« 怒りと悲しみと恥ずかしさと・・・ | トップページ | こっそり見ている (2) »

2012年6月11日 (月)

絶望的なまでの困難を前提とせよ

「言わぬが花」という考え方があります。
その一方で「とにかく何かを主張すべきだ。黙っていれば認めたことになる」という考え方があります。

この二つの考え方は、一見、正反対のようでいて、実はとても似通った考え方です。

前者には「言わなくても、分かってもらえる」という安易な考え方が隠れています。
後者には「とにかく何かを言えば、分かってもらえる」という同じように安易な考え方が隠れています。

いずれも、他者に何かを理解してもらうということを、簡単に考えてしまっているという点で共通しています。

しかし、日本のように、戦勝国によって都合良くねじまげられた歴史観が全世界的に蔓延しており、世界の大部分がそれを信じており、まして文化も言語も異なる外国人に、私たち日本人の主張を理解してもらうということは、絶望的なまでに困難な課題であるということを、私たちは、もっともっと肝に銘じる必要があります。

また、異なる文化的な背景の人々が共に暮らす移民国家とは異なり、同質化した社会に暮らす日本人は、比較的同じような考え方を共有しており、他者に何かを理解してもらうことにそれほど困難を感じることなく、毎日を過ごすことができます。日本人同志では理解してもらえる表現方法も、外国の人たちに対しては通じないこともよくあることです。

この絶望的なまでの困難を前提としつつ、なおかつ、一人でも多くの外国人に私たち日本人の状況や考え方を理解してもらおうとするのならば、何が必要なのでしょうか。

それには、やはり、労をいとわないことだと思います。伝えようとする人々の顔を思い浮かべながら、丹念に時間と手間をかけ、心をこめ、知恵の限りつくし、物事を考え抜き、丁寧に調べ、資料を集め、精緻な論理を組み立て、七転八倒の苦しみを味わい、逡巡や、葛藤や、試行錯誤を幾度も幾度も経る覚悟で取り組まなくてはなりません。簡単でお手軽な方法などあるがないし、ましてそのような方法に頼ろうとしてはいけません。

ただ闇雲に主張すればいいんじゃない。もっと頭を使って、機を探り、戦略的に伝えようという持続的な意志=執念を持たくなくてはいけないと強く訴えているのは、まさにこの意味においてです。




« 怒りと悲しみと恥ずかしさと・・・ | トップページ | こっそり見ている (2) »

WJFプロジェクト」カテゴリの記事

コメント

私たちはWJFさんの日本語が大好きです!! lovely

英語でもアップしてくださるので本当に助かります。

これからもお体を大切になさって頑張ってください。 

私たちも日本語を頑張ります! よろしくお願い致します。

投稿: 北米在住+ヨーロピアンズ | 2012年6月13日 (水) 07時47分

そうですね。
「楽をしよう」と、どこかで思っている自分がいないか、
ギクリ、と突かれたような気持ちです。

「自分の努力が報われると思うな。
それを期待した途端、それはたちまち保身になってしまう」と
私の尊敬している方もおっしゃられていました。

WJFさまのおっしゃることに加えて
日々の所作・言動も肝心ですよね。

この人の言うことを信じよう、となるのは
WJF様のいう丁寧さや、伝えようとする真剣さであったり、
日々の言動・所作であったりすると思います。

「私の知ってる日本人は礼儀正しくフェアで、(相手を貶めるような)嘘は決してつかない」
そう思ってもらえていたら
WJF様の動画を見たときも伝わり方がより強くなるかもしれません。
簡単ようで難しいですが、日々、その意識を忘れずに
生きていかなければ、と思わされましたm(_ _)m

投稿: tama | 2012年6月12日 (火) 00時17分

日本に嫌がらせする韓国に 平気で援助する 日本が悪いと言う 韓流は好きだが韓国の嫌がらせや捏造は知らない 国内がこんな状態で 政府官民が一体で日本を叩いてくる韓国に勝てますか? 世界の前に日本が受け入れなければ韓国だってダメージが有るだろうけど 技術 資本 市場としての日本 韓国が悠然ど捏造嫌がらせ続けるのも日本や日本人の意識の問題だよ

投稿: ひろ | 2012年6月11日 (月) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 怒りと悲しみと恥ずかしさと・・・ | トップページ | こっそり見ている (2) »