« 拡散推奨: Japan's World War II | トップページ | 正しい理解を妨げるもの »

2012年6月12日 (火)

竹島問題に関するうれしい知らせ

慰安婦問題にかかりきりで、竹島問題がおざなりになっていますが、韓国からうれしい知らせが届きました。韓国の中で、韓国のこれまでの領有権の主張がおかしいと考え始める人が現れてきているそうです。

日本語版

韓国語版

英語版

スペイン語版

上の動画をみた韓国人で、「于山島は独島ではない」という主張を韓国の某掲示板で、熱心に展開してくれている人々がおり、その方たちの書き込みを読んで、認識を改める韓国人もあらわれているとのこと。

韓国政府も何かを焦ってるか、ソウルの地下鉄駅に「独島模型」まで設置する事態になっているとのこと。

大きなチャンスが到来しています。




« 拡散推奨: Japan's World War II | トップページ | 正しい理解を妨げるもの »

竹島問題・日本海呼称問題」カテゴリの記事

コメント

WJF様
わたしはあなたの見識の高さには敬意を表し、支持しています。
以前にも書きましたが、寄付をつのるのは恥ずかしいことではありま
せん。政府・外務省がやるべき仕事を、私生活を犠牲にしておやりに
なっているのですから、堂々と寄付を求めたらいいと思います。
そう言うわたしがまず寄付すべきなのですが、借金を背負う身なので
身動きが取れません。もう少しお待ちください。

ひろ様
あなたのおっしゃることも一理あります。これまでの経緯を見れば、
そう考えたくなるのも無理ありません。また自虐史観のマインドコントロールが
解けると、そのショックと反動から極端な反韓国・反韓国人に走りがちに
なり、相手を侮蔑する言葉を吐き出す人が多いのも理解できます。

でもWJFさんがおっしゃる通り、日韓以外の人たちには、そういう
差別的言動は逆効果なのです。むしろ事態の真相をわかってもらう
妨げにしかなりません。この点をどうかご理解ください。
特に英語で発言する場合は要注意です。日本語で発言する以上に、
神経を払っていただきたい。

投稿: アキレス | 2012年6月13日 (水) 14時43分

ひろ様

「時間をかけてつくりこまれた良質なコンテンツは、多くの人に鑑賞され、やがて世界を作り替えて行く力を持ちます。」

これがWJFプロジェクトの趣旨です。少しずつ何を変えていくことができると信じるから、このような活動を地道に続けています。現在はインターネットがありますので、真実が韓国人の間に少しずつ広がっていくのは、時間の問題だと思います。慰安婦問題にせよ、日本海呼称問題にせよ、アメリカ人にアピールする際にも、韓国人にアビールする際にも、その国の内部に、問題を正しく理解し、共感してくれる人々を一人でも多く作る、そして、その人々の数を着実に広げていくことが、大切なことだと思っています。

きちんとしたソースに基づく事実を、きちんとした論理で提示し、なおかつ、同じ目線に立って、相手に対する敬意を失うことなく我慢強く、語っていくことが大切だと思います。上の動画も、「韓国という偉大な国を真実の上に建設してほしい」というポジティブなメッセージが最後にあったかなかったかでは、動画の効果は大きく変わっていたでしょう。WJFプロジェクトの動画は、どんなに韓国を叩くような動画であっても、差別的な表現を使わないというのは当然のことですが、韓国に対する肯定的なメッセージをどこかに織り込むことも忘れないように気をつけています。見る人の心を開くための仕掛けであり、「戦略的にアピール」するというのはこういうことであると思っています。声をあげることは大切ですが、「戦略的に」声を上げることが大切です。どんなに大きな声で叫ぼうと、憎しみや怒りのみから発せられる声には、世界のどの国の人も耳を傾けてはくれません。

投稿: WJF | 2012年6月13日 (水) 07時31分

そんな韓国人すぐに潰されるよ マイノリティーは前からいるしそんな話ししてもしょうがない 自分で慰めてるんじゃしょーがない 韓国が実行支配してる何が何でも動かないよ 国が狭いからなおさらだ 日本が何か韓国に制裁でも出来ますか 口だけでいつも遺憾ですだけ それで民主党は喜んで援助する 去年韓国がデフォルトになりそうになった時黙って5兆えんスワップ援助決めた それなのに韓国は日本が頼んで来たなんて生意気な事相変わらずうそぶく自分達の負けは認めない 恩を仇で返す韓国 日本が援助するなら何か条件付けるくらい日本もしたたかにならなきゃ勝てないよ

投稿: ひろ | 2012年6月12日 (火) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 拡散推奨: Japan's World War II | トップページ | 正しい理解を妨げるもの »