« 『慰安婦神話の脱神話化』第一部: 実際に何が起きたのか | トップページ | 『慰安婦神話の脱神話化』 全体の枠組み »

2012年10月15日 (月)

慰安婦動画 もう一つのアプローチ

慰安婦動画に関するいろいろなご意見をいただきありがとうございました。まだまだ工夫が足りないと反省しています。

かねがね韓国のプロパガンダに対する対策としては「逆手に取る」ことが有効だと考えてきました。

地味であっても、まじめに、体系的に問題を淡々と説明した動画は必ず必要ですから、『慰安婦神話の脱神話化』はそのまま進めながら、もう一つ違うアプローチと構成の動画も作ってみたいと思います。ラフなものですが下のように韓国の慰安婦広告をそのまま使い、「かわいそうな元慰安婦のおばあさん」という彼らにとって最強の武器をこちらも活用しながら、動画を組み立てていきます。

1243986104efbb465a2090_8001
ところで、上の広告には"The Japanese government, however, has never expressed any intention of compensation or public apology for its atrocities."(しかしながら日本政府は、その残虐行為に対してなんらの償いも謝罪の意図も表明していない)と嘘ばっかり書いてあります。



これらは韓国人の元慰安婦たちである。

彼女たちは第二次世界大戦中、自分たちの意志に反して、日本軍のための性奴隷として働かなくてはならなかった。

私たちは日本国民として心からこれらの女性たちに同情する。

このような悲劇が二度とおきないよう、言葉の本当の意味でこの問題を解決するために、全力を尽くしたいと願っている。

まさにそのゆえに、私たちは真実を語り、問題の本当に原因を隠蔽している韓国の慰安婦活動家たちを批判せずにはおれない。

韓国の慰安婦活動家たちは、次の三つの偽りの主張を世界にばらまくことによって、問題の解決を妨げている。

主張1: 日本人が20万人の女性を拉致して慰安婦とした。

主張2: 日本政府こそが問題の唯一の、そして究極の原因である。

主張3: 日本政府は謝罪もしなければ、これらの女性たちに償いこともしていない。

これらの誤った主張を正すことにより、問題の心の解決を考えていこう。


『慰安婦神話の脱神話化』と同じ素材を使いますので、比較的効率よく作ることができると思います。

日本が20年間悩まされているだけあり、慰安婦問題は攻略が難しく一筋縄ではいきません。領土問題で動画を作る方がはるかに簡単です。いろいろなアプローチの動画を複数配置していく必要がありそうです。



« 『慰安婦神話の脱神話化』第一部: 実際に何が起きたのか | トップページ | 『慰安婦神話の脱神話化』 全体の枠組み »

慰安婦問題」カテゴリの記事

コメント

現物購入されてたとはw流石WJFさん。
因みに移動野戦慰安所(Bordel Mobile de Campagne)に関する記述はp126-127です。

投稿: バッド | 2012年10月27日 (土) 09時56分

Street without Joyは現物を購入しましたが、オンラインで読めたのですね。貴重な資料提供ありがとうございます。

投稿: WJF | 2012年10月26日 (金) 17時45分

もうご存知だとは思いますが
「ドイツ国防軍と売春」
http://video.google.com/videoplay?docid=898246408094898839
「Franz Seidler:Prostitution, Homosexualität, Selbstverstümmelung. Probleme der deutschen Sanitätsführung 1939-1945.」
「フランス軍移動野戦慰安所inインドシナ」
http://archive.org/stream/streetwithoutjoy031227mbp#page/n11/mode/2up
「米国軍慰安所inベトナム」
http://www.susanbrownmiller.com/susanbrownmiller/html/against_our_will.html

Comfort Woman動画で閲覧数が多いのが、サムネが裸の女性が股を開いたいかにもショッキングで人目を"魅く"もので向こうの卑劣さを改めて痛感しました。同じ手を使うなど言語道断ですが狡賢さは見習うべきものがある気がします。

投稿: バッド | 2012年10月26日 (金) 15時53分

仰る通りだと思います。欧米人は理論的/合理的/理性的に見えて実は日本人以上に感情/イデオロギーに支配され善悪二元論で判断する傾向がある気がします。この問題は理路整然と説得できるような問題ではなく、事実も複雑で、慰安婦動画を製作する際のGJFさんの苦労が偲ばれます。
元慰安婦たちの尊厳を傷つける事無く嘘を暴く難しさ。
欧米人に「お前らも慰安婦制度持ってただろ」では逆効果。でもその事実を知ってる欧米人が実は少なく、これを教えるだけでも彼らの慰安婦問題に対する認識は大きく変わります(米・独・韓人と話して経験済み)。

投稿: バッド | 2012年10月26日 (金) 15時02分

慰安婦問題に関する日本の主張がなかなか理解されないことの一因には、おばあさんたちを嘘つきと見なすことの抵抗感や、「犠牲者の痛みを思わず自己正当化に走っている」と思われがちなことがあげられると思います。

外国人に何かを伝えるには、言語の壁、文化の壁、偏見の壁、無関心の壁と、さまざまな壁を乗り越えなくてはなりませんが、領土問題などでは、わりと、論理的整合性や淡々と証拠を提示するだけで主張を展開することが可能なのに対し、慰安婦問題のような性や人の感情が絡む繊細な問題では、見る人、聞く人、読む人の気持ちを想像しながら思慮深く戦略的に論理を展開しなければなりません。

・いかに不必要な誤解や反発を避けながら効果的に説得力をもって論理を展開できるか。
・いかに、物語としておもしろく最後まで興味を失わず魅力のある作品にするか。
・「慰安婦」という大多数の外国人が進んでは動画を見たりしないだろうテーマで、いかに関心を集める動画にするか。
・いかに情報過多にならず、シンプルに視認性の高い動画にまとめられるか。

慰安婦問題は、本当に取り扱いの難しい難易度の高いテーマだと嘆息しながら作業を進めています。

おばあさんへの同情。『慰安婦神話の脱神話化』とは別アプローチと考えていましたが、『慰安婦神話の脱神話化』にもうまく取り込みたいアプローチです。

投稿: WJF | 2012年10月25日 (木) 22時45分

冒頭に同情の意を表す文面を持ってくるのはいいことだと思います。ネトウヨ(あまりこの言葉使いたくありませんが)がよく「単なる売春婦」「高給取り」と書き殴ってるのを見かけますが日本人の信頼を失い逆効果です。押してダメなら引いてみろですよね。日本人が親日国(台湾等)に対して謝罪するのは吝かでないのに中韓に対して抵抗があるのはこの心理効果ですよね。GJFさんの動画の素晴らしい所の一つだと思います。乱文失礼しました。

投稿: バッド | 2012年10月25日 (木) 14時23分

こういう動画は、ありがたいですね。
相手の主張を前提に、話をすることで「逆手にとる」ことと
同時に「受け入れた後に、相手の主張の中の矛盾を見つける」流れ
を作ります。

これは、第三者的な検証という客観性を持った印象・イメージを
外部に与えることに繋がると思います。

投稿: MARS | 2012年10月22日 (月) 11時42分

女性の尊厳などと言って慰安婦問題を国連など世界で大々的に目立たせ、日本をRaperだとののしるのは完全に日本へのネガティブキャンペーン、かっこ悪く見せたいためだけが目的のようですね。

以下の東京スポーツの記事の内容を英語で広めるだけでも大きな事だと思います・・!

韓国軍海兵隊のトンデモ体質
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/37403/

「実際に海兵隊は、かつてベトナム戦争に派遣された折、無抵抗の村人たちを大勢、虐殺する事件をしょっちゅう起こしています。これは被害に遭ったベトナム人たちの証言によって明らかになっています。海兵隊はまず村民のベトナム女性たちを集団で強姦し、その後で生きたまま井戸に放り込んで、命乞いをする彼女たちを無視して手りゅう弾を放り込んで殺すような残虐なやり方を好んで行っていました」

日本ではベトナム戦争の悲劇というと米軍兵士によるソンミ村事件が有名だが、実際には韓国海兵隊による虐殺事件の方が犠牲者も件数も圧倒的に多かったという。

「さすがに問題になって、米軍は韓国軍に詳しい調査報告を繰り返し要求したのですが、彼らは『ベトコンが我々の軍服を着て村人たちを殺した陰謀』と主張しました。でも、これが全てうそだったとその後の米軍の詳しい調査で判明しています」

投稿: 韓国のベトナムでの残虐強姦 | 2012年10月20日 (土) 19時23分

相手の主張にのっかりながら、相手の主張を崩す。
カラコさんの例の動画から、大きなヒントをいただいたように思います。
慰安婦問題でも、この手法でいろいろできそうですよね。
カラコさんの「黒い」新作を期待しています。

投稿: WJF | 2012年10月18日 (木) 16時59分

半島の慰安婦プロパガンダに対抗するシンプルな策をわたくしも考えていました。
もちろん敵の力を借りるというのは、基本です。
完成したらメールの方でお知らせします。

ところで、例の”水溜り”に対するカウンターですが、かなり成果をあげつつあり、
あちらのwebニュースに例の問題がとりあげられると、記事に10件書き込みがあれば、
2件は、わたくしの広めたい主張が書き込まれるようになりました。ブログなども増殖中です。
”正しい主張”なので、論理的かつ正義感の強い人は引っかかると思います。
(日本人が苦手なのは彼らの非論理性/ごり押しなので、こっちの土俵に引っ張ってくる意味もある)


”某広報の専門家”のサイトを見れば、ちょっと黒い思考のできる人なら利用できる素材を
たくさん見つけられるでしょう!実験として・・最も華麗な方法を考えています。


烏のカラコ より♪

投稿: カラコ | 2012年10月18日 (木) 15時22分

「日本人が自己弁明を計っている」と思われたり、「かわいそうなお婆さんたちを嘘つきよばわりしている」と思われてしまうと反発を生んでしまうことから、わざと「性奴隷」や「極悪非道の非人間的性的搾取システム」といった韓国人が好みそうな大げさな用語を多用し、韓国の主張に乗っかりながら、同時に韓国の主張を崩すのが、この「逆手に取る」アプローチのねらいです。『慰安婦神話の脱神話化』の方は、より正攻法のアプローチで仕上げようと思っています。

投稿: WJF | 2012年10月16日 (火) 15時49分

They had to work as sex slaves for the Japanese Army against their will...
っていうの、気になります。

They claim they were coerced to provide sexual services to Japanese soldiers against their will...
はどうでしょうか。
①お婆さん達が強要されたことは慰安婦(支援団体)の主張であることに言及したい
②SEX SLAVESを使うのは避けたい 
③兵士が個人的に金銭を払った(軍として払ったのではなく、あくまでも個人を相手にした商業活動だった)を暗に示したい
④coerced to provideと受動態にすることで、強要性の主体があいまいにでき、のちに 動画内でその主体を、デフォルト規定である「日本軍・帝国日本」から「当時の慰安婦を取り巻いていた諸々の状況」にシフトできる

いつもGJFさんの丁寧なお仕事を応援しています!

投稿: ちひろ | 2012年10月16日 (火) 15時26分

従軍慰安婦を逆手に取る。日本に5万人の売春婦が輸出され、中国やオーストラリア、アメリカにも輸出されています。
そして問題も起こしています。

従軍慰安婦に真っ向勝負するのはいいのですが、
現在、この売春婦、レイパーを輸出している国として
攻撃するのはどうでしょうか?

国内でも性犯罪が問題化していますが、これが韓国人の従軍慰安婦キャンペーンには邪魔な存在に思えます。

投稿: わんこ | 2012年10月16日 (火) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『慰安婦神話の脱神話化』第一部: 実際に何が起きたのか | トップページ | 『慰安婦神話の脱神話化』 全体の枠組み »