« WJFプロジェクトの新しい役割 | トップページ | 目覚めつつある人々 »

2013年2月26日 (火)

ひとつになって

西田昌司の転向の姿を見て、さすがに多くの方が、「何かがおかしい」とすでに気づき始めておられるのではないでしょうか。

チャンネル桜、いわゆる「保守」論客、いわゆる「保守」政治家を総動員した長期的で、組織的で、大規模な情報工作が私たちの国に仕掛けられたと言わざるを得ない。

そろそろこのように断定しても「陰謀論者」と笑われたりはしない状況になってきたのではないでしょうか。

彼らが世論を一方向に追い込むために常に使ってきた手法が、「自民(善)vs民主(悪)」といった単純な善悪二元論を反復すること。

そして、幅広い層の人々の支持を取り込むため、ある者(西田昌司)は、新自由主義に反対する愛国政治家を演じ、ある者(片山さつき)は、韓国に対して強圧的な嫌韓政治家のふりをした。

三橋氏のようにTPPに反対する論者にも安倍晋三を支持させ、安倍晋三自身の新自由主義的な本質をカモフラージュしてきた。

そして多くの人々が彼らによって洗脳され、過激な新自由主義的政策の実現をもくろむ、この危険な政権を狂信的に支持するようになってしまった。

しかし、私たちはあきらめてはなりません。

どんな陰謀がしかけられようとも、この国は、私たち日本人のものです。

私たちがあきらめないかぎり、この国はわたしたちの手の中にとどまります。

「やつら」から植え付けられた「教え」はすべて振り払って、

頭の中をもう一度空っぽにして、

この国を守り抜くための戦いを戦いましょう。

右も左も、農家もサラリーマンも、日本人が一つになって、

グローバル秩序に組する連中に日本を手渡さない、長い戦いを戦いはじめましょう。


« WJFプロジェクトの新しい役割 | トップページ | 目覚めつつある人々 »

TPP」カテゴリの記事

コメント

この記事上にあげさせてください。

投稿: 朝顔 | 2013年6月30日 (日) 23時02分

てる忍さん
うっかりしてコメントの承認が遅れました。
ご理解と応援ありがとうございます。
あきらめることなく、共に戦っていきましょう。

投稿: WJF | 2013年2月28日 (木) 04時45分

KENKENさん
ご理解に感謝します。
日本の独立を果たし、国を本当に大切にあつかう政府を作りたいですね。

とくめい徳子さん
TPP参加しても安倍さんじゃなきゃだめと言っている方たちもいますが、やはりそれはないと思います。TPPに反対していた自民党議員に離党を促すとももに、TPPや道州制に反対する勢力を編成する必要があります。

投稿: WJF | 2013年2月27日 (水) 15時57分

外務省に抗議したついでに、TPP参加交渉したら抜けられないですか?と聞いたんですが「抜けられるんじゃないんですか、抜けられると思いますよ」
(何度聞いてもこんな言い方)とおっしゃるんです。知人からの又聞きですが、外務省から「抜けられない」と言われたそうです。
これからも抗議するので何人かの人に聞いてみます。
時間帯によって出る人が違うので。
経産省にも抗議して少し脅さないと。
「参加なんかしたらおばさんだって、爆弾持って突っ込んで行きたい。(半分本気)テロが起きますよ」
議員にはやはり選挙ですよね。
最後に必ず「参加したら参院選落としてやるからな。売国土」にこれからは
テロを加えます。
言葉は激しくです。
自民党本部への抗議は、すべて反対意見だそうです。
女性が言ってました。

工作員の中に朝鮮人いますね。根拠ないです。勘です。

投稿: とくめい徳子 | 2013年2月27日 (水) 02時32分

こんばんは

WJFさんにはブレを感じません。WJFさんは綺麗事も言いません。日本を本気で考えてると感じます。

日本人は歴史から切り離されてしまった事にすら気付かない人が多い様ですね。
戦後世代は親子で無意識に反日っぽい感覚を持っていたり、没日本民族性を継承して風習などと疎遠になり、更に欧米の習慣の劣化コピー生活に染まってたりだと思います。

親子でですから、自分達の現状に違和感や不自然さや正体不明さを感じなくなってる気がします。


日本がどういう歴史を持っていて、自分達がその歴史と繋がってる事に気付いたら、これほど魅力に溢れた国もないだろうと感じるはずです。(積極的にではないですが日教組教育歴史観に染まっていた私がそうでした)
私は保守という物がどういう物か分かったようで分かっていませんでしたよ。反日を叩けば保守という事ではないですね。韓国を叩く事が小気味良く思えて痛快で、そんな人を支持して自分は保守だと勘違いしそうでした。

本当の保守政党。保守を理解する国民。日本が日本に成りきれる日が一刻も早く来て欲しいです。豊かな精神を湛えた国に帰れたら本当に素晴らしい事でしょう。

投稿: KENKEN | 2013年2月26日 (火) 21時13分

今は、少しでもマシな政党、少しでもマシな政治家を選択しているにすぎないですが、それでも細い細い希望の光をなんとか途切れさせないよう、未来に繋げるように、私もがんばります。WJFさんの米国や安倍総理、保守議員へのお考えには、同意です。難しい政治の話はなかなか分かりませんが、分からないなりに、柔軟で広い視野を持ち続けたいと思っています。いつもWJFさんを応援しています。

投稿: てる忍 | 2013年2月26日 (火) 17時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« WJFプロジェクトの新しい役割 | トップページ | 目覚めつつある人々 »