« 現代日本の「事大主義」と「良賤制」 | トップページ | 浅田真央選手を守れ(9) »

2012年12月23日 (日)

ちょっと一息

ちょっといらいらしていけませんね。ここは一息、気持ちを落ち着かせましょう。

こないだ「于山島は独島ではない」ということを自分で調べてくれたアメリカ人を紹介しましたが、彼からこんどは慰安婦問題について質問が送られてきました。韓国のつく嘘に興味がありいろいろと調べている様子です。

一つの問題について韓国の嘘に気づくと、「他の問題についても嘘をついているに違いない」と連鎖反応的に、関心が広がっていくようです。

20121223_174641_2

慰安婦について説明してくれ

韓国人が慰安婦について主張しだしたのは正確にいつからだい? 日本政府が過去に謝罪と懲戒を行ったことは知っている。慰安婦の話のどの部分が疑わしいと日本人は主張しているの? 韓国人は同じ主張を繰り返しているのか、最近の主張に何か新しい要素は加わったのか、どっち? 韓国の謝罪要求の背後にはどんな歴史があるんだい? 状況についてもっとよく知りたいんだ。

何か日本側の主張を説明する英語のWebサイトはあるかい? 慰安婦についてもっと読んでみたい。

こういうニーズに応えられるよう、なんとかウェブページ制作までこぎつける予定です。

慰安婦神話」の完成も急いでいます。どうぞお待ちください。

(追記)
いつも広い見識から有益な意見をいただいているカラコ様より、「竹島の日」問題に関して、少し冷静になれたコメントをいただきましたので、皆さんにも紹介させていただきます。

多分、ココに来てる人は結構覚めていて、安倍氏を崇拝しているようなタイプは、あまりいないと思います。 (前回の安倍政権での米中韓のプロパガンダに対する対応はまずかった) ただし、今回は彼(と周辺)もかなり戦略的で、日銀を突破口として衆参をとり~そして、という道がかなり見えてると思います。

したがって、わたくしの考えでは、参院ではまだ数で負けてる状況ですから、ねじれを解消することに専念するのは、
間違っていないというか、正しい選択だと思います。

韓国に関して言えば、パク大統領の娘さんとは言え(だからこそ)反日に時間とともに傾いていくのは目に見えています。
なので、日本の経済、政治の強化ができた暁には、こちらからいつ仕掛けて(いきなり軍事力ということではない)もいいでしょう。
(日本大復活の場合は、向こうが事大してくる可能性が高いですが・・)
マオ国(中国のこと)に関しては、東アジアに2国大国が存在する事は出来ないということを、彼らは知っていますから、
今後は、どちらが滅びるかという勝負しなるでしょう。
CIAの統計によると、経済が停滞したとしても、今の体制が続く限りマオ国が数十年以内にGDP世界一になるのは
ほぼ間違いないとしています。18、19世紀と違ってGDPをそのまま国力と言っていいので、これは世界にとって脅威です。
ただし、今のマオ国(大陸)は、また歴史を繰り返すのか、いつ白蓮教徒が暴れだしてもおかしくない状況です。チャンスだと思います。
(単純計算ですが国が5つに分かれれば、GDPは1/5です)

そもそも、米中韓が日本に対して今のような高圧的な態度をとるようになったのは、先日の年表のとおり、
冷戦終了前後、特にバブル崩壊後からです。
某国のように先軍政治、核開発で逆転ホームランにょうなことは、正常な人間には出来ませんので、
1)経済大復活→2)政治安定→3)軍事力強化 と正しい順序で進めていけばいいと思います。
何しろ、バブル崩壊(実際は冷戦体制崩壊)以降、(1)の経済復活の段階で滞っていた訳で、
ここを突破しないと何もはじまらないという事になります。

安倍自民に意見していく事は必要ですが、【安倍生ぬるい】式の論調による混乱は外国が喜ぶ展開でしょう。
むしろ、【習近平生ぬるい】、【朴生ぬるい】と言う声が海の向こうから聞こえてくる展開にしないといけません。
日本がなんにもしていない(ように見える)状況で向こうが手を出してきた時が、ものすごいチャンスなので。

カラコより♪

あと、トップページのコメント欄でちょっとケンカをしてしまったIさんからも、すばらしい意見をメールでいただきましたので、これも紹介させてください。人の意見は落ち着いて耳を傾けなくてはいけませんね。

韓国人や中国人のプロパガンダとどのように闘うべきか、非常に難しい。アメリカにはもう●●年ほどいますが、歴史的にも日本人にたいする無理解・侮蔑・差別(私個人の経験を言っているのではなく一般に)は、今もやはりあります。一般のアメリカ人は日本人を嫌っているとまでは言えないし、むしろ韓国人や中国人とは異なる優しい正直な国民だと思われているでしょうが。 近年の日本政治の混迷、経済金融問題、アメリカの戦後一貫した日本統治戦略、私が列挙するまでもなく、困難な状況はご承知のことと思います。意識ある日本人が力を合わせることは大切だということには、素直に賛同できます。しかし、ここは戦略的にやらないとかえって日本の孤立を招いてしまい、戦前と同じような羽目に陥る危険性がある。日本の外には、ことアメリカには、日本人には到底理解できないような、いや日本人であるからこそ理解できないものがあるのです。ただし、この「戦略的に」ということは、実は単なる方法を言うのではない。われわれの精神のあり方の問題でもあるのです。欧米資本が韓国を全般的に支配し、なりふりかまわず日本を政治・経済・文化から系統的に弱体化しようとしているわけで、韓国人によるプロパガンダにどう対処すべきかという課題を超えた巨大な問題にわれわれは直面しているのです。それも、日本人にはそのような危機があまりよく見えていない。たとえば、真実ということに日本人は真摯でありすぎる。そのナイーブな真摯さは、われわれにとっては美しいものではありますが、価値体系が異なるアメリカでは、また世界では、見下すべき、侮蔑すべき弱さであり、その弱さを利用すべきともみなされることもあるのです。韓国は、そして中国も日本も、東アジア「紛争」でさえ、ある目的のために利用されている面があり、「アメリカ(ある意味、だれと特定できない)」が、そして世界が、韓中の「うそ」にだまされる、あるいは事実を知らないだけであるというようなことは、ありえません。では、プロパガンダで対抗できるのか?そういうことでもないでしょう。ましてや、韓国人のやるようなことは、日本人にはできないでしょう。われわれは彼らのような価値体系をもたないのですから。嘘はつけないのです。しかし、これがあれが事実だと真実だと主張することでかえって窮地に追いやられることもありうるわけで、ですから、日本精神を堅持しつつ、日本人にしかできないようなかたちのコミュニケーションを創造していかなければなりません。

非常に深い指摘だと思いました。


« 現代日本の「事大主義」と「良賤制」 | トップページ | 浅田真央選手を守れ(9) »

WJFプロジェクト」カテゴリの記事

コメント

私も、自民党のこれまでの体制が続くならば我慢が出来ないと思っていましたし、自民党へ批判のメールを送りましたが、
まず、竹島の日について好機を逃すことについて、そして外交については「少し我慢して、参院選後の自民党が実効する公約に期待して欲しい」、という方々の意見、そしてカラコさんも言われる戦略について考えてみると、自民党保守の方々に期待したい、自民党の経済優先戦略は今回納得する気持ちのほうが勝りました。
良い方向へ向かうと嬉しいですが・・。

投稿: 日本は危ない | 2012年12月24日 (月) 00時37分

かの国の経済に関しては、そうそう順調にのびていくとはおもえないですよ。
ただ、もし彼らが周辺国を次々と併合しながら拡大していけば可能でしょうね。中国の経済はすでにバブルの崩壊の危機をはらんでいます。
現在は国の政策で表に出さない不良資産(過剰設備、過剰在庫、不動産バブル)と、資源の枯渇(水不足や、海洋汚染による水産資源枯渇、食料不足、エネルギー不足)は確実にやってくる。
おまけに高齢化のスピードは日本をあっという間に抜き去ると言うことです。
だからこそ、彼らは、思想でも何でもなく、飢えにより資源を求めて拡張政策をとる。それに備えなければ、日本は中国にのみこまれる。

投稿: ednakano | 2012年12月23日 (日) 23時30分

小渕さんを襲った運命が、安倍さんを襲わないことを願います。正しい経済政策を行おうとした政治家は「なぜか」抹殺されていますから。それほどに困難な課題であり、日本の敵にとっては実現されたら困る課題であることはよくよく認識しています。それとも、中国の経済力が相対的に大きくなった今、1990年代の状況とは変わっていますか?

投稿: WJF | 2012年12月23日 (日) 23時11分

WJF 様

さっきNHKの【日本国債】ってドラマ(?)を見ましたが、スゴイ反自民、反安倍、反日の番組でしたよ(笑・・
やっぱり夏までは、全力で安倍氏を支えた方がよさそうです。

安倍政権を短命にすれば、安倍氏と、今回リスクをとって彼のまわりに集まった政治家も皆殺しにできます。
完全に既存メディアはそれをねらっています(あんまりこのドラマ(?)が露骨なので私でさえビックリしました・・・)

敵は【最後の聖戦】だと思ってるようです。チャンスです(笑 しめしめです。
ここを突破できたらデカイです、相手は後がないと自ら教えてくれてる訳ですから。

カラコより♪

投稿: カラコ | 2012年12月23日 (日) 22時59分

まっつんさん、「事大主義」的政治を長く司ってきた過去の腰砕けの売国自民党の姿を私たちはよくよく知っていますので、その姿と重なり失望感につながって私も含めて多くの方が怒っているのだと思います。自民党は変わったのだということを、単なる言葉ではなく、実行として、私たちが日々感取することのできる新政権になることを強く期待します。おとりなしよろしくお願いします。

投稿: WJF | 2012年12月23日 (日) 22時11分

ご紹介されたコメントは、非常に落ち着いた指摘をされていると思います。
私も、WJF様の影ながら応援し、ネットのみならず、実生活の場面でも拡散に努めさせて頂いております。

そして、感情的には『中韓討つべし』とも思っていますが、いま、強硬路線を辿れば、世界の反感を買い、かつ、人命が危機にさらされる危険性もあるのではないかと思います。それは、WJF様も望むところではないのではないでしょうか?

日本が本来持っている日本人の誇りと伝統、そして、経済力を取り戻せ
ば、それだけで中韓は瓦解するでしょう。
非常に地道な戦いですが、自民党内では
・特定外国人永住権廃止
・放送法改正
・憲法九条改正
・共謀罪設立
・スパイ防止法設立
・日銀法改正
・教育基本法改正
などが現在検討されているとの事です。

メディアが敵対勢力に組みするのであれば、私どもは手を取り合いながら、お互いを強化し、働きかけ合う必要があるのではないでしょうか?
自民党内への働きかけは私が行っていきます。ちょっと伝手があるので。
折角芽生えた芽を私は叱咤激励をしながら、大切に育てていきたいと思います。

投稿: まっつん | 2012年12月23日 (日) 21時54分

紅葉さん、恐縮です。大切に活用させていただきます。紅葉さんも、どうかよいクリスマスをお過ごし下さい。

投稿: WJF | 2012年12月23日 (日) 19時47分

本当にわずかですが寄付しました。動画制作などにお役立て下さい。
自分は2010年ころから始まった韓国アイドルのテレビ局の異常なごり押し、特にNHKのトップニュースで韓国のアイドルが来日したことを報道したことにさすがに異常に思い、ネットで調べて行くうちに目が覚めました。直後は正直日本のあまりに絶望的な状況に知らなければよかったと思いました。しかし今は台湾、パラオ等の親日国を知ることができ、日本を誇りに思えることができ本当に良かったと思います。また素晴らしい日本を守るために自分自身行動できるようになりました。
明日はクリスマスイブなのでWJFさんも大切な人と楽しい時間を過ごしてください。

投稿: 紅葉 | 2012年12月23日 (日) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 現代日本の「事大主義」と「良賤制」 | トップページ | 浅田真央選手を守れ(9) »