« ちょっと一息 | トップページ | 覚醒した一人の同士に寄せて »

2012年12月24日 (月)

浅田真央選手を守れ(9)

浅田真央選手の問題を通して、日韓の問題のカラクリを考え、正しい対処法を探るシリーズ九回目です。

浅田選手の全日本選手権の優勝、おめでとうございました。
リラックスした、すてきな笑顔が見られていますね。100年前の日本人を描いた下の記述そのままの笑顔です。

「日本を旅すると、人々の持つある種の陽気さに慣れてくる。日本女性の目は、ほとんど常に愛想の良い快活さが宿っており、楽しそうにきらめいている。そしてこちらもつい微笑み返さずにはおれなくなる。彼女たちにとっての人生は、まるで遊びやピクニックであるかのように見える。 」(G. W. ギルモア, 1892)

本題に入りましょう。

清王朝に事大した李氏朝鮮。

20121224_204949

日本に事大した日韓併合時代。

20121224_204941

現在の韓国・北朝鮮の国際関係は下のように描くことができるのではないかと思います。

20121224_195627

韓国・北朝鮮の他国への意識や態度をいくつかのパターンにまとめると、四種類の態度が浮かび上がるのではないかと思います。

(1)事大する
(2)王位を競う
(3)搾取する
(4)蔑視する

本論ではあくまで、韓国・北朝鮮の「(3)搾取する」態度が向けられる日本との関係に集中して考えたいと思います。さて、韓国はどうして執拗に歴史問題を日本に問い、そして賠償を求めるのでしょうか。次のように考えられないでしょうか。

「お前たち日本人は犯罪者であり、戦争に負けて失墜した元支配者であり、今や賤民の地位に貶められた身分である。したがって、我々はお前たちを搾取する資格があるのだぞ」という身分の違いを、繰り返し、繰り返し、私たち日本人に再確認させるためであると。

類似した例として、韓国の歴代大統領が退任後や任期の末期に、投獄されたり追放されたり死刑判決を受けたり暗殺されたり自殺に追い込まれるなどの過酷な運命を経験しなくてはならないことを思い出していただくと、彼らのこの感覚は分かりやすいかもしれません。朝鮮では、犯罪者や、失墜した前王朝の支配階級は賤民の地位に転落しました。退任した大統領は、他の国では尊敬の対象となりますが、朝鮮の伝統的な思考では前王朝の支配者は「賤民」として扱われます。日韓併合時代に「支配者」であった日本人も、今や同じ感覚で見なされていると考えることはできないでしょうか。

また韓国はどうして、わざわざアメリカで反日プロパガンダにいそしみ、日本の「戦争犯罪」に関する話を執拗にばらまこうとするのでしょうか。かつて事大していた中華王朝から、賤民たちの搾取や生殺与奪の資格を与えられてように、現在の事大先であるアメリカから、いまや賤民の地位に身を落とした日本人から搾取し生殺与奪する資格を保証してもらおうとする、彼らの伝統的な事大主義の姿勢が反映されていると考えることはできないでしょうか。

反日プロパガンダを通して、彼らが世界に、ことに現在の事大先であるアメリカに対して執拗に訴えようとしていのは、実は次のメッセージではないでしょうか。

「日本人は犯罪者であり、失墜した我々の前王朝の支配階級である。したがって今や彼らは我々の賤民の地位に身を落とした。我々は彼らの搾取と生殺与奪の資格を得たのだ。そのことを認めていただきたい。」

日本人が、どうして「賤民」として、韓国や北朝鮮の一部とみなされるのかといぶかしく思われる方もいるかもしれせんが、中国の「征服王朝」の例を思い起こしてみてください。モンゴル人や満州人のように、中原の地に足を踏み入れて支配者となった民族は、王朝が倒れて、元々の土地にもどったあとも、最終的には中華の一部に組み込まれてしまいました。例えば、「駆除韃虜、恢復中華 (満州人を駆除し、漢民族の国家を回復する)」をスローガンにしていた辛亥革命によって清王朝が倒れたあとは、一転、スローガンは「五族共和」に置き換わり、モンゴル人や満州人たちも「中国人」にさせられてしまいました。今の中華民国(台湾)ですら、モンゴル国の全域すらも中華民国の正当な一部であると主張しています。私たち日本人には理解できない感覚ですが、これが中華的意識です。

この中華的意識を、現在の韓国人や北朝鮮が何らかの形で引き継いでいるとしたら、彼らが、一旦は朝鮮の支配者の地位にあった日本人を、いまや「賤民」階級に身を落とした自分たちの一部であるかのように感じているとしても、なんら不自然なことではないのではないでしょうか。

北朝鮮による拉致問題も、このような文脈の中で理解すると分かりやすいかもしれません。日本人が彼らにとっての「賤民」階級なら、拉致して彼らの目的のために奴隷のように働かせることなど彼らにとっては当然のことです。

「対称性の構図」の中に、私たち日本人を執拗に組み込み搾取しようとする彼らの姿勢、執拗なパクリと起源主張、賠償要求、彼らがアメリカに建てようとする無数の慰安婦碑、日本海という名前を消し去ろうとする態度、北朝鮮による拉致問題、これらすべての韓国や北朝鮮による「反日的」と呼ばれる行動の背後には、「事大主義」と「良賤制」に由来する、私たち日本人を「賤民」として見なし扱おうとする意識が深層に隠れていると考えることはできないでしょうか。


« ちょっと一息 | トップページ | 覚醒した一人の同士に寄せて »

マスコミ」カテゴリの記事

コメント

石ころ様、ご紹介くださり、ありがとうございます。こちらのシリーズも完結させなくてはなりませんね。

投稿: WJF | 2013年1月 9日 (水) 18時39分

WJFプロジェクト様、「浅田真央選手を守れ」のシリーズ、興味深く拝見させていただいています。

今日のブログで、2行ほど引用させていただきましたので、事後報告になってしまいましたがご報告させていただきます。一番最後の部分で引用させていただいてます。

http://momolunafever.blog64.fc2.com/blog-entry-1443.html

投稿: 石ころ | 2013年1月 9日 (水) 17時53分

最近連続投稿された「浅田真央選手を守れ」と題する考察の中で次の問いかけがありました。
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
さて、韓国はどうして執拗に歴史問題を日本に問い、そして賠償を求めるのでしょうか。
次のように考えられないでしょうか。「お前たち日本人は犯罪者であり、戦争に負けて失墜した元支配者であり、今や賤民の地位に貶められた身分である。
したがって、我々はお前たちを搾取する資格があるのだぞ」という身分の違いを、繰り返し、繰り返し、私たち日本人に再確認させるためであると。
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
これについての感想を述べたいと思います。様々な要因が絡み合っていると思いますし、答えは1つではないとは思いますが、色々な人の著書やWEBサイトを読み考えた結果、私が今までで一番納得がいったのは名越二荒之助氏のHPの説明でした。 是非とも共有したいと思い、以下転載します。
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
中韓両国の恐日症

戦後日本は次第に中・韓両国から内政干渉をされてきました。
教科書問題から最近は靖国神社まで。
私は特に韓国には度々行きますので、親しい人が多いのです。
自宅を訪問した時などには、本音を聞かせてくれます。
彼らは日本が恐ろしいのです。

彼らは言います。
「今はおとなしく、呆けた格好してお詫びばかりしているが、
 『世をしのぶ仮の姿』で、日本人が本当に目を覚ましたら恐ろしい。
 あれだけの大戦争をやって最後まで戦った。
 太平洋からインド洋にかけて、あんなスケールの大きい機動作戦を
 敢行した民族はこれまでいなかった。
 日本人が目を覚まして本気になったら何をするか判らない。
 靖国神社は日本人に内輪ゲンカさせるのに格好の材料だ。
 日本人が一つに団結したら何をするか判らない。
 内輪ゲンカさせておかねば、枕を高くして眠れない」と。

私が、
「毛沢東は朝鮮戦争の時、韓国を侵略したではないか。
 なぜ中国に抗議しないか」
と言うと、

「中国は強いし怒るからできない。
 しかし日本人はすぐお詫びする。
 いつまでも頭を押さえておかねば危ない国だ。
 日本人の魂を眠らせておく必要がある。
 日本人に教えてあげよう。
 中韓両国に文句を言わせない方法がある。
 それは日本がもっと強くなることだ。
 日本人が強くなったら韓国はみんな親日に変わるよ。
 かっての日韓がそうであったように」と。

名越二荒之助 公式ホームページ より 中韓両国の恐日症
http://nagoshi2showa.web.fc2.com/two.html#2-13

名越二荒之助 公式ホームページ トップ
http://nagoshi2showa.web.fc2.com/index.html

世界に生きる日本の心
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/nagoshi/nagoshi.htm
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 
台湾の李登輝元総統も2007年9月に開かれた「第6回産経李登輝学校」にて次のように発言されました。
「靖国問題とは中国とコリアがつくったおとぎ話なんだよ」
最近の若い世代の韓国人は、日本人が本当に怒った時の恐ろしさを体験的に知らないから、完全に舐めきって言いたい放題、やりたい放題やってる感じがしますが、もっと上の世代の本音は名越二荒之助氏の指摘につきるのではないかと考えております。
この認識を全日本国民が共有出来たらといつも思ってしまいます。
あまり参考にならなかったかもしれませんが、私の感想でした。
今後とも益々の活躍を期待しております。

投稿: 破邪顕正 | 2012年12月31日 (月) 04時35分

「浅田選手の所属事務所がフジテレビに絶縁状」
http://news.livedoor.com/article/detail/7269616/
当然でしょう。本来日本人選手を守って育てるべきマスコミや日本スケート連盟が逆に彼らを苦しめてきたのをずっと見ていたので、少し溜飲が下がりました。来年の世界選手権の放映権もまたフジテレビらしいですね。署名を集めて抗議などできないものでしょうか。

韓国はジャイアンに事大してのび太を見下すスネ夫みたいですよね(喩えが幼稚かなw)。目に見えるもの(名誉・地位・金・外見)だけに価値を見出し固執し、その為ならどんな手段も選ばないところもそっくり。努力もしてるでしょうが、スキ有らば必ずズルをする。
彼らと議論しててよく言われるのが「日本は敗戦したのだから全て悪い。謝罪しろ」。竹島も日本からの独立の記念品・愛国の象徴としか捉えておらず、歴史的背景や真実など彼らにはどうでもよいのです。竹島に関する彼らの主張は全て 後付け です。まさに帰納的発想ですね。歴史的に都合の悪いもの(一進会など)は全て売国奴扱い。法の不遡及の概念など全く無く、親日罪と言った事後法が平気で作られるような国ですから、議論が平行線になるのも無理はないです。

投稿: Bud | 2012年12月27日 (木) 10時08分

本来そうであるはずの、「兄」としての朝鮮と「弟」としての日本という関係が、実際にはそうなっていないという現実に対するいら立ちや葛藤ではないかと思います。韓国の人たちの考え方の特徴に、極端に「演繹的」であるという点があります。経験や現実に基づいて考えの方を修正するのではなく、ある考えに基づいて経験や現実の方を修正しようとします。共産主義をやれば、北朝鮮の人たちのように極端に教条的になり、事大先の中国ですら共産主義に見切りをつけたあとも、未だに共産主義に固執しますし、儒教を学べば中国人以上に徹底的にやるため「自分たちこそ中華の真の伝承者だ」と考える「小中華思想」も朝鮮で発生しました。韓国起源説も「朝鮮が日本に文化を教えたはずだ」という教条に基づいてすべてを説明しようとする態度の現れです。「独島は韓国の領土」と信じ込めば、どんなにそれに反する事実を突き付けられても、考えを修正できません。科学をやれば、実験データの方を自分たちの希望通りに改竄しようとします。(日本人研究者にもこのような人たちがいるため韓国のことばかり批判できませんが)。いろいろな新興カルト宗教が韓国で発生するのも、このような教条的になりやすい土壌が関係していると考えられます。ロビー活動を通して強引に自分たちの有利な状況を作ろうとするのも、強引なやりかたで韓流やK-Popを普及させようとするのも、「こうあるべきだ」という考えに基づいて、現実の方を修正しようとする強い傾向のあらわれだと思います。日本人はこれと正反対に「帰納的」であり、現実や経験に基づいて考えを形成したり、考えを修正したりします。今ある事実や現実をそのまま受け入れて「自然にゆだねる」という態度であると思います。日本人が大きな自然災害に出会っても取り乱さないのも、現実から出発する「帰納的」な態度の現れです。目標を実現しようとするときも、考え(目標)によって現実を修正するのではなく、現実(努力)によって考え(目標)を実現しようとします。

投稿: WJF | 2012年12月25日 (火) 07時01分

大変面白い考察だと思いました。私はたまに日韓交流掲示板を見るのですが、そこで日本人IDを使う韓国人をよく見かけますが、逆に韓国人IDを使う日本人はほぼ皆無です。
私は韓国人には潜在的に日本人に対する劣等感があり、彼らの悪癖である整形や詐称の一貫として、日本人IDを用いるのだと理解していました。

そういった個人レベルの話ではないのかもしれませんが、日本人を「賤民」とみなそうとする一方で、日本人の理解には及ばないような、大変な日本人に対する劣等感を持っているように思います。この韓国人の日本人に対する劣等感はどのように理解すればよいのでしょうか。

投稿: (≡^・ω・^≡) | 2012年12月25日 (火) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちょっと一息 | トップページ | 覚醒した一人の同士に寄せて »