« 政府は必ずウソをつく | トップページ | NINJA指令015号: 【緊急警告】大きな怒りの声をあげてください【TPP】 »

2013年1月29日 (火)

洗脳された世代

洗脳された人たちは、自分が洗脳されているとは気づかない。

こう書いている私自身が、何かの意図をもった人々がでっち上げたある物語によって洗脳されている可能性もあります。

どうして洗脳は怖いのか。それは、その物語をでっちあげた人々の利益のために、私たちの行動がコントロールされてしまうからです。

私たちは今、気づかない間に、洗脳されていないでしょうか。あらゆる種類の洗脳から「目覚め」、自由にものを考えているのでしょうか。

戦後の日本人は次のように教えられてきました。

「アメリカが軍国主義から日本を解放し、自由と民主主義を与えてくれた」
「戦後は、ソ連の核の脅威から日本を守り、経済を発展させ、豊かな生活と平和をもたらしてくれた」
「アメリカは同盟国だ。アメリカこそ真の友人だ」
「これからは、アメリカは、日本と手を組んで、中国という悪の国家を包囲し日本を守ってくれる」
「だから日米同盟を強化していこう」

いまでも多くの日本人はこのように考えています。
「保守」と呼ばれる立場の人たちもそうです。

しかし、上の物語は、はたして真実でしょうか。

私は、上の物語はでっち上げだと思います。真実はこうです。

「日本ははめられた」
「日露戦争では、米英は、日本に莫大な金を貸し付けて、自分たちの駒として日本を都合良く利用した挙げ句、日本が戦争に勝っても、日本には賠償金を一銭も受け取らせず、おまけに、日本が満州利権を手に入れたとたん、手のひらを返して日本を仮想敵国と見なし始めた。」
「日露戦争の勝利以降、日本の潜在的な国力は、アメリカに大きな脅威と感じられるようになった」
「日本を包囲し、日本が宣戦布告をしなければならないところまで日本を追い込んだ。」
「日本人の上に雨あられと爆弾を落とし、貴重な文化財をゴミのように焼き、原爆で何十万もの同胞を焼き殺した」
「戦争が終われば、自分たちが犯してきた悪行は棚に上げて、正義の解放者であるふりをし、自虐的な歴史観と『自由と民主主義と個人主義』という彼らの価値観を日本人に植え付け、日本人から自国を守る武器と誇りを奪い取った。」
「1948年以降、対日戦略が友好的なものに変化したのは、中国の共産化と共に、中国を友好国とすることができなくなった結果、日本を資本主義に成功した豊かな親米国家に育て上げて『共産主義の防波堤』として利用する必要が生じたからであり、決して反日的なアメリカの本質が変化したからではない。」
「冷戦終結と共に、『共産主義の防波堤』としての日本の戦略的価値が消滅すると、今度はアメリカを追い越さんばかりに成長した日本の経済力自体が、再びアメリカにとって脅威と感じられるようになった。」
「その結果、アメリカの友好的な対日戦略は、冷戦終結と共に転換され、90年代以降は、執拗な内政干渉を通じて、日本経済を漸次弱体化させ、その富を回収する対日戦略を取り続けてきた。」
「日本経済の弱体化とその富の回収をねらったアメリカの戦略の実行を日本国内において担わされたのは、主に自民党政権であった。(自民党は、その結党以来、アメリカのCIAの傀儡であったことは、機密解除されたアメリカの公文書が示している歴史的事実である。)」
「90年代以降の、日本の弱体化と富の回収をねらったアメリカの対日戦略も最終段階に至り、いまやTPPと道州制により、完全な日本の解体を目論んでいる。」
「日本を解体し併呑しようとしているアメリカの意図に気づかず、日本に対して友好的だった時代のアメリカの記憶をいまだにひきずっている戦後教育に洗脳された日本人が、民主党への不信感、高まる中国の脅威、韓国への嫌悪感などから、自民党を盲目的に支持し、アメリカへの傾斜を強め、TPPや道州制による日本解体に加担しようとしている。」

アメリカがでっちあげた、ばかばかしいウソと洗脳の上に築かれてきたのが、「戦後レジーム」なのであって、そこから脱却するということは、歴史の真実を知り、いかに自分たちがだまされていたか、洗脳されていたかに気づくことからはじまらなくてはなりません。

で、あるにも関わらず、「戦後レジームからの脱却」という言葉を振りかざしながら、あいも変わらぬ対米従属の外交を続け、アメリカに50兆のお金を貢いで「日米同盟を強化」し、それによって「中国包囲網」という冷戦構造の焼き直しを推進しようとし、天皇陛下を侮辱した隣国を「自由と民主主義」というアメリカから植え付けられた戦後的価値観を共有している国だと誉め称え、デフレ脱却を行うといいながら同時に大企業に有利な消費増税を押し進め、道州制を導入して国家の機能を弱め、再び国際金融資本に儲けさせようとする。

この自己矛盾に満ちた政権は「戦後レジームからの脱却」という言葉の意味を深く考え、本当にそれを実現しようとしているのでしょうか。「戦後レジーム」から脱却するどころか、むしろそれを強化しようとしているように見えるのは私だけでしょうか。

憲法を改正しようとしているのはわかります。しかし、「自由と民主主義こそ至上の価値だ」と、アメリカから教わった戦後的価値観を振りかざすのであれば、現行憲法と何も変わるところはありません。また、集団的自衛権の行使を可能にし、日本の軍隊をアメリカの駒として活用することを可能にするための憲法改正ならば、それは、「戦後体制からの脱却」でしょうか、あるいはその強化でしょうか。

日本を取り戻す

誰から日本を取り戻すのでしょうか? アメリカの支配から日本の独立と自律性を取り戻すのでなくて、どうして「戦後レジームからの脱却」が可能なのでしょうか? 「戦後レジームからの脱却」といいながら「日米同盟を強化する」という。矛盾した二つのことを平然と掲げる安倍政権が、どこに私たちを連れて行こうとしているのか、私にはさっぱり理解できません。


« 政府は必ずウソをつく | トップページ | NINJA指令015号: 【緊急警告】大きな怒りの声をあげてください【TPP】 »

「保守」とか何か」カテゴリの記事

コメント

Fugenさん、それならなおさら「戦後レジームからの脱却」だの見かけ倒しのインチキなスローガンを掲げて、国民が煽動されている今の状況はだめだということになります。おっしゃる通りであり、国民の間に独立への願いと気概と合意が満ちあふれていき、政治家が下からあおり立てられるぐらいにならないと、日本の独立は果たされません。そのために私も動画を作り、熱心に語っていきます。世界は戦略と策謀とウソと洗脳にあふれていますから、他国の戦略に踊らされずに、裏の意図を読む目は政治家も国民もたなくてはならないと思います。人々の合意だけで行き当たりばったりにうまくできたのは、日本が他国との交渉がなかった時代の話です。実際、明治以降、外国と交渉するようになってからは、日本人はだまされっぱなしではないですか。特に戦後はそうです。冷戦終結後はさらに輪をかけてそうです。今のままだまされ続け、利用され続けるままでいいわけがありません。TPP、道州制、消費税、集団的自衛権、日米関係の強化。この、愛国保守を擬装した対米従属の新自由主義政権は、明らかに日本をアメリカに、これまで以上に徹底した形で組み込もうとしており「戦後レジーム」の脱却どころか、その一層の強化を図っています。「やつら」の戦略とウソに国民が気づき、洗脳から目を覚まさないとないと、これまで以上にひどい外国人による日本人搾取が待ち受けています。

投稿: WJF | 2013年1月30日 (水) 07時47分

WJF様
欧米的な戦略・ビジョンの基本とは「特定目的を達成するために、前提を明確にして一貫した視点をもつこと」だと、私は思います。そして、日本に欧米的な戦略・ビジョンを求めるのは無意味だと思います。最初からできないのですから。
なぜなら、そもそも日本の意思決定のやり方というのは、特定の戦略・ビジョンに基づいて行われるのではなく、その場の合意形成の積み重ねであり、日本のリーダに求められるのは、皆を特定方向に導くことではなくて、皆の意見を調整することだと思います。簡単にいえば、欧米のトップダウン志向に対して日本はボトムアップ志向。基本的な文化特性が違うのですから、「日本も欧米のような戦略・ビジョンをもつべきだ」ということ自体がナンセンスだと、私は思います。できないことを、求めても最初からダメ。とにかく冷徹に、日本の特性=長所・短所を見極め、他国との違いを認識することからしか道は開けないと、私は思います。

投稿: Fugen | 2013年1月30日 (水) 01時10分

そういえば英露はグレートゲームを中近東で展開していましたね。日英同盟は当時の大英帝国にとっては極めてローリスクハイリターンの政策だったと思います。
>「実」を作ってしまってから、後から「名」を修正する。その方が賢明ではないでしょうか。
改憲ばかり頭にありましたが、確かにそちらのほうがしたたかですね。色々と御教授頂き有難うございます。

投稿: bizen | 2013年1月30日 (水) 00時40分

Fugenさん、怒るなと言われても「戦後レジームからの脱却」などといいながら、あべこべの方向に駒を進めつつある安倍政権と、それを熱烈に支持している人たちを見ると怒らざるを得ないんです。

投稿: WJF | 2013年1月30日 (水) 00時39分

WJF様

 確かに、お気持ちはわかりますが、「日本のあり方を怒っております。」といっても仕方がないですよ。私は、自分のブログで、洗脳の実例を書いています。

『『唯一の被爆国』の虚妄:プレスコードによる洗脳の実例 』
http://ameblo.jp/fugen-blog/entry-11451076454.html

WJF様もGHQによる洗脳に関する問題意識があるならば、GHQの言論統制の実態などを究明すればいいだけだと思います。山本七平は宣撫工作などの実態を明確にしていますし、江藤淳は「閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本」で、GHQの言論統制を明らかにしています。まずは、先人に学ぶことが大事ではないでしょうか?

投稿: Fugen | 2013年1月30日 (水) 00時36分

私は、ひねくれものですから、通説と逆のことを語りたがる性格なのですが、集団的自衛権の行使を禁じた現行憲法の第九条は、日本の独立と中立のためには大変都合がよい。解釈改憲のまま、軍備を増強し、核兵器保有までいけばよい。改憲を日本に促しているのはアメリカですが、今のまま自衛隊が日本軍になっても、米軍の駒になってしまう可能性が極めて高いと思います。朝鮮情勢が緊迫化していますが、朝鮮戦争に自衛隊や日本軍が巻き込まれたりしたら、たまったものではありません。今こそ、彼らに押し付けられた憲法を逆手に取って協力を拒否することも、日本の本当の独立に向けた、一つの有効な選択肢ではないかと思います。憲法を改正して「これから日本は軍備を増強します」と宣言して、軍備を増強するのではなく、軍備を増強して先に「実」を作ってしまってから、後から「名」を修正する。その方が賢明ではないでしょうか。アメリカに指示された通り憲法を修正したところで、「戦後レジームからの脱却」にはつながりません。見かけのごまかしであり、アメリカの掌に載せられている現実は何も変化しません。安倍政権が「戦後レジームからの脱却」などといって国民を煽っているのも、結局アメリカの希望通り、憲法改正を実現させて、日本に負担を負わせたいだけなのであり、日本のためではない。そんなものにだまされて乗っかってはならないと思います。

投稿: WJF | 2013年1月30日 (水) 00時25分

bizen様

 国際情勢は、非常に複雑で、日本を軸にして、日露戦争、米英の日本に対する資金援助などという視点だけからは、真相把握は難しいと思います。私の記憶では、東洋史学者の宮脇淳子先生が、YouTubeで日露戦争に関して次のように話されていたと思います。

「日露戦争当時の英国は、帝政ロシアとアフガニスタンの利権争いをしていた。英国を有利にするには、極東で日本と戦争をさせるのが有効である。理由は、ロシアの戦力が分散されるからである。日本が勝とうと負けようと英国にとってはどうでも良い。」

 当時の国際情勢を俯瞰して考える必要があると、私は思います。

投稿: Fugen | 2013年1月30日 (水) 00時21分

レスありがとうございます。オレンジ計画は初耳でした。確かにこれはひどいと思います。日本がハワイをほしがってたなんて被害妄想というしかないですね。ハワイ王国が御皇室と婚姻関係を結ぼうとしていたことを言っているのでしょうか・・・。でもあれはハワイの方が縁談を持ちかけていたのに。ですが、日露戦争で賠償金をとるのはロシアの残存兵力からいって無理だったと思います。ロシア側も賠償金を払いたくないからあれこれと外交テクを行使したようですし。
http://www.k3.dion.ne.jp/~karafuto/tayori4.html
私もWJF様のおっしゃるとおり日本はもっとアメリカに警戒感を持って(敵視まではいかないでいいと思いますが)自立の気概を持って欲しいと思います。そのためにはもっと外交力を磨き、自衛隊を強化拡大し国防軍に昇格する必要があると思います。下手にやると米軍の駒らしさが増すだけになるでしょうから、(イラク戦争みたいな戦いに陸上部隊を実戦参入させてトラブルに巻き込まれるのは避けたいです。)巡航ミサイル原潜といったシーレーン防衛用の(米軍の小間使いに転用しにくい)重装備を導入して欲しいです。

投稿: bizen | 2013年1月30日 (水) 00時07分

Fugenさん、米英がひどいことをしたと怒っているのではなく、洗脳から抜けきらないまま他国に依存と従属をいつまでも、いつまでも、続けようとしている日本のあり方を怒っております。日本をだめにしてきた元凶は、特に冷戦終結後、アメリカから独立する絶好の機会を失し、ビジョンもないまま、従来の対米従属をだらだらと続けたことであり、これを今方向転換しないと近い将来亡国が待っていると思いますが、国民の意識はなかなか変わりません。ほとんどの人は現在の日米関係のままでよいと思っています。だから対米自立という問題を真剣に考える政治家もほとんどいません。対米自立が、国民すべての悲願にまで高まらないと日本の本当の独立はいつまでも果たされないと思います。そしてやがて国そのものがなくなってしまいます。

bizenさん
私のひねくれた見方ですが、日露戦争は、次のように理解しています。
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-2982.html

投稿: WJF | 2013年1月29日 (火) 23時23分

下4つのご意見には賛同しますが、
>「日露戦争では、米英は、日本に莫大な金を貸し付けて、自分たちの駒として日本を都合良く利用した挙げ句、日本が戦争に勝っても、日本には賠償金を一銭も受け取らせず、おまけに、日本が満州利権を手に入れたとたん、手のひらを返して日本に敵対した。」
これは微妙に違うような・・・。米英の資金と援助がなければあの戦争を持ちこたえることができなかったのではないかと思います。帝政ロシアのユダヤ人差別(ポグロムとかもうホロコーストレベルですよ。)に反感を持っていたユダヤ系米英商人が日本の戦債を買い支えたというエピソードもあります。ちろん米英は自国の利益誘導のために日本を援助することにしたわけですが。賠償金も、ロシアのスタミナを考えると無理だったと思います。満州利権獲得後のアメリカの手のひら返しも、援助と引き換えに満州利権を山分けするという約束を小村寿太郎外相が破ってしまったことが原因ではないかと、以下のサイトを見て思います。
http://vaccine.sblo.jp/article/14969390.html
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe150.html#04
しかし、私のこの認識も100%正しいという自信はありませんので錯誤があったらご教授下さい。

投稿: bizen | 2013年1月29日 (火) 22時56分

 あなたが、「真実はこうです。」と怒りを込めて(?)の下記ご指摘には思わず笑いがこみあげました。甘すぎる!!と思います。

 
 「日本ははめられた」、「手のひらを返して日本に敵対した」、「日本を追い込んだ。」、「価値観を日本人に植え付けた」、「日本人から金をむしり取ってきた。」。。。

 当たり前でしょう。どの国でも、自分勝手な国益を追求しているだけですよ。
 米国であろうと中国であろうと、韓国・北朝鮮であろうと、どこの国でも、「友愛」でも「真善美」でもなくて、ひたすら「国益」を追求しているのですから。嘘八百並べ立てて自国を正当化し、脅迫・破壊・殺戮あらゆる手段で、自国の国益を追求しているのが国際情勢の実情であり、歴史的な事実だと、私は思います。国際舞台は、宝塚歌劇団のように「清く正しく美しく」を追求する舞台だと勘違いしている方が特殊なのですよ。逆にいえば、日本人に、いまだに勘違いさせている、GHQの宣撫工作は「いい仕事しましたね」と私は感心しています。

 国際舞台では基本的に、日本的な「お互い様だから譲り合おう」、「成熟した大人の関係を築いていこう」などの考え方は、外国につけ込まれて、日本の国益を損なうリスクが非常に高いと思います。
 但し私は、日本的な発想は、素晴らしい美徳だとは思います。ですから、弱肉強食の国際情勢を直視して、「友愛」だのとの勘違いや妄言で日本の国益を損なわないように、私なりに情報発信していき、日本独自の素晴らしさを少しでもアピールして行きたいと思います。

投稿: Fugen | 2013年1月29日 (火) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 政府は必ずウソをつく | トップページ | NINJA指令015号: 【緊急警告】大きな怒りの声をあげてください【TPP】 »