« 守るべき原則 | トップページ | こっそり見ている »

2012年4月27日 (金)

日本海動画の韓国語版

もっと早く作っておくべきでしたが、5年後にそなえて、日本海動画の韓国語版の制作に取りかかりたいと思います。日本海問題は、シリーズ化している『危機に瀕する日本: 日韓紛争概説』の中でも、もう一度きちんと整理して取り上げていく予定です。

下を読んでいただければ分かりますが、韓国が日本海呼称問題で海外でばらまくメールや新聞記事は嘘だらけです。平然と嘘をばらまきます。

韓国人がJ.Crewに送った噓だらけのE-mailの和訳

「御社のジャパン・ラブ・Tシャツ(商品番号52460)は東海を日本海と誤記しています。この呼称は日本帝国主義と1905年から1945年までの残虐な日本の韓国支配­の時代に由来するものです。それは日本人による大量虐殺、残虐行為、強制労働、慰安婦と呼ばれる数万の韓国人・中国人女性の性奴隷としての搾取を含むこの時代の遺産の一部­です。国連もこの海域は東海/日本海と併記されるべきだと認めています。どうかこのTシャツの名称をより攻撃性が少なく不適切でない名称に変更してください。変更していた­だけない場合には、私たちは御社の全商品のボイコットに参加いたします。」

「国連もこの海域は東海/日本海と併記されるべきだと認めています。」→国連はそんなことは認めた事実はありません。

韓国人がNew York Timesに載せた噓だらけの広告文の和訳

「先月、御社の4月6日の記事で、私たちは小さいけれども重要な間違いを発見しました。韓国と日本の間の海の呼称は「東海」であり、アジア関連の記事で御社が使用されてい­た「日本海」ではないことをお知らせいたします。 この海域は多くの国々によって過去2000年間「東海」と呼ばれてきました。東海の中にある独島もまた純粋なる韓国領として認識されてきました。これが真理であり、歴史を­通じて反論の余地なき事実であります。 「日本海」なるものはこの世界に存在しません。それは歴史をねじまげようとする日本政府の頭の中にだけ存在しています。私たちはこの単純なる真理は世界でもっとも名高き新­聞の一つであるニューヨークタイムズと、その中で日々真理に光をあたるべく働いておられる記者の皆様にお伝えいたします。」

「この海域は多くの国々によって過去2000年間「東海」と呼ばれてきました」→日本海を「東海」と呼んできたのは、朝鮮半島の人たちだけです。中国人の「東海」は東シナ海のことであり、ベトナム人の「東海」は南シナ海のことです。

私たちがなすべきことは単純です。こういう彼らのまき散らす嘘をひとつひとつきちんとした証拠と事実を掲げて訂正していくことです。

相手の嘘や間違いを「事実」を提示することによって正していかなければならないときに、日本の側から根拠のない間違いだらけの不合理な文章を作成してアメリカ政府に提出し、それに不特定多数の人々の署名を呼びかけるということはあってはならないことです。

「事実」こそは、日本に味方する私たちの最強の武器であり天叢雲剣ですが、この「事実」という日本にとって最強の武器を使わせないために、韓国はさまざまな問題のすりかえを行い、日本人を「事実VS嘘」という土俵からひきずりおろそうとします。彼らが作り出したいのは日本人と韓国人が地名について言い争っているという構図です。拮抗すれば最終的に真ん中(この場合は日本海と東海の併記)がとれるからです。

しかし、日本海呼称問題は、「世界の常識VS一国のわがまま」という問題です。「日本人の意志VS韓国人の意志」の対決という問題でもありません。韓国の挑発に乗らないようにしましょう。

日本海呼称問題は「事実VS嘘」の問題です。「日本人の意志VS韓国人の意志」の対決という問題ではありません。韓国の挑発に乗らないようにしましょう。

彼らがあまりに理不尽なことを繰り返し、繰り返し言ってくるのも、私たちを動揺させて同じ土俵の上におびき出し、彼らの主張に対する反対命題を、私たちの口から引き出そうとする意図が隠れています。併記を実現するため、問題を巧妙にすり替えようとする韓国の挑発に乗ってはいけません。しかし、これは彼らの執拗なプロパガンダに対して日本は沈黙を貫けと言うということではなく、常に「世界」の側に立ち、常に「事実」の側に立って、「世界VS韓国」「事実VS嘘」という非対称な枠組みの中で、日本の主張や情報発信を行わなければならないということです。韓国と対称的な枠屈みの中で、主張と主張を拮抗させていくことは、絶対にさけなくてはなりません。日韓が拮抗する対称的な枠組みは、何度も申しましたように、「併記」に至る最短ルートとなってしまいます。

しっかりと「事実VS嘘」という土俵の上に踏みとどまって、「事実」という日本刀にようにするどい切れ味をもつ私たちの武器にますます磨きをかけて、彼らの嘘と戦っていきましょう。





« 守るべき原則 | トップページ | こっそり見ている »

竹島問題・日本海呼称問題」カテゴリの記事

コメント

韓国産の電子海図を世界に…韓国政府が「東海」表記拡散を計画
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120430-00000025-scn-kr

こんなニュースも見かけました。

いかにもゴリ押しですね。そんなことしか考えてない・・。

トップコメント

1.
こんなやり方で捏造表記が拡散されたら歴史もあったもんじゃない。
立派なテロ行為だよ。

2.
IHOのルールに照らし合わせれば、違法な地図ですよ
韓国がルールを守らないなら、IHOも東海も韓国という国をも認めないよ。
犯罪国家。

その通りだと思います。
これが違法行為として広まってくれれば最高なんですけどね・・!

投稿: 日本海維持を守る | 2012年4月30日 (月) 17時03分

ほんとうにありがとうございます。

投稿: おさん | 2012年4月27日 (金) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 守るべき原則 | トップページ | こっそり見ている »