« 『旭日旗は禁止されなくてはならないか』を修正しました | トップページ | 『危機に瀕する日本 第一巻』100万回視聴達成!! »

2012年9月 6日 (木)

「憎しみに加担するな」

慰安婦問題を通して学ばせていただいたことですが、日本海呼称問題であれ、旭日旗問題であれ、韓国の反日プロパガンダを打ち消していくために、世界に発することで最も効果をあげるメッセージは、

「憎しみに加担するな」

というメッセージではないか思います。

特に、日本海呼称問題に関して、韓国人の要求のままに併記を採用している米国企業に今後このメッセージを突き付けていくことはかなり大きな効果をあげると思われます。

「韓国の併記の要求を受け入れることは、一国の憎悪に加担することになり、企業の中立性が破られる。韓国の憎しみに加担するな。」

このメッセージはかなり強い説得力を持たないでしょうか。慰安婦問題の取り組みが一段落したら、取り組みたい問題はいくつかありますが、その中の一つとして、これら日本海と東海の併記を受け入れている企業に働きかけ、また囲い込んでいく方法も考えていきたいと思います。

しかしこのメッセージが世界で効果を上げるために気をつけなければならないのは、私たちも憎悪に対して憎悪で対抗しないということだと思います。事実を知ってもらうこと、嘘や不正に対して怒ることは絶対に必要なことですが、「韓国のことをみんなで嫌いになろう」と呼びかける嫌韓的なスタンスに陥ってしまうと「憎しみに加担するな」というメッセージは国際社会の中ではたちまちに説得力を失ってしまいます。世界に事実を知ってもらうことは、最終的には韓国に成熟と反省を促していくための手段としてとらえるべき物だと思います。このことは、実際に韓国に成熟と反省を期待できるのかという問題とは離れて、世界の人たちに私たちの主張を理解してもらうための戦術として必要なことだと思います。

WJFプロジェクトの動画も嫌韓動画のように誤解されることがありますが、そうならないように気をつけたいと思います。




« 『旭日旗は禁止されなくてはならないか』を修正しました | トップページ | 『危機に瀕する日本 第一巻』100万回視聴達成!! »

韓国」カテゴリの記事

コメント

埋もれている良い記事なのでこちらに。

日本の「旭日旗」イメージ、NY市が広報物から追放を約束
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2013051829888
http://news.livedoor.com/article/detail/7688071/
http://blog.livedoor.jp/kankoku_news/archives/27170483.html

「憎しみに加担するな」
その通りだと思いますが、私は未熟なのか

>今回、「レストランウィーク」で起きた旭日旗をめぐる騒動について、韓国メディアの聯合ニュースは
「歴史問題について妄言を繰り返している日本の態度とはあまりにも違う」と伝え、
ニューヨーク市の対応を高く評価した。

何が偉そうに「高く評価」だ!捏造バカ○ョンが!!と言いたくなりますが我慢我慢…

投稿: 朝顔 | 2013年5月24日 (金) 13時58分

「憎しみに加担するな。」

なるほどそうですね。

アメリカ人らも、韓国人の言い分しか聞かずにいれば、「自分達も何かしなければ人道的に外れている事になるのかも知れない。万が一そのような評価を何処からか受ける様なことがあってはいけない。」と思ってたりするのかも知れないですね。

クリスチャンだったりすれば尚更韓国に加担してしまうのかなと想像します。

まだまだ多くの日本人も、”反戦・人権・平和・平等など”を謳ってる人物や団体には、その中身を確認することも無くほぼ無条件に賛同してしまう気質がありますし、特定の条件(言葉)に対して善意として反応してしまう所は同じかと思いました。

投稿: KENKEN | 2012年9月 6日 (木) 18時18分

Wondrousさんの、おっしゃってることは肝に銘じます。
ミイラ取りがミイラになるなということですよね。
韓国問題にかかわっていくうちに、
朱に交わればなんとやらになったら元も子もありません。

最近、思うのは韓国は憎き日本とやっているうちに、
自分たちが鬼日本、だと彼らが思っている以上に鬼化
してしまったのではないのかと言うことです。

投稿: 風 | 2012年9月 6日 (木) 18時07分

日々のご尽力、ご努力に感謝もうしあげます。
さて、「憎しみに加担するな」はとてもいい方向性だと思います。
憎しみというといかにも正当な理由なようですので、英語で言えば「negative thinkingに加担するな」とでも表現すればいいでしょうか。

でも、最近はnegative thinking というとまるでかの国がちゃんと分析して公平な判断の結果なようですので、
「無知、快楽主義に加担するな」がふさわしいと個人的に思います。
これも英語でそれだっと言霊として世間に伝わる言い方があるでしょうね。世界に共感してもらえる言葉がきっとあるはずです。

投稿: 般若 | 2012年9月 6日 (木) 12時45分

朝鮮日報 本日付版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/09/06/2012090600798.html
独島:「韓国が武力で占領」 日本の視点で報じた米誌

米国の時事週刊誌『ニューズウィーク』が、最新号(10日付)に独島(日本名:竹島)問題を扱った「韓国対日本:岩の上の外交」と題する特集記事を掲載した。執筆したのは同誌日本版の編集長で、日本は独島問題を国際司法裁判所(ICJ)で扱おうという立場だと伝えた一方、韓国については「武力で島を占領」「態度が非合理的」と指摘するなど、日本の視点で報じた。

我々は、GHQがどういう判断を下してきたか、公文書類などの資料をを強調して、もっともっと
アメリカでの世論を味方につけて行かないと行けませんね。

投稿: 日本のこころ | 2012年9月 6日 (木) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『旭日旗は禁止されなくてはならないか』を修正しました | トップページ | 『危機に瀕する日本 第一巻』100万回視聴達成!! »