« WJFプロジェクトにご協力ください | トップページ | 竹島動画に関する韓国のその他の反響 »

2011年8月 6日 (土)

時には武器として、時には盾として

悪意に満ちた世界に、武器を持たず、丸腰で立ちすくんでいる日本に武器を持たせよう。
噓をばらまく人々がいるのに、何も言わず黙り込んでいる日本に雄弁に語る口をもたせよう。
騙されているのに気づかずにいる人々がたくさん暮らす日本に警告の鐘を鳴り響かせよう。

そんな思いで動画を作ってきました。

YouTubeの短い動画には大きな可能性があります。
YouTubeには、他のメディアとは決定的に異なる特徴があるからです。それは、例えばテレビの放送が原則的には時刻を限定された一回きりの一過性のものであるのに対し、YouTubeの動画は、誰もがいつでも簡単に繰り返し鑑賞できるという点です。この点でYouTubeの動画は、新聞や雑誌よりも、本に似ていますが、無料で簡単に鑑賞できるYouTubeの動画は、本よりももっと多くの人々に情報を伝えることができるメディアです。2年、3年、5年、10年と長期間にわたって多くの人々に繰り返し鑑賞されることで、人々の認識や選択、国や社会のありかたを根底から作り替えてしまうことも十分にあり得ることです。この意味で、YouTubeは日本の既存のメディアに十分に立ち向かいうるメディアであり、時間や手間をかけてコンテンツを作りこむ大きな意義があると信じています。

WJFの動画が、時には、日本を守る武器となり、盾となり、雄弁な口となり、方向を示す羅針盤となり、警鐘となりますように。



« WJFプロジェクトにご協力ください | トップページ | 竹島動画に関する韓国のその他の反響 »

WJFプロジェクト」カテゴリの記事

コメント

貴サイト様に賛同させていただき且つ少しでも御支援させていただきたく存じます。
日本国民、また世界中で騙されている人たちの為に素晴らしい動画作成感謝致します。拝

投稿: WJF様賛同者 | 2011年8月 6日 (土) 19時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545385/41105962

この記事へのトラックバック一覧です: 時には武器として、時には盾として:

« WJFプロジェクトにご協力ください | トップページ | 竹島動画に関する韓国のその他の反響 »