« なぜ日本海呼称問題について「署名」をしてはならないのか | トップページ | 盲目的な保守活動ではなく »

2012年4月22日 (日)

『危機に瀕する日本』第二巻: セックスと嘘と従軍慰安婦(韓国語版)

『危機に瀕する日本』第二巻: セックスと嘘と従軍慰安婦(韓国語版)です。

위기에 임박하는 일본 한일 분쟁 개론 제 2권: 성과 거짓,그리고 종군위안부


« なぜ日本海呼称問題について「署名」をしてはならないのか | トップページ | 盲目的な保守活動ではなく »

慰安婦問題」カテゴリの記事

コメント

まっつん様
保導連盟事件をはじめとする数々の虐殺事件や、韓国軍が北朝鮮側の女性を強制的に慰安婦にしていた件については『セックスと嘘と従軍慰安婦』の中で言及しています。長い動画ですが、一度最後まで動画をご鑑賞いただけるとうれしいです。

投稿: WJF | 2012年7月19日 (木) 14時00分

所謂従軍慰安婦の問題ですが、1945年以降から1950年までの間に起こった数々の事件を日本へ責任転嫁している可能性はないでしょうか?
有名な事件では保導連盟事件があります。
米軍と韓国軍によって、600万人が虐殺され、30万人が米軍の慰安婦にされたとの話もあるようです。
日本統治時代の間、ずっとアメリカにいた李承晩が突然独立運動の中心人物となり1948年に初代大統領に就任します。
この間を含む1950年の朝鮮戦争勃発までの歴史的資料がかなり少なく、私も調査中ですが真偽のほどを確認は出来ていません。(一次ソースが乏しい…)
韓国でもタブー視されているようですから、きな臭いと感じています。
中途半端な内容で申し訳ございませんが、今後の慰安婦問題の一助にでもなればと思い、書かせて頂きました。

投稿: まっつん | 2012年7月19日 (木) 13時02分

Heuroya様
アップロード後に判明したことなのですが、使用している音楽のためなのか、この動画だけ、スマートフォンからのアクセスができない設定に自動的に(強制的に)なっており、こちらでは変更ができない状況です。8月に制作しお配りするDVD用に、演奏著作権が切れた演奏に入れ替えたヴァージョンを作りますが、その際にYouTubeにもアップしたいと思います。

投稿: WJF | 2012年7月19日 (木) 00時19分

私はスマートフォンのメッセージツールでよく韓国人と竹島問題に関する議論をするのですが、彼らは議論が不利になってくると(と言っても、韓国には国際法に基づく根拠が無いので当然の帰結なのですが)、論点を逸らすという常套手段を使ってきます。その逸らし先が、決まって慰安婦問題なのですが、それだけ、韓国人が日本人に対して慰安婦問題で精神的優位に立てる認識が強い事を物語っています。論点が変わっていると指摘しても、相手からは慰安婦問題から逃げていると映るようで、寧ろ、慰安婦問題が日本のウィークポイントであるかのような認識を強めてしまい、本当にあの人達の精神構造は厄介です。そこで、さすがの韓国人も大きな反発が出来ない韓国語版のこの動画を紹介したいのですが、どうもスマートフォン(少なくともiPhone)から検索にも引っかからないし、チャンネルからアクセスしても携帯電話での再生が出来ない旨のポップアップが出てしまい、やはり再生出来ないのです。VANK等の組織的な削除活動対策の一環でそのような措置になっているなら仕方がないのですが、可能であればスマートフォンでの参照を可能にしていただきたいです。最近の韓国の中学生や高校生はスマートフォンを持っている人が多く、そういう若年層の脳に色がつく前に、あるいは色が固着する前に見てもらうためにも、是非スマートフォンでの再生を可能として頂ければと思う次第です。

投稿: Heuroya | 2012年7月18日 (水) 23時50分

慰安婦の虚偽性の指摘と同様に、日本人女性の受けた性的犠牲者の数のおびただしさも、世界に知ってもらいたい事実です・・!

私は全くそういうことをつい最近まで知りませんでした。学校ではさんざん韓国、中国の女性への暴行の話ばかり膨大な時間聴かされたのに、今ようやく悔しく思っています。

初めて知ったきっかけは、「満州で星くずと散った子ども達の遺書」という本です。http://www.amazon.co.jp/%E6%BA%80%E5%B7%9E%E3%81%AE%E6%98%9F%E3%81%8F%E3%81%9A%E3%81%A8%E6%95%A3%E3%81%A3%E3%81%9F%E5%AD%90%E4%BE%9B%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E9%81%BA%E6%9B%B8%E2%80%95%E6%96%B0%E4%BA%AC%E6%95%B7%E5%B3%B6%E5%9C%B0%E5%8C%BA%E9%9B%A3%E6%B0%91%E5%8F%8E%E5%AE%B9%E6%89%80%E3%81%AE%E5%AD%A4%E5%85%90%E3%81%9F%E3%81%A1-%E5%A2%97%E7%94%B0-%E6%98%AD%E4%B8%80/dp/4946513469

この本や情報の英訳を世界に広められればどれだけ感銘を受けるだろうと思います。壮絶過ぎる涙無しには不可能な一冊ですが、ご一読をお勧めします。

その中に、ロシア兵がものすごい規模で強姦を行い、中国人、朝鮮系の所へ連れて行き、集団輪姦を行ったことが書かれています。
日本人女性は妊娠が分かると恥じて高井戸へ飛び降り自殺する人達が絶えなかったと書かれています。

そして、何より、その孤児達が集まり過ごした学校でマイナス20度、30度となる想像を絶する環境で助けあい、自己犠牲によるお互いへの思いやりは涙が止まらなくなるものです。

最後には著者以外の子ども達は皆亡くなってしまったのですが、彼らこそ、本当の日本人の誇りだと思うんです。日本を愛していることがひしひしと伝わってくるんです。

満州からソ連軍に連れてこられたウズベキスタンでの日本人捕虜が見せた民度の高さが、今に至るまでウズベキスタンを親日国にさせていることを、この子ども達からも実証されていると感じました。

私は左翼の日教組の強すぎる学校で戦争の悲惨さをさんざん教えられたにも関わらずこの事はも全く教えられなかったし、右翼派としても関東軍が先に住民を置いて行ってしまったことへの非難が書かれているから好かれないかもしれないと思いました。

でも私はこの本を思い出す事が最強に、当時の日本人の誇り、素晴らしさを本当だったのだと確信させられるものとなっていると最近思います。

運良く奇跡的に日本に帰って来られた数少ない日本人女性の犠牲者は恥のため匿名で、誰にも分からないよう病院で不足していた麻酔もせずに強烈な痛みに苦しみ堕胎したそうです。中には亡くなってしまう方もいたとあります。

二日市保養所 Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E6%97%A5%E5%B8%82%E4%BF%9D%E9%A4%8A%E6%89%80

売春のつながりの慰安婦を大声で世界中に広める韓国人達と大違いで、当時の日本人女性達の犠牲の方がよっぽど大勢が性犯罪の過酷な犠牲になっているだろうことはおそらく間違いなく、日本人にすら知られないままになっていることが、今一番許し難いと思っています。

これらの内容を英語のWikipediaに載せることも情報拡散にとても大きな重要な効果をもたらすと思います。

今や世界の情報はYOU TUBEももちろん、WikipediaとFace Bookですね。

Wikipedia には載せる写真も含め、相当韓国がイメージ戦略にテコ入れしているのがよく分かります。

投稿: 慰安婦検証 | 2012年4月22日 (日) 18時07分

ありがとうございます!
他の話題で時間を取られてしまっているか危惧していた間にも、着々と作業を進められていたことをとても嬉しく思います・・!

各国版をどんどん拡散させて攻勢をしかけていくのを楽しみにいしています。

投稿: 応援しています!! | 2012年4月22日 (日) 15時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なぜ日本海呼称問題について「署名」をしてはならないのか | トップページ | 盲目的な保守活動ではなく »