部の物を守るためだけだとも・・・・頭が痛くなります。
TPP反対を言えば反米 TPP反対を言えば自民潰し TPP反対を言えば中国のスパイ TPP反対を言えば左翼 
まるで、憂さ晴らしをして終始しているようにも見えます。

(私)個人の利から飛びぬけて、地域であったり、都道府県であったり、国であったり、産業だったり、勿論 人であったりと、党などを超えて物事を考えていくのが、普通の感覚だと思うのですが

鎖国せよなどども思いませんが、
日本は他の国とは違う、他の国も日本とは違う。

TPPと道州制反対していきます。各党や関連する省庁などにも反対の意見を出します。

投稿: warakujapan | 2013年2月11日 (月) 11時02分

すずきあきらさん、橋下のやる道州制は汚い道州制、安倍さんのやる道州制は美しい道州制なのでしょうか? りっぱな聖人君子がなさろうと、国を壊す行為が美しいはずがありません。

どんなに客観的な証拠をみせても「独島は韓国領だ」「慰安婦は性奴隷だ」と言い張る韓国人たちと私は長く戦ってきましたが、安倍さんを支持している人たちと話すと、同じ脳の状態に置かれてしまった人たちを相手にしている気がします。「安倍氏は愛国者だ」という絶対不変の前提が最初にあり、安倍氏の個々の言動をこのドグマにしたがって解釈しようとするからです。事実から出発して科学的、帰納的に命題を導きだすのではなく、ある命題から演繹的に考えるこの思考法は、宗教の信者に見られる顕著な特徴です。

投稿: WJF | 2013年2月10日 (日) 14時40分

安倍氏は道州制については売国奴の目論見とは同床異夢ではないでしょうか?

どちらにしても道州制反対!TPP反対!の声は大きくしなければなりません。

投稿: すずきあきら | 2013年2月10日 (日) 10時34分

ちいほさん、誤字の修正ありがとうございます。そして応援ありがとうございます。今、私は敵だらけであり、理解してくださる方が少ない中でとても心強いです。この国家的危機にも関わらず、それを無視して、「韓国、韓国」と火急の問題ではないことで騒いでいる人たちばかりで、日本はとんでもないことになりつつあります。私自身、アメリカの問題やTPPの問題に関する取り上げ方が足りなかったと反省しています。大変な危機です。どうか、日本を死守すべくお力をお貸し下さい。

投稿: WJF | 2013年2月10日 (日) 07時05分

私は首相官邸のホームページでTPPに反対すると投稿しました。TPPは条約なのでしょうか。TPPが条約ならば外務省のホームページにも反対する意見を投稿しようと思います。ツイッターで呼びかけてみましょう。

投稿: 琢 | 2013年2月10日 (日) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 論理的推論(2) | トップページ | 道州制: たったの150ツイート »