« 自殺・消費税・アメリカ国債・対米従属 (3) | トップページ | TPP議論加速を指示へ 首相、再生本部で関係閣僚に »

2013年1月24日 (木)

米議会「第2の慰安婦決議」推進の見通し

アメリカ連邦議会が第2の慰安婦決議を推進しているそうです。

米議会「第2の慰安婦決議」推進の見通し

【ワシントン聯合ニュース】第2次世界大戦中の従軍慰安婦問題をめぐり、米連邦議会が2007年の下院決議を補強した「第2の決議」採択を推進する見通しだ。

 下院外交委員長のエドワード・ロイス議員(共和党)は23日、ニューヨークの韓国人団体「韓米公共政策委員会」の代表団と会い、「第2の慰安婦決議」に賛成する意向を示した。

 米下院は2007年7月、旧日本軍による慰安婦の強制連行について、日本政府に謝罪を求める決議を満場一致で採択した。

 韓米公共政策委員会のイ・チョルウ会長が、同年の決議採択から何も変わっておらず、あらためて採択が必要だと訴えると、ロイス議員は「決議の共同提案に加わる」と即応したという。

 また、民主党議会選挙対策委員会(DCCC)の委員長を務めるスティーブ・イスラエル議員も同日、イ会長らと会った席で決議を提案する考えを示した。

 民主・共和党指導部の実力者とされる両議員が支持の意向を表明したことから、米議会で約5年ぶりに超党派的な慰安婦決議が採択される可能性が強まった。

 韓米公共政策委員会は決議の内容と関連し、2007年の決議の大枠を維持する一方、旧日本軍による慰安婦募集の強制性を認めた「河野談話」の見直しに反対する文言が含まれるよう、議会に働きかけていくという。

 イ会長は韓国人記者との懇談会で「第2の慰安婦決議の推進は、韓日関係の改善を通じた韓日米3カ国の関係発展を目指すためのもの」と説明した。

昨日、自殺・消費税・アメリカ国債・対米従属 (3)という記事で、冷戦終結以来、いかに日本が3方向から包囲されてきたか、また、特にここ20年間の日本の政治(主に自民党による政治です)がいかに、この3方向からの力に有効に対処できず、無力に膝を屈して日本の国力を弱めてきたかを指摘しました。

また、20年間失政を重ねてきた自民党が、民主党がひどかったというそれだけ理由で、過去の失政に対する総括も一切行わないまま免罪され、あたかも真の愛国保守政党であるかのごとき誤解と盲目的な支持を受け、その批判すらタブー視されている現在の異常な状況に対する憂慮の念を、何度も申し上げてきました。

安倍首相は2007年4月28日、ブッシュ大統領との首脳会談で、慰安婦問題に関して次のような謝罪を行っています。

「慰安婦の方々が非常に困難な状況のなかで辛酸を舐められた、 苦しい思いをされたことに対して、人間としてまた総理として、 心から同情をいたしておりますし、 またそういう状況に置かれていたことに対して申し訳ない。20世紀は人権が侵害された時代、21世紀は人権侵害のない素晴らしい世紀にすることに日本は貢献したい。このことについてをブッシュ大統領に話した次第であります。」

安倍首相は、元慰安婦の人たちに「同情」しても、「申し訳ない」と謝るべきではありませんでした。慰安婦制度の下で、いくつかの違反事例が発生したのは事実ですが、日本政府が直接、それらの違反行為を意図したり命令していたわけではないからです。

この安倍首相の謝罪の後、世界中の議会(アメリカ、オーストラリア、オランダ、カナダ、EU、フィリピン等)で、慰安婦問題について日本を糾弾する決議が次々に採択されていきました。

先日皮を剥ぐアメリカ、肉を食らうロシア、骨の髄に食い込むシナという記事で、アメリカ、カナダ、オーストラリアといった移民国家では、中国や韓国からの移民が急増しており、この傾向はこれからも続いていく。今後ますます中国化し、韓国化していくであろうアメリカに、日本がこれからも依存を続けることは、中国や韓国による間接的な支配に道を開くものである、という問題を指摘しました。この慰安婦決議に見られるような米国による反日の動きは、今後ますます苛烈さを増していくでしょう。

安倍政権は、「中国包囲網を形成するために日米同盟を強化する」という外交方針を打ち出し、多くの国民がこれを支持していますが、一方で「戦後レジームからの脱却」を唱えながら、他方で対米従属を続けようとすることは、自己矛盾以外の何ものでもありません。依存と従属を続けようとすれば、慰安婦問題などで謝罪せよという彼らの圧力に屈し続けなくてはなりません。復興にも国土強靭化にも充てられるであろう50兆円で、アメリカ国債も買わなくてはなりません。

アメリカからも「中華」からも静かに離脱し、独立した力と地位を獲得する。反米になるのでもなく、反中になるのでもなく、親米になるのでもなく、親中になるのでもなく、これらの国々と等しい距離を保って生きる。その必要性に多くの国民が目覚め、腹をくくるべき時だと思います。このような自立した日本の姿を願う国民が増えなければ、それを実現しようとする政治家も現れないでしょう。アメリカにも寄らず、中国にも寄らない自立した政治を説く政党が、共産党ぐらいしかない日本の現状は異常であり、情けない限りです

一身独立して一国独立す。

国民の間に独立への気概が漲っていかなければ、日本はいつまでも、こづきまわされ、むしりとられていくばかりです。日本人はいつになったら目覚めるのでしょうか。いつになったら自分たちが持っている素晴らしいポテンシャルに気づき、それにのみ依り頼んで国を再建しようとするのでしょうか? 中国や韓国や民主党の悪口ばかりを言い、アメリカや自民党に対しては無批判で、べたべたと依存して済まそうとしている子どものように未熟な段階から、いつになったら日本の保守は脱皮し成長するでしょうか。いつ日本人は腹をくくり、自分たちの足で再び立ち上がるのでしょうか?

20130125_54846

慰安婦動画。説得力のある、よりよい動画になるように格闘を続けています。
慰安婦決議を封じられるように全力を尽くします。


« 自殺・消費税・アメリカ国債・対米従属 (3) | トップページ | TPP議論加速を指示へ 首相、再生本部で関係閣僚に »

慰安婦問題」カテゴリの記事

コメント

慰安婦問題についてアメリカの議員は実は真実を知っているという話を片山さつき議員がしていました。これについては日本側に理解を示すが竹島問題に関しては、かなり韓国寄りの発言に変わってきてしまっていると嘆いていました。アメリカの中枢だって知らないはずがありません。日本を封じ込めるために、いつまでも日本には戦争犯罪者でいてほしいのでしょう。こんな卑怯なまねを許すわけにはいきません。早く慰安婦の脱神話化のDVDの完全版をまずは駐日大使のルース大使あてに、そして、アメリカの議会に送ってやりたいです。絶対に反論できないような「穴があったら入りたくなるくらい恥ずかしくなるような」内容のDVDの制作、期待しています。

投稿: 福助 | 2013年1月25日 (金) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自殺・消費税・アメリカ国債・対米従属 (3) | トップページ | TPP議論加速を指示へ 首相、再生本部で関係閣僚に »