« 竹島問題に関するうれしい知らせ | トップページ | 同じパターンが繰り返されている(アメリカ・ヴァージョン) »

2012年6月13日 (水)

正しい理解を妨げるもの

他の国の人たちに、日本が抱えている問題を理解してもらおうとするときに、陥りやすい失敗のパターンを列挙してみたいと思います。

・右翼の日本人が人種差別的な偏見や伝統的なXenophobia(外国人嫌い)から、中国人や韓国人のことを憎み嫌っているだけと思われてしまう。

・日本人は過去の過ちを認めない自民族至上主義に陥っていると思われてしまう。

・ユーラシア大陸の端っこにある、黄色人種の似た者同士の国が仲良くいがみあっており、どっちもどっちであると思われてしまう。

・遠いアジアの国の話であり、自分たちには関係ないと思われてしまう。

・日本、中国、韓国といった東アジアの国々が互いにいがみ合っていた方が、自国の国益になると考える国の戦略にはまってしまい、手のひらの上で踊らされてしまう。(特にアメリカの場合)

上に挙げた失敗のパターンを巧みに回避しながら、私たちのメッセージを届けていかなければなりませんが、綱渡りのような慎重さが求められます。少しでも注意を欠いたり、ちょっと横風が吹くだけで、バランスを崩し、簡単にどれかの失敗のパターンに陥ってしまいます。

特にみなさんに注意を促したいのは、次のような横風です。

20120613_104848

上の発言は、ある日本人のYouTuberが、YouTubeのどこかに投稿したコメントなのですが、「中国人と韓国人は世界の癌であり、彼らは人間ではない」と書かれています。実はこのような差別的なことをわざわざ英語で書く日本人のYouTuberは少なからずおり、YouTubeはこのようなコメントであふれています。これは世界の人々に日本の問題を正しく知ってもらい、世界を味方につけていく上では、何の役にも立たないどころか、大きな妨げになってしまいます。

アメリカのYahoo Answerでも、次のようなコメントが見られます。

But in such places as youtube lots of people are talking about the negative attitude the Japanese have.
(YouTubeのような場所では多くの人々が日本人のもつネガティブな態度について語っています。)

Are Japanese racists? (日本人は人種差別主義者か?) http://answers.yahoo.com/question/index?qid=20111002083041AAs7OSk

私たちの問題を世界の人たちに正しく知ってもらいたいと真摯に願うのであれば、わたしたちは自重が必要であり、またこのような発言が行われている場では、日本人同士、互いいさめあうことが不可欠であると思います。日本の名を汚すことのないように、品位のある言動が大切であると思います。

(このような意見を述べると、「中国人や韓国人が日本人を侮辱するコメントはいいのか」という反論が予想されますが、これは人種差別的な言葉を使うことが一般的に善か悪かという倫理的な問題ではなく、 日本の立場や考え方をなんとかして世界に広げていくという困難な課題を遂行していく上で、戦略として賢明か否かという問題ですので、仮にそれらの外国人が日本人に対する人種差別的な言葉を並べて世界の人々の失笑や軽蔑を浴び、結果的に彼らが損失を被ることがあったとしても、それは私たち日本人が関知する問題ではない思います。というより、彼らの反日プロパガンダが、日本人という特定民族に向けられた人種差別以外の何ものでもないことを、わざわざ彼らが自分自身の言動を通して世界の人々に証明してくれているわけですから、むしろ彼らの失点(オウンゴール)を、こちらの得点として歓迎するぐらいのしたたかさが必要ではないでしょうか。こちらが彼らの挑発にのって同じ行動に走り、世界の人々からイエローカードやレッドカードをもらう必要はまったくないと思います。)




« 竹島問題に関するうれしい知らせ | トップページ | 同じパターンが繰り返されている(アメリカ・ヴァージョン) »

WJFプロジェクト」カテゴリの記事

コメント

 例えば、大東亜共栄圏、アジア圏における共存共栄をうたっても、戦争中や戦争直前に唐突に
言われても信用できない・・・。とは多くの人が思うでしょう。自分もそうでした。
しかし、似たようなことは既に言っているのです。「人種的差別撤廃提案」1919年2月13日に。
また南京大虐殺というデマに対して、黄河決壊事件を知っていれば考え方も違ってくるでしょう。
前者がプロパガンダの成功例であり、後者が失敗例なのです。
洗脳を解く、プロパガンダを看破するのは、事実の積み上げなのだろうな、と思います。

投稿: ととと | 2012年6月24日 (日) 20時14分

ニコ様
ひどい話です。事実の究明と徹底した対策が求められると思います。

投稿: WJF | 2012年6月15日 (金) 11時03分

シンシアリーさんのブログでこんな書き込みがありました。

高知県の樹齢何百年の神木を枯らしまくってる連中も韓国人ぽいですね。マスコミが全く報道しませんから。
根底にドリルで穴を開け、そこに枯らす薬剤を注入してるとか。
日本人なら祟りを恐れて神木を切ったりわざと枯らしたりなんかしませんもん。
日本の桜も狙ってるんだろうなあ。

今までも韓国人は日本の重要指定文化財を強奪する目的で沢山の寺院を襲撃してますね。天皇ゆかりの寺までも。

東京、神奈川の重要文化財連続放火も一か月ぐらいの間にやらかしてましたよね。

ソースはまだ判っていませんが天皇ゆかりのというところに不安を感じます。

投稿: ニコ | 2012年6月14日 (木) 23時54分

ひろ様
不毛なやりとりであると支援者の方からお叱りをいただいていますので議論は打ち切らせていただきます。また議論で占有されてしまいますと他の方のコメントが「最近のコメント」欄から流れてしまいますので、一連のやりとりは削除させていただきます。ご理解ください。

ひろ様のおっしゃっていることもよくわかります。みなさんの鬱憤やふつふつと煮えたぎる怒りのエネルギーを抑え込んだり否定したりするのではなく、上手に吸収して有効に活用し、プラスの力に転じていくことも、世の中の流れを変えていこうとする活動と、またその活動の規模を拡げていく上では大切なことだと思います。お利口さんなことばかり言っていると、活動がやせほそっていくぞという警鐘の言葉と理解しました。

アクセル(パワー)とブレーキ(自制心)とハンドル(戦略)の三つの要素がそろって、初めてよい活動ができるのでしょう。ブレーキやハンドルだけでは前に進むことはできません。

投稿: WJF | 2012年6月14日 (木) 12時44分

少し話がずれてしまいますが

日本は「単一民族」「移民制限国家」として欧米では報じられており
「人種差別主義」とセットにされて報じられているようです。

あと英仏米などの欧米極右は、自国の移民問題と比較する際に、日本の「単一民族」「移民制限国家」を褒め称える傾向(英国国民党党首ニック・グリフィン、フランス国民戦線のルペン親子、元KKKのデイビット・デュークなどの米国極右など)が強いです。

デイビット・デュークなどは「出産率が低い国・人種・民族こそ優秀」などと暗喩として西欧白人や日本を取り上げ、発展途上国を蔑視し、ノルウェーの無差別乱射・爆破テロの容疑者も日本を褒め称えるなど、欧米極右の日本に対する歪んだ賞賛が、欧米リベラル・左翼を刺激して日本批判に向いてしまっている面も少なからずあるようです。

投稿: 名無し | 2012年6月14日 (木) 01時36分

勿論日本人も多く書き込んでるのもあるでしょうし、なりすまして自作自演をしてる人もいるのでしょう。そういう戦法がある事を読んだ覚えがあります。いずれにせよ望ましい現象ではありませんね。日本国内での発言と海外への発言のやり方を変えないといけないんでしょうね。
難しいですね。

投稿: 米好き | 2012年6月13日 (水) 15時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 竹島問題に関するうれしい知らせ | トップページ | 同じパターンが繰り返されている(アメリカ・ヴァージョン) »