« 「真の保守」とは何か | トップページ | 海外からのメッセージ »

2012年12月 8日 (土)

情報戦とオセロゲーム

情報戦は、いくつかの点で、オセロゲームに似ていると思います。

オセロのルールは、

1. 相手は好きな場所に石をおけて、それを「やめろ」と言うことはできない。相手が一旦置いた石を取り除くこともできない。
2. しかし、相手の石を挟み込むことによって、石の色を変えることができる。

情報戦も、

1. 言論の自由が認められているこの世界で、反日的なプロパガンダをまき散らす相手に「やめろ」ということはできない。相手の出版物、動画、芸術作品、モニュメントなどを取り除くことはできない。
2. しかし、上手な対処の仕方で、それらのものがもつ意味を変質させ無効化していくことは可能である。

いくつかの実戦例を考えてみましょう。

(1)相手が石をある場所に置きました。

(2)これに対抗して、こちらが、負けじと、その隣に石を置きます。
●○

すると次に何がおきるでしょうか。

(3)当然、相手は白い石を黒い石で挟み込みます。
●○●

(4)するとこちらのおいた石はひっくりかえされてしまいます。
●●●

日本も情報戦において、このやり方でやり込められている事例が多くあります。上の実戦例での決定的な禁じ手は、相手の手を打ち消そうとして、相手の石の隣に石を置き、対称的な構図を作ってしまったことです。
●○

禁じ手1: 相手の手に直接反応したり、相手と張り合ったり、相手の石のとなりに石を並べてはならない。

具体例を挙げるなら、今年の夏に起きたニコンサロンの慰安婦写真展騒動。

(1)相手が石をある場所に置きました。
(ある韓国人写真家が慰安婦の写真展をニコンサロンで開くと発表しました。)

(2)これに対抗して、こちらが、負けじと、その隣に石を置きます。
(たくさんの人たちがニコンに抗議をし、写真展は中止されることになりました。)
●○

(3)当然、相手は白い石を黒い石で挟み込みます。
(韓国人写真家がニコンを訴えると共に、海外メディアが大々的にこの出来事を報じました。)
●○●

(4)するとこちらのおいた石はひっくりかえされてしまいます。
(結局写真展は開かれることになったばかりか、「事実を隠蔽しようとする醜い日本人と、真実を世界に伝えようとする正義の韓国人写真家」という間違った図式が世界に大々的に報道されて世界中の写真家が日本やニコンを批判するようになってしまいました。
●●●

オセロのルールを知らないと、相手が黒い石を置いたのだから、こちらも対抗して白い石を置かなくてはいけないと考えがちですが、対抗して石を並べたところで、相手の石をひっくり返すことはできないばかりか、このように逆にこちらの石がひっくりかえされてしまいます。

現在韓国人たちは、アメリカに慰安婦の碑を次々に増やしています。オセロでいうとこんな感じでしょうか。
●●●●●●●●●●

しかし、上手に挟み込めば、
○●●●●●●●●●●○

相手の石の数が多いほど、形勢は簡単にそして劇的に逆転します。
○○○○○○○○○○○○

オセロのうまい人ほど、ゲームの中盤までは相手に石をどんどん取らせます。そして盤面が相手の石の色で埋め尽くされたところで、鮮やかに石をひっくり返してしまいます。

石を取り除こうとすることよりも、石の色(意味)をひっくり返していく、そこに知恵をしぼっていくことが必要であると思います。

今年は、パリセイズ・パークに国会議員の方たちが訪問して、慰安婦の石碑の撤去を要求する出来事もありました。石碑の撤去をアメリカ政府に要求する署名も行われました。嘘だらけの石碑を取り除こうとした方たちの思いは当然なものであり、偽りを正し日本の名誉を守ろうとするその行動は大変貴いものですが、オセロゲームで相手に「そんなところに石を打つな」といって、相手の石を取り除こうとすれば、フェアな戦い方でないのと同じように、情報戦においてもこれはフェアな戦い方ではありません。単にフェアでないというだけでなく、相手の石を取り除こうとした時点で、敗者の判定を下されてしまいます。

実際、パリセイズ・バークで石碑の撤去を要求した国会議員の行動は、アメリカのFOXニュースで、恥ずべき行動として、全米に大きく報じられてしまいました。

禁じ手2: 相手の石を取り除こうとしてはならない。

情報戦とは、相手に反日プロパガンダをやめさせること、またそれを除去することではありません。(残念ながらそれは絶対に不可能です。)相手の発する情報や主張の意味を変質させ、無効化させていくこと、そのことが情報戦の目的であり、このゲームの唯一の正しい戦い方です。

オセロと同じように、盤面が相手の石で埋められていくのははがゆいものです。しかし、席を離れたり、この戦いを放棄することは許されません。相手が嫌な手を打ったからといって、相手の石を取り除いたり、盤面をひっくり返すこともできません。我慢強く盤面と向き合い、相手の石をひっくり返せるように知略を尽くしていくしか道はありません。

このゲームは非常に時間がかかる。手間がかかる。面倒くさい。頭脳戦であり、地道で粘り強い努力が必要である。しかし、このゲームのルールをよくよく知悉して、このゲームに参加してくださる有能で我慢強いプレーヤーが、日本にはもっともっと必要です。


« 「真の保守」とは何か | トップページ | 海外からのメッセージ »

情報部隊NINJA」カテゴリの記事

コメント

オセロ理論には「なるほど」と唸らされました。

一方で
「外国/外国人に対してはすぐに反論しないと、非を認めたと見なされる」
という話も耳にするので、匙加減が難しいところです。

投稿: たかたろ | 2013年3月31日 (日) 01時13分

もうご存知かもしれませんが、
韓国系団体が、ニューヨーク州およびニューヨーク市でも
慰安婦決議を進めているようです。
韓国はさぞかしオセロを敷き詰めて喜んでいることでしょう。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0107&f=politics_0107_006.shtml

WJF様、慰安婦神話の動画の続編をよろしくお願いいたします。

投稿: モナ夫 | 2013年1月 7日 (月) 12時54分

アイスコーシーさん、囲碁も効果的な比喩ですね。相手に囲い込まれないようにしながら、相手をうまく囲い込んでいくこと。そして、相手の主張を特殊なもの、異常なものとして際立たせていくことは有効な方法だと思います。そのためには「正しい知識」で周りを囲い込んでいく必要がありますが、残念ながら、慰安婦に関しては、日本人の間にすら誤解が蔓延しています。昨今も河野談話がクローズアップされていますが、多くの人たちが「河野談話は嘘が書いてあるから日本政府がこれを否定しなくてはならない」と誤解しています。実際は「河野談話」は、誤解を生むような方法で書かれているものの、それほど事実とかけ離れたことが書いてあるわけではありません。日本政府がこれを否定することで新しい政治問題が発生してしまいますが、これではかえって敵に塩を送るようなものです。必要なのは慰安婦問題を、歴史学という本来の土俵に戻し、「脱・政治問題化」させていくことであり、再び、政治という土俵の上で騒動を起こすことではありません。この点について、「政治家の仕事と歴史家の仕事」と題する下の記事を多くの方たちにお読みいただけたらと思います。

http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-807b.html

新しく「安倍談話」が出るという話もありますが、そもそも歴史に関する談話を日本政府が発表すること自体、政治の範疇を逸脱した行為であり、余計なことだと私は考えています。政治家の役割と、歴史家の役割はしっかり区別されるべきであり、仮に政府がこのような歴史に関する意見表明をするのであれば、政府が直接行うのではなく、専門の歴史家から構成される第三者機関を設置して、その第三者機関に見解を述べさせるべきです。政府が談話を出すことで歴史観は固定されてしまいます。歴史は開かれた学問の場で議論され、常に更新されるべきものであり、政府が談話を出すことで一つの歴史観が固定されるべきではありません。極力、歴史を政治問題化させないように、また既に政治問題化しているものについては「脱・政治問題化」させるような努力と配慮が必要です。

また下の「あったとなかったの間」という記事もご覧ください。あまりに多くの人たちが慰安婦に関する話は全部嘘であり、問題などなかったのだと誤解していますが、「問題が全くなかったわけではない」というのが事実です。まずは日本人がこの問題をもっと正確に理解していくことが必要だと思います。

http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-b692.html

投稿: WJF | 2013年1月 6日 (日) 15時44分

オセロでなく囲碁で囲めばいいじゃん
反日主張に直接反発するのではなく遠方から囲い込めばいいじゃん
その代わりその反日主張は否定しなくてもいいけど絶対認めたらいけない

投稿: アイスコーシー | 2013年1月 6日 (日) 01時43分

このうれしいメッセージを寄せてくれたニュージーランドの女性も、確かに日韓併合についての誤解が解けたときに、慰安婦に関する誤解も解けたようでしたね。

http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-9c9a.html

先日、1948年の麗水・順天事件の資料をお見せしましたが、朝鮮人(韓国人)が、百万を超えるであろう単位で互いに殺し合ったのが「光復」後の韓国・北朝鮮です。併合以前は、人口の大半は、賤民であり、人間として扱われていませんでした。まちがいなく、日韓併合時代は朝鮮の歴史上もっとも平和で発展をとげた時代でした。

投稿: WJF | 2012年12月15日 (土) 02時05分

[韓国民間団体VANK 日本歴史問題伝える資料を米大統領へ]
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/12/14/2012121401129.html
欧米各国も経験豊富だしバカじゃないので、こう言った一方的主張で一国を貶める行動は寧ろ謀略であると理解しているでしょう。杞憂に終わると思います。しかしこの女性↓のように日韓史の権威を名乗るような人が反日的歴史認識で本を書いたり講義をするのは大変注意が必要だと思います。http://www.history.uconn.edu/people/dudden.php
韓国で韓国史学を研究する西洋人学者またはジャーナリストが共通して経験するのは、保身の為に韓国におもねらざるを得ないプレッシャーを受ける事です。その異常さを感じつつも、基督教的偽善の判官贔屓もしくは国丸ごと嘘つく訳なんか無いと信じる純真無知さからか、まだ反日親韓的歴史認識の人が後を絶えません。最高学府で捏造歴史教えてる国ですしね(苦笑)。
http://www.atimes.com/atimes/Korea/NG18Dg01.html

そろそろ日本も「日韓併合」をもう一度ちゃんと総括して海外に向けて日本の立場を説明する時機に来たのではないでしょうか。竹島・慰安婦・旭日旗、全ての問題は結局ここに帰着する気がするんです。ここの根本の誤解を解かない限り日本側の主張に耳を傾けてもらうのは難しいと思うのです。逆に言えば、日韓併合が(完璧とまでは言えなくとも)善政であった事実を知れば、いかに慰安婦問題が非現実的で胡散臭いものか気付いてもらえるのではないでしょうか。しょっちゅう韓国人とメールやり取りしますが、一次資料を提示して日韓併合を説明したら一発で黙ります。その程度で引き下がるような輩ではありませんが、反論の術を失った様子で効果があったのは間違いないです。
ということで時間と体力に余裕があればいつかぜひ「併合の真実」動画を作っていただきたいです。(外務省も大した仕事できないのならWJFさんに高給払って動画製作依頼すればいいのに。そしたら国民も喜んで税金払いますよ)
長文失礼しました。

投稿: Bud | 2012年12月15日 (土) 01時37分

日本は、以心伝心の文化であり、気持ちの機微や繊細な自然の移り変わりを表現するための言葉は発達しましたが、西洋のように相手を言葉で打ち負かすディベートの文化は発達しませんでした。日本の良いところであり、弱点にもなっていると思います。とくに海外に対しては、国内とは違った言葉のセンスや立ち居振る舞いが求められることもあると思います。かといって、外国の流儀にばかり合わせて、日本人らしい感覚を失ってもいけません。特に海外にむけた広報については、日本の文化と外国の文化の特徴、この双方をよくわきまえながら橋渡しできるような、幅広い素養や専門的なスキルが求められるジャンルだと思います。もっと実験とフィードバックを通じて、専門的かつ実践的に研究し、戦術を洗練させ、政治家にも提言できるような専門集団の設置が必要であると思います。WJFプロジェクトも、そのような分野で、なにがしかのお役にたてればよいのですが。現状は、政治家によっても、十分練り込まれた戦略のないまま、行き当たりばったりに表現がなされている印象を受けます。

投稿: WJF | 2012年12月14日 (金) 22時18分

「政治家のプロパガンダ能力」

期日前投票を昨日すませてきました。
統計からすると、安倍自民はバカ勝ちするはずですが、
あえて【政治家のプロパガンダ能力】について苦言を呈したいです。
安倍氏は選挙に勝つのが目的ではないはずですから。

これから、正しい政策を人々に納得させながらすすめるためには、プロパガンダ能力が問われます。
力強い民意は外国勢力の影響を跳ね返す基礎となります。(民意には暴力性がある)

まず選挙中に気になったのが、安倍氏の【大胆な金融緩和を】、【インフレ目標~%】といった言い方です。
これは直球すぎますし、効果が限られます。
わたくしがアドバイザーだったらこういう風に言ってもらいます【他国並みの金融緩和を】、【正常なインフレ率への復帰】と。(インフレ目標については紙に書いておけばいいのです)

期待される効果:

1) うすうす経済政策の変更が必要だと感じていても(なんとなく)変化が怖い金融緩和の意味理解していない多くの有権者を安心させるため。
2) 金融緩和反対派をだまらせるため。- 彼らは(なぜか)FRBやECBを批判できない。
3) 市場関係者を動揺させるため - 金融政策を180度転換させるにもかかわらず【他国並み】、【正常】、【通常】という穏健な言葉を使うということは、最低ラインが大幅に上がったことになる(他国並み=無制限)。今までの円買い/topix売り(kospi買い/topix売りも同じ)ポジションの解消を迫られる。
4) 金融政策担当者への脅迫。- 【他国並み】にやってなかったんでしょ、アナタたち。【正常】じゃなかったんでしょ、アナタたち、と。


これらは一例ですが、安倍氏は情報発信についての戦略・戦術を大急ぎで構築する必要があります。

WJFは政治家も見てると言う噂なので、あえて話題とは違いますが、カラコの【黒知恵】をココに書き込まさせて頂きました。

投稿: カラコ | 2012年12月14日 (金) 19時52分

ご理解ありがとうございます。「情報戦は相手の石を取り除くことだ」とか、「情報戦は相手に石を打たせないことだ」とか、「情報戦は相手と張り合って石を並べることだ」という誤解は非常に陥りやすいものだと思います。このため、日本はまだまだ反日プロパガンダに対して効果的な戦い方が十分にできていません。相手の罠に陥り、かえって相手を利するような事例も残念ながら多く見られます。「情報戦は相手の石を効果的に挟み込んで、その色(意味)をひっくり返すことだ」。このように情報戦が、オセロや将棋のように高度な頭脳戦であることを理解して、力まかせにやみくもに石を並べようとするのではなく、戦術的にかつ長期的に戦いに参加するプレーヤーの数がもっと必要です。相手が石を置くのをやめるときがくるとしたら、それは、私たちの強さに相手が降参して「参りました。」と頭を下げるときです。そのためには私たちがもっともっと研鑽を積んで、このゲームの腕を磨かなくてはなりません。将棋や囲碁では、試合の後、感想戦を行いゲームの流れを振り返り、最善手は何だったのかを研究します。また棋士たちは過去の棋譜から、定石(昔から研究されてきて最善とされる、きまった石の打ち方)を学びます。情報戦でもこのような研究とフィードバックが行われなくてはなりません。

投稿: WJF | 2012年12月10日 (月) 19時17分

オセロ理論、目からウロコです(カラコさんの将棋理論も)。
私たちは真実という名の「四隅の石」を既に手に握っています。
それらは絶対にひっくり返される事はありません。
好きなだけ盤の内側でのさばらせましょう。
黒石があまりに多くなったらそのウザさや不自然さに気付く外国人も出てくるでしょう。また一気に多量の黒石がひっくり返ったときのインパクトは計り知れません。どんなキッカケで何が起こるか分かりません。キムヨナに対する嫌疑かも知れませんし、PSYのYouTube工作がバレる時かも知れません。図に乗せればいつか絶対に自滅します。
イソップ童話の「牛とカエル」「オオカミと少年」を思い出しました。

投稿: バッド | 2012年12月10日 (月) 10時53分

こちらに転載されたものがありますが、ご覧になれますか?
http://www.youtube.com/watch?v=4LbVeadjSbo
Rachさんのこの動画もご活用ください。
http://www.youtube.com/watch?v=VvFk2fPHHnk

WJFプロジェクトにとって、今年は慰安婦問題の年となりましたが、来年は南京事件に挑戦したいと思っています。

投稿: WJF | 2012年12月 9日 (日) 07時29分

初めまして。海外在住で、日頃から外国人に日本に関する歴史捏造の説明をする機会が多々あります。最近も、中国在住の米国人が中国政府プロパガンダ受け売りで「南京大虐殺」とわめくので、Tamagawaboat氏の "The Fake of Nanking"リンクを送ろうとしたところ、Youtubeに削除されてました。南京関係は、中国は勿論、シンガポールでも閲覧できませんでした。今後、こうした重要な歴史資料は無数にミラー・サイトで間断なく御掲載願います。また、YoutubeやGoogleは、戦時中の米中共謀の反日プロパガンダの伝統を今だに維持してるので、こうした米系サイトに依存しないグローバル・サイトも立ち上げていただきたいと思います。今後とも、御活躍宜しくお願いいたします。

投稿: 憂国の在外研究者 | 2012年12月 9日 (日) 06時31分

あのような石碑が建てられてしまうことの前提として、世界の人々が既に慰安婦神話を信じ込んでいるという現状があります。韓国人が石碑を建てれば、それに目を奪われ、対症療法的に「なんとかしなければ」と考えがちですが、私たちがなんとかしなければならないのは、あの石碑(=病気の症状)よりも、世界の人たちが慰安婦神話を信じ込んでいるという現状(=病気の原因)の方だと思います。世界の人々の認識が変わらない中で、石碑をどうにかしようとすることは、病気を治療しないまま、症状だけを取り除こうとするのと同じく、本末転倒であり、かえって誤解や反発を招いてしまいます。また仮に石碑の隣に私たちの主張を書いたものを置いて、「世界の人々が慰安婦神話を信じ込んでいる」という病気の根本治癒にはつながるでしょうか。韓国人は私たちに反応させようと挑発するために、あのようなアクションを起していますから、それには直接反応しない。その代わりに、彼らのアクションとは無関係に、それにふりまわされることなく、情報発信を継続的に行い、慰安婦問題を正しく理解する人々の数をこつこつと増やし、病気の根本的治癒に努めていくことが一番必要なことだと思います。慰安婦問題を正しく理解する人々の数が世界の中で増えていけば(病気から回復すれば)、あのような石碑(症状)も自然と消えていくと思います。「急がば回れ」という発想が必要だと思います。

投稿: WJF | 2012年12月 9日 (日) 01時40分

ネットで見た意見なのですが、

図書館に慰安婦や南京事件の肯定した本や雑誌があるなら、
撤去するのではなく、否定意見の本を置くように要求する。
拒否したら平等性がない、と批判すればいい。
とありました。

同じように撤去要求ではなく石碑の横に日本の意見を記したものを設置するように要求したら良かったのでしょうか?

投稿: 彩星 | 2012年12月 9日 (日) 00時33分

さすがは策士カラコさん。「おぬしも悪よのう」と言わせていただきます。日本人は総じてまっすぐな人が多い。それが情報戦では相手にやりこめられてしまう結果になりがちです。裏部隊の活動よろしくお願いいたします。

投稿: WJF | 2012年12月 8日 (土) 21時22分

将棋も例えに使えます。
即ち、敵の駒を壁に使って相手の王が逃げられないようにする。そして詰みへと導く。

敵兵を捕虜にする必要も、転向させる必要もない。むしろ元気に宣伝活動をさせておいた方がいい。
すでに機能していない固定観念/パラダイムにすがらせるように仕向け(縛り付け)、それを壁として、足かせとして利用する。

外部環境をオセロでひっくり返しながら、内部を将棋で破壊する。
すべてが、相手の力、行いを利用する、と言うところが味噌ですね。

オセロは表部隊、将棋は裏部隊の担当でしょう。

投稿: カラコ | 2012年12月 8日 (土) 20時18分

いつも、ツイッターを使って地道に動画を拡散してくださり、本当にありがとうございます。韓国人のアクションに対症療法的に反応するよりも、地道に粘り強く周辺を囲い込んで外堀を埋めていくことが最も有効な方法であると思います。必ず大きな成果につながっていくと信じています。これからもどうぞお力をお貸し下さい。

投稿: WJF | 2012年12月 8日 (土) 09時19分

私もツイッターで韓国人と遣り取りしましたが、韓国人を怒らせただけで無駄に終わりました。
ところが、竹島問題や慰安婦を呟く外国人に動画を見せると、理解を得られました。
真正面から韓国人と遣り取りせず、多くの外国人を日本に賛同してもらえば良いと、解かりました。
主に竹島問題を呟く外国人に動画を見せて、多くの外国人から理解を得られました。
従軍慰安婦問題を呟く外国人は少ないのですが、インドネシアの人はjugun ianfu と呟くので動画を見せて理解を得ています。
韓国政府は、海外の大手報道機関に竹島を公開しましたが、失敗に終わりました。
これ以来、竹島問題を呟く外国人はめっきり少なくなりましたが、韓国政府は独島関連予算を増やす予定なので、再び外国人が呟く可能性が高まります。
こうなれば、こちらも外国人に呟けますね。

投稿: 琢 | 2012年12月 8日 (土) 09時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「真の保守」とは何か | トップページ | 海外からのメッセージ »