« GloriousJapanForever1周年: その成果とご支援のお願い | トップページ | 危機に瀕する日本 第2巻: セックスと嘘と従軍慰安婦 フランス語版 »

2012年7月 9日 (月)

独島は我らの領土だといくら叫んでも、無駄に等しいでしょう?

以前、WJFプロジェクトの竹島動画を見て、「于山島は竹嶼島(鬱陵島の東2kmにある島)だ」「良心があったら于山島を独島だなとど言えない」「独島は韓国領ではない」「サンフランシスコ条約は竹島を日本領と確定した」と韓国の掲示板で堂々と論陣を張る韓国人が増えてきているという、韓国からのうれしい知らせをみなさんに報告しました。(掲示板の場所は、WJFプロジェクトのブログをチェックしているVANKの皆さんに荒らされるといけませんのでここには書きませんが、お知りになりたい方は、メールをくださればこっそりお教えします。)

今日は、韓国のポータルサイトNaverの質問掲示板から、さらにもう一つの例をご紹介したいと思います。

20120709_45043

http://kin.naver.com/qna/detail.nhn?d1id=11&dirId=111001&docId=145171185&qb=aHR0cDovL3d3dy55b3V0dWJlLmNvbS93YXRjaD92PV93N3dIZWtPUU04&enc=utf8§ion=kin&rank=1&search_sort=0&spq=0

機械翻訳(一部修正)でご紹介します。

独島は日本の領土ですか?

日本語の上手な方なら分かると思いますが、
http://www.youtube.com/watch?v=_w7wHekOQM8
この映像を少し見て下さい。あまりにも説得力あります。
やはり彼らの主張が正しいのですか?
同じ韓国人ですが、誰もまともな回答ができませんね。
独島は我らの領土だといくら叫んでも、無駄に等しいでしょう?

これに五人の回答者が、回答していますが、質問者の指摘のとおり、誰一人「まともな回答」ができていません。

韓国の大人たちは焦っており、次のような文章を以前に流していたことがあります。
http://www.coo2.net/bbs/zboard.php?id=con_4&page=1&sn1=on&divpage=4&sn=on&ss=off&sc=off&keyword=%C4%AB%BF%C0%BD%BA&select_arrange=headnum&desc=asc&no=27797

このごろ、いわゆる世界的によく知られているポータルサイであるユーチューブ(You Tube)と呼ばれるサイトに、 "独島(竹島)が日本の固有領土であることを主張するための動画"が流布されて我が国の純真な若者たちを当惑させ作っているようで、これの"論理的な反論根拠"を提供することで、私たちの青少年たちが日本の奸悪な駆け引きで救うことができる必要があると思われて簡略するけれど.....(中略)....とにかく、... 一応ここでは"すでに公開された日本動画の反論だけを紹介"するようにする。まず、日本が宣伝している日本のビデオを見てみよう、... "韓国は竹島を描いた古地図は存在するか?:日韓の古地図の比較"という日本の動画http://www.youtube.com/watch?v=P_hWLuCUvwY&feature=player_detailpage 1。

こんな大人たちの嘘にも関わらず、真実に気づく韓国の若者は増えています。

事実をきちんとまとめて分かりやすい動画にしてYouTubeに置いておく。それだけのことで、大きな変化を海外の世論の中に作り出すことができる。その一つのはっきりとした例であると思います。この変化は時間へ経るにつれて雪だるまのようにますます大きくなっていきます。時間を経れば経るほど動画を目にする人の数が増えていくからです。そして真実に気づいた人たちは、今度は自分の言葉でまわりの人々になんとか真実を伝えようとするようになります。

YouTubeは、従来のどんなメディアを使っても実現できなかったようなことを、従来のどんなメディアを使うよりも低コストで実現できてしまう、そんなすごい可能性を秘めた新しいメディアです。これを私たちが十全に活用しない手はありません。

WJFプロジェクトは、この新しいメディアを駆使して、上に紹介したような着実な変化を、竹島問題のみならず、日本をとりまく様々な問題に関して、世界のあちこちに起していきたいと思っています。

どうぞ、WJFプロジェクトの意義と可能性をご理解いただき、一人でも多くの皆様にご支援いただきますよう、改めてお願いいたします。




« GloriousJapanForever1周年: その成果とご支援のお願い | トップページ | 危機に瀕する日本 第2巻: セックスと嘘と従軍慰安婦 フランス語版 »

竹島問題・日本海呼称問題」カテゴリの記事

コメント

NaverのIDを取得してみたので状況を報告しておきます。
IDを作成するフォーム中、携帯電話番号の入力を求められますが、それはSMSで認証番号を送信するためのものです。本人確認の一方法ですね。ですからWJFさんが懸念されていましたが、Naverから電話がかかってくる事はありませんので、安心してID取得手続きを進められます。IDが無いと閲覧も出来ないサイトがあるので興味のある方はIDを取得される事をお勧めいたします。

投稿: Heuroya | 2012年8月11日 (土) 08時36分

ジョニー様
お久しぶりです。NaverやDaumにアカウントを作ればできると思います。ただし、NaverやDaumに外国人がアカウントを作るのには、電話番号を登録して、かかってきた電話に韓国語で話される番号を聞き取って入力するとのことですので、韓国人のお友達に聞き取ってもらったり、もともと韓国語の堪能な人でないと難しいかもしれません。

投稿: WJF | 2012年7月 9日 (月) 20時32分

素晴らしい情報ありがとうございます。
これは、「効いてる、効いてる」ってやつですね。
それと同時に、「なるほど」と思いました。

つまり、
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
韓国版の2chである、NAVERで、韓国人のフリをして
ハングル文字で

http://www.youtube.com/watch?v=P_hWLuCUvwY&feature=player_embedded

のリンクを付けて、これって本当なのでしょうか?
どう考えても、これまで私が聞いたことより、
説得力があるのですが。
どなたか、根拠をもって説明できる人はいませんか?


みたいな感じで、投稿すれば良いという事ですね。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

もし、向こうが対抗策として、
韓国人が新しく作ったねつ造動画を、2chに掲載したとしても、
2chの方々の方が賢いので、騙されることはないですし。

今回のは純粋に韓国人が気づいたのでしょうが、
それを更に、広めるために
向こうで使われているサービスを使って、
ステマ的に韓国国内に広めるってのは手ですね。

facebook、twiterで韓国人(美人女性の写真)のアカウントを作って、友達をたくさん増やした後に、本題の動画を投稿すれば・・・・

ハングルを書ける人、そんな活動もありですね。

投稿: ジョニー | 2012年7月 9日 (月) 19時35分

イメージ戦略希望様
コメントありがとうございます。視覚的なアプローチがよいのか、言葉によるアプローチがよいのかは、動画の主題によって変わってくるのではないかと思っています。慰安婦問題などは、視覚的な素材のみによっては、どうしても伝えきれません。資料を引用し、冗長になろうとも言葉を使ってきちんと歴史的な経緯や背景を説明しなくてはならないと思います。また、主題によって、どんな人々をターゲットにするかということも変わってくるかもしれません。『危機に瀕する日本』第二巻は、アメリカの政治家やジャーナリストのような人たちにも、納得して見てもらえるような知的な構成と内容を持ち、十分な客観性を備えたものにしたいと思って制作しました。動画によっては、パッと火のつくような動画もあれば、じわじわと時間をかけて効いてくる動画もあると考えています。

投稿: WJF | 2012年7月 9日 (月) 18時19分

たくさんのすばらしい動画をありがとうございます。綿密な調査に基づいた反論の余地の残さない完成度の高い資料作りには驚かされます。ですがその一方で普段から歴史問題にあまり関心のない一般人にはなかなかとっつきにくいのではと感じます。

「韓国人はこんな人たちなんです」というシンプルで分かりやすいメッセージの動画の方がネタとして取り上げられやすく、話題となって拡散されるような気がします。それで言うと『危機に瀕する日本』第1巻は韓国によるパクリ一覧をこれでもかと紹介していく形がとてもキャッチーだったと思います。

歴史的資料に基づいたまじめな動画の方が当然重要だと思いますが、韓国の民度の低さを紹介していくイメージ動画の方が時として効果的かもしれません。例えば韓国が主張する根拠のない起源説一覧や、日韓戦などのスポーツの場で行われる国民性を疑う行為一覧 (大地震をお祝いします横断幕やゴール後の猿まねパフォーマンスなど) を淡々と紹介していくことで「韓国人の主張は聞く価値ないな」と思ってもらえるかもしれません。

投稿: イメージ戦略希望 | 2012年7月 9日 (月) 13時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« GloriousJapanForever1周年: その成果とご支援のお願い | トップページ | 危機に瀕する日本 第2巻: セックスと嘘と従軍慰安婦 フランス語版 »