« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の11件の記事

2012年1月31日 (火)

『危機に瀕する日本』スペイン語版・ロシア語版

危機に瀕する日本のスペイン語版です。 フランス語版の定冠詞の間違いを修正しました。 ロシア語版。(修正しました。) ドイツ語版ですが、訳文に修正の必要が見つかり、公開を一旦延期します。

| コメント (3)

2012年1月26日 (木)

動画の制作状況

お待ちいただいている慰安婦動画ですが、なかなかよい形にまとまりつつあります。世界の人々に興味深く楽しく見てもらえるものに仕上がりそうです。近日公開できると思います。お待ちください。

また、『危機に瀕する日本』のスペイン語、ロシア語、ドイツ語の翻訳が完成しています。平行して、アラビア語、ベトナム語の翻訳も進めております。これらの言語版も、まもなく公開できると思います。

あれこれ、お待たせしていますが、どうぞ楽しみにお待ちください。

| コメント (1)

2012年1月24日 (火)

失くしてはならない一番大切なもの

日本にとって失くしてはならない一番大切なものが、失われようとしています。日本にとって一番大切なものであることを知っているからこそ、いわゆる「反日勢力」は、あらゆる手練手管を使って、ご皇室を破壊しようとしています。

チャンネル桜の真摯な姿勢と取り組みは讃えられるべきものであることは言うまでもありませんが、日本の保守の一員としてつくづく感じるのは、もっと効果的な表現力や戦略的なアピール能力を磨かなくてはならないということです。日の丸を掲げてがなり立てるだけでは、街宣右翼と同じものだと無関心な層からは思われてしまうかもしれない。しかし、一方で、ストレートなアピールは誰かがやらなければならないという面もあるでしょう。それを周辺から支えることができるように、豊かな表現能力をもった多くの才能が結集しなくてはならないと思います。

| コメント (1)

2012年1月21日 (土)

秋入学・道州制・裁判員制度・TPP・橋下徹大阪市長

●東大が5年後からの秋入学を決定しました。

●橋下徹大阪市長が、道州制の実現を目指すことを宣言し、ソフトバンクの孫正義がこれを絶賛しました。

橋下徹氏のツイートから引用
「明治から続いている中央集権体制、国と地方の融合型の統治機構はもう腐っています。つぎはぎだらけの改善ではもう無理です。リセットして一から統治機構を作り直さないといけない。それは道州制と言う大号令をかけるしかない。しかし道州制など、口で言うだけでは何も進まない。」

●2009年から、アメリカの陪審員制度に似た、裁判員制度が導入されました。

●野田首相が2011年11月、TPP交渉への参加を表明しました。

秋入学、道州制、裁判員制度、TPP。
どれも似ているのが、国民の中から自然に浮上してきた意見ではないのに、どこから湧いてきたか分からない意見が唐突に提案され、十分な国民的審議も尽くされないまま、いつのまにか既成事実となっていくということでしょうか。

春入学にせよ、法制度にせよ、都道府県制にせよ、様々な法規制にせよ、「世界と違った日本独自の制度」というのは、様々な不便がある一方で、逆にその不便こそが障壁となって、日本の独立と独自性を守ってくれるものですから、「グローバリズム」をスローガンにこれらを廃止したり、安易に世界標準に合わせて改変してはむしろならないと強く思います。

橋下徹という政治家の手法は、小泉元首相のスタイルと酷似していますが、警戒しなくてはならない面が多々あるように思われます。私たちが最近10年間で既に十分すぎるほど経験してきたことは、小泉構造改革にせよ、民主党の政権交代にせよ、雪崩を打つように大衆が一人の政治家や政党を支持するときにはろくなことにならないということではないでしょうか。下に紹介する動画は、あくまである視点から作られたものであり、この動画自体も鵜呑みにせず批判的に見なければなりませんが、個人的には橋下氏が安易に「大阪都」などという言葉を用いるところからして違和感を感じています。日本にとって、天皇陛下の住まわれている場所が「都」なのであり、日本に二つの「都」が存在しうるはずがありません。本当に国旗・国歌を敬い、日本の国体を理解する人物であるならば、「大阪都」などという言葉が口から出てくるでしょうか。

「地方分権(地方独立)」や「道州制」や「大阪都」構想は、日本の分断や分裂を志向する思想につながっていると考えるのは考え過ぎでしょうか。最近は、関東と関西の文化の違いを過度に強調したり、対立をあおるような「日本分断工作」を行っていると思われる書き込みがネット上にも多く見られますが、韓国・北朝鮮と「同じ目」を日本に合わせたいと願っている人々が存在していることを示しています。「東京都」と並び立つ「都」を西日本に成立させてしまうとき、ソウルと平壌の対立によって分断されている朝鮮半島と同じ未来を招来してしまうことにつながらないでしょうか。大阪の皆さんには、大阪府と大阪市というミクロな視点ではなく、国家的な視点から「大阪都」構想というものを考えていただきたいと思います。そもそも都道府県制という日本の現在の行政区画は、畿内七道や令制国という日本古来からの行政区画と密接な関係をもち、日本の伝統に深く根ざしたものです。明治のご「維新」とは、英語ではRevolution(革命)ではなくRestoration(復興)と訳される通り、西洋の新しい文物や制度を取り入れる一方で、天皇陛下を中心とした日本古来のあり方の復興を目指したものでした。このように明治維新は、聖徳太子の政治と似て、国を「開く」ことと「閉ざす」こと、「変える」ことと「変えない」ことの絶妙なバランスの上に成立していたと考えられますが、日本の長い歴史と伝統を鑑みた場合、「TPP」や「道州制」にどんな必然性があるというのでしょうか。ただ国を「開く」だけ「変える」だけでは、国家は消滅してしまいます。

125222794366316106021_vip821272

政策や主張を総合的に吟味するのではなく、政治家のカリスマやパフォーマンス、単純で耳障りのいいスローガンや、時代の雰囲気に流されがちなポピュリズム政治の失敗を私たちはこれまで十分すぎるぐらい味わってきました。橋下徹という人物の行う政治を冷静かつ多角的に注視していく必要があると思います。

Photo

私たちは、アメリカや、中華人民共和国や、大韓民国や、イギリスや、フランスや、ドイツや、世界のどんな国家にも似ていない、世界で最も古い政体を維持している国の国民です。その自覚をもたなくてはならないと思います。例えるなら、私たちは世界最古の老舗の経営者ですから、ひょっとこ出の現れては消えていくような有象無象の店に囲まれて振り回されるのではなく、自分たちの歴史と伝統を常に顧みながら、新しいものと古い物、開くことと閉ざすこと、変える勇気と変えない勇気との絶妙なバランスの上に国のあり方を決めていかなくてはならないと思います。

Clash_of_civilizations_map

資本主義VS共産主義という図式での右翼VS左翼という対立は、20世紀に浮上しかつ既に終焉した世界史的には一過性の現象なのであって、「保守」という言葉の意味をこの20世紀の図式の中でとらえるならば、TPPに賛成する櫻井よしこ氏や小泉Jrのような「親米保守」という態度は時代錯誤であると言わざるを得ません。21世紀の課題はサミュエル・ハンチントンが『文明の衝突』で述べたように、文明間の対立と抗争であり、私たち日本人に突きつけられている課題は、「日本文明」という独立した文明を、いかに怒濤のような世界史の潮流の中で守りきれるのかという問題です。この「日本文明」が、安易な「変革」や「開国」によって、「西洋文明」にも「中華文明」にも、呑み込まれてしまうということは決してあってはなりません。


| コメント (9)

2012年1月20日 (金)

台湾からのメール

台湾の友人から、今回の総統選挙に関する情報や、雑感がメールで送られてきました。かいつまんで皆さんにも報告します。

1. 国民党は潤沢な選挙資金を投入し地方票の買収を行った。

2. 中国に進出している台湾企業が「九二共識(中国と台湾の統一を目指すことを決めた中国共産党と国民党の間の合意, 92コンセンサス)なしには台湾企業は発展できず、従業員も苦しむことになる」と主張して、馬英九を支持した。

3. 潤沢な資金をもつ国民党に比べて、資金力の弱い民進党だが、一般の人々から豚の貯金箱による寄付を集め、それが2億台湾ドル以上に達したこと。

4. 中国共産党と中国国民党が協力して、中国在住の30万人の台湾人に、投票のために帰国することを促したこと。帰国のために、大陸に進出している台湾企業や国民党は、無料の飛行機チケットや、割引チケットを配布したこと。
(中国政府が台湾の選挙に介入したというのは驚くべき話ですが、日本語のニュース記事はこちらにあります。)

5. 国民党はこんなにも対策を打ったにも関わらず、馬英九の得票は、蔡英文より70万票しか上回らなかったこと。

6. 日本人は台湾のテレビ局が行った311のチャリティ番組に馬英九が出演したことを評価しているが、馬英九は、台湾人の親日的な感情を利用しただけであり、馬英九自身は反日であること。

中国国民党と中国共産党が、べったりと一体化しつつある姿が垣間見えます。また、いわゆるグローバル企業が売国的な行動をとるのは、日本も台湾も同じようです。


| コメント (0)

2012年1月18日 (水)

李承晩ライン(竹島不法占拠開始)60周年: 「竹島プロジェクト」にご協力を!!

「海洋主権の死守を」=李承晩ライン宣言60周年

 1952年1月18日に当時の李承晩(イ・スンマン)大統領が韓国沿岸水域の保護を目的とする「海洋主権宣言」に基づき決めた平和線(李承晩ライン)宣言60周年記念式典が16日午後、ソウル市中区のプレスセンターで行われた。今回の式典には、李元大統領の養子イ・インス氏らが出席し、平和線宣言の意義をあらためてかみしめた。

サンフランシスコ条約が発効し日本が独立する約3ヶ月前の1952年1月18日、大韓民国初代大統領李承晩が、サンフランシスコ講和条約に明記された、日本の戦後領土の連合国による最終的決定を無視する形で、一方的に「李承晩ライン」なる軍事境界線を設定し、竹島の不法占拠を開始してから、今日2012年1月18日がちょうど60年目にあたります。

Rimg11531

44人の日本人漁民が殺傷され、328隻の船舶が拿捕され、3929人の日本人が拉致監禁され、抑留された釜山外国人収容所ではさまざまな残虐行為も行われたそうです。これら不法に抑留した日本人開放の条件として、日本政府は、常習的・重大犯罪者として収監されていた在日韓国・朝鮮人472人を放免し、在留特別許可を与えることを余儀なくされました。また日本政府が摘発した韓国人密入国者の強制送還は拒絶し、日本国内に解放するよう要求しました。

Pusan20081007p

竹島不法占拠からちょうど60年が経過したということは、60年も日本はこの問題を放置してしまったことになります。この機に、竹島奪還の決意を一層新たにし、竹島関連情報の大規模な拡散運動を日本国民のみなさんに呼びかけます。より多くの国民に、そして世界の多くの人々に、韓国による竹島侵略の真実を大規模に伝えていきましょう。どうぞご協力をお願いいたします。

上のようなことを考えていたところ、さくらのみや日記様の「竹島プロジェクト」なるものを見つけました。WJFプロジェクトもこの「竹島プロジェクト」に賛同いたします。ブログやホームページに竹島のバナーを掲げ、竹島は日本領であることを世界にアピールすると共に、竹島問題研究所やお気に入りの竹島関連のサイトや動画へのリンクを貼って、竹島に関する知識を普及させていきましょう。

(240×240)
  


(180×180)
  

WJFプロジェクトの竹島関連動画は、VANKの攻撃にあって過去に何度か「不適切なコンテンツ」という事由で削除されていますが、そのとき彼らが削除攻勢をしかけてきたのはたいてい日本語版の動画でした。このことは、日本人の間に竹島に関する正しい知識が広まることを、韓国がどれだけ恐れているかということを意味しています。竹島についての真実を一人でも多くの日本人に伝えていきましょう。

これまでに制作した竹島関連動画
竹島はなぜ日本領なのか: サンフランシスコ講和条約とラスク文書(日本語版)

Do you know the reason why Dokdo is NOT Korea Land? (英語版)

당신은 알고 계십니까? 다케시마가 한국영토가 아닌,그 이유를.(韓国語版)

韓国に竹島を描いた古地図は存在するか: 日韓古地図の比較 (日本語版)

韓国に竹島を描いた古地図は存在するか: 日韓古地図の比較(韓国語版)

韓国に竹島を描いた古地図は存在するか: 日韓古地図の比較(英語版)

韓国に竹島を描いた古地図は存在するか: 日韓古地図の比較(スペイン語版)

韓国人にとって特別な二つの場所(日本語版)

韓国人にとって特別な二つの場所(韓国語版)

韓国人にとって特別な二つの場所(英語版)

韓国人によるJ.Crew日本支援妨害事件: 日本海呼称問題と韓国の小中華思想(日本語版)

韓国人によるJ.Crew日本支援妨害事件: 日本海呼称問題と韓国の小中華思想(英語版)

| コメント (2)

2012年1月17日 (火)

GloriousJapanForever、2chのスレッドに取り上げられる

韓国で小さいニュースになったのをきっかけに、2chのスレッドで取り上げていただきました。スレタイ(スレッド・タイトル)に、WJFプロジェクトのYouTubeのアカウント名、"GloriousJapanForever"をばーんと載せて、韓国語の記事も機械翻訳でなく、きちんと翻訳してくださっています。ありがとうございます。スレッドが転載されている東亜ニュース+様、厳選!韓国情報様のサイトから紹介します。

【日韓】GloriousJapanForeverというユーザーが韓国さげすみ動画をYoutubeに着実にアップしている…ネチズン怒り

【日韓】GloriousJapanForeverというユーザーが韓国さげすみ動画を着実にアップしている…ネチズン怒りグツグツ [1/16]★2

あの動画は中央日報のトップ記事に取り上げられる等、過去にも既に話題になっているにも関わらず、今回始めて見た方、知った方が多くいらっしゃるようで、テレビの影響力に追いつくには、まだまた道遠しと感じています。

現在、慰安婦問題の動画も制作していますので、ご期待くださいね。
「危機に瀕する日本」これから、スペイン語版、ドイツ語版、アラビア語版も出る予定です。こちらもご期待ください。


| コメント (3)

2012年1月15日 (日)

Long Live Independent Taiwan!

今年2012年は、多くの国の指導者が任期満了を迎える政治的変革の年ですが、その中の一つである台湾の総統選挙が終わりました。国民党の現職、馬英九総統が再選を果たし、台湾の一層の独立を志向する民進党の蔡英文主席は僅差で破れました。

二年前に「Independent Taiwan 獨立的台灣國」というYouTubeのグループを台湾の友人と開設し"Green Taiwan"の復活を応援していただけに、今回の結果は非常に残念ですが、現状維持を望む台湾の人々の声なのでしょうか。現在の日本が気骨を失った情けない状態であることや、政治やマスコミがことあるごとに台湾を軽視するような行動を取り続けていることも、間接的には、国民党の追い風になったのではないかと思います。

台湾や、タイ、ブータンなど、アジアには日本を支持し期待してくれているたくさんの国々があります。彼らとの一層の信頼を獲得し、連携を深めていくためにも、民主党朝鮮傀儡政権を打倒し、強く気骨のある政権を樹立しなければならないと思います。

民進党を支持して戦った台湾のみなさん、本当にお疲れさまでした。
Let us look forward to 4 years later!
Long Live Independent Taiwan!

| コメント (1)

2012年1月12日 (木)

『危機に瀕する日本』が韓国のニュースサイトに取り上げられる

「危機に瀕する日本」韓国語版(旧ヴァージョン)がなぜか今頃になってちょっとした炎上状態です。動画に対する韓国人によるツイートも急増しています。後から分かりましたが、韓国で小さなニュースになっていたようです。

20120114_71941

記事を2chのスレッドの翻訳(一部修正)をお借りして紹介します。

6ヶ国語で構成された独島(ドクト)は日本の土地映像、インターネットユーザー'グツグツ'

11日、動画共有サイトユーチューブに韓国語を含む6ヶ国語で「危機に瀕する日本:日韓紛争概説、文化略奪と歴史わい曲に関する一考察」 というドキュメンタリー式韓国さげすみ映像が上がってきてインターネットユーザーたちの公憤を買っている。

映像をあげた「GloriousJapanForever」というIDを使うインターネットユーザーは独島は日本の土地とし、 韓国をさげすむ主張をユーチューブ映像に着実に上げている。

この映像は三星のGalaxyはアップルのiPhoneを真似て作ったと主張し、このようなパターンは 韓国産業界と文化界に蔓延しており、独島問題や韓国近代化に対する根拠を映像が終わるまでの14分間、例を挙げて見せている。

このような背景から、千年間朝鮮が中国文化にずっと固定化され、自ら事物を創造する能力を失うことになったと説明した。 映像の終わりには韓国人たちに日本の文化をこれ以上盗むなと丁重にメッセージを伝えてもいる。

このユーチューブの映像は6ヶ国語で構成され、相当な専門家水準で編集されて既存の一般人たちが作った嫌韓映像とは差別化されていると見られる。実際、各言語別のユーチューブの映像ページには外国人たちの韓国非難コメントが見えた。(中略)

これに対してインターネットユーザーは「私たちが日本に対して消極的外交で傍観する間、この映像を日本のインターネットユーザーは世界各地に上げて広報している。世界的に恥をかかずに積極的に対策を立てなければならない」、「日本メディアになじむ西洋の人々がわい曲された映像を見て韓国をどう考えるだろうか?」など怒りの声を高めた。

下は新しいヴァージョン。古いヴァージョンは新ヴァージョンへの切り替えのため非表示としました。

韓国人ツイッターの発言を機械翻訳してみました。

「日本の蛮行、今YouTubeに"韓国が日本の文化をコピーした"という主張を入れた動画がアップロードされました。 この映像は、6カ国語をサポートしていますが、正面お応えする方法を見つける必要があります」

「いよいよ猿たちの必死のあがきをですね...いくつかの話はその通りだが、ほぼ98%は偽。チョッパリがするジトドゥルイそう... http://t.co/CLZDmCu5」

「もう傍観するレベルではないんです。 コメントの戦いなどではなく、こんなのはどのように対処すべきかの整理をしてくれることはないでしょうか。 私のような馬鹿にも対応することがイトゲヨ」

「この映画賞房総の前半少しだけ見ても猿が狂ったんだなハルコヤ我々が日本をベキョトデ」

「作家様! 日本の極右派かなに長いのかは分からないが、ユツプエhttp://t.co/wlH8304Eこんな動画を上げて、我が国の文化全体を歪曲しています! 照射押してください。」

「日本の極右派と推定される人物が変な動画作ってユツプエオルリョトスムダ。 日本文化が好きだがあんな作者たちのためにもう一度考えるようになりますね。」

「ここに入ってみると、日本がいかに卑劣で悪らつかどうかを知ることができます。 お互いに解いていく問題を歪曲させ、我が国のイメージを削っ卑下させ、他の国の人たちにまで、我々韓国のイメージを半減させています。」

「話にならない主張を広げる動画がYouTubeに出回っていますねむしろ日本人が外交感情を作るのが現実ですシクミンジテ強制的に植えられた桜をベキョトダゴハジルのではないかビデオを見ながらチャムオイガオプスプニダ」

「【RTお願いします】日本が我が国の文化を奪っていこうとしていること、日本が作った映像韓国版」

「★リツイートお願いします★日本が作った動画です。 14ブンチャリンデ長くても必ず一つ一つ逃さず見てください。見るからギガ膜ヒープですふふふ、本当に驚くほど刺激ジャルマンドゥルオトですね、今、YouTube、世界各国語に急速に広がっています」

「日本で広めた動画http://t.co/qGWpkI7Pに対して反論動画を作成します。これに関する情報がマンウシンブン、翻訳、映像制作を手伝ってくれる方を求めます。 eternal_teen@naver.comに連絡してください! RTお願いします。」

鏡を覗き込んで自分の顔に汚れがついているのに気づいたら、顔を洗えばいいだけなのですが、彼らは顔を洗う代わりに鏡を非難し叩き割ろうとします。彼らが抱くのはひたすら「自分たちは悪くない」「日本人が不当に韓国の評判を貶めている」という被害者意識であり、迷惑をかけている加害者という意識は皆無です。ただすべての韓国人がそうではないということも知っていただきたいと思います。「この動画本当のことしか言ってない」とコメントしてくれている韓国人もいましたし(例によって日本人扱いされていましたが)、韓国の問題点を知って、私を応援してくれる韓国の方たちも少なからずいます。

一回的なテレビや新聞と違い、YouTubeの動画はつねにそこにあり影響はじわじわと長期間にわたって持続していきます。彼らにとって唯一の解決は、汚れた顔のまま鏡を叩き割ろうとすることではなく、さっさと顔を洗うことです。

ところで、そんな韓国から、下のような情報が送られてきました。ロンドン五輪のオープニング歌手を決める投票でたくさんのKpopの歌手が上位にランクインしたというニュースが最近ありましたが、韓国で、重複投票の裏工作を呼びかけていた証拠の画像です。

B0126560_4f0cf05c46814


| コメント (4)

2012年1月 5日 (木)

大きなチャンス

吉田清治氏の『私の戦争犯罪-朝鮮人連行-』というデタラメ本と朝日新聞の煽りによって、慰安婦問題が本格的に広まったのが1990年代。そのとき、今のようにインターネットが普及していれば、これほど大きな問題にはなっていなかったでしょう。専門家でない普通の人々が、検証の作業や議論に参加したり情報発信できる情報インフラがなかった当時は、マスコミや一部の「専門家」が垂れ流すことを多くの国民は一方的に受け取らざるをえませんでした。90年代に、YouTubeが存在していれば、もっと早くから日本人は自分たちの認識を世界に伝え、今ほど慰安婦に関する誤解が世界に蔓延するような事態は防げていたでしょう。

あれから20年が経過してしまいましたが、今の私たちにはインターネットがあり、YouTubeがあります。外国語で具体的な証拠をきちんと提示しながら、質のよい分かりやすい動画を公開すれば、今後10年、20年と世界の多くの人々がその動画を見ることになるでしょう。そうすれば、慰安婦に関する誤解は遅かれ早かれ必ず氷解していくものと信じています。YouTubeが活用できる現在の状況は、私たちにとって大きなチャンスであり、このチャンスを最大限に活用しない手はありません。YouTubeに丁寧に作り込んだ説得力のある動画をきちんとした外国語で載せていくことは、日本の未来にとって、本当に大きな可能性を秘めていることなのだと改めて思います。

ところでキム・ジャンフンが相変わらず暴れているようですね。

韓国人歌手の金長勲(キム・ジャンフン)と韓国広報専門家の叙敬徳(ソ・ギョントク)城信女子大客員教授が、 3日から4日の2日間、東京内の流動人口が最も多い新宿、渋谷、原宿などで、従軍慰安婦問題に関連するポスターを 掲示したことが明らかとなった。韓国の複数のメディアが報じた。

韓国メディアは、キム・ジャンフンとソ教授が日本に在住する韓国人留学生たちの助けを借りて、東京の街の あちこちに1500枚の従軍慰安婦に関連するポスターを掲示したと伝えた。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0105&f=national_0105_077.shtml

「キム・ジャンフンへの手紙」という動画も今準備しています。彼と雌雄を決すべき時がまもなく訪れるでしょう。

| コメント (2)

2012年1月 1日 (日)

明けましておめでとうございます。

Happynewyear


| コメント (3)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »