« 慰安婦神話の脱神話化 | トップページ | 作業進捗(8月1日) »

2012年7月26日 (木)

慰安婦問題の論点

Rgw1606_ok_wideweb__470x3730

慰安婦問題に関する様々な意見をいただきありがとうございます。

最も巧みな嘘とは、本当のことと本当でないことをうまく混ぜ合わせた嘘だと思いますが、韓国人の元慰安婦たちは、二つのやり方でこの事を行っています。一つは彼女たちの証言の内部において、本当の話と嘘の話を巧みに混ぜ合わせているという点。もう一つは、彼女たちが朝鮮半島とは全く異なる状勢化にあった占領地の元慰安婦の証言の中に自分たちの証言をうまく紛れ込ませている点だと思います。

慰安婦というと朝鮮半島出身の慰安婦ばかりがクローズアップされがちですが、占領地で集められた慰安婦たちも存在しました。朝鮮半島ではほぼ100%慰安婦の強制連行などなかったと言えますが、占領地の女性たちについては、1990年代以降に慰安婦問題が騒動になるはるか以前、東京裁判の時点で、オランダ、フランス、中国の3か国により、7点の検察資料が提出されており、その中にいわゆる「狭義の強制連行」が、日本人の元兵士の証言として記録されています。逆に言えば数万人いたであろう占領地の慰安婦の中で7点しか告発事例がないわけで、あくまで特殊な事例であったのでしょうし、そうであるからこそ、1990年代まで大きな騒動になることもなかったのでしょう。もちろん、これらの検察資料もそのまま鵜呑みにすればいいというわけではなく、その信憑性も検証しなければならないのですが、果たして私たちとしては、「戦争中の全期間、占領地のいかなる場所においても、慰安婦制度の運用に関して違反事例は皆無であった」という主張を掲げて動画を作れるのかと言えば、これは難しいと思います。白馬事件のような事例もありますから、「違反事例があったかなかったか」と問われれば「あった」と答えざるを得ません。また、朝鮮で多かったのは就職詐欺の事例ですが、騙されたと分かり性病検査の時点で拒否したが帰してもらえなかったという事例も当時の日本人軍医の記録として残っていたり、給料が業者に搾取された例、軍票が紙くずとなった例もありますから、たとえこれらが、日本政府に直接の原因があるわけではないにしても、運用面での規律の不徹底が生み出した悲惨な事例としてこのような女性に対するそれなりの同情を示しながら説明を行う必要があると思います。

韓国人の元慰安婦たちは、占領地の慰安婦の事例の中に巧みに自分たちの証言を紛れ込ませて、あたかも朝鮮半島においても狭義の強制連行がしかも常時行われていたかのごとく吹聴したり、自分たちも慰安婦(しかもまったく強制による)をもっていたことを棚に上げて日本だけに特有の問題であるかのように宣伝したり、日本政府に全責任を帰して日本を悪魔扱い(demonize)しているわけですが、慰安婦問題の難しいのは、私たちが韓国人慰安婦たちの明らかな嘘の証言を否定しようとするときに、本当にあったかもしれない事例まで否定しているように思われてしまう点だと思います。

当然明らかな嘘については、嘘であることを明確に指摘しなければならないのですが、慰安婦一人一人の証言の取り上げ、そのそれぞれの信憑性を細かく検証するという作業が、15分程度の動画という形式に乗りにくいという問題もあります。またこの細かな作業を行って、本当にあったことと、本当にはなかったことを慎重に選り分けたあとで、「慰安婦の証言は全部嘘であり、日本の慰安婦制度には運用にける違反事例は一つも存在しなかった」と結論することができれば、そこで説明を終わることができますが、「いくつかの違反事例があった」ということになった場合、その事実を認めた上でどう日本の立場を弁明するかという困難な課題に改めて直面することになります。

そうすると、やはり行き着くのは、「現場における運用面に、複合的な理由によっていくつかの違反事例があったものの、慰安婦制度というもの自体はあくまでニュートラルなものであり、日本政府が拉致や強制連行を命じた事実がない以上日本政府に直接的な原因や責任があるわけではない。運用面において生じた様々な問題は、日本人だから起きた問題なのではなく、朝鮮の事例に関してはむしろ朝鮮の歴史的文化的な背景が引き起こした問題であり、いつの時代にもどの場所でも起きうる、そして現在まさにこの世界に起きている普遍的な問題であるのだから、これをあたかも日本に固有の問題であるかのように日本を貶めるために利用するときに、この問題の真の解決から最も遠ざかってしまう」ということを、分かりやすく合理的に説明しなくてはならない、ということになると思います。事実を明らかにするとともに、問題を普遍化するという二つのアプローチが必要になります。そして大切なのは、たとえフリや見せかけでも「客観的なスタンスの動画」と思ってもらうことだと思います。そして「慰安婦はただの売春婦」というように十把一絡げ的に問題を単純化したり、「自主か強制か」といった二元的な問いに収斂させたりする代わりに、問題を止揚し、問題の複合的な構造をなるべくわかりやすく、そのままに理解してもらう俯瞰的な視点を効果的に提供することが必要になると思います。





« 慰安婦神話の脱神話化 | トップページ | 作業進捗(8月1日) »

慰安婦問題」カテゴリの記事

コメント

慰安婦の存在自体が現在の感覚では女性に対する差別と判断されるため、当時の常識を持ち出してもなかなか相手を説得しにくいのは事実ですね。
ただ、慰安婦が日本軍特有のものではなく、日本を非難する韓国自体が朝鮮戦争以降米軍(国連軍)に提供しています。この慰安婦の調達にも騙しや、戦闘地帯からの強制があったように聞きますし、ベトナムではもっとひどいことをしています。
そういう証拠を突きつけていくことと、アメリカで訴訟をおこしし、韓国のウソを暴いていくことが一つの方法なのかもしれません。
河野談話を堂堂とHPに載せている外務省では、いまさら否定しても歴史修正主義者と非難され、公式に認めていると言われてしまう。

投稿: ednakano | 2012年8月 1日 (水) 16時34分

WJF様お久しぶりです。

韓国がやる手法は、真実にウソを織り交ぜ
それを世界中に拡散させる方法です。

すでに、竹島や日本海のみならず、
対馬の歴史のねつ造が始まっており、
本気で対馬は韓国領だったと信じる人たちも出てきています。

ウソ拡散には、根拠を示して真実を拡散させることが大事です。
拡散されたものは、注目が集まっており、ウソが認知されれば
オセロゲームのように一機にひっくりかえります。

問題は日本政府がこういった諜報戦になんら
対処してこなかったことであり、
政治家に要求すべきは諜報戦に対処する独立機関の設置を
急がせることかと思います。

投稿: おさん | 2012年8月 1日 (水) 14時06分

MARS様
ご理解ありがとうございます。
ご指摘の通り、慰安婦問題を、「自主か強制か」「慰安婦は売春婦か性奴隷か」「強制連行はあったかなかったか」というような、二者択一の問題として論じたり、「慰安婦は売春婦だった」とか「強制された事例は存在しなかった」などといった全称命題を立てしまうと、こちらは圧倒的に不利になります。相手は一例でも反例となる事例を持ち出すだけでこちらの主張を崩すことができるからです。

「慰安婦は売春婦だった」という命題を掲げて戦うよりは、「多様な事例が存在していた」という命題を出発点にするほうかはるかに賢明です。多様な事例が存在していた事実は、慰安婦の徴集方法に関して統一的な命令が存在していなかったことの根拠になり、ここから「日本政府や軍が特定の徴集方法を指定し命令していたわけではない」という命題を簡単に導きだすことができます。そうすると、制度の問題と運用の問題をはっきり二分することができるようになります。そして「運用上どんな違反事例があったとしても、制度を設けた日本政府の責任ではない」という命題を導きだすことができます。そうすると、相手が何を言っても、もはや日本を貶めるプロパガンダを展開できなくなるようになります。さらに、制度の問題と運用の問題それぞれの普遍性を示すことができれば、慰安婦問題は、日本を貶める手段としては完全に無効化されます。

投稿: WJF | 2012年7月29日 (日) 00時54分

WJF様 お疲れ様です。貴方の論理的なVIDEOは、非常に勉強になります。
WJFさんの論理展開は、慰安婦議論を対:海外、韓国勢と展開していく上で、経験的にかなり使える印象を持っています。

私も、以前は、慰安婦問題で、「売春婦」的な言動で論理を相手にぶつけていましたが、
実際には、向こう側は、それに個別事象をぶつけてきます(例:スラマン事件、国連報告など)。そのような展開になった場合、その個別事象一つ一つを反証して潰していくために、
こちらは、細かい調査作業に膨大な時間を費やされ、返信の遅れ、さらに、二項対立に追い込まれます。
二項対立の図式に追い込まれると、議論は平行線と見られますし、その時点で、論理的に優位であろうと、第三者からは、言い訳にみられます(戦争犯罪なので)。

つまり、個別事象をぶつけられる論理展開をした時点で、その議論は不利であると、経験上感じるようになりました。
それから、「その個別事象自体、我々は既知である」という攻め方に変えると非常に、論理展開しやすくなりました。

その理由は、その後に続く、「日本政府は一般的事象としてそれを抑えようとしていた」という論理に対する物証が多く、容易に提出できるからです。

また、K勢は狭義と広義の強制をごちゃまぜににして、押し出してくる特徴を持っており、「無理やり、日本兵の相手をさせられていた」この展開の例が、まさに広義・狭義をあやふやにする戦術と思っています。

これは、完全否定するのに多大な労力を必要としますが、逆に、そのような悲しい事例も知っている。それを日本政府は抑えようとしていた、
物証は・・・、と論理展開でき、更に韓国業者は、・・・騙しと追い討ちをかけることもできるようになりました。

今の議論の戦いは、
まさに、K勢の「いかに個別事象を一般化させるか」VS「一般的事象は、個別事象と異なる。」の図式でWJFさんのおっしゃるとおりの状態です。

ですから、Book2にも、かなり納得してますし、次のVIDEOにも期待しています。

また、話は変わりますが、議論相手が罵倒し始めたり、right wing等のレッテルを貼り始めたら、その議論としては勝ちだと思っています。論理的な反証をできなくなった証拠ですし、あいてのレッテル貼りの基準を問い詰めるという戦術が使えるからです。

個人として、試験的に、相手が個別事象を一般化するならば、逆に「我々は、全ての事象を把握している。あなたは、売春が一例も存在しないと証明できるのか?」と展開し、
「しない」否定すれば、物証・韓国の教授談話で潰し、

そうでなければ、「売春」の事例も存在すると「相手」に言わせ、言質をとった上で、その割合・定量的な議論に持っていこうかとも考えています。

では、素敵なVIDEOの完成を期待しています。お体に気をつけて頑張って下さい。

投稿: MARS | 2012年7月29日 (日) 00時10分

 WJF様は日本で起きた慰安婦問題を想定して狭義の慰安婦問題と抗議の慰安婦問題を一度に解決したいようですが、今韓国が行っているのは狭義の慰安婦問題です。また、黒人やユダヤ人を使うのは、黒人に対する奴隷狩りのイメージと、ユダヤ人におきた人種差別問題のイメージを慰安婦問題に利用するためでしょう。歴史的事実と慰安婦問題を結び付けることで容易に慰安婦問題にリアリティをつけることに成功します。

 もし自分が韓国人なら、狭義の慰安婦問題が終わり、広義の慰安婦問題に移った時、WJF様の主張をこう利用するでしょう。
「不誠実な日本人によって多くの同胞女性が騙され慰安婦にされた。日本政府も慰安婦問題を認めているし、このように日本の右翼さえも認めているのだ。(私はWJF様は右翼だと思っていませんが、かれらはそう見るでしょう。)日本は悪魔だ。」
 韓国人の主張は強烈です。一般に他国を貶めるためだけに嘘をつき被害者を演じる女性が出てきたりするなんて想像できませんし、素晴らしいまでの宣伝工作を行ってます。自分が外国人なら、数字の裏付けも何もないような主張よりも(数字の裏付けがあるならまだ考えるけど)、感情揺さぶられる韓国の主張を信じるかもしれません。非を認めると責任を負わされる国際社会の中で、「同情」を下手にしたら、「自分に非があるから同情するのでは?」と思われるように思います。韓国に詳しくない人は、日本人が潔白を証明するために韓国で今も売春が多いと主張してると思うかもしれません。(どこの国でも売春そのものはある)

 動画は見全部見てましたよ。とはいえ、見るだけなので、WFJ様のようにしっかりと細部まで記憶していると言えば否ですが。私としても非生産的に思えるので、もうコメントなどしませんし、関わりません。

 

投稿: くま | 2012年7月28日 (土) 19時46分

WJFが一生懸命だが 民主党や社民党が慰安婦に賠償金払えと言ってるのがいますが(特に在日議員)こいつらが出しゃばる限り 日本政府は立場的に不利ではないでしょうか?

投稿: まさ | 2012年7月28日 (土) 10時03分

日本は極東軍事裁判の2000を超す裁判で、2000を超す日本兵が処刑されています。
白馬事件に関しては、既にオランダ裁判で裁かれています。
韓国が慰安婦問題で他国や、ユダヤ・黒人組織と連合しようとすること自体、
韓国の主張が危うい証拠です。

戦後68年目にして、韓国は日本を断罪するキャンペーンの団長を目指している
ように見えますが、皮肉なことに最もふさわしくない国だと思います。
『危機に瀕する日本』第1巻: 文化略奪と歴史歪曲に関する一考察
この動画と、第2巻は切り離せないですよね。
つまり、韓国の歴史歪曲のクセは慰安婦問題にも色濃く表れているのであって、
韓国を納得させようとするのではなく(何をやっても納得しないから)
日本としては、慰安婦問題を立体的に提示していくしかないし、
その立体性の中には、皆さんも指摘されているように韓国の「今」が、
非常に重要なカギを握っているのではないでしょうか。

慰安婦問題で注意しなくてはならないのは、日本が併合以前の朝鮮半島の発展状況
(国民を抑圧していた李氏朝鮮)に対する責任まで負わされかねない点です。
500年間も両班未満を人として扱っていなかった朝鮮半島が、日本に併合されていたわずか35年間で、
根本的な民族性まで変わったとは思えないし、世界中に遠征売春婦を大量に輸出し続けている
現在の韓国に内在している本質的な問題ですが、これは日本の責任ではないです。

韓国が1945年以後にたどった道のりは、冷戦構造に巻きこまれた不運も
もちろんありますが、それだけではないと思います。
国作りをしていく根本的な力や経験が、一般的な韓国民に備わっていない状態で、
いきなり解放されてしまった故の悲劇だった。こういう要素もあったと、わたしは思います。

投稿: 風 | 2012年7月28日 (土) 05時30分

ひで様http://d.hatena.ne.jp/Stiffmuscle/20070730/p2

検索したらでてきました。日本で発表された訳とハングル版で若干違うという主張をされているようですが、自分にはハングルは読めないのでどちらが正しいのかわかりかねます。

WJF様
今現在も韓国からおいしい仕事があると誘われ日本国内で売春している人もたくさんいます。確か当時、慰安婦の募集は民間で行ってませんでしたか?民間で行った募集の結果責任を日本が負うのであるなら、日本はずっとこれからも韓国売春婦に謝罪しなければならないのではなくなるのじゃないですか?現に最近でも日本国内の韓国売春婦の人権を日本は守らないという批判記事が出ていたように思いますが・・・。まあ、ご主張が朝鮮人に利用されないようにお祈りしてます。

投稿: くま | 2012年7月28日 (土) 01時57分

くま様

ありがとうございました。
祖父の話は個人的過ぎるので分からないのですが、
韓国の現地の新聞では否定されていたのですね。
その原本のコピーはやはり手に入れることができないのでしょうか。

投稿: ひで | 2012年7月28日 (土) 01時05分

ひで様

自分が10代のころ軍従慰安婦問題は発生しました。20年間以上自分は軍従慰安婦問題の経過を見てきたのです。初期には吉田氏が朝鮮半島で女性を拉致し慰安婦にしたと主張しても、韓国の現地の新聞では否定されてました。さらにうちの祖父(もうなくなりましたが)、シナで日本兵として兵役についていましたが、「強制連行された慰安婦」をみたことはないといって激怒してました。
吉田氏の嘘本「私の戦争犯罪」がなければ、朝鮮人の嫁をもらった「朝日新聞の記者」が騒ぎたてなければ、軍従慰安婦問題(日本兵による朝鮮半島での女性の拉致事件)は起きていません。吉田氏への追求の結果、吉田氏の本が嘘であると本人がみとめているので、物証がないわけではありません。

投稿: くま | 2012年7月27日 (金) 23時40分

原罪を背負っている日本の罪を裁き、
断罪するのが韓国の役割なのだと、韓国人が考えている。

このように理解すると、慰安婦問題は非常によく分かります。
キリスト教です。それもかなり偏ったものです。

投稿: 風 | 2012年7月27日 (金) 23時07分

くま様
大体仰られていることは分かりますが、発言に対する物証が見受けられません。
それでは「こうであってほしい」という韓国人と同じ思考であり、それは単なる感情論です。
だからこそ、WJF様は日本だけでなく世界の文献から証拠や発言を抽出し、現在の動画を作っているのではないでしょうか。

投稿: ひで | 2012年7月27日 (金) 22時43分

 もし自分が占領地の被害女性にも視点を投げるなら、「東京裁判でこのような事案が報告されている。被害にあわれた女性は大変気の毒に思う。しかし、東京裁判においても、朝鮮半島で強制連行された例は報告されていない。もし、韓国が主張するように20万人も女性を性奴隷に日本がしたのなら、なぜ東京裁判で日本は裁かれなかったのだろう?。」「実は韓国内で慰安婦問題が騒がれたのは1990年代以降である。日本人の吉田氏が、後に嘘を告白する本により、軍従慰安婦問題は発生した。」と主張します。
 さらに、韓国は占領地での日本兵(個々人の)の暴走事案と自分の経験を混ぜることにより、日本を批判している。と主張すると思います。「もし、朝鮮半島における売春が日本の責任であるなら、なぜ現在においても朝鮮半島から売春婦が世界に供給されているのでしょう?」とつなげます。

 もやっと一般化されてしまうと、私の祖父らがそんな卑怯な人物であったかのような誤解を与えるような恐れがあるように思えてしまいます。

投稿: くま | 2012年7月27日 (金) 21時51分

 ごちゃまぜにするから話がかみ合ってないのだと思いますが。


 韓国人「軍従慰安婦」の中に、「強制連行された人物は見受けられない。」ことを私は主張したいのです。別に占領地において売春婦になることを強制された人たちのことはここでは私は関係ないと思ってますから。だって、そんなのよくある話じゃないですか??戦後の日本にだって、アメリカ兵の性処理の施設は事実としてありますし、それこそ普遍的な問題です。

 しかし、韓国が行っている日本バッシングは、普遍的な問題ではありません。主な目的が日本を貶めることにあるのです。

投稿: くま | 2012年7月27日 (金) 19時52分

自分は冷たい人間なのかも知れない。

 でも、現在の日本であっても「超破格・一般人の3倍の月給。高給取りの雑用係、ただし勤務地は遠方地」のチラシをみて応募した女の子が売春婦にされても「そんな仕事信じる方も信じるほうだ」と思います。「何で周りが止めないの????」とは思いますけど。むしろ故意に行ったようにさえ見えます。
 また信用関係のない人に騙されても・・・ねえ。「小さいころから知らない人について言っちゃだめだよって言われなかったの??」って思いますね。

 もし、就職詐欺にあった人が目の前にいて、その事実のみを語るのなら「世間知らずの可哀そうな女」として認識すると思います。しかし、それを「無理やり拉致されて売春を強要された。犯人はお前の家族だ」って言って嘘つくなら全く同情できません。

投稿: くま | 2012年7月27日 (金) 19時39分

事実は事実としてとおっしゃいますが、自分の意志に反して慰安婦にされた人もいたというのが歴史的な事実じゃないですか。20万人の女性が拉致されたなどというのは全くの嘘ですが、100%全ての女性が自分の意志で慰安婦になったなどという話も嘘ですよ。事実を否定して、どうやって世界に誠実な言葉でこの問題を説明できますか。

投稿: WJF | 2012年7月27日 (金) 19時35分

くま様
100%の慰安婦が、一人の例外もなく、自分の意志で慰安婦になったと思ってらっしゃるのですか? 自分の意志に反して慰安婦にされた人は一人も本当にいませんでしたか? 就職詐欺で騙されて戦地に送り込まれた女の子たちはかわいそうではありませんか? それが誰によって引き起こされたものであれ、そういう少女たちに同情の念をもってこの問題を語らない限りは世界の誰も私たちの言葉に耳を傾けてはくれませんよ。

投稿: WJF | 2012年7月27日 (金) 19時21分

 あと、よく言われる生活のため仕方なく売春を~っていうのが事実だとしても、かの国ではなんでいつまでも売春婦が活動しているのでしょうかね?もし、売春が悲惨であるというのが絶対的事実なら、世代を重ねるごとに売春婦の数は減るのではないでしょうか?売春が悲惨なら、親は娘を売春婦にしないように何らかの努力をするのではないでしょうか???かの国では自国内で売春婦が禁止されたら、「売春禁止反対デモ」が起き、海外でご活躍しているご様子ですが・・・

投稿: くま | 2012年7月27日 (金) 19時13分

 売春というのは、自分の体でお金を稼ぐという商行為そのものであって、そこに気の毒も何もないのではないですか?気の毒というのはあくまで個々人の心の感じ方の問題のように思います。事実現在の日本においても公にされていないだけで売春婦はいます。そして、かの国でも多くの売春婦がかの国内、又は日本や米国において営業活動をしています。一応みっともないという意識からか日本人と偽って活動しているようですが・・・・
 我が国においても、もっと格差が広がれば、より多くの売春婦が現れるかもしれません。現実問題として、自分は売春には関わりたくありませんが、世の中の男の中には女を買いたい人はたくさんいるでしょう。そして、一定数の女は体を売ってお金を稼ぐことになんら抵抗感を持っていないと思います。

 相手を罵倒する必要はありませんが、事実は事実としていないと相手が利用してくるように思います。
 強制連行されていない朝鮮から自称「強制連行された20万人の慰安婦」で、確信犯で騒いでいない人はいるのでしょうか???そういえば言いだしっぺの反日活動家は(朝日新聞記者の義理の親)詐欺罪で逮捕されてませんでしたっけ???

投稿: くま | 2012年7月27日 (金) 19時04分

>>>日本の従軍慰安婦だけが特別に問題なのかという観点から、韓国における朝鮮戦争時の米軍用慰安婦や、ヴェトナム戦争の事例を引き、戦時にあった各国共通の問題であると認識させるべきではないでしょうか。

非常に賛成です。

ただし、従軍慰安婦の証言に信ぴょう性がないのではないかという主張も一応は必要だと思います。。。

YOU TUBEと同時進行で、できるかぎり詳細にまとめて、多国語で翻訳サイトを作って行くべきかと思います。

投稿: 日本のこころ | 2012年7月27日 (金) 13時30分

>>>>失礼ですが、売春というものそのものが、女性にとって気の毒なものであるというような気持ちをお持ちではないですか??

私が、GO KOREAや、ENJOY KOREAで、実際にやりとりしたり
やり取りしてる内容を見ていた限りの経験で言えば、
頭語なしに、罵倒したら、相手は強固意固地になっていき
解決からは遠のきます。ある程度、同情を持って接しなければ
相手は、身構えてしまう面もあります。

もちろん、個人が望んで、または、仕方なく売春してた人なのに
被害者面してる人もいると思いますが、当時の、売春制度はやっぱり悲惨です。だからこそ、日本も戦後禁止したわけですから。

悪い時代だったとしても、同情の気持ちをもって対話し、
説得しないと相手も聞く耳は持たないと思います。。。

もちろん、最初から、確信犯で、騒いでる人には同情は通じませんかが、世界の世論を敵にまわさない為にも、高圧的に相手を攻撃するのではなく、世界の世論も私達の主張に納得するような配慮をしつつ、我々側の正論を広げる事が大切だと思います。

投稿: 日本のこころ | 2012年7月27日 (金) 13時28分

慰安婦証言について、詳細に整理し、まとめてるサイトがいくつかあります。整理して、また、こちらに貼り付けますね。

あと、先日お知らせした新聞サイト及び、韓国のNAVERで調べた過去の新聞記事の整理を始めています。

残念ながら、韓国の場合、キワード検索をかけて出た記事を見ても、新聞の内容が、画像化されて表示されているため、自動翻訳ができず内容がわかりません。。。地道に、ハングル文字を拾って張付、新たに文章を作り、自動翻訳にかけるしかないかと思っています。

日本語の分は、はかどりそうですが、膨大な量なので
まとめたら、そちらに試料としてメールしますね。
膨大な量なので、時間がかかりそうです。

投稿: 日本のこころ | 2012年7月27日 (金) 13時22分

 失礼ですが、売春というものそのものが、女性にとって気の毒なものであるというような気持ちをお持ちではないですか??(違ってたらすいません)

 韓国の主張が2重の嘘に固められたものならば、その2重の嘘を数字こみで一つづつ論破する方がいいのではないでしょうか?なぜなら、韓国の「強制連行」の主張は、強烈なので、「いくつかの間違いはあった」との表現なら、「日本人が認めるように強制連行は朝鮮人に対しても1部ではあったのだ」との誤解を招くのではないでしょうか?
 日本の強制連行が7件確認されたのなら、「確かに日本も一部あったようだ(東京裁判は信憑性が低いが)しかし、その違反件数のうち確認できるのは7件であり、占領地で起きたことである。被害にあわれた女性は気の毒である。」
 一方、「軍票が紙くずになったり、(日本が敗戦したため。しかし韓国政府は日本の賠償金は国が使うと決めた)業者に搾取されたり(これは普遍的な問題)などして気の毒な思いをした女性もいる。彼女たちも気の毒である。しかし、彼女たちは当時日本人であり、当時の日本国内でいた。韓国は20万人も強制連行したというのに、孤児もいなければ、その日本軍の恐ろしい行為に対して抵抗した記録もない。」と分けた方が少なくとも自分にはしっくりきます。まとめちゃうと、もやっとします。

ちなみに岸氏はCIAと取引してましたよ。CIAの暴露本に載ってました。

投稿: くま | 2012年7月27日 (金) 07時32分

東京裁判は、信憑性が低いとおもいます。 連合国が狡猾なところは、誰も彼もみなA級戦犯にしたてあげて、死刑にしてしまったわけではないところです。 たとえば、岸信介、正力松太郎や笹川良一などの戦後の有力者です。A級戦犯の候補にして死の恐怖を味あわせておいて、そこから候補から外して、無罪放免にする代わりに自分の意のままに操ることで日本を思い通りに統治していたようにみえます。証人といっても、信用出来ないのは同様でしょうね。それに日本側の証拠は採用されなかったりしてますし。

慰安婦の証言の信憑性を逐一反論することは難しいでしょうけど、数について述べることはできると思います。韓国の挺身隊問題対策協議会の出版した慰安婦証言本の日本語版『証言・強制連行された朝鮮人軍慰安婦たち』では、19人の証言が掲載されています。これについて、証言を聞き取ったソウル大学の安秉直教授は40人に調査を行ったが、証言に矛盾があったり適当なゴマカシがあったため、そういった人の証言は省き、信頼出来る19人の証言に厳選したと書いています。その19人のうち暴力的に強制連行されたと述べている人は4人です。さらにその4人のうち2人が連れて行かれたという場所には、軍の慰安所はなく、民間の慰安所しかありませんでした。残りの2人が、金学順と文玉珠です。彼女らも後の裁判で証言を変更しています。文玉珠は騙されたといい、金学順は養父に騙されて中国に行き、そこで日本兵に強制連行されたと語っていますので、あくまで強制連行と述べているのは金学順のみとなります。それも韓国内での強制連行ではありませんし、ほかのメディアでの証言でも証言が変わるので信憑性がありません。

日本が朝鮮半島で徴兵令を敷いて兵を戦地に送らなかったこと(終戦間際に徴兵したそうですが戦地には送られていない)や、国民徴用令の施行が朝鮮半島では遅れたこと、また、挺身隊の組織された時代背景、女子挺身勤労令の内容と出された時期(1944年8月)を説明すれば、韓国側の主張が理屈にあわないことはすぐにわかると思います。

投稿: deepwater | 2012年7月27日 (金) 03時18分

数々の為になる動画製作を有難うございます。

日韓の歴史問題などに最近関心を持つようになった者ですが、WJFさんの「慰安婦問題の論点」のご説明文が、そのまま韓国人やその他の外国人、そして偏向教育により正しく歴史が見えていない日本人の”慰安婦問題を中立公平に見る”為に必要な心構えになると感じます。

このような視点に基づいた教育がなされていれば、日本の状況も違っていたのではと思いました。

投稿: KENKEN | 2012年7月26日 (木) 20時40分

この問題について、慰安婦制度を正当化するのはもはや困難な方法だと思います。それより、日本の従軍慰安婦だけが特別に問題なのかという観点から、韓国における朝鮮戦争時の米軍用慰安婦や、ヴェトナム戦争の事例を引き、戦時にあった各国共通の問題であると認識させるべきではないでしょうか。

投稿: ednakano | 2012年7月26日 (木) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 慰安婦神話の脱神話化 | トップページ | 作業進捗(8月1日) »