« NINJA指令010号 | トップページ | 怒りと悲しみと恥ずかしさと・・・ »

2012年6月 8日 (金)

予想通りの展開

以前、ホワイトハウスへの署名合戦を通して、日本人が韓国人が拮抗した主張をアメリカに突き付けることは、結果的にアメリカに中立の立場を取らせ、「日本海」と「東海」の併記の流れを促進してしまうと当ブログで警告しましたが、アメリカ合衆国下院外交委員会 (U.S. House Committee on Foreign Affairs)の「アジア、太平洋及び世界的環境(Asia, the Pacific, and the Global Environment)」部門の議長である共和党の下院議員が下のような主張を行っています。

米下院議員、「東海と日本海を併記すべき」=韓国 2012年06月08日サーチナ

 米下院議員でアジア・太平洋小委員長を務めるドナルド・マンジュロ氏は6日、米韓同盟の未来の発展方案をテーマにした公聴会で、「東海と日本海を併記すべきだ」と述べた。韓国の複数のメディアがこれを報じた。
 韓国メディアは、「米下院議員、東海・日本海併記する必要あり」などと題し、東海表記問題が日韓間の問題になっている中、マンジュロ議員の発言は、明らかに韓国に力を与えたと伝えた。
 マンジュロ議員は「韓国と韓国系アメリカ人の子孫にとって、最も重要な問題である東海に関する見解を明らかにしたい。韓国と日本の議論で、米国はどちらの肩も持たないことが重要だ」と説明。また「日韓両国は、米国の懇意な友人であり、同盟であるため、東海(East Sea)と日本海(Sea of Japan)を並べて使用し、両国を尊重しなければならない」と主張した。
 現在、米国の公式な立場では、連邦政府の指名委員会(BGN)の表記方針に基づいて、「日本海」と単独表記している。
 最近、韓国を訪問したマンジュロ議員は「朝鮮戦争以来、60年間で驚くべき進歩を遂げた韓国の姿を自分の目で見てきた。韓国の実力のある人材が米国に来て仕事をして相互の発展に寄与できるよう、韓国の就労ビザ(H1B)発給を拡大する必要があると考えている」と話した。(編集担当:李信恵・山口幸治)

アメリカ合衆国議会は、委員会方式を採用しており、実質的な討議は上下両院のそれぞれの委員会で行われ、上下両院で作成された委員会決議案をもとに下院本会議で調整し決議し、それを上院に回すこととになります。(wikiより引用)

この下院の21の委員会の中に、「アメリカ合衆国下院外交委員会 (U.S. House Committee on Foreign Affairs)」なるものがあり、さらにその中に、「アジア、太平洋及び世界的環境(Asia, the Pacific, and the Global Environment)」という部門があり、現在、その議長を務めるのがドナルド・マンズーロ(Donald A. Manzullo)というイリノイ州から選出されている共和党の下院議員です。

この議員は、以前には親日派の議員だったようですが、実は、2007年、アメリカの下院で慰安婦問題に関して日本を糾弾する121号決議が出されたときに、この議員の立場を転向させる出来事が起きています。

日本のWP慰安婦歪曲広告は逆効果だった 2007年06月28日中央日報日本語版

米国下院外交委が26日、慰安婦決議案を圧倒的な賛成での通過は、所属議員たちが日帝の残虐行為を自分たちの支持基盤である米国国内少数集団の苦痛と関連づけたことで実現した。一部の日本の政治家が慰安婦関連歴史を歪曲しようと試みて逆効果を生んだのも後押しした。このためにこれまで「日本がもう謝った事案をまた引き出して日米同盟を害する必要があるのか」として慰安婦決議案に反対してきた議員たちまで賛成にまわり、日本を当惑させた。

ワシントン議会消息筋は「ナンシー・ペロシ下院議長が決議案に賛成の意思を表し、7月中旬ごろ決議案が本会議を通過する可能性が高くなった」とし「その直後(7月29日)選挙を行う安倍内閣に大きな打撃になるだろう」と見通した。

◆日本歴史歪曲広告がかえって逆効果に=AP通信は「4月に訪米した安倍日本首相が『慰安婦強制動員事実はない』と主張したほか、日本の議員40人が『慰安婦はいなかった』としてワシントンポストに全面広告を出すなど歴史的過ちを続けて否認する姿を見せると普段日本を支持してきた米議会内の保守派まで激憤、このような結果が現れた」と分析した。

慰安婦決議案採択の決定打となった「ワシントンポスト反論広告」は日本の与野党国会議員と報道関係者ら45人の名前で載せられたが、これを主導し広告費全額を負担したのは作曲家のすぎやまこういち氏(76)だった。右翼性向の同氏は与野党の右派国会議員たちと報道関係者たちの署名を受けるために忙しく歩き回り、この過程で動きを看破した安倍首相は「広告を出すな。副作用が生じるだけだ」と言って強く引き止めたという話だ。しかしその事実を伝え聞いた日本右翼勢力の首長格である平沼赳夫前自民党議員(郵政民営化関連で自民党を離党、現在は無所属議員、太平洋戦争遺族会会長出身)が「何を言っているのか。やりなさい」とけしかけ、結局広告掲載に至った。

◆被殺ユダヤ人、黒人奴隷と比較=討論でゲリー・アッカーマン(民主、ニューヨーク)議員は「慰安婦たちが受けた苦痛は600万のユダヤ人が虐殺されたホロコーストの痛みを連想させる」とし、決議案を積極的に賛成すると明らかにした。また黒人セリア・ジャクソン・リー(民主、テキサス)議員は「慰安婦たちが経験した苦痛を忘れてはいけないことは、奴隷制の鞭の中にうめいたアフリカ系の米国人(黒人)たちの苦痛を忘れてはいけないことと同じだ」と述べた。

このような雰囲気を感知したのか、下院外交委の表決ではこれまで決議案に反対してきた保守派ドナルド・マンズーロ(共和、イリノイ)議員さえ「この決議案処理をラントス委員長に任せる」とし、事実上賛成に回った。これによって反対票を投じた議員は日米同盟を擁護してきたトーマス・タンクレド(共和、コロラド)とロン・ポール(共和、テキサス)議員ら2人だけだった。

この共和党議員が、「米国は日韓の問題に対して中立であるべきであり、それゆえに併記を認めるべきである」という意見を最初に述べたのは今年3月のことなので、日本人がホワイトハウスに請願をしたから、その結果として、この議員の認識が変わったと断じることはできませんが、「日本人と韓国人が地名に関して意見を対立させている」というこの議員の誤った認識を裏付けることになってしまったことは確実です。韓国の戦略通り、日本海呼称問題は従来の「国際社会VS韓国」という非対称な図式ではなく、「日本VS韓国」という対称性をもつバイラテラルな紛争事項として既にすり替わってしまっていることを、この議員の発言ははっきりと示しています。今後の困難が予想されます。

「とにかく声を上げることが大切だ」
「黙っていれば認めることになる」
「日本が黙ってきたからこうなった」

という意見がありますが、WJFは改めてこの意見に異を唱えます。情報戦においては、いつどのタイミングで、どのような方法で、誰に対して、どのような内容の主張を述べるのか、それを述べることでどのような結果や影響を招くのかまで緻密に計算し抜いた上で「戦略的に」声をあげることが不可欠であり、方法も結果も考慮せずに「とにかく」声をあげればいいということではありません。冷静な状況判断をせず結果や効果を斟酌しない戦略性を欠いた自己満足的な行動や情報発信は、かえって日本に不利な状況を作ってしまうこともあります。日本を守りたいという日本人の純粋な思いが敵に利用されることにもなりかねません。

某国の反日攻撃→政府の無為無策→非戦略的な行動や情報発信→状況の悪化→某国の反日攻撃→政府の無為無策→非戦略的な行動や情報発信→状況の悪化・・・情報戦において某国がしかける攻撃に対して、政府の無為無策に耐えきれなくなった国民がもぐら叩きのように戦略性を欠いた反撃に出て、かえって状況を悪化させるという悪循環がこれまで繰り返されてきたと考えるのはあまりに自虐的にまた辛辣にすぎるでしょうか。

また、どんな方法であれ、ある方法が、保守活動の手段として自動化し常套化していくことには慎重であるべきです。私たちが解決しなければならない問題の一つ一つは、それぞれの特殊さや複雑さをもっています。個々の問題の性質をよく調べわきまえた上で、それぞれの問題にふさわしい二手先、三手先まで考慮した戦略的な対応が求められます。自動化し常套化した手段に頼ることで、一種の思考停止に陥ることは避けなくてはなりません。情報戦における思考停止はそのまま敗北を意味します。

あれこれと苦言ばかり申し上げてるわけですが、これらの難しい課題を何よりもWJFプロジェクトが自らに課すことで、きちんと形にしてみなさんに結果を提出していきたいと思います。そうすることで、情報戦における日本の状況を少しでも好転させ、日本国のお役に立ちたいと願っています。




« NINJA指令010号 | トップページ | 怒りと悲しみと恥ずかしさと・・・ »

竹島問題・日本海呼称問題」カテゴリの記事

コメント

アメリカを含む先進国に問いかけて行くしかないでしょう
世界中のすべての国に平等に対応するのならば
すべての国の呼び方を併記する覚悟はあるかどうか。

韓国の主張がでたらめな事はもちろん主張して行かないと行けないが
それでも、韓国がそう呼びたい、併記してほしいと望んだ場合、
もちろん止めることはできない。

がしかし、その場合、今後、同様のケースで、自分の国が
この名前は気に入らない。併記してくれと言ったら、
同じ様に全部対応していくのかどうか、問いただす必要があると思う。

投稿: 日本のこころ | 2012年9月10日 (月) 14時44分

はじめまして。恥ずかしながら、いろんな事象が起きていたことを知ったのは最近で、WJFさまの動画で一連の流れも把握することができました。ありがとうございます。

さて、唐突ですが外務省のページより以下のような記事を見つけました。
ご存知でしたでしょうか。

”24日付連合ニュース(韓)(「仏最高権威の世界地図,東海-日本海を対等に併記」):

 大規模で高精度の地図を発行するフランスの世界的出版社であるアトラス出版社の2012年版世界地図帳に,東海と日本海が体系的かつ対等に併記されることが明らかになった。世界的な規模の高精度地図に東海と日本海が対等に表記されたのは今回が初めてであり,今年に入ってフランス伝統の「ラルース出版社」と「ミシュラン」の世界地図における東海(ママ,以下同様)の初の併記事例と共に画期的なことと評価される。今年4月の国際水路機関が,日本の反発に押されて東海表記の結論を下すことができずに5年後に再議論することになったことにもかかわらず,今回のことで「東海併記」は世界的な傾向となる見通しだ。フランス出版界によると「アトラス世界地図帳2012年版」は,8ページにわたり東海を「日本海/東海」との名称とし,同じポイントの文字で表記している。また,「アトラス世界地図帳2012年版」は独島(ママ,以下同様)について「DOKDO / TAKE-SHIMA」と表記したが,「1954年以来,韓国が支配し,日本が領有権を主張している」とのコメントをつけ,独島が韓国領であることを明らかにした。”

http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/sekai/2012/0726.html

これって・・・言葉がありません。

ご活躍、期待、応援しています。


投稿: am | 2012年9月10日 (月) 02時42分

マリブの風様
ご支援とご理解ありがとうございます。御指摘の通り、多様な考えや立場やアプローチがあってこそ、さまざまな方面に対して立ち向かっていけるのかもしれません。頑固者でご心配をおかけしますが、WJFこそのアプローチでできることをこつこつ積み重ねていきますので、今後とも応援をお願いいたします。

投稿: WJF | 2012年7月 4日 (水) 00時31分

生命は多様性のおかげで生き延びて来ました。そして、日本は様々な意見を尊重できる伝統文化を持っています。私はWJF様の活動に賛同し、寄付もさせていただきましたが、必ずしもすべてが同じ意見という訳ではありません。アメリカで教育を受けた経験から、ホワイトハウスの嘆願にも署名しました。だからといって、WJF様に同じように考えろと押しつける気はさらさらありません。それぞれが自分の判断に基づいて行動し、たとえ違いはあろうとも、同じ方向に向かう人たちを尊重しあえたらと思います。ちなみに、私にできるのはせいぜいが寄付とか署名くらいで、日本の誇りのために自ら前線で冷静に活動しているWJF様にはひたすら脱帽です。

投稿: マリブの風 | 2012年7月 4日 (水) 00時09分

健太郎様
日本人が署名をしなければ、今年の2月に米韓人会に向けてアメリカ国務省が回答し、今年の4月にもIHOの総会で支持していた日本海単独表記の立場をアメリカ政府が突然覆して、韓国人を要求を受け入れていただろうと考えるのは荒唐無稽にすぎると思います。この問題をずっとウォッチされている方ならば、日本海呼称問題に関するアメリカ政府の立場には一貫してぶれがないことはみなさんご存知と思います。日本海問題に関しては、日本が韓国と互いのナショナリズムをむき出しに不合理な主張を掲げ合い拮抗した対称的な構図を作ることによって、失うものはあっても得られるものは何一つありません。これは、日本人は、日本海呼称問題について沈黙すべきであると申し上げているのではなく、自国のナショナリズムとは離れて、国際社会の正しいありかたの問題として、また客観的根拠に基づく歴史的経緯の問題として提起しなくてはならないということです。ただこの議論はこれ以上は不毛ですので、こちらではご遠慮ください。何かご批判があれば、外部の場所でご批判くださるようお願いします。

投稿: WJF | 2012年7月 3日 (火) 23時41分

私は朝鮮日報や中央日報やらキムチ速報を日常拝見させてもらっておりますが、アメリカのその下院議員とやらは韓国滞在中に韓国が併記だと負け惜しみで下院議員が言ったと捏造してる可能性がありますよ また韓国に滞在中だからリップサービスで韓国がしつこいからしょうがないから言ったんだと思われますが いずれにせよ今回ホワイトハウスが公式に発表したんですから アメリカも韓国のしつこさや捏造はわかっていると思いますが 今回韓国の抗議に日本の抗議が対立したために アメリカ政府の意見を発表した 日本の抗議が無ければそのままだったんですよ アメリカだって他国の争いに携わりたくないんですから はっきり言って韓国の色々な日本抗議がアメリカにとってはうるさいハエみたいなもんなんですよいちいちアメリカを巻き込むなって感じで 片方だけなら 黙ってればいいだけなんで 日本が何も抗議しなければ 韓国に有利になりますよ既成事実化されてしまいます どっがが正しいかは歴史や経過を調べればわかることですから 対立がなければ第三国は調べませんよ 日本政府は出るところに出ろと韓国に言うべきだが 在日議員が約70人いて在日や韓国から献金もらって 外国人参政権支持してるバカ議員がいるんじゃなかなか進まない 韓国まで行って日本大使館前で 慰安婦に賠償金をってデモに参加した元国家公安委員長韓国籍を日本国籍に変え慰安婦に賠償金をといってる福島瑞穂等 こいつらが韓国の嫌がらせを正当化してるんですよ なんて日本は悲惨な国でしょうか すいません話しが反れました

投稿: 健太郎 | 2012年7月 3日 (火) 23時20分

健太郎様
アメリカ政府は同じ内容の回答を既に今年の2月に米韓人会に対して送っており、従来と全く同じ回答を繰り返しているだけですから、日本人が署名をしたから、日本人の声を聞き入れてくれたというわけではないと思います。これまで述べてきたことの繰り返しになりますが、韓国が「日本人のナショナリズムが日本海という地名を作り広めてきた」という嘘を世界に熱心にばらまいているときに、日本人が日本海の呼称についてナショナリズムをむき出しにした主張や要求を行うことは、彼らの嘘をそのままなぞることになり、彼らを利することになります。日本呼称問題に関して日本人が国際社会でアピールしていくときに、気をつけなければならない点は、日本のナショナリズムの立場からの要求や主張としてではなく、あくまで国際社会の慣用とルールを守ろうという観点から、あるいは企業やメディアの政治的中立という観点から、客観的な歴史的事実を提示しながらアピールを行っていく、この原則をしっかり守っていく必要があります。韓国は日本海呼称問題を「日本のナショナリズムVS韓国のナショナリズム」の対立の問題にすり替えようと画策していますから、その戦術に乗らないように注意が必要です。「日本のナショナリズムVS韓国のナショナリズム」という対称的で拮抗した構図が定着してしまうと長期的には、国際社会はバランスを取ろうとして、併記という中立の方向へとゆっくりと動いていきます。上の記事にあげたアメリカ下院議員の「日韓両国は、米国の懇意な友人であり、同盟であるため、東海(East Sea)と日本海(Sea of Japan)を並べて使用し、両国を尊重しなければならない」という発言は、そのようなゆっくりとした流れの一つとしてとらえられないでしょうか。この流れは、日本人が韓国人に対抗するようなやり方で声をあげてしまうと、防げるどころか逆に加速化させることになります。この流れの加速化を防ぐために必要なのは、日本人の意志として「日本海単独呼称を固持せよ」と訴えることではなくて、あくまで国際社会の正しいあり方の問題として、日本人の意志とは関係のない客観的な問題として提起していくことが必要です。
WJFプロジェクトは、一人でも多くの外国の人たちに日本の主張を心から納得してもらうためには、どのように説明したらもっとも効果的なのかという問題でつねに頭を悩ませています。説明の仕方によっては反発や拒絶反応を起こしてしまうこともあるため、薄氷を踏むような慎重さで制作にあたっています。このような慎重さが習い性になっている者の一つの異論として受け止めていただければ幸いです。今回の日本海呼称問題を呼びかけ、署名された人たちの思いが貴いものであることは疑いを入れる余地はまったくありません。私たちの祖国がよりよくなってほしいという熱い願いは皆、同じですから、時に考え方が異なり、ぶつかることがあったとしても、最後は互いに受け入れ合って、同じ山の頂を目指してがんばってまいりましょう。国を思う熱い願いと同時に、冷徹に頭に刻んでおかなければならないのは、アメリカも中国もロシアも韓国も北朝鮮も、みんなそれぞれのしたたかな戦略をもって日本を取り囲んでいるという点だと思います。日本人の一途さ、真っすぐさはしばしばこれらの戦略国家の手玉にとられやすいということも、注意しておく必要があると思います。欧州戦線で戦ったアメリカ陸軍のバットン将軍は次のように言ったそうです。「国のために命を捨てても戦争には勝てない。 勝つには敵兵に国のため命を捨てさせるのだ。」敵兵の愛国心すらも、自国のための利用する。これが戦略国家のしたたかな考え方です。

投稿: WJF | 2012年7月 3日 (火) 20時50分

日本人の沢山の署名でホワイトハウスは公式に日本海単独表記だと発表したとNHKニュースでやってましたよ これは沢山の日本人が韓国に対抗してホワイトハウスに嘆願したからに他ならない 正しい者抗議した者が勝つが証明されたんじゃないでしょうか 正しくても黙っていたらダメなんですよ

投稿: 健太郎 | 2012年7月 3日 (火) 18時56分

おさん様
お久しぶりです。御指摘の通り、問題によって、とるべきアプローチの仕方は変わってくると思います。時期やタイミングによっても、変わってくるでしょうし、どんな立場の人に訴えるによっても、アピールの仕方も変わってくると思います。

投稿: WJF | 2012年6月12日 (火) 13時36分

日本のこころ様

アピールは必要だと思います。
日本の味方になってくれるアメリカ人を一人でも多く作っていこう、日本の味方を一人でも多くふやしていこうという気持ちでアピールする姿勢が大事かと思います。

また、現在「日本VS韓国」という図式にすり替わってきてしまっていますので、これをもう一度「国際社会VS韓国」の非対称な図式に、引き戻していくという意識をもって臨む姿勢が大切だと思います。

投稿: WJF | 2012年6月12日 (火) 13時04分

東海表記問題について、併記すべきという議員には
根拠を問いただす活動を行うべきかと思います。

そして、つき付けるのです。

賛成議員に、あなたは、併記という主張をしていますが、
アメリカと意見が敵対する周辺国が、アメリカの領地と接してる
場所を、違う名前で呼びたいと言ったら、同じ様にそのつど
併記していくお考えであるのかどうか。

また、他の敵対国が、それぞれ主張をしたら、公平に併記
していく考えですか?と。

できれば、アメリカ人が皆で考えられるように、公開質問の
形で、あちこち英語の質問サイトを立ち上げて行くこと
がいいかもしれません。

投稿: 日本のこころ | 2012年6月12日 (火) 12時57分

「続・慰安婦問題を考える」管理人様
いつもブログを拝見し、勉強させていただいています。慰安婦問題に関する見識と洞察に深く感銘を受けております。『セックスと嘘と従軍慰安婦』の的確な批評もありがとうございました。慰安婦問題に関するこれまでの日本からの情報発信のあり方に、しっかりと批判的な検証を行い、より的確な情報発信を目指していきたいと思います。ぜひお知恵をお貸しください。

投稿: WJF | 2012年6月12日 (火) 12時34分

WJFのこのご意見を支持します。

投稿: 「続・慰安婦問題を考える」管理人 | 2012年6月12日 (火) 08時30分

慰安婦捏造で苛めにあうと言うコメントが有りますがアメリカは自己主張の国です。苛められたら正確な資料を出して堂々と反論すれば良いのでは?相手の大声や荒々しい態度に怯えて黙ってしまっては相手の言い分が正しいと認めた事になります。郷に入れば郷に従えです。苛めに有ったと言う人には資料や知識を与えるといったバックアップをすれば良いと思うのですが…

投稿: Nekogozen | 2012年6月10日 (日) 15時55分

韓国は政府官民一体となって日本に嫌がらせしているにもかかわらず 日本は韓国に援助しますね 私が大統領だったら韓国なんかと仲良くしないで援助なんかしませんよ 石原さんみたいハッキリ物事言えないとやっぱり舐められるんですよ 日本は面倒くさいから事なかれ主義なんですよ これはダメですよ 私も海外に15年ほど住んで韓国人や中国人と仕事もしましたよ 日本の会社が彼らを雇う仕事がないし給料がいいから日本の会社がいい 平気で日本の悪口言う 韓国人は日本人よりいい人種だ歴史を捏造してる等これがもし逆の立場だったら直ぐに首ですよ でも日本人はまず知らない気にしない興味ない 経営者は首にすると面倒くさいから黙ってろと言う だから規正事実化されちゃうう 他の国のスタッフも今まで知らなかったが韓国人を信じる用になる 日本人は領土問題や歴史捏造言われても どうでもいいじゃんで 全く反論出来ない これが現状なんですよ 情けないの一言だから電気製品も半導体もどんどん韓国にやられる 一番大事なのは韓国が国家レベルで嫌がらせしてるんだから 日本政府や政治家がもっと頑張って捏造嫌がらせを止めさせる事なんですが 売国議員が多くてなかなか進まないでしょう 困ったもんだよ

投稿: ひろ | 2012年6月10日 (日) 02時08分

.
【野田政権考】慰安婦問題 敗北主義に陥るな
配信元:
2012/06/09 12:02更新

 韓国による慰安婦問題での対日攻撃がやまない。韓国系団体は今や、米国内にも全く史実に反した慰安婦記念碑を建てるなど、海外に向けた日本をおとしめる宣伝戦も仕掛けている。もう、なあなあで済ませている場合ではない。

 ■波風を立てずに

 政府は6月8日の閣議で、韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)が昨年12月にソウルの駐韓日本大使館前に建てた「慰安婦像」について、「ウィーン条約に規定する公館の威厳の侵害に関わる問題だ」とする答弁書を決定した。

 その認識は正しいが、それでは韓国側に対しどんな申し入れや対策をとったかは明かさない。とにかく波風を立てずにやり過ごそうとする姿勢がみえる。

 昨年10月には、韓国系住民が過半数の米ニュージャージー州パリセイズパーク市で、公立図書館の敷地に慰安婦記念碑が建てられた。

 碑には「日本帝国政府の軍によって拉致された20万人以上の女性と少女」と荒唐無稽な碑文が刻まれている。在米の韓国系団体は、同様の碑を全米で20以上建てる計画だとされる。

 自民党の山谷えり子参院議員によると、こうした韓国側のプロパガンダの影響で在米日本人子弟が「下劣な先祖を持つ子孫」「レイプ魔の子孫」などといじめに遭いつつあるという。

 にもかかわらず、政府の対抗措置の動きは目に見えない。このままでは日本のイメージは悪化し、将来的には大きく国益を損ないかねない。

 (6月)5日に開かれた超党派の「日本の名誉のため行動する国会議員の会」(会長・たちあがれ日本の平沼赳夫代表)会合では、外務省担当者がこう弁明した。

 「先方(韓国系団体)は確信犯的にやっている。放っておいていいことではないし、政府としては、主張すべきことは主張する。ただ、よい結果をもたらすには水面下で静かに活動した方がいい」

 だが、政府が長年にわたり、ひたすらことを荒立てまいと静かにしていた結果、今日の事態を招いたのではないか。

 ■「内なる敵」

 2007年6月、政治評論家の屋山太郎氏ら民間有志と自民、民主両党の国会議員有志が米紙ワシントン・ポストに「慰安婦の強制連行を示す文書はない」などとする意見広告を出した。これについて、ある外務省高官はこう述べていた。

 「残念だが、慰安婦問題ではもう勝敗は決している。今さら強制連行はなかったと主張しても、米国では悪質な言い訳か歴史修正主義と受け取られ、かえって逆効果だ。話を蒸し返さない方がいい」

 これが日本外交の基本姿勢だったのだろう。とはいえ、このやり方もうまくはいっていない。日本が過去の話として自己主張もせず封じ込めようとしても、韓国側が大々的にキャンペーンを張っているのだから何の意味もない。

 確かに当時、意見広告は米国内で感情的な反発も呼んだ。だが、日本の立場・主張はある程度伝わったのではないか。どうせうまくいきっこないと決めつけるのは、外交上の敗北主義だろう。

 もちろん、立ち向かうべき相手は韓国側だけではない。日本国内には「とにかく全部日本が悪かった」という不勉強・思考停止状態に安住し、諸外国の反日団体と連携することを良心的だと信じる一定の勢力がある。

 今年5月にソウルで開館した「戦争と女性の人権博物館」(慰安婦博物館)建設を主導したのは、挺対協と日本に組織された「日本建設委員会」だった。

 建設委のホームページの募金者一覧をみると、「大阪市職労」「JR東労組」「自治労」「ピースボート」「広島県教組」…とおなじみの顔ぶれが目につく。「内なる敵」の動向を見極め、なるべく背後から矢を射かけられないよう注意も必要だ。

 (阿比留瑠比/SANKEI EXPRESS)

投稿: おさん | 2012年6月 9日 (土) 17時38分

慰安婦問題では「日本人子弟」が歴史的曲解によりharassmentがアメリカ国内で発生していることを発信すべきではないでしょうか?

投稿: おさん | 2012年6月 9日 (土) 16時53分

WJF様 お久しぶりです。

日本海問題はひたすらアメリカ地名委員会の単独表記を支持することを発信すればよいと思います。国際水路委員会では前回、韓国側は東海併記を議題に上程できなかった上で日本海単独表記が決定されたことで、
流れができたと思います。韓国が第4版の改訂をただ単に反対しているだけの構造になっており、ジタバタしなくても韓国が反対すれば第3版を使っていくだけのことです。

韓国の新聞で面白い記事を読んだことがあります。竹島問題では自制的対応を、日本海問題では徹底的に攻撃すべきであると。つまり竹島は現在韓国が実行支配しているわけだから、騒ぎ立てるのは国家にとって利益ならない、逆に日本海問題では日本の利権だから問題化すべきとのことです。よって日本はその逆をすればいいのではないでしょうか?

投稿: おさん「 | 2012年6月 9日 (土) 16時47分

韓国はIHOで東海表記が認められないので負け惜しみでどこかの国の誰それが東海表記を支持したとかいつもニュースでうそぶいてますよ、まったくガキみたいな性格だから困りますね、ホワイトハウスへの署名活動は関係ないです。 沢山のアメリカの議員達が本当の歴史なんか知る訳がない 韓国に行けば当然捏造歴史を説明受ける そしたそんな意見を言うようになるかも むしろ日本が黙って抗議しない方が不利になると思いますが

投稿: ひろ | 2012年6月 9日 (土) 01時44分

韓国が言ったと言っているだけで 実際にこの議員が言ったと決まったわけではありません 韓国人はプライドだけ高いから自分達の都合のよい嘘平気で言いますよ アメリカの議員らも韓国人が沢山住んでる町なら当選するために彼らの肩を持つのは当然です、アメリカには約120万人韓国系がいますから、実際になぜ日本海と呼ばれた理由なんかどっが正しいか調べればわかりますよ 平気で嘘つき通して100回言えば本当になるのを狙ってるのが韓国です 日本政府日本人が常に抗議し 韓国の捏造嫌がらせを訴え続ける必要があります日本が国際司法裁判所に訴えたっていいと思います 黙っていたら日本か韓国かどっちかわからなくなります 実際に世界中で慰安婦像や独島東海の宣伝がどんどん出来てますよ 実際に日本政府の抗議によって取り去られていますよ でも沢山の日本人が韓国の嫌がらせを知らない興味が無いとゆうのが致命的です 沢山の国民に知らしめる為にも必要な事だと思いますが

投稿: ひろ | 2012年6月 9日 (土) 00時35分

ひろ様
ここで注目すべきなのは、下院議員が実際に使い初めている次の論法です。「アメリカは日韓に対して中立の立場をとるべきだ。だから併記すべきだ」。この論法は、韓国が単独で騒いでいる間は、決して成り立たない論法です。

投稿: WJF | 2012年6月 8日 (金) 18時14分

これは今日の中央日報に出てましたが アメリカの一議員が東海にしろとかは前からあることですよ この議員は韓国訪問時にでこのような発言をしました リップサービスもあるし ただでさえ口先ばかりの韓国人だからまいどの事です 日本人の署名活動はまったく関係ありません むしろ黙っている方が負を認めるのが外国で 日本の大人の対応は通じませんよ 日本の国会議員がアメリカに慰安婦の像の撤去を求め少し動きがあるかも ニューヨークタイムズは日本の抗議をうけて 独島東海の広告は二度と載せなくなりました シドニー空港の独島東海の広告は日本の抗議で直ぐに撤去しましたけど

投稿: ひろ | 2012年6月 8日 (金) 18時00分

WJF様のご指摘は痛恨の極みです。先を読み、戦略を立てて闘わなければ自滅を招く、胆に命じなければなりません。

投稿: nekoとkeko | 2012年6月 8日 (金) 17時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NINJA指令010号 | トップページ | 怒りと悲しみと恥ずかしさと・・・ »