« Korean Connectionが解散し、新しいイベントが立ち上げられます | トップページ | 慰安婦神話の脱神話化 »

2012年7月16日 (月)

小さな一歩(2)

『危機に瀕する日本 日韓紛争概説 第二巻: セックスと嘘と従軍慰安婦』英語版。

以前フィリピンの方からいただいたうれしいコメントを小さな一歩という記事で紹介しましたが、さきほど、シンガポールの方から、下のようなコメントをもらいましたので紹介します。

It's good that someone brave actually made the truth known.... Till now, all the countries believe what they see or heard only... which is sad. I'm always wondering, "Why is the Japanese always blamed for everything?" because I find it weird... We've been taught that everything happens for a reason. People don't actually look through before accusing. Sad world. Well, I know I can't believe this vid 100% but somehow, everything just starts to make sense... Support Japan! :D
誰かが勇気を出して実際に真実が知られるようにしてくれるのはすばらしいことです...悲しいことに、これまであらゆる国々は自分たちが見ること聞くことだけを信じています。私はいつも不思議に思っていました。「なぜ日本人はいつもいろんなことで非難されるのだろう」と。なぜならそれはとても変なことに思えたからです...私たちはすべての物事は理由があって起きると教わってきました。人々は非難する前に実際によく調べません。悲しい世界です。この動画が100%信じられるというわけではありませんが、とにかく、すべてのことがこれで納得できるようになりました...日本を応援しよう! :D

この方はもともと日本好きな方のようですが、それにしても海外の方から、こういうコメントをもらうことは本当にうれしいことです。ぜひYouTubeのアカウントをお持ちの方は、コメントの評価ボタンをクリックして感謝の気持ちを伝えてください。

(過去のコメントの中にも、いくつかこのようなコメントがありますが、かの国の人々がスパムボタンを押したり、悪い評価のボタンを押したりすることもあります。動画のコメント欄の「すべて見る」をクリックして過去のコメントを開き、一日一回、このような海外の方によるコメントの評価ボタンを押して応援していただけるとうれしいです)

第二巻も6カ国語のヴァージョンがアップされ、韓国の人たちもそろそろ気になりだしたのか、最近韓国語版への韓国からのアクセスも増えてきています。

お待たせしていますが、新しい慰安婦動画もいくつかの資料を読み込みながらすすめています。
Img_0021

3a_3真ん中の"The Comfort Women"という本は、Sarah Sohという韓国系アメリカ人でサンフランシスコ州立大学の教授によって2008年に上梓された本ですが、慰安婦問題の英語の文献の中ではもっとも客観的な立場で書かれたものとして知られています。著者は、慰安婦問題の責任を全て日本に帰そうとする従来の支配的な見方に疑問を呈し、単なる日本の植民地支配の産物ではなく、朝鮮の伝統的父権制が生み出した悲劇としてとらえ、この父権制の問題は現在の韓国にも残存しており、韓国のナショナリズムがその本当の原因を覆い隠しているとして韓国政府に批判の矛先を向けています。

こういう英語の資料も現れてきていますので、慰安婦問題の前途は明るいと信じています。竹島問題と同じく韓国は今後一旦ついてしまった嘘の収集がつかなくなっていくのではないでしょうか。

場当たり的なものではなく、今後何年も、慰安婦問題に正しい理解の光を当てるような質のよいものを作りたいと思いますので、いましばらくお時間をいただきますようお願いいたします。

『危機に瀕する日本』第二巻のアラビア語版の制作作業も並行して進めています。

制作に注力するためブログの更新が途絶えがちになりますがご了承ください。




« Korean Connectionが解散し、新しいイベントが立ち上げられます | トップページ | 慰安婦神話の脱神話化 »

慰安婦問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Korean Connectionが解散し、新しいイベントが立ち上げられます | トップページ | 慰安婦神話の脱神話化 »