« 台湾からのメール | トップページ | 失くしてはならない一番大切なもの »

2012年1月21日 (土)

秋入学・道州制・裁判員制度・TPP・橋下徹大阪市長

●東大が5年後からの秋入学を決定しました。

●橋下徹大阪市長が、道州制の実現を目指すことを宣言し、ソフトバンクの孫正義がこれを絶賛しました。

橋下徹氏のツイートから引用
「明治から続いている中央集権体制、国と地方の融合型の統治機構はもう腐っています。つぎはぎだらけの改善ではもう無理です。リセットして一から統治機構を作り直さないといけない。それは道州制と言う大号令をかけるしかない。しかし道州制など、口で言うだけでは何も進まない。」

●2009年から、アメリカの陪審員制度に似た、裁判員制度が導入されました。

●野田首相が2011年11月、TPP交渉への参加を表明しました。

秋入学、道州制、裁判員制度、TPP。
どれも似ているのが、国民の中から自然に浮上してきた意見ではないのに、どこから湧いてきたか分からない意見が唐突に提案され、十分な国民的審議も尽くされないまま、いつのまにか既成事実となっていくということでしょうか。

春入学にせよ、法制度にせよ、都道府県制にせよ、様々な法規制にせよ、「世界と違った日本独自の制度」というのは、様々な不便がある一方で、逆にその不便こそが障壁となって、日本の独立と独自性を守ってくれるものですから、「グローバリズム」をスローガンにこれらを廃止したり、安易に世界標準に合わせて改変してはむしろならないと強く思います。

橋下徹という政治家の手法は、小泉元首相のスタイルと酷似していますが、警戒しなくてはならない面が多々あるように思われます。私たちが最近10年間で既に十分すぎるほど経験してきたことは、小泉構造改革にせよ、民主党の政権交代にせよ、雪崩を打つように大衆が一人の政治家や政党を支持するときにはろくなことにならないということではないでしょうか。下に紹介する動画は、あくまである視点から作られたものであり、この動画自体も鵜呑みにせず批判的に見なければなりませんが、個人的には橋下氏が安易に「大阪都」などという言葉を用いるところからして違和感を感じています。日本にとって、天皇陛下の住まわれている場所が「都」なのであり、日本に二つの「都」が存在しうるはずがありません。本当に国旗・国歌を敬い、日本の国体を理解する人物であるならば、「大阪都」などという言葉が口から出てくるでしょうか。

「地方分権(地方独立)」や「道州制」や「大阪都」構想は、日本の分断や分裂を志向する思想につながっていると考えるのは考え過ぎでしょうか。最近は、関東と関西の文化の違いを過度に強調したり、対立をあおるような「日本分断工作」を行っていると思われる書き込みがネット上にも多く見られますが、韓国・北朝鮮と「同じ目」を日本に合わせたいと願っている人々が存在していることを示しています。「東京都」と並び立つ「都」を西日本に成立させてしまうとき、ソウルと平壌の対立によって分断されている朝鮮半島と同じ未来を招来してしまうことにつながらないでしょうか。大阪の皆さんには、大阪府と大阪市というミクロな視点ではなく、国家的な視点から「大阪都」構想というものを考えていただきたいと思います。そもそも都道府県制という日本の現在の行政区画は、畿内七道や令制国という日本古来からの行政区画と密接な関係をもち、日本の伝統に深く根ざしたものです。明治のご「維新」とは、英語ではRevolution(革命)ではなくRestoration(復興)と訳される通り、西洋の新しい文物や制度を取り入れる一方で、天皇陛下を中心とした日本古来のあり方の復興を目指したものでした。このように明治維新は、聖徳太子の政治と似て、国を「開く」ことと「閉ざす」こと、「変える」ことと「変えない」ことの絶妙なバランスの上に成立していたと考えられますが、日本の長い歴史と伝統を鑑みた場合、「TPP」や「道州制」にどんな必然性があるというのでしょうか。ただ国を「開く」だけ「変える」だけでは、国家は消滅してしまいます。

125222794366316106021_vip821272

政策や主張を総合的に吟味するのではなく、政治家のカリスマやパフォーマンス、単純で耳障りのいいスローガンや、時代の雰囲気に流されがちなポピュリズム政治の失敗を私たちはこれまで十分すぎるぐらい味わってきました。橋下徹という人物の行う政治を冷静かつ多角的に注視していく必要があると思います。

Photo

私たちは、アメリカや、中華人民共和国や、大韓民国や、イギリスや、フランスや、ドイツや、世界のどんな国家にも似ていない、世界で最も古い政体を維持している国の国民です。その自覚をもたなくてはならないと思います。例えるなら、私たちは世界最古の老舗の経営者ですから、ひょっとこ出の現れては消えていくような有象無象の店に囲まれて振り回されるのではなく、自分たちの歴史と伝統を常に顧みながら、新しいものと古い物、開くことと閉ざすこと、変える勇気と変えない勇気との絶妙なバランスの上に国のあり方を決めていかなくてはならないと思います。

Clash_of_civilizations_map

資本主義VS共産主義という図式での右翼VS左翼という対立は、20世紀に浮上しかつ既に終焉した世界史的には一過性の現象なのであって、「保守」という言葉の意味をこの20世紀の図式の中でとらえるならば、TPPに賛成する櫻井よしこ氏や小泉Jrのような「親米保守」という態度は時代錯誤であると言わざるを得ません。21世紀の課題はサミュエル・ハンチントンが『文明の衝突』で述べたように、文明間の対立と抗争であり、私たち日本人に突きつけられている課題は、「日本文明」という独立した文明を、いかに怒濤のような世界史の潮流の中で守りきれるのかという問題です。この「日本文明」が、安易な「変革」や「開国」によって、「西洋文明」にも「中華文明」にも、呑み込まれてしまうということは決してあってはなりません。



« 台湾からのメール | トップページ | 失くしてはならない一番大切なもの »

コメント

皆さん、ご意見ありがとうございます。Hypnos様、お久しぶりです。その節はお世話になりました。橋下氏の真意はよくはかりかねますが、大阪を活性化し、東京に並ぶもう一つの極を作ろうとする意見には異論はありません。しかし「関西州を作って日本から独立させよう」という主張にまでなると、それは極端にすぎると思います。いずれにしても冷静に今後の動きを見守りたいと思います。

投稿: WJF | 2012年2月 3日 (金) 05時39分

WJFさん、お久しぶりです。橋下大阪市長に関しては、日本にとって両刃の刃です。朝鮮校への補助金を撤廃したことは評価すべきです。ところが他方でSBの孫氏と組んでエネルギー政策を画策する動きは要警戒です。韓国は野心を露にしています。これは国運にかかわる問題ですので、橋下氏の韓国系エスタブリュッシメントとの共謀をマスコミはもっと暴露し、大阪市民は批判的に対応すべきです。
大阪都については、青山繁晴氏がこれを支持していますが、「大阪再生」という地方レベルの問題にとどまりません。逆に「日本分断」の前哨陣と見なして警戒する向きもありますが、二都制は南北朝期のように天皇家が分裂しない限りほぼ不可能です。東西二都よりも、東京と大阪の融合の可能性が高いのではないでしょうか?極端に言えば「東京都大阪特区」のようなイメージです。これに名古屋も加えれば、石原都知事の思い描く大首都圏になります。橋下氏は同調するでしょうし、実際、そのようにしかならないと観ます。日本経済の効率化は図られるでしょうが、ただし地方は見捨てられるかも知れません。
総じて、橋下氏の本領は行政マネージメントであり、政治性が無きに等しく、政治思想的には一貫性がありません。だから右から左からも警戒され、同時に賞賛されるという雑多な解釈可能性の磁場となるのです。
いずれにせよ、彼の出現は日本の現状を色濃く反映しています。だからこそ、一地方政治家にもかかわらず目が離せない。WJFさんは、彼の孫氏との関係も含めて、どのようなスタンスを取るべきとお考えでしょうか?

投稿: Hypnos | 2012年2月 1日 (水) 17時37分

WJFさん

大東亜戦争遂行時に軍部官僚は、国民にその無能さを隠蔽し騙し続けて、突然の玉音放送で、未曾有の敗戦に導きました。

今の官僚組織も同じ事をやっています。国民は騙されてのほほんとしていますが、ゆでガエル状態の現状を追認すると、ある日、今回は総理大臣の経済敗戦の勅令を聴かせれて国民の資産が100分の1になり大部分の国民は食べていくのに苦労することになります。
私は上記のような情勢判断をしています。
これを避けるには、統治機構を変える必要があると考えます。

日本はこれまでも様々な統治形態がありました。
徳川幕府、明治憲法による統治、今はアメリカに押し付けられた憲法による統治を行なっていますし、アメリカが間接統治を行なっていると考えています。

私達の選択肢はいろいろあります。
1.現状の追認
2.橋下氏以外の勢力・リーダーを待つ(何時まで?)
3.自分で運動を起こす
4.橋下氏は統治機構を変えるために道州制を目標にしています。

橋下氏を判断するには、
大阪府知事選での公約とその結果を検証する。
今度は大阪市長選・府知事選での公約とその結果を検証する。
今度は国政に向けての船中八策を作ると言っています。
それによって判断すれば良いと考えます。

かつては体制を変える場合は革命的に血なまぐさいものでした。
いまも外国の体制交代は死者が出たり、抑圧体制より悲惨な無秩序状態にになったりしています。

日本の場合は今度の衆議院選挙が体制が変わる一歩かもしれません。

投稿: id | 2012年1月31日 (火) 16時35分

大阪府民です。
多くの人気ブログが橋下氏支持の中で、こちらのブログは冷静に真意をついていると見ています。私はWJFさんに大賛同です。以前からこのブログは読ませていただいてましたが、真の保守ブログにやっと出会えた思いです。
今回の大阪ダブル選挙の結果はわかってはいましたが、非常に残念でした。その後のテレビの街頭インタビューで、橋下氏に投票した理由を聞かれた人が、「この人なら何かやってくれそうだから」と言ったことに耳を疑いました。政策も何も関係ないのです。恐ろしいことです。平和ボケここに極まれり、です。でもこれは政治やメディアの仕組まれた罠だと私は思っています。確かに何かやるでしょう。しかしそれを止めるのは私たち有権者だけです。私もすべての政策に反対しているわけではありません。ただ、民主党の政権交代のパターンと酷似していることが危険だと見ているのです。
あと、橋下氏の言葉づかいが非常に下品なところが私は好きではありません。腐ってるだとかアホだとか、わかりやすく庶民の心に響かせるための戦術だと思いますが、どうか皆様、大阪府民がみんなこのような感じだと思わないで下さい。反対票も多く入ったことを忘れてほしくないです。

投稿: YAMAYUKABA | 2012年1月30日 (月) 01時07分

id様。WJFプロジェクトをご支援したくださる方の中にも、おそらく橋下氏を支持する方が多くいらっしゃると思いますから、彼を公然と批判するのは気が引ける一方で、このプロジェクトは「日本を守る」という一点に捧げられていますので、その使命の中で何か疑念を感じたときには、率直に皆さんに対して申し上げるべきであろうとも考えております。

1. 「大阪都」構想について
「大阪都」構想が、第一義的には、大阪府と大阪市の統合を目指すという地方行政レベルのテクニカルな問題であるということは認識しています。しかし、昨年8月の日経新聞の記事を引用するならば、彼は次のようなことを発言しています。

「府県と政令市の二重行政解消による地域活性化を目指す「都構想」を提唱する3府県2政令市が31日、 名古屋市内で推進策を探る会合を開いた。橋下徹大阪府知事と大村秀章愛知県知事は、 関西や中京地域がアジア地域間の経済競争で生き残るため、将来は国からの「独立」を目指すべきだとの考えを示した。

橋下氏は「アジアの大都市に勝つため、まず『大阪都』を実現した上で、 韓国の国内総生産にもう少しで追い付く、(人口)2200万人の『関西州』の単位で独立していくべきだ」と述べた。 」

橋下のこの提言と重なるのですが、舛添要一は2010年の4月に「現代ビジネス」という講談社のサイトに「日本新生の秘策『大阪独立国構想』を提言する「一国二制度」で真の地方活性化を」という記事を載せています。

「一国二制度」とは、鄧小平が生み出した概念ですが、香港のイギリスから中国への返還に際して、性急に中国に統合するのではなく、将来の中国とのゆるやかな統一を目指す暫定的かつ現実的なプロセスとして導入されたものです。中国と台湾の間に結ばれた「92コンセンサス」の中にも、「一国二制度」の考え方は色濃く表現されています。民主党政権は、「沖縄ビジョン」の名の下にこの「一国二制度」を沖縄に実現しようとして、大変な批判を浴びました。中国が海軍力を増強し「沖縄は日本の正当な領土ではない」と言い始めている中で、中国人が考え出した「一国二制度」なる制度を導入することは、中国による沖縄の併呑を準備してしまうものだからです。

大阪にせよ沖縄にせよ、日本に「一国二制度」を導入して、「大阪独立国」だの「沖縄独立国」だのを作ろうなどというのは、とんでもない話なのであって、これほど露骨な日本の破壊への提言が、正々堂々とメディアに載り、かつ、多くの有権者の支持を獲得してしまっていることに、私は大変な危機感を感じています。

また東京が「東の京都」を名乗っていることは、明治天皇が明治維新の際に、東京にお住まいを移して「東京奠都」を行われていますから、全く問題がありません。しかし、「大阪を日本から独立させよう」とか「大阪を都にしよう」というのは、天皇陛下を中心とした日本の国家体制へ大胆不敵な挑戦ですから、日本を愛するものとして、私は断固としてこのような政策を支持することはできません。大阪の皆さんのもつ、自分たちの故郷を活性化させたいという当然の願いや故郷に対する誇り、関東圏に対する対抗意識、こういう当然の気概を利用して、日本の解体に結びつけようとしている勢力がおり、橋下はその尖兵なのではないかと疑念を抱いています。

2. 外国人地方参政権に関して
また、橋下氏は、2010年の4月に、関西テレビの「アンカー」で、中国人等の外国人には地方参政権を付与することには反対だが、在日韓国人・朝鮮人に対しては配慮すべきであると述べましたが、それ以降、外国人地方参政権に関して明確な意見表明を行ったということはないようです。しかし、彼の率いる「大阪維新の会」の大阪市議団が、昨年の8月に、区民の声を市政に反映させる目的で「区民会議」を開き、橋下氏も出席しているのですが、その「区民会議」の参加条件は、「18歳以上で東住吉区に在住か同区内で商店や工場などを経営する事業主、国籍は問わない」というものでした。ここから判断すると、橋下氏は、それほど公然とは「外国人地方参政権、推進」とは立場を表明しないものの、外国人地方参政権に対する積極的な姿勢は伺えると思います。

3. TPPに関して
橋下氏は、「議論に参加して、受け入れられないのであれば、その時点でやめればいい」と述べてTPP交渉の参加については、積極的な立場を表明しています。

4. 改めて地方分権に関して
東日本大震災を経て改めてはっきりしたことは、自然災害の多い日本では、常にどこかしらの地域が災害によって傷を受け苦しむということです。一昨年は宮崎県が口蹄疫で苦しみました。昨年以降、東北や北関東が呻吟しています。こういう時には、中央や他の地域が、傷ついた地域を支えなくてはいけません。災害はどの地方にも順番に回ってきますから、どんなに「大阪は日本から独立する」とか「名古屋は日本から独立する」と息巻いても、災害の多い日本の各地方が本当の意味で独立するなどということは根っから無理な話だと思います。また、アメリカの財政難もこれからますます悪化していき、アジアにおける米軍のプレゼンスは今後手薄になっていくことが予想されています。その一方で中国はますます軍事力、海軍力を増強させています。このような国際的状況を鑑みても、現在、地方の分権や独立をスローガンにかかげて、日本をばらばらにしてしまうことは大変危険な試みである、むしろ私たちに求められているのは、地方の分権や独立どころか、これまで以上に、中央が地方が有機的に一体となって、中央集権的な強靭なネットワークを築き上げていくことだと思います。

5. 善悪二元論はいずれも誤り
橋下氏は、過去の大阪の首長と比較しても、はるかに有能であり、魅力的な政治家であることは言うまでもないことですから、橋下徹は「絶対的な悪か」「絶対的な善か」という二者択一の問いを立てて論じてしまうと、どちらの立場についても誤りになると思います。有権者に求められるのは、彼のいい面は思

投稿: WJF | 2012年1月29日 (日) 22時33分

WJFさん コメントありがとうございます。

大阪都構想は行政の単位を言っており、首都を二つ作ろうという話ではありません。
東京都ももとはといえば、「東の京都」というネーミングではないですか。

明治維新は国民的な議論を経て行われたわけではありません。
財政破綻や制度疲労に代表される今の日本の危機を理解し、それに対応しようとするリーダーとして橋下さんをみています。

投稿: id | 2012年1月29日 (日) 18時57分

ご指摘されている点について全く同じ考えを持っています。
民主党に次ぐ「第二の刺客」ではないかと常に疑いを持って注視しています。もしかしたら小泉政権以降の「第三の刺客」ではとすらと疑っています。(ただ小泉政権が設立した経済財政諮問会議の顔ぶれ、小泉自身が重用した自民党議員を踏まえると可能性は低く、そうでないと信じたいと思っています。)
なぜそのように考えるか。
①彼の今の人気はマスコミによる巧妙な手口で作られたこと。
いつも疑問に思います。たかが一弁護士がなぜここまで強大な力を有しているのか。彼の発言内容が国民のナショナリズムを煽るようにマスコミが巧みに伝えており、必要以上に露出が強いことによると認識しています。
②万事対立軸を構築すること。
本来政策やそれに伴う議論とは、お互いの主張を認め合いつつ、結果を求めていくべきであるが、彼の場合、何事にも対立軸を構築し、議論の2極化を図っています。ナンセンスです。
③肝心なところで民主党を否定せず、肝心なところで自民党に近寄らない。
府知事選の時は相当民主党寄りな発言をしていましたが、最近は距離を置ききつつも、絶対否定的な発言をしない。彼の主張を実現しようと思うのなら本来自民党に近づくべきなのですが、それは絶対にしない。
④不必要な公務員改革の主張
よく考えてみてください。どうでもいい話です。私は公務員ではないですが、たかが大阪の公務員の待遇について連日全国ネットで流す必要があるのでしょうか。
などなど様々な矛盾から疑問が晴れません。私自身、これが杞憂であってほしいと心から願っています。。。。。が。。。。

 

投稿: YESKIMIGAYO | 2012年1月28日 (土) 15時47分

id様
ご意見くださりありがとうございます。日本に二つの「都」を作ろうとする「大阪都」なる構想は、国体の否定や破壊につながらないのか。国家のあり方全体に関わる問題であるのに、地方単位でのテクニカルなレベルの議論に終止して「国家観」がなかなか議論されないでいるのはなぜなのか。国家100年の計という全体的・長期的な視野で国民レベルでの議論が必要なのではないのか。「大阪都」「中京都」「新潟州」など、さまざま自治体がさまざまな構想を立ち上げているが、これらがすべて実現してしまった日には、日本の国がばらばらになってしまわないのかなど、あれこれ危惧の念を抱いていますが、すべて杞憂であればいいと願っています。注意深く見守りたいと思います。

投稿: WJF | 2012年1月26日 (木) 09時05分

このエントリーに関しては私の感覚と異なります。

私は橋下徹氏支持です。(後援会にも入っています。)
一番の理由としては、彼の発言力と行動力が、日本の統治機構を良い方向に変えるかもしれないと思えるからです。

日本の最大の国難は大東亜戦争敗戦でその主因は軍という官僚組織の機能不全だったと考えます。
いまの日本も当時の状況に似ていて、官僚組織の機能不全を改善できないまま経済的に大敗戦を迎えつつあります。

このエントリーの動画はここに掲載せずにリンク先で見てもらうほうが良いのではないでしょうか。

橋下氏の発言

@t_ishin
橋下徹
行政機構が機能するためには、決定権と責任がはっきりとしていること。そして仕事の役割分担がきちんとなされていること。これが全てである。そして今の中央政府は、これが全くなされていない。だから行政機構を作り直そうと僕は言っているのである。
12時間前 ついっぷる/twippleから

投稿: id | 2012年1月25日 (水) 15時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台湾からのメール | トップページ | 失くしてはならない一番大切なもの »