« フジテレビ動画鋭意制作中です | トップページ | 場所としての国家 »

2011年8月15日 (月)

日本の孤独

66回目の終戦記念日を迎えました。終戦の詔勅に耳を傾けながら、戦没者の死を悼み、戦後66年間の来し方を振り返りましょう。

戦後66年間、「アジアを蹂躙した残虐で貪欲な侵略国家」と揶揄されながら「堪え難きを堪え、忍び難きを忍び」黙々と歩いてきた日本。まじめにこつこつ生きて来たおかげで、今では、世界の人々から信頼されていますが、近現代史における日本のあゆみは、やはり孤独なものだったと思います。いまだに多くの人々から誤解をされている国、日本。もしかすると日本人自身によっても十分に理解されていないかもしれない国、日本。

日本が理解されにくいのは、日本という国が、諸外国のみならず、中国、朝鮮といった近隣諸国とも、ある意味で隔絶した歴史的文脈を生きて来たことが一つの原因として考えられます。歴史とは本来的には、国家や民族や集団の自己認識を支える「物語」なのですから、他国と異なる独立した文脈を生きて来たのであれば、その軌跡は、外部から押し付けられた文脈ではなくて、それ自身の文脈に即して解釈されなくてはなりません。しかし、日本人が「自己認識のための物語」としての歴史を編もうとすると、その作業を「歴史歪曲」と呼んで、かつて日本を夷狄として蔑んでいた中国や朝鮮(韓国)といった中華体制に組していた国々が異を唱えてきます。彼らは彼ら自身の歴史的文脈に従って、私たち日本人が近現代史を解釈するように求めてきたし、現在の日本の学校における歴史教育でも、中国・朝鮮側からの視点がそのまま歴史の真実であるかのごとくちりばめられています。その結果、現在学校で教えられる歴史は、一つの歴史的文脈によって有機的にまとめられた「物語」という機能を失い、ばらばらに切り刻まれた「無味乾燥な暗記事項の集積物」になってしまっているのではないでしょうか。

日本人が他者から理解を求める以前に、日本人自身が、自分たちの自己認識を取り戻し、一貫して自分たちの文脈に従って編まれた「物語」としての歴史を回復する必要があります。他者との対話とは、私たちが相手の文脈の中に唯々諾々と取り込まれることではなく、相手を自分たちの文脈の中に取り込もうとすることでもなく、それぞれの立ち位置から見えるものをあるがままに披瀝しあう以上のことではないのかもしれません。

話題を変えますが、最近英語版の「危機に瀕する日本」にタイからのアクセスが多く、なんだろうと調べてみたら、呆れることに韓国は、タイの国技ムエタイまで自分たちの武道として宣伝しているのを見つけました。タイ人による怒りの書き込みが動画のコメント欄に殺到しています。海東剣道の動画にも使われていた日本の仁王像の画像から始まるこの動画は、実は韓国のパクリ武道を紹介する一連のシリーズもののようです。

このムエタイのパクリ問題は、タイの掲示板で大騒ぎになっているようで、私の動画のコメント欄にも「この事実を世界に知らせてください」という悲痛なコメントが残されています。同じことをかの国から執拗にされてきた身として、どこに怒りをぶつけていいのか分からない彼らの戸惑いが手に取るように分かり、胸が痛みます。
韓国のパクリ問題を取り上げたタイの掲示板


« フジテレビ動画鋭意制作中です | トップページ | 場所としての国家 »

コメント

この記事を動画にして、ニコニコ動画に投稿しました。

日本の孤独
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21519463

急がば回れで、過去記事からのみ動画にしていこうかと思います。最近の記事は、緊急を要する時以外は動画化は避けようと思います。
過去記事と最新記事を平行して投稿すると、少しややこしいかと。

過去記事からの投稿によって、私たちに対するくだらないレッテル貼りや嘘をつけないようにしたいです。
すべてを動画にするわけではないので、2013年1月頃にたどり着くのも、それほど時間がかからないかと思います。

今回はナレーションのバックに音楽をつけました。ナレーションの速さやバックの音楽の音量差などが、まだ難しいです。

投稿: よしふる | 2013年8月 5日 (月) 15時13分

たびたび失礼します。繁華街を歩きながら今日のことを知っている人はどれくらいいるのだろう~と楽しそうな人々を横目に思いました。
中国人観光客も日に日に増しています・・・観光したらさっさと帰ってほしい。
それにしても日本は豊かで安全で自由でいい国ですね。体を張って守ってくれた英霊達に感謝申し上げます。

最近強く思うことがあります。日本の頭脳、渡部昇一さんが言うには自国の歴史を忘れた民族は滅びる、というルールがあり、ローマ帝国も然り。
韓国は歴史を教えていないどころか捏造した歴史を教えているわけだから、崩壊は時間の問題だと思っているのです。何十年後、何百年後になるかは分かりませんが。
そこで、ここ最近の文化強盗や韓ドラ・k-popごり押しは本能的に民族滅亡を恐れてのことではないかと思うんです。
文化を奪ってもお金にはなりません。しかし世界への韓国アピール、自国への自尊心にはなります。
説明が難しいですが世界に韓国(韓流)を植えつけたい・すばらしい文化は韓国起源だと植えつけたい、つまりは世界からの韓国への羨望・尊敬が欲しい。
それが無ければもう自民族だけでは立っていられない状態にまで陥っている、そう思っています。韓国ほど、他国からのイメージに執着している民族はありませんから。

投稿: lily | 2011年8月15日 (月) 23時59分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の孤独:

« フジテレビ動画鋭意制作中です | トップページ | 場所としての国家 »