« GloriousJapanForever、2chのスレッドに取り上げられる | トップページ | 台湾からのメール »

2012年1月18日 (水)

李承晩ライン(竹島不法占拠開始)60周年: 「竹島プロジェクト」にご協力を!!

「海洋主権の死守を」=李承晩ライン宣言60周年

 1952年1月18日に当時の李承晩(イ・スンマン)大統領が韓国沿岸水域の保護を目的とする「海洋主権宣言」に基づき決めた平和線(李承晩ライン)宣言60周年記念式典が16日午後、ソウル市中区のプレスセンターで行われた。今回の式典には、李元大統領の養子イ・インス氏らが出席し、平和線宣言の意義をあらためてかみしめた。

サンフランシスコ条約が発効し日本が独立する約3ヶ月前の1952年1月18日、大韓民国初代大統領李承晩が、サンフランシスコ講和条約に明記された、日本の戦後領土の連合国による最終的決定を無視する形で、一方的に「李承晩ライン」なる軍事境界線を設定し、竹島の不法占拠を開始してから、今日2012年1月18日がちょうど60年目にあたります。

Rimg11531

44人の日本人漁民が殺傷され、328隻の船舶が拿捕され、3929人の日本人が拉致監禁され、抑留された釜山外国人収容所ではさまざまな残虐行為も行われたそうです。これら不法に抑留した日本人開放の条件として、日本政府は、常習的・重大犯罪者として収監されていた在日韓国・朝鮮人472人を放免し、在留特別許可を与えることを余儀なくされました。また日本政府が摘発した韓国人密入国者の強制送還は拒絶し、日本国内に解放するよう要求しました。

Pusan20081007p

竹島不法占拠からちょうど60年が経過したということは、60年も日本はこの問題を放置してしまったことになります。この機に、竹島奪還の決意を一層新たにし、竹島関連情報の大規模な拡散運動を日本国民のみなさんに呼びかけます。より多くの国民に、そして世界の多くの人々に、韓国による竹島侵略の真実を大規模に伝えていきましょう。どうぞご協力をお願いいたします。

上のようなことを考えていたところ、さくらのみや日記様の「竹島プロジェクト」なるものを見つけました。WJFプロジェクトもこの「竹島プロジェクト」に賛同いたします。ブログやホームページに竹島のバナーを掲げ、竹島は日本領であることを世界にアピールすると共に、竹島問題研究所やお気に入りの竹島関連のサイトや動画へのリンクを貼って、竹島に関する知識を普及させていきましょう。

(240×240)
  


(180×180)
  

WJFプロジェクトの竹島関連動画は、VANKの攻撃にあって過去に何度か「不適切なコンテンツ」という事由で削除されていますが、そのとき彼らが削除攻勢をしかけてきたのはたいてい日本語版の動画でした。このことは、日本人の間に竹島に関する正しい知識が広まることを、韓国がどれだけ恐れているかということを意味しています。竹島についての真実を一人でも多くの日本人に伝えていきましょう。

これまでに制作した竹島関連動画
竹島はなぜ日本領なのか: サンフランシスコ講和条約とラスク文書(日本語版)

Do you know the reason why Dokdo is NOT Korea Land? (英語版)

당신은 알고 계십니까? 다케시마가 한국영토가 아닌,그 이유를.(韓国語版)

韓国に竹島を描いた古地図は存在するか: 日韓古地図の比較 (日本語版)

韓国に竹島を描いた古地図は存在するか: 日韓古地図の比較(韓国語版)

韓国に竹島を描いた古地図は存在するか: 日韓古地図の比較(英語版)

韓国に竹島を描いた古地図は存在するか: 日韓古地図の比較(スペイン語版)

韓国人にとって特別な二つの場所(日本語版)

韓国人にとって特別な二つの場所(韓国語版)

韓国人にとって特別な二つの場所(英語版)

韓国人によるJ.Crew日本支援妨害事件: 日本海呼称問題と韓国の小中華思想(日本語版)

韓国人によるJ.Crew日本支援妨害事件: 日本海呼称問題と韓国の小中華思想(英語版)


« GloriousJapanForever、2chのスレッドに取り上げられる | トップページ | 台湾からのメール »

竹島問題・日本海呼称問題」カテゴリの記事

コメント

やまだ賢司様
コメントありがとうございます。国政を目指される方にご意見いただき光栄です。

韓国の反応をみていますと、海外への情報発信もさることながら、日本人に竹島の知識が広まることをとても恐れているようです。逆に言えば、韓国は、日本人の竹島問題への無知と無関心の上にあぐらをかいているところがあると思われます。

このバナーを活用して、みなさん各自のご判断で、海外向けに外国語の動画へのリンクを貼っていただいてもいいでしょうし、国内向けに日本語の竹島関連の動画やサイトへのリンクを貼っていただいてもいいかと思います。政治とは無関係なブログやホームページの上にもこのバナーが翻るようになればすばらしいと思います。

動画コンテンツに関する詳しい資料を載せた外国語による解題サイトも、折りをみて制作したいと思っています。

衆議院の解散総選挙が近いとささやかれています。日本を愛し、日本の国益のために命がけで働いてくださる芯のとおった政治家を国政に送り出したいと私たちは願っています。私たちもがんばりますので、ぜひがんばってください。

投稿: WJF | 2012年1月20日 (金) 05時57分

 大変素晴らしい試みです。
 日本人同士、日本語で「韓国はおかしい」と言っていても海外の人にはわからない、国際社会に発信し日本の主張を理解してもらって味方をたくさんつくることが重要だと痛感しております。
 そしてそのためには、国際社会で圧倒的多数の方が理解する英語で発信することは勿論、自己満足の過激なコンテンツではなく、大衆に共感を得られる洗練されたコンテンツが不可欠だと常々思っておりました。これからも拝見させて頂きます。
 ここで作られたコンテンツを視聴者が独自に拡散していくというスタイルでしょうか。せっかくですので、このサイト自体も英訳のページを作られると海外からのアクセスも増えるのではないでしょうか。

投稿: やまだ賢司 | 2012年1月20日 (金) 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« GloriousJapanForever、2chのスレッドに取り上げられる | トップページ | 台湾からのメール »