« 洗脳された世代 | トップページ | シンガポール政府、慰安婦像の建立を拒否 »

2013年1月30日 (水)

NINJA指令015号: 【緊急警告】大きな怒りの声をあげてください【TPP】

NINJA指令015号:
【緊急警告】大きな怒りの声をあげてください【TPP】


安倍政権は、アメリカに、関税撤廃のいくつかの例外品目を認めさせる交渉を行い、妥協を引き出(すふりを)して、TPP参加を表明するだろう。それが既定のシナリオである。

年頭から、私は、ずっとそのように皆さんに警告してきました。

その通りになってきています。

TPP、例外品目確保に「一定の感触」…経産相

茂木経済産業相は29日の閣議後記者会見で、環太平洋経済連携協定(TPP)の参加問題を巡り、関税を維持する例外品目を確保できる可能性があるとの認識を示した。

茂木氏は26日、訪問先のスイスで米通商代表部(USTR)のカーク代表と会談した際、例外品目が認められるかどうかについて、「一定の感触」を得たという。両者の会談は30分程度行われ、TPPに対する考え方などについて意見交換した。

自民党はTPPについて、「『聖域なき関税撤廃』を前提にする限り、交渉参加に反対」との公約を掲げて衆院選に臨んだ。コメなどの例外品目を確保できる見通しになれば、日本の早期交渉参加への道筋も見えてくることになる。

(2013年1月29日19時17分 読売新聞)


TPP、関税撤廃の例外要請 日米首脳会談へ調整

政府は29日、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に関し、2月下旬の日米首脳会談に向けて米政府に関税撤廃の例外品目を認めるよう要請していく方針を固めた。オバマ米大統領が柔軟な姿勢を示せば、安倍晋三首相も交渉参加に踏み出しやすくなるとみている。

(日経新聞)

まもなく、アメリカは日本の要求に折れるふりをします。そうなれば、日本が参加を拒否する理由はなくなります。安倍政権も、日本の農業を守る努力をしたというアリバイを作って、堂々とTPPに参加できるわけです。

みなさん、どうか、今立ち上がってください。
怒りの声を張り上げてください。
目を覚ましてください。

だまされてはだめです。


« 洗脳された世代 | トップページ | シンガポール政府、慰安婦像の建立を拒否 »

TPP」カテゴリの記事

コメント

日本経済新聞を中心に、大手新聞メディアは全てTPPを推進しようとしているように感じます。
WBSでもTPPの話題の中でメリットとデメリットを示しているように見えましたが、明らかにTPPを薦める構成となっております。
日本農業新聞くらいでしょうか?しっかりTPP反対を謡っているのは?
http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=2039
憤慨するばかりはなく、こちらも行動してみます。

投稿: ひで | 2013年2月 1日 (金) 23時04分

歴史は繰り返すですね。スーパー301条を覚えていますか?
あの時は、半導体を米国に売る為、試験衛星以外の人工衛星は国際競争入札になりました。つまり米国製の衛星を買うことになりました。成長途上の分野なのでダイレクトに影響を受けた人は少ないでしょうが、安全保障にかかわる技術です。
今回は、コメが半導体に置き換えられ、人工衛星が医療に置き換えられるのでしょうか?スーパー301条を忘れられない私はTPPに反対です。

投稿: とほほ | 2013年2月 1日 (金) 20時41分

JAグループが作ったTPPの動画は秀逸だと思います。
http://www.youtube.com/user/JAgrouptpp?feature=watch

投稿: カズ | 2013年2月 1日 (金) 19時41分

TPP反対の陳情を出した先の内、地元の自民議員から回答ありました。

=QT=
***様

貴重なご意見有難うございます。

TPPに関しては、国民の皆様のお立場により
賛否が大きくわかれるところであり、
大変難しい課題であると考えます。
昨日の衆議院本会議における安倍総理の答弁にもありましたように
「聖域なき関税の撤廃には応じられない」というのが
自民党のスタンスであります。
引き続き対応していくものと承知しておりますので
ご理解賜りたいと存じます。
=UNQT=

食の安全保障もさることながら、保険・金融の分野でもTPPは大きなリスクを持っていると理解しておりますが、その点は言及されておりません。
これだけでは何とも言えないですが、やはり一部品目の関税が維持されればTPPへの参加は吝かではないと取れます。
引き続き反対の陳情を出し続けます。

投稿: PAG | 2013年2月 1日 (金) 19時17分

>野田聖子 総務会長

普通に考えれば、ここが一番TTP阻止に動く気がしますが、
一説には売国右翼3人衆(安倍晋三首相・小泉純一郎元首相・小沢一郎民主党前代表)全員から信頼が厚く、
2005年、小泉純一郎首相・安倍晋三議員らと悪巧みして平沼赳夫議員らを粛清してしまった経歴もあって、正直、安心できません。

特に安倍晋三首相・小沢一郎民主党前代表の2人は、一部ではTTP反対に見せつつ、実はTTP賛成、
しかも、どちらも先鋭化してしまった狂信者が「安倍はTTP反対だ」「小沢はTTP反対だ」って、この様な連中が一番厄介です。

それでも、請願するだけの価値はあると思いますが、後でどんでん返しが起きない様、相当注意しなければなりません。

最後に、TTP阻止の注意点として、
・FTA賛成・TTP反対と言う意見は本質的にTTP賛成と同じなので注意しましょう。
・戸別所得補償制度はTTP・FTAとセットだから、戸別所得補償制度を推進する議員にも注意しましょう。

以上。

投稿: 牧野弘幸 | 2013年1月31日 (木) 22時06分

地元麻生派の自民議員に反対意見を出してきました。自民の中の保守派議員中心に意見を出します。

投稿: PAG | 2013年1月30日 (水) 19時11分

とりあえず首相官邸と自民党にTPP反対の意見を出してきました。

投稿: 蒔絵 | 2013年1月30日 (水) 17時03分

WJF様 提案します

皆様に、具体的に訴えましょう。
内閣閣僚、自民党の有力議員の方々もWEBページをもっていいて、ブログをやっている方もいます。私が調べた結果は、下記の通りです。そこで、投稿の具体的な文案を作って、皆様に声を上げるのをお願いしてはいかがでしょうか?

怒りが入っていても良いが、それ以上に大事なのは、TPPの問題をキッチリ認識しており、反対理由が明確なことだと思います。

--------------------------------
投稿先候補一覧(例)
--------------------------------
【第2次安倍内閣】
●安倍晋三 総理
http://www.s-abe.or.jp/contact/contact
●麻生太郎 副総理・財務・金融相
http://www.aso-taro.jp/(投稿先みつからない)
●茂木敏充 経済産業相
http://www.motegi.gr.jp/action/action.html
●林芳正 農林水産相
http://www.yoshimasa.com/
●甘利明 経済再生相
http://www.amari-akira.com/
●稲田朋美 行政改革担当相
http://www.inada-tomomi.com/ (投稿先みつからない)

【自民党3役】
●高村正彦 副総裁
http://www.koumura.net/(投稿先みつからない)
●石破茂 幹事長
http://ishiba-shigeru.cocolog-nifty.com/
●野田聖子 総務会長
http://ameblo.jp/seiko-noda/
●高市早苗 政務調査会長
http://rep.sanae.gr.jp/

【有力議員】
●小泉進次郎
http://ameblo.jp/koizumi-shinjiro/entry-10312785725.html

投稿: Fugen | 2013年1月30日 (水) 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 洗脳された世代 | トップページ | シンガポール政府、慰安婦像の建立を拒否 »